スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』代々木2/9(土):感想-1
一昨日、ラルクさんの『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』代々木公演の3日目に当たる2/9(土)公演に参加して参りましたので、本日はこちらの感想を書きます。例の如く記憶が怪しいながらの記載となりますが、宜しければご覧下さいませ(^-^) 2記事に分けます。当記事は前半です。









先週の後半から週末の土曜日から日曜日にかけては雪が降ると言われていて、『また雪・・・(>_<)』と気分はブルー気味でした。hydeさんがあまりにも『雪好き!』とライブで仰るからなのか(^-^;、天に願いが聞き届けられているのかも知れないと思いましたヨ。

この日、JR原宿駅に着いたのは開場時間の16時を10分程回った辺りでした。曇天の下、改札口近辺にはこれからライブへ参加するらしき人の群れで溢れていました。やはり平日と比較すると、休日の方が気合の入ったファッションの方が多いように思いました。

いつもと同様、代々木体育館へ続く歩道橋前まで来ると、歩道橋階段下に係の方が立ち、ラルクさんのコンサートへ行く人はこの階段を上らずに歩道をこのまま真っ直ぐに進むようにと指示しています。前回の2/7(木)公演の帰り同様、またもや歩道橋ではなく遠くにある横断歩道を渡る迂回コースで行くことになってしまいました。。。

右手に代々木公園を目にしつつ誘導された通りに歩道を歩いて行きます。横断歩道の辺りまで行くと、左手に有った代々木体育館からはちょっと遠ざかり、ドラリオンが開催されている東京ビッグトップの建物が目の前となります。2/7(木)の帰りは気が付きませんでしたが、東京ビッグトップは暗い色の建物かと思っていたら、明るいグレーなのですね。夜と日中見るのとでは建物の雰囲気が全く異なりました。あの建物は仮設なのでしょうか? 屋根部分がタイの寺院といったようなソフトクリームの先っぽのような形をしていて、少しばかり異国情緒が有ります。

横断歩道を渡って折り返し、右手となった東京ビッグトップ前を通り過ぎた後、再び代々木体育館が眼前に迫ってきます。代々木体育館前の石畳に出るまでの間、体育館の脇を通るのですが、黒い鉄柵の向こうにはライブの為の機材や資材を運ぶ為のものなのか、幾台もの大型トラックが並んでいます。ふと目に留まったのが荷台に『WOWOW』と書かれているトラックでした。

『ん? WOWOW? もしかしてL'Anniversary Live同様、またWOWOWで今回のライブを放送するのかしら?』と思いました。だったら嬉しいなと思いつつも、家でWOWOWを観ることが出来ないので、また録画するのに友人のお世話になるのかなー・・・といったことまで考えてしまいましたヨ。

この日はスタンド席でした。代々木公演1日目に続き、代々木でのスタンド席は今ツアーでは2回目となりました。建物のスタンド席用入り口から入り、公演1日目にサッと眺めた入り口正面に並ぶ花輪の列を、再びじっくりと眺めました。

1日目の記憶には残っていなかったのですが、西○○教さんからも来ていたのですね。teっちゃん、仲良しそうですしネ。y○suさんは単独で贈られたのかと思っていましたが、よくよく見ますとAcid Black Che○ryさん(y○suさんのソロプロジェクト)のy○suさんとしてだったのですね。彼は何だかラルクさんやhydeさんに一生懸命な感じが可愛らしいお方ですね。って、彼のことを殆んど存じ上げないながら微笑ましくなりました。

この日の座席はkenちゃん側スタンド席1階でブロック的にはステージから遠く離れた場所ながら最前列でした。1階のスタンド席最前列というのは非常にいいのですよねー。前は広く空いているのでより自由に動ける感じが有りますし、手摺りが有るのでライブ中に立ちつつ時々掴むと、ちょっとばかりラクだったりします。

1階席最前列はアリーナ席からの高さは2メートルちょっとだったでしょうか、ステージを眺めると、ステージよりも若干高い位置でして、見易そうでした。一口にスタンド席といっても、1階最前列と2階最後列では格段の違いが有りますよね。眼下にはアリーナDブロックが広がっておりまして、1日目公演で上から眺めたときに『もしや・・・?』と思った通り、雛壇が無いことがはっきりと分かりました。やはりこうなるとアリーナといえど、アリーナDブロックよりはスタンド席の方がいいと思えました。

開演はここのところより若干遅めだったような気がします。kenちゃんがまた気を利かせて(?)、休日公演は開演予定時刻が早過ぎるからって遅くするよう働き掛けたのかしら・・・?、と思ってしまいましたヨ。

