スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』代々木2/6(水):感想-1
一昨昨日、国立代々木競技場第一体育館(普段は『代々木』と呼んでいますが、チケットで今更ながら正式名称を知りました。長いですねー(^-^;))で行われたラルクさんのライブ:『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』の1日目となる2/6(水)の公演に参加して参りましたので、本日はこちらの感想を書きます。

若干長めですので、これまで同様2記事に分けます。当記事は1つ目で、後半は次の記事となります。ではご興味のお有りの方はご覧下さい。












この日は仕事帰りにライブへ行くことにしていたのですが、朝天気予報を見ないまま家を出てしまっていて、地元駅に着く頃にポチポチと雨が降り始めたところでして、『もしかして今日の天気は雨?』と気付き、思わず溜め息をついてしまいました。これがライブで関東以外へ出掛けるとなると、馴染みの薄い土地へ行くということもあり、色々な情報が必要だと感じて、数日前から当地の天気予報を注意して見るようにしたりするのですが、関東公演はもうどうとでもという感じで、特に気にしていなかったのでした。

日中、仕事しておりますと、いつの間にやら窓が結露して視界が悪くなっています。『ん?、何か寒そうな感じ。』と思い、曇った窓を手で拭いて外を眺めると細かな雪が風に舞っているでは有りませんか。。。 『ゆ・・・雪が降ってる!』(@_@;)と動揺してしまいました。この雪の中、代々木に行くことを考えると何だか気が滅入りそうでした。というのも元々代々木体育館を囲む石畳は変にボコボコしていて歩き辛い印象が有り、雪となると更に歩き辛さに拍車が掛かると思ったからです。

外が雪の状態のライブはhydeさんが喜ぶかも知れないなと思いましたが、やはり私は雪の中を出歩くことを考えると、雪は好きじゃないな・・・と考えてしまいましたヨ;;;

夕方、会社を出る頃は既に雪が雨に変わっておりました。JR原宿駅に着くと、代々木体育館方面に架かるちょっとばかり長めの歩道橋がライブ参加者で大混雑しておりまして、驚きました。警備の方なのか、歩行者の交通整理を行っていましたね。歩道橋を渡る為に階段下で待ちに入ってしまいましたヨ。代々木体育館が見えていても中々辿り着けないのがもどかしかったです。丁度代々木体育館の更に向こうの東京ビックトップ(でしたっけ?)という会場でドラリオンの公演が開催されていて、こちらへ向かうお客さんともかち合う時間帯のようでした。

やっと歩道橋の上に載った訳ですが、代々木体育館に来る時はいつもこの歩道橋の上から代々木体育館の前に広がる石畳の広場にラルクさんファンが溢れている様子を見ると鳥肌が立つのですね。何といいましょうか、ラルクさんファン皆さんのラルクさんへの熱い思いを合わせたら、どれ程大きいものになるんだろうと考えてしまい、圧倒されると共に胸が熱くなってしまうのです。

またこの歩道橋を歩くと、ああ、ラルクさんライブに来たんだなーということを実感します。この日もこれは同様でした。とはいえ、天候が良くないですから、よく見る景色とは異なり、人はいつもよりは少なかったのですけれどね。また雨傘の花が咲いているところもいつもとは違いました。

この日はkenちゃん側のスタンド席でした。スタンド席に入るには代々木体育館の渋谷側出入り口から場内に入る筈という記憶が有り、先にも書きました通り、雨の中原宿側から渋谷側まで歩き辛い石畳を歩くのかー・・・、と憂鬱だったのですが、建物に近付いていきますと、スタッフさんの拡声器での誘導では渋谷側に導く気配がなくてですね。アレッと思ったら、原宿側出入り口の扉が開かれていて、皆さん、こちらへ向かって行きます。『今回は原宿側なんだ!!!』と思いまして、ホッと胸をなで下ろしました。歩道橋の待ち行列に掴まったせいもあって体が冷えていて、早く中に入りたいと思っていましたしね(^-^;

入り口でチケットを切ってもらい荷物検査を経て中に入りますと、入り口近辺に沢山の花輪が飾られておりました。東京でのライブですと数が多いですね。雑誌関係、TV番組関係が沢山有ったかな? あとはジャン○・ダルクさん、更にy○suさん個人の名前の花輪も有りました。y○suさんて本当にラルクさん、というかhydeさんかな?、を慕っていらっしゃいますよネ。 

y○suさんというと直ぐに頭に浮かぶのが、以前HYDEさんソロのハロウィンライブにメイド姿でステージに出演されていたお姿です。ご主人様(HYDEさん)に跪いて、トレイに載せたお水を差し上げていらっしゃったのですよね;;;

席についてみますと、思ったよりも代々木体育館は小さく思えました。座席がステージから遥か遠くということは分かっていたので、メンバーさんは豆粒位にしか見えないのではないかと思ったのですね。でもそこまで小さくはならなそうでした。頭の中で東京ドームの広さを思い描いていたのかも知れません。

そういえば『AWAKE TOUR 2005』の代々木最終日に確かteっちゃんがMCで『ここはアスベストが使われているからこれから改修工事するらしいです。』と仰っていた筈ですが、この改修工事は今現在は終わっているのでしょうか? 何か変わったのかな?、と場内を見回してみましたが、アスベストが使われていたと思われる天井が変わったのかしらと思いました。表面にポツポツと等間隔で小さな穴が開いている金属製の天井でした。

あとはこれも違うかも知れませんが、座席のシートが変わったような気がしました。以前はツルンとしたプラスティック製の硬質のものだったような気がするのですが、昨日座ってみると僅かばかりクッションが入っていたように思います。本当に変わったかな?(^-^;

