スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』大阪1/12(土):感想-2
(当記事は前の記事からの続きです。)

















さて、この日のセットリストは記憶違いが無ければ以下の通りです。

01.『SEVENTH HEAVEN』
02.『and She Said』
03.『Killing Me』『New World』『Driver's High』のメドレー 
・・・ L'Arc~en~Ciel PARADE 2007-1(仮称)
04.『浸食-lose control-』
05.『Promised land』『STAY AWAY』『AS ONE』『接吻』のメドレー
・・・ L'Arc~en~Ciel PARADE 2007-2(仮称)
06.『Bye Bye』
07.『spiral』
08.『DAYBREAK'S BELL』
09.『ALONE EN LA VIDA』
10.『砂時計』
11.『海辺』
12.『MY HEART DRAWS A DREAM』
13.『DRINK IT DOWN』(新曲)
14.『REVELATION』
15.『Pretty girl』
16.『Link』

【EN.1】(P'UNK~EN~CIEL)
17.『Feeling Fine 2007』
18.『I Wish 2007』

【EN.2】
19.『THE BLACK ROSE』
20.『READY STEADY GO』
21.『Shout at the Devil』
22.『雪の足跡』
23.『Hurry Xmas』

【おまけ:ライブ終了後SE】
『Hurry Xmas(-Silent Night version-)』


この日の席では、『REVELATION』のときのステージ両脇から出てくる巨大な手足が非常に良く見えて面白かったです。特にあの手が非常に細かい作りになっていて驚きました。先にも書きました通り、これまでステージの正面側の客席だったので、手はこう手のひらの部分のみがこちらに挑みかかるように見えていたのですね。それが今回は手の出所近くの上方席だった為、手の甲までよく見えたのです。

手の甲はちゃんと指に周囲の皮膚より色濃く塗られた爪が付いていました。しかもこの爪、付け根の根元は半月と分かるように、白くなっているのですよ(@_@)! 指の関節もしっかりと作られていますし、手首から扇状に広がる人間の手の骨の形を意識してか、骨に沿った形で窪みまで有ります。更に人間の掌と甲では色が違うと思いますが、この巨大な手も掌部分と甲部分で色が分けられていました。ただ、通常、人間は掌は甲よりも色が薄く白っぽいと思うのですが、巨大な手は掌の方が色濃くなっていて、『うーん?、これは・・・?』とちょっと疑問にも思ったのですけれどネ;;; それにしても大半の人には見えない部分に妙に凝っていまして、驚きました。

この手足の出し入れもどんな風に行われるのか知りたかったのですが、『REVELATION』のサビ部分が来ると深紅の幕の間が開き、向こうに人影が見えまして、必死になって手部分を表に出していました。あれ、膨らんだままの状態ですと、とてもステージの背後に入り切らないですよね。表に出すときに強力な空気入れのようなもので一気に膨らますのでしょうかねー? 

足の方はステージの奥に鉄パイプで櫓が組まれておりまして、曲の開始時、櫓の上に足の元となる折り畳まれたビニールと共にスタッフさんが待機されていました。こちらもサビ部分が来るとスタッフさんが懸命になって、ビニールをステージの外に出していました。手にしても足にしても全身を使っての作業で、大変そうでした。

P'UNK~EN~CIELさんのときには、初めてhydeさんのトランプ付きの帽子を拝見致しました。艶消しされた皮素材製らしき黒の鍔付き帽子なのですね。トランプは帽子本体にも付いてますが、帽子からクリアファイルに使われるプラスティック素材のような撓る細長い板が付いていて、この先端にもトランプが付けられているのですね。斬新なデザインだなぁと思いましたヨ。遊び心満載の帽子です。

『Shout at the Devil』で幕が下りた後に、幕に男の子と女の子のシルエットのKISSシーンが映りますが、今回の席では角度の関係で顔が徐々に近付く間は女の子の横顔しか見えませんでした;;; やっと最後、KISSする直前に男の子の顔が少しだけ映りました。席によって随分と見え方が異なるなと思いました。