この日は1曲目の演奏曲が『SEVENTH HEAVEN』の日でした。

メンバーさんのこの日の服装ですが、hydeさんは珍しくライブの最初からブラウス姿でした。いつも最初はジャケットをお召しで、ライブの進行と共に、1枚若しくは2枚脱ぐといった感じだったのですけれどネ。ブラウスはこれまでも拝見している、黒のサスペンダーが縫い付けられたようなデザインの服でした。下は黒のズボンでした。

kenちゃんは黒のジャケットに黒ズボンでして、後で上着を脱いだところで白のブラウスに黒のベストというお姿になります。ベストは長い燕尾が付いているものでした。

teっちゃんは黒のジャケットにこれももう何度も拝見している白と赤の◇◆模様のスカート、そして赤のスパッツを穿かれていました。髪の毛の右斜め上に華やかな赤の羽飾りをわんさかと付けていらっしゃるところもこれまでと同様ですね。

ユッキーはこれまでの黒又は白の長袖Tシャツとは異なり、珍しく色の入ったものをお召しでした。しかしながら遠目だったことも有り、実はよくどういったものかが分からなかったのですけれどネ(^-^; 前開きの長袖シャツのようなものだったと思うのですが、スクリーンにアップになったときに束の間じっと拝見したところ、色の薄い黄色、ピンク、抹茶色といった様々な色を使って、迷彩服を思わせる複雑な模様がプリントされていたと思います。

この日は開幕してすぐに、映像撮影用のカメラが入っていることが分かりました。高い位置に幾本かの透明色のコードが張り巡らされ、コードの上を黒いカメラがあちらへこちらへと動き回ります。先程建物の外で見掛けたWOWOWのトラックのことが思い浮かび、これはWOWOWでの放送はほぼ確実だなと思いました。また、hydeさんがいつもは羽織っているジャケットをお召しでなかったり、ユッキーが色の入ったものをお召しだったりというのは、この撮影と関係しているのかも知れないなと感じました。

それにしてもカメラがこの代々木で入るというのは意外でした。この分だと代々木最終日も同様に入りそうかとは思ったのですが、今回のツアーの最終地である福岡での公演時はどうなるのかしらと考えてしまいましたよ。ライブDVDの場合は最終公演を中心に編集されたもので作られることが多いですよね。

セットリストは以下の通りです。

01.『SEVENTH HEAVEN』
02.『and She Said』
03.『Killing Me』『New World』『Driver's High』のメドレー 
・・・ L'Arc~en~Ciel PARADE 2007-1(仮称)
04.『浸食-lose control-』
05.『Promised land』『STAY AWAY』『AS ONE』『接吻』のメドレー
・・・ L'Arc~en~Ciel PARADE 2007-2(仮称)
06.『Bye Bye』
07.『spiral』
08.『DAYBREAK'S BELL』
09.『ALONE EN LA VIDA』
10.『砂時計』
11.『海辺』
12.『MY HEART DRAWS A DREAM』
13.『DRINK IT DOWN』
14.『REVELATION』
15.『Pretty girl』
16.『Link』

【EN.1】(P'UNK~EN~CIEL)
17.『夏の憂鬱[SEA IN BLOOD 2007]』
18.『I Wish 2007』

【EN.2】
19.『THE BLACK ROSE』
20.『READY STEADY GO』
21.『Shout at the Devil』
22.『雪の足跡』
23.『Hurry Xmas』

【おまけ:ライブ終了後SE】
『Hurry Xmas(-Silent Night version-)』
『BOOK OF DAYS』(ENYA)


この日は『DAYBREAK'S BELL』の出だしで、hydeさんは2番の歌詞から歌われてしまう間違いをなさったと思います。アレッ、何か歌詞が違う・・・と思っていると、すぐに正しい1番の歌詞が戻って来まして、危うく難を逃れた感じでした;;; 危ないところでした、hydeさん(^-^;

『Pretty girl』のときに『♪HUGしてKISSしよう~』の部分ではhydeさんは毎回傍に居る誰かに抱きつきますが、今回はteっちゃんを捕らえて、KISSするパフォーマンスだったと思います。

この日驚いたのは『READY STEADY GO』で冒頭部分の演奏が終わった後に今ツアーお初の銀テープが放出されたことです!(@_@) 思わず指を差しつつ『あーッ!!!』と声を上げてしまいましたヨ。今ツアーでは場を華やかに演出する為にずっと銀テープが有るといいなと思っていて、それが実現したわけですが、何故自分がアリーナ席に居るときじゃないんだろう???、と悲しくなってしまったのですね;;; 

しかしながら、不意を突かれて久々に見た銀テープはそれはそれは綺麗でした。高い天井に近い部分まで飛んで行き、上り切ったところで今度はキラキラと輝きながら空間を舞って客席に落下して行く様子を見て、感動して息を呑みました。一通り落下が終わると、銀テープを手にした観客が手を上に上げた状態の為、ステージの前方の客席に銀色の海が出来るのですね。これがまたキラキラと眩く輝きます。やはり銀テープはいいですよー。大好きな演出です。この日はテレビカメラで撮影しているから特別に仕込んだんだろうなと思いました。


(ここで一旦記事を終わります。続きは次の記事をご覧下さいませ。)
スポンサーサイト
【2008/02/11 09:25】 | ラルクLIVE関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』代々木2/9(土):感想-2 | Top | 『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』代々木2/7(木):感想-2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/750-3c7c8cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。