スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

前回記事:『ブログ閉鎖のご挨拶』のコメントへの返信 その1
★当ブログは2008年3月31日をもちまして閉鎖しております。


新記事追加の予定は無かったのですが有り難いことにコメントを沢山お寄せ頂きまして、前回記事の返信とするには量的に書き切れないと思ったので、別記事とすることにしました。また、この返信記事自体も文章量が多くなっておりまして、1記事にするにはちょっと厳しいので分けます。まだ返信を書き切っていないので、現在書けたところまでを掲載致します。

------

皆様からの温かいコメント、メールを大変有り難く読ませて頂きました。こんな風に沢山頂けるとは思ってもおらず、とても驚きました。自分のブログは客観的には見ることが出来ないのですが、皆様それぞれに色々な思いを持って、読んでいて下さったことが分かりまして大変感激致しました。元々涙脆いもので読みつつボロボロと泣かせて頂きました・・・。

しかしながら、閉鎖記事にも書きました通り、ラルクさんについて語ることを十分やり切ったという満足感が有りこのまま閉鎖致します。可能性は定かでは有りませんが、先々、もしかすると再び語りたい思いに捉われることが有るかも知れないので、その際には皆様にお会い出来るといいなと思います。

以下、最初から数えて6コメント分の返信です。


>非表示でコメント下さいましたk○○○○○○○

コメントを頂きまして有難うございました。
以前、『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』のLE-CIELチケット先行の当落の際にご紹介頂いたのでしたよね。この節は有難うございました。今回頂きましたコメント内容は失礼なことなど全くございませんで、こんな風に熱く思っていて下さった方がいらっしゃることだけでとても嬉しかったです。

やはり淡々としているように見えますよね、私・・・(^-^; ラルクさんのファンで有りつつも、どこか冷めているのですよね。

ブログを書いていることを誰にも言っていないが為に不自然だったりしたかも知れないですね;;; そういえば、まだ閉鎖を考え始める前に、ラルクファン友では無いのですが、身近にどうも当ブログを読んでいるのではないかという疑いの有る人が出てきまして (^-^;、このときはとても恥ずかしくてですね・・・、閉鎖したい衝動に駆られました。読んでいるというは私の思い過ごしかも知れ無いのですけれどね。まあ何とか気持ちを切り替えて、『見るなら見てくれー。』のような感じで開き直ったのですけれどネ。

過去のラルクさんの出来事を補完出来る程のブログでは無いかも知れませんが、当面は公開状態にしておこうと思います。

どうかk○○○○○○○は今後もご活躍下さいませ。陰ながら応援しております。では。

------

>非表示でコメント下さいました、お○○○○○○○様

コメントを頂きまして有難うございました。

あの出来事は覚えております。全く面倒なことなど有りませんでしたのでご心配なさらないで下さいませ(^-^) 結果的には謎のままでしたし・・・。解消出来るようなものが書かれていることが望ましかったのですけれどネ。でも信じていいと思います。桜の咲く季節でしたかー。素敵な思い出ですよね!

そういえば、今後可能性が有るのは私だけなのでしょうか?  お○○○○○○○様には有られないのだろうか?、とちょっと疑問に思ってしまいました(^-^;

普段コメントを頂かなくとも、お越し頂いているというだけでブログを続けて行く励みになりました。お褒め頂くような人間では無いのですが、そう感じて頂けたのなら恥ずかしいながらも嬉しかったです。これまでのご来訪、本当に有難うございました。

------

>非表示でコメント下さいました、だ○○○様

初めまして。コメントを頂きまして有難うございました。
苦手と仰るコメントをこうして最後に書いて頂いて、大変嬉しく思います。私もひと様のブログにコメントを書くのは非常に苦手でほぼロムラーに徹していることも有りまして、お気持ちはとてもよく分かる為、尚更嬉しかったです。お書き頂いた内容については、不快になるようなことはございませんでしたのでご安心下さいませ。むしろ笑わせて頂いた程です(^-^)

いつもお越し頂いていたのですね。少しでもお役に立てていたのなら幸いです。また当ブログの雰囲気をお気に召して頂けていたということで、これもとても嬉しいことです。

『変な視点』ってどういうものなのだろう?、と気になってしまいました;;; また『妬ましい』なんて思われることが有ろうとは・・・とビックリなのですが(^-^;、私はだ○○○様がお考えのような人間では無いです、本当に。。。 負の感情を持っていても敢えて書かないといったことも有りましたしネ。

未来の心の有り様は分かりませんが(誰でもそうかと思いますが)、今のまま行けば今後もラルクさんファンでは有り続けると思いますので、もしまたラルクさんについて語りたい衝動に駆られたら、ブログを書くことが有るかも知れません。その際にはまたお会い出来ると嬉しいです。これまで有難うございました。

------

>のどか様

コメントを頂きまして有難うございました。

残念と思って頂けるとは有り難いことです。元々常に忙しい職場で働いていることもありまして、然程自由時間が有る訳では無い中、自分でもよく続けて来れたなと思う部分は有ります(^-^; 

叙情詩PVの撮影場所に行かれたのですネ。私も場所は非表示コメントで頂いて知ったので、当ブログでは明確な場所は書いていなかった筈ですが、その後探されたのですね。役立ったのなら良かったのですが、当ブログの内容により何か行動を起される方がいらっしゃるといったことを知りますと、何だか恐縮してしまいます。

同じ洋館繋がりで、ご存知かも知れませんが、『Lies and Truth』PVは埼玉県入間市に有る旧石川組製糸西洋館という所で撮影されておりますので、ご興味がおありでしたらどうぞ訪問してみて下さい。公開期間等細かく有るので事前に調べる必要性はありますが。・・・って、私も未だ行った事が無いのですけれどネ・・・(^-^;

これまでお越し下さいまして本当に有難うございました。

------

>ユッコ様

初めまして、コメントを頂きまして有難うございました。

こうして最後にコメントを頂きまして、本当に嬉しかったです。労いの言葉を頂きまして、改めて有難うございました。『思い』を感じて頂けたのですネ。

『素敵なファン』の言葉には全くそぐわないのですが、『ラルクさんのファン』では居続ける予定です。もう10年になりますしね、これはこの先々もきっと変わらないように思います。

これまでのご来訪、本当に有難うございました。(^-^)

------

>非表示でコメント下さいました、う○○様

初めまして、コメントを頂きまして有難うございました。

まずラルクさんファンになられたことについて祝辞を申し上げたいです(^-^) おめでとうございます! とはいえ一度ファンになると抜け出せない人が多いように思いますので、色々な意味でご覚悟下さいませ。・・・なーんて・・・(^-^; 私自身はファンになれたことは良かったとは思うのですが、時間・お金等など、色々なものをラルクさんに捧げている気がしまして、人生に大きく影響を受けているといっても過言では有りません。

そうそう、ラルクさんファンを称するのにファン歴は全く関係無いと思いますので、自信を持って名乗って下さいませ。

短い間だったかも知れませんがお運び頂きまして本当に有難うございました。
スポンサーサイト

テーマ=L'Arc~en~Ciel - ジャンル=音楽

【2008/04/03 06:13】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<2回前記事:『ブログ閉鎖のご挨拶』のコメントへの返信 その2 | Top | ブログ閉鎖のご挨拶>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/787-6e40660e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。