『雪の足跡』のときはステージ横とはいえ、スクリーンが間近だったので、hydeさんが涙されるかどうか今日なら確認出来る、と曲を聴きつつしっかりとスクリーンを見つめていました。目尻を中心に注視していたのですが・・・、涙は無かったですね(^-^;

この日のMCですが、最初のhydeさんのMCでは『大阪に来てからホテルに泊まっているんだけど、ちょっと凄いよー。』といった感じに話されていました。『何が凄いってジャングルみたいな感じになっていて、加湿も凄いし暑くてね、どっかのアジアの国みたい。あんまり暑くて寝られない位・・・。』と仰いまして、鉢植えの観葉植物が沢山置かれている湿度の高い部屋を想像したのですが、寝られない程暑いというのは温度調節が不味かったのでは?、とhydeさんの体調のことを考えてしまいましたヨ;;;

kenちゃんのMCは『おはよう!』から始まりました。『今の時間でおはようって・・・(^-^; でもそうかkenちゃんは業界人だから今の時間でもおはようなのかなー。』と思ってしまいました。会場からは皆さん同じようにお考えなのか、違和感がある様子が感じられつつも、『おはよう。』の声が返ります。

『今日はライブの開始(予定)時刻が早かったよね? だから開始を遅らせてみました、15分位。』と続きます。『うーん、実際は25分近く遅かったと思うけどなー。これまでで一番遅かったんじゃないかな。』と思いました;;;

『みんな今日は何時に起きた? 午前中の人ー?』、多くは午前中で手が挙がります。私はこの日は朝4時半頃起床しましたからねー。れっきとした午前中起床の部類です。『午後の人ー?』ここはチラホラだったと思います。『ここまでみんなどれ位掛けて来てるの? 2時間以上の人ー?』、これには当て嵌りましたね。思ったより挙手している方がいなかったので、アレレッと拍子抜けしました。以前どこかに遠征した際にも遠征者を挙手させるMCが有って、このときはかなり多かったのですヨ。仙台公演だったかな。

話はちょっと変わって、『ファンレターに“今日は何時に家を出て、誰々ちゃんとライブに行きます。席はXXなのでこっちを見て下さい”って書いてあることが有るんだよね。でも席分かんなくてさー。ここはA?、B?』といった感じに観客に向かって場所を示しながら、質問します。『成る程、こういったことをファンレターを書かれる方もいらっしゃるのかー。』と何だか一生懸命な感じが可愛いなと思いつつ聞いておりました。

『ファンってさー、二種類居るよね。ライブで自分を見て欲しいって人と目が合うと目を背ける人。』。この言葉に『私は後者だなー(^-^;』と思ってしまいました。過去のライブで、気のせいとか思い込みといったものなのかも知れませんが、『今、メンバーさんと目が合っているような気がする。』と思ったことが何度か有りました。特に『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』のときはステージと然程距離が無いことが多かったので、これを感じました。でもこういったときはもう何だか恥ずかしくなってしまって、思わず目を逸らしてしまっていましたヨ。特に両頬が涙でテラテラのときとか、・・・ね。

kenちゃんは『ファンレターには見て欲しいって書いてくる人も居るから見つめると、目を背ける人も居るんだよね。一体どうしろっちゅうねん! 目が合ったらさー、ニコッと笑顔で返す、これ人としての基本だよ!』と笑いながら言い放たれまして、確かにそうかもー・・・と思ってしまいました。今度目が合う機会が訪れたら、まあそこまで近い距離でライブを拝見する機会も早々無いのですが、ニッコリ笑顔を心掛けようと思いましたヨ。