アリーナ席を見下ろして、おやっと思ったのはアリーナの一番後ろのブロックに当たるDブロックの座席に、雛壇が作られていないらしきことでした。過去のライブでは10センチから15センチ位の高さだったと思うのですが壇が作られ、後方席でもステージが見易いようになっていた筈なのですね。あ、でも私の記憶は『SMILE TOUR 2004』のときのものでした。『AWAKE TOUR 2005』ではこの席の近辺にいなかったし、覚えていないですね;;;

何にせよ、『SMILE TOUR 2004』で初めてDブロック体験をしたとき、壇が有って良かったと思いましたよー。観易かったです。今回、どうして作らなかったのでしょうね。作り忘れ?(^-^; 設置費用が捻出出来なかった?(^-^; 壇が入手出来なかった?(^-^; 何にせよ、これではDブロックの、特に背の低い方はステージはおろか、スクリーンさえも観ることが出来ない可能性が有るのではと心配になってしまいましたヨ。

あと、そうそう、いつも代々木体育館の花道は1階席の客席横に通路が作られ、2階席のところまで続いていた筈なのですが今回は他の会場同様、1階席の前のところで途切れていました。アレレ・・・、代々木の参加席はあの通路が有ればこそ、メンバーさんが通路を登って来た際に限定して最高の席になり得るのに、このツアーではそういった作りにしなかったのですね。。。 参加席に期待していて失望された方は恐らく沢山いらっしゃるだろうなと思いました。

こんなことを考えつつ開演を待っておりますと、開始予定時刻より10~15分程遅い位の時間だったと思いますが、ライブが開始しました。

この日hydeさんの服装は名古屋公演でも目にした赤のビロウドのジャケットでした。丈が長めのものですね。後で上着を脱がれると分かりますが、中には白のブラウスを着ていらっしゃいましたが、これもどこかの公演で目にした記憶が有ります。サスペンダーのように黒いリボンが左右に一本ずつ縫い付いていて、裾の先まで延びています。下は黒のズボンでした。髪形はもうここのところずっと同じですね、右分けにした自然体の髪形です。きっちりの編み込みヘアは今後も登場しないかも知れません。

kenちゃんは黒のブラウス風の形をしたジャケットをお召しでして、ボタンが沢山付いていました。下は黒のズボンです。やはり後で上着を脱がれると分かりますが、下は黒のベストに白のブラウスを着ていらっしゃいます。黒のベストは右半身に白と黒の◇◆模様が入ったものでした。右の胸上方には今回のツアーロゴマークのバッチが付いていました。

teっちゃんは白い縁取りの付いた黒のジャケットをお召しでした。下はこれも何度か拝見している白と赤の◇◆模様のスカートに赤のスパッツですね。髪の毛の右側面の上方には例の如く赤の華やかな羽飾りを付けていらっしゃいます。孔雀の羽の先端の目玉模様部分の飾りも一緒に付いておりました。

ユッキーはシンプルな黒の長袖Tシャツを着ていらっしゃいました。名古屋で白のTシャツ姿を拝見していて、今の金髪に合っていていいなー、似合うなーと思っていたので、またいつもの黒ファッションに戻られてしまった・・・と思ってしまいました;;;

セットリストは以下と通りかと思います。ここのところ然程変わりは無いです。

01.『SEVENTH HEAVEN』
02.『and She Said』
03.『Killing Me』『New World』『Driver's High』のメドレー 
・・・ L'Arc~en~Ciel PARADE 2007-1(仮称)
04.『浸食-lose control-』
05.『Promised land』『STAY AWAY』『AS ONE』『接吻』のメドレー
・・・ L'Arc~en~Ciel PARADE 2007-2(仮称)
06.『Bye Bye』
07.『spiral』
08.『DAYBREAK'S BELL』
09.『ALONE EN LA VIDA』
10.『砂時計』
11.『海辺』
12.『MY HEART DRAWS A DREAM』
13.『DRINK IT DOWN』
14.『REVELATION』
15.『Pretty girl』
16.『Link』

【EN.1】(P'UNK~EN~CIEL)
17.『夏の憂鬱[SEA IN BLOOD 2007]』
18.『HONEY 2007』

【EN.2】
19.『THE BLACK ROSE』
20.『READY STEADY GO』
21.『Shout at the Devil』
22.『雪の足跡』
23.『Hurry Xmas』

【おまけ:ライブ終了後SE】
『Hurry Xmas(-Silent Night version-)』

この日も名古屋公演に続き、hydeさんのお声の調子が良かったです。kenちゃんは相変わらず笑顔を見せながら演奏されていて、楽しんでいらっしゃるのが伝わって来ました。

P'UNK~EN~CIELさんでは『夏の憂鬱[SEA IN BLOOD 2007]』演奏時、teっちゃんが耳をつんざくような物凄い高音の雄叫びを発せられまして、思わず耳を塞いでしまいました;;; teっちゃん、何だかノリノリだなーと思いましたヨ。

『夏の憂鬱[SEA IN BLOOD 2007]』はドラム担当のkenちゃんの疲労度が毎回高いのですが、演奏後スクリーンに大きく映し出されたkenちゃんを拝見致しますと、手を腿の上において上体を腕で支えるような姿勢を取られていまして、肩で息をしていらっしゃいました。またまたkenちゃんが疲れてるー・・・と可哀想なんだけど何だかおかしい・・・という気分になりました;;; 毎回のライブで20曲近くもドラムを叩くユッキーはいかに超人的な体力をお持ちか窺われます。


(ここで一旦記事を終わります。続きは次の記事をご覧下さいませ。)
スポンサーサイト
【2008/02/09 00:41】 | ラルクLIVE関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』代々木2/6(水):感想-2 | Top | ラルクさんのアジア+パリライブツアーのこと等>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/746-61057bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。