スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『PATi-PATi』感想:その2
今日となってはアルバム『AWAKE』の発売はもう来週なんですね~(^-^) 何だか日増しにドキドキして来る感じです。

今日は『PATi-PATi』感想第二弾を書きたいと思います。

今回のアルバム『AWAKE』では、hydeさんはソロでの発表を目指した曲も一部提供してますが、ラルクさん全体としてはやはりSMILEツアー後から作り始めたものが多いようですね。『SMILE』は活動休止前や活動休止中に作ったものが大半でしたよね。どちらかというと過去の遺産から作られたアルバムでした。

過去のものは過去のものでいいですけど、新しい状態のラルクさんが作り出すものを聴きたいという気持ちが有りましたので、今回は多くがこのアルバムを目指して産み出された曲ということで嬉しいです。

選曲方法もライブを意識したものだったようです。これまではデモテープでの選曲だったものが、実際に演奏してみてどれがいいかということで選んで行ったんですね。hydeさんご自身も仰ってますが、前準備がしっかり出来た心の篭ったアルバムになっているようです。

収録曲12曲という過去最大の曲数収録については、レコード世代の10曲というこだわりは捨てようという意思が有ったんですね。まあここ2作で既に10曲は捨ててますが・・・(確かそうですよね?)。hydeさんが時計と同じ『12』という数に憧れをお持ちとは知りませんでした。『13』、『666』・・・、hydeさんがお好みの数字は一般的には不吉とされるこの辺りのものですよね~(^-^;。

今回の撮影に使っている鉄のオブジェ、素敵だなと思いました。編集後記によると、何やらこの道で有名な倉田光吾郎さんという方の作品だそうですが、黒い鉄で作られたギターやらチェロやらの楽器が芸術的な雰囲気を醸し出していました。

『PATi-PATi』のアートディレクターさんが以前からこの倉田さんという方とお仕事したいという希望が有ってそれが今回叶ったそうですが、取って置きのものをhydeさんの取材に使って下さる辺り、アートディレクターさんのhydeさんへの熱い思いを感じました。hydeさんは創作意欲を掻き立てられる存在なんでしょうね。

同じく編集後記に今回取材をされた方のコメントが出ておりましたが、『AWAKE』を聴いていて、ぐっとくる曲が有って涙されたとか・・・。こういったお仕事の方って音楽をいっぱい聴いていそうなので、そんな方が一体どの曲に涙したのか非常に興味が有ります(^-^)。



スポンサーサイト
【2005/06/12 23:11】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<7/20発売のシングル『Link』について | Top | hydeさん楽曲提供に関して思うこと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/96-9b775774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。