『昨日は休みだったんだけど、買い物に行ってね、靴と腕時計を買いました。スタッフ二人と一緒に行ったんですが、大阪はやっぱり値切る所だろ、っていうことでスタッフに値切らせました。』と話されます。『うーん、kenちゃん自身が値切る訳じゃないのね・・・。』と苦笑しました。結果、どうも大阪弁でなかったからか(?)、値切るのは失敗だったようでした。それにしてもスタッフさんはメンバーさんからの指令は絶対なのか、色々なことを挑戦する機会を与えられていまして、大変ですよネ。。。

kenちゃんは続けて、『『DRINK IT DOWN』っていい曲なんですよね。僕はこのタイトルがどういう意味か知らないんだけど、知ってる?』と観客に質問されていました。会場からは『飲み干す』、『飲み下す』、『飲め!』といったような言葉が飛び交っていました。kenちゃんは聞き取れない様子でして、『ま、どうせその内hyde君がインタビューで教えてくれるでしょう。』と結んでいらっしゃいました。

これには相変わらずだなと可笑しくなってしまいましたねー。まさに曲の演奏をなさっているご本人たちなのに、やっぱり曲のことをご存知無いんだなーとか、普段hydeさんが一緒にいらっしゃるのだから、ほんの一言『どういう意味?』って訊けばいいのに、やっぱり知るのはインタビューを介在してなんだなーといったことを思ってしまいましたヨ。それにしても、kenちゃんも曲タイトルの意味に関心が有られるのだなとちょっと意外な気もしました。

『雪の足跡』の後、毎回hydeさんの締めのMCが入るのですが、この日はまず『(雪の足跡は)いい曲ですよねー、この曲はやばいんですよ。感情的になるので、何だが涙が出て来そうになるんですよね。いつもは技術的なことを考えながら歌うんですけど、感情的になる曲は駄目ですね。』といった感じに仰っていました。

『前回、teっちゃんが如何に真面目にリハーサルをやるかを話したんで・・・、』とhydeさんが言い掛けますと、スクリーンにはteっちゃんのお顔が映されました。teっちゃんはしかつめらしさとおどけた感じが同居したような表情で、口をキュッと結んだまま『そうだ、オレは偉いんだぞー。どんどん褒めてくれー。』と言いたそうな感じで大仰にウンウン頷いていらっしゃいまして、笑ってしまいましたヨ。前回公演のレポといったもので読んでいないのですが、前回はteっちゃん話が有ったのですネ。

hydeさんの話は『今日は、kenちゃんの話をします。』と続きます。『kenちゃんはいつも楽屋ではギターが五月蝿いって言われててね、別な部屋に居るんですよ。ギタリストにギターが五月蝿いって酷い話なんですが・・・。』と笑いながら語られます。『kenちゃんだけ隔離部屋なんだー。』と思っておりますと、hydeさんはハッとしたように『あ、でもオレが追い出してるわけじゃないよ!』と慌てて自己弁護していらっしゃいまして、可愛かったです。

今度はkenちゃんが『一人で部屋に籠もっていると寂しいんだよねー、誰も来てくれないし。』と話し出します。『hydeも来てくれないし。そういえば、昨日しゃべってないよね。』『うん、しゃべってない。』『こうやってステージでマイク越しに話すだけだよね。』『うん、そういう関係。』といったような会話が続きまして、会場からは笑い声と共に『エーッ!』という声が湧き起こります。

kenちゃんの話が続きます。『一人で部屋に居てね、あ、tetsuは来てくれたんだ。ゾンビの手を持ってさー。』。『ゾンビの手???』と観客が『???』を頭の中に浮かべておりますと、kenちゃんはちょっと困ったように『ゾンビの手っていう、手が有ってねー。って言っても分かんないと思うけど。ややこしくなっちゃうかな。』と説明に窮していますと、hydeさんも『ゾンビの手っていうのが有って、ちょっと流行っているんですよー。』と救援されます。

客席からは『見せてー。』という声が上がりまして、メンバーさんみんなは互いに顔を見合わせて『どうする?』といったような感じになったのですが、やがて、見せることで意見が一致したらしく、ステージ袖に居らっしゃるスタッフさんに持って来るように指示されていました。

