スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

HydeistTIMES拝見等
今年も早いものでもう3日間が過ぎようとしています。今年は閏年で366日ですから、既に122分の1が経過してしまうのですね。

目下の楽しみごとは来週に控えたラルクさんのライブ:『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』の大阪公演参加です。1/12(土)、13(日)に参加の予定です。大阪城ホールに行くのは2005年の『AWAKE TOUR 2005』のとき以来かな? 少々久し振りとなります。

大阪公演のチケットはLE-CIEL先行予約で落選し、一般の先行予約でも悉く落選しておりまして、参加を諦めざるを得ないかと思っていたのですが、その後運良く希望の土日公演分を入手する事ができました。年明け早々、ラルクさんのライブに参加したいと思っておりましたので、とても嬉しいです(*^-^*)

さて、先程、やっとHydeistさんHPの最新号のHydeistTIMESを拝見致しました。最新号が発刊されたばかりのときはアクセスが集中しそうですし、とにかく内容がぎっしり詰まっているので、余裕が出来たら読もうと思っておりました。

HydeistTIMESは内容の充実度は大したものだと思いますが、ただやはりPC画面で読むというのはちょっと辛いですねー(^-^; PCで細かく書かれた字を読む作業というのは結構疲労致します・・・。クリックすると絵や写真が動く仕掛けはこういった電子媒体でこそ実現可能な楽しいものかも知れませんが、やはり私は好きなときに手軽にパッと開いて読むことが出来る、LE-CIEL会報のような紙媒体が好きです。

HydeistTIMESも紙媒体は有りますけれどねー、ある程度の号数分が纏まったところで別料金を払って購入ですからね・・・。これまで第2弾まで販売されていて、もうすぐ第3弾も出るようですが、自分の中でこの “別料金で購入”という形態に納得が行っていないので、これは引き続き購入せずとなります。

今回のHydeistTIMESでは『HYDEカルトクイズ66+6』に燃えてしまいました。無事全問正解まで辿り着きまして、HYDEさんからの賞品も頂きました。これは中々素敵ですねー。早速使わせて頂いております。今年一年、楽しませて頂きます(^-^)(Hydeistさんで無い方は何かが分かりませんね・・・。申し訳ございません)

このクイズ、何といいましょうか、時間と根気が必要ですね。直ぐに分かるものも有りましたが、多くは当てずっぽうでして、何度も何度も外れました;;; 最初の方に間違えるのならいいのですが、後の方で間違えるとその度に1から出直しでして、最後の方のQUESTIONでは途中、投げ出したくなりましたヨ(^-^; でも何とか投げやりになる気持ちをグッと抑え込んで頑張りました。

尤も『Hydeist』の名付け親が誰か判明したり(HYDEさんかと思っていたら違うのですね)、HYDEさんってこんなことで激怒されるのですかー・・・?(@_@)と意外な面に驚いたり、マニピュレーターの斉藤仁さんが最初にHYDEさんにお会いした時の印象にホワッとした温かい気持ちになったりといった感じで、大変ながらも楽しませて頂きましたけれどネ。

まあ難問を繰り返し行った結果、問題及び解答がすっかり頭の中に叩き込まれまして、HYDEさんについて詳しくなりました(^-^) この知識が次回のHydeistさんのハロウィンクイズへ活かせたりすると良いなと思いました。

『HYDEカルトクイズ66+6』以外のHYDEさんのインタビュー記事等も色々と楽しませて頂きました。

HYDEさんがライブで新曲を歌うと泣いてしまう、といったインタビュー記事を以前どこかで拝見しておりまして、どの曲なのかなと思っていたのですが『雪の足跡』だったのですね(前、この疑問を記事に書いたときに『どこかの場で『雪の足跡』と仰っていた気がする』、という非表示コメントを頂いたことが有ったのですが正しかったようです)。

そうでしたか・・・、涙を浮かべたHYDEさん、お綺麗ですからねー(*^-^*) これは今後のライブのときにしっかりとご尊顔を拝見させて頂きたいと思います。 とはいえ、顔の細かな部分まで肉眼で見える程ステージに近い席は今後も無いので、涙されたら是非カメラさんに顔のアップ映像をスクリーンに映して頂きたいです。

HYDEさんとヘアメイクさんの対談も興味深かったです。『花葬』PVの眉毛剃りもこのヘアメイクさんがおやりになったのかー・・・と感慨深い思いでした。当時は日本全国でラルクさんフィーバー的な感じでして、『花葬』PVの眉無しHYDEさんが人々(ラルクさんファンに限らず)に与えた衝撃はとても大きかったと思います。

HYDEさんはヘアメイクさんを深く信頼していらっしゃるご様子ですし、ヘアメイクさんも誇りを持ってお仕事されているようで、いい関係だなと思いました。恐らくHYDEさんはこんな風な信頼関係を周囲にいらっしゃる多数のスタッフさんと結んでいて、目には見えない幾重もの繋がりの中で在られるのですよね。勿論これはHYDEさんに限らず、他のラルクメンバーさんも同じだとは思いますが。

そういえば、HYDEさんがインタビュアーさんにブログは書かないのか、といった質問をされたときに、『プライベートが無くなるから書かない』といった受け答えをされていました。HYDEさんのブログが有ればいいなと思っていたので、これはちょっと残念でした。

ただ『プライベートが無くなるから書かない』の意味は二つに取れるのかなと思いました。すなわち、『ブログを書くことで時間を取られるのでプライベートが無くなる』、もう一つは『ブログを書くことでプライベートを明かすことになるのでプライベートが無くなる』というものですね。

前者はまあ確かにその通りで、ブログに何かを書くというのはそれ用の時間を要します。後者の場合はブログは必ずしもプライベートを明かすものでは無いので、例えばHYDEさんが日々書いたイラストを掲載するとか・・・、そういうものでも良さそうですよね? 

ただ、よくよく考えると、ブログ記事掲載よりも曲作り・レコーディング・ライブといった方に注力頂く方が本望ですし、お仕事以外では休養もしっかりと取って心身共にいい状態でお過ごし頂きたいので、今のままでいいのかなと思いました。

今回のHydeistTIMESの感