ゾンビの手が現われるまでの間、別な会話が続きます。確かhydeさんがkenちゃんに、『昨日は何してたん?』といったような質問をされたのだったと思いますが、『昨日は買い物行ったよ。hydeのマネージャーと。』と答えると、hydeさんは知らなかったのかエッ、と驚いた様子で、『何時ごろ?』『うーん、夜の7時頃。』『いいもの買えた?』『買えた。腕時計買ったんだけど、ストップウォッチが付いてて、万歩計も付いてる。』『オレ、血圧計が付いてる腕時計が欲しいんだけど・・・。』『血圧計かー。心拍数が測れるものなら有ったよ。』『それ、買うよー。』といった感じに話は進みました。

そうこう話している間にスタッフさんがhydeさんにゾンビの手を届けます。ゾンビの手は肘から下部分を切断した形の人体模型のようなものでした。切断面はまさに今切断したばかりといった感じで鮮血で染まっていて、腕部分に溢れた血が滴り流れています。『これをいきなり差し出されたら、ビックリするだろうなー。』と思いましたヨ。hydeさんはゾンビの手を左手に持ち、ゾンビの手がスタンドマイクのマイクに添えられるようなポーズをお見せになられまして、お茶目さんでした(^-^)

最後にkenちゃんはどういう話の繋がりからかは忘れましたが、『オレは雪とかクリスマスとかは好きちゃうねんって感じなんですけど、hydeが好き、好きっていうから、好きって言っている人の横で嫌い言うのも何かなーと思って、好きになるよう努力してます!』といった感じに仰いまして、会場からはまたしても笑いが起こります。この後にhydeさんが『それじゃ、『Hurry Xmas』。』といったところで『Hurry Xmas』が演奏されて終わりだったように思います。

この日は席の近くに紙を持った2人の観客がいらっしゃいまして、ライブの間、ステージの方にこの紙を向けているので『何が書かれているのかな?』と思って覗き見たところ、一人の紙には『湾』という文字が書かれていました。『“湾”??? ラルクさんの曲で“湾”なんて付くものが有ったっけ?』と思ったのですが、やがて隣の方の紙には『台』と書かれていることが分かりまして、どうやら台湾からお越しのファンのようでした。

あと、対岸に当たるteっちゃん側の参加席の最前列には小学生位の金髪の異国人の女の子が居ました。真っピンクの無地のTシャツを着ていて髪の毛は左右に三つ編みにしていました。参加席にメンバーさんがいらっしゃるとスクリーンに背後の観客が映るのですが、この少女は金髪ということもあってとても目立っていました。対岸から様子を肉眼で見ていても、物凄くノリが良くて全身で楽しい!、ということが見て取れて、可愛らしかったです。

金髪の少女は日本在住なのかも知れないですが、台湾の方は恐らくライブの為に台湾からお越しになられたのだろうと思いました。ラルクさんのライブもインターナショナルですネ。

それからこの日は一度、hydeさんが投げた水入りペットボトルが割りとすぐ近くまで飛んで来たのですが、手に入れられなかったのが残念でした。あとほんの少し位置がずれていたら・・・と思いました。1万人以上も居る大会場の中で、メンバーさんの投げられたものを入手するというのは、やはり難しいものですね。

そうそう、ライブ終了後のSEですが、さいたま公演のときはこれまでのラルクさんのライブの定番曲だったENYAさんの『BOOK OF DAYS』だったと思うのですよ。それが『Hurry Xmas(-Silent Night version-)』に代わっていて、驚きました。これは大阪公演初日からずっとこうなのでしょうか。ちょっとしたところで変化を試みられているのだなと思いました。

この日のライブは最初の方にも書きましたが、hydeさんの体調が思わしく無さそうなことが終始気掛かりでは有ったのですが、hydeさんもプロでして、観客に気取られないようにせいいっぱい振舞っていらっしゃる風に見えまして、心を打たれました。こんな風な心持ちでライブに参加したのは初めてだったのですが、特に最後の方のMCで笑わせて頂いたことも有ってか、終わり良ければ全て良しといった感じでしょうか、心痛が有りつつも楽しかったです。

大阪公演3日目の感想は以上です。
スポンサーサイト
【2008/01/14 21:36】 | ラルクLIVE関連 | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

<<『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』大阪1/13(日):感想-1 | Top | 『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』大阪1/12(土):感想-1>>
コメント
今回も丁寧なレポありがとうございました!

「teっちゃんが不機嫌そうだった」とかの記事も目にしました。
どうなっちゃうのかな~とちょっと心配でしたが、無事に終わって取りあえず良かったですね。(teっちゃんも風邪気味だったとか)
こんな時期ですからね、充分注意してても風邪引いたりはもうどうしようもないですよね。
「急速充電」してまた元気な姿で(笑)東京に戻ってきて欲しいです。眠眠さんも遠征疲れを急速充電して下さいね♪
【2008/01/15 12:00】 URL | HY [ 編集] | top↑

============================================================

眠眠さんは参加席だったんですね~
あたしはその隣のスタンドHの6列目にいましたよ^^v

ゾンビの手はスタッフさんからhydeクンへではなく
てっちゃんに渡されてましたよ
そしててっちゃんがhydeクンの肩にソーッと乗せました

それから終了後のSEですが
大阪初日からハリクリ♪が流れてたと思います
でもハリクリをしばらく流した後エンヤに変わりますよ

『DRINK IT DOWN』のMCは初日に
Kenちゃんがhydeクンにどういう意味?って聞いてました
hydeクンが『のんでぇ...』(笑)って答えたら
kenちゃんは命令形だから『飲めっ!』って感じ?
などとのやり取りがありました


hydeクンの喉の調子は悪かったですよね
歌い終わるたびに喉スプレーを何度もしていたそうですよ
大阪はMCも長くとっても楽しかったですが
喉の調子を補うような激しい動きに見えたり
苦しそうに歌う姿を見てて少し切なくなったり
弱みを見せたり言い訳などしないhydeクンに惚れなおしましたが
やはり心配でドキドキしていました
ツアーの間にレコーディングなどもしているそうなので
お疲れでしょうが名古屋では素敵な声を安心して聴かせてほしいです(*^_^*)

【2008/01/15 19:13】 URL | maruma [ 編集] | top↑

============================================================

>HY様

こんばんは。コメントを頂きまして有難うございました。

『teっちゃんが不機嫌』という感想を幾つか目にしましたが、私には特にそういう
風には映らないのですよねー(^-^; いつもあのように割とストイックな感じが多いように
思えるのです。皆さん、よく分かりますよね。

teっちゃんも風邪気味という話は存じ上げませんでした。
それはそれは、teっちゃんも大変でしたね。。。
冬は体調を崩し易いですし、メンバーさんには元気になって頂きたいですよね。
やはり元気なお姿でのライブを拝見したいものです。
私へのお言葉も有難うございます。そうですね、風邪を引いたりしないよう、
疲れを取るようにしたいと思います。

では。

------

>maruma様

こんばんは。コメントを頂きまして有難うございました。
ん、maruma様はHスタンドだったのですね。しかも6列目とは・・・。
参加席はHスタンドだったのですヨ。列は後ろでしたが。
もしかするとHスタンドの前方が通常の席で、後方が参加席になっていたのかも
知れないですネ。とにかく、とても近いお席だったようです(^-^)

すっかり忘れ去っておりましたが、ゾンビの手はteっちゃんに渡されて
いたのですね。そういえばそうだった気がします。どんどん記憶が無くなって
行きますね。教えて頂いて有難うございました。
最後のSEの件も有難うございました。いつもライブ後は電車が混まない内に・・・と
早々に引き上げるので、知りませんでした。ENYAさんの最後と知り、これまでの
ライブと同じということでこれはこれで安堵致しました。

『DRINK IT DOWN』のMCの話も初めて知りました。そうですか、kenちゃん、
hydeさんに訊いていたのですね。でもhydeさん、教えてくれなかったのですね(^-^;
ちょっぴり切ないですねー。

hydeさんはとにかく体調が悪そうで、ハラハラし通しでしたが、何とか無事に2公演
終えることが出来て本当に良かったですよね。次の公演では復活して、また元気な
お姿をお見せ下さると良いですよネ。では。
【2008/01/16 04:00】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/729-e4c215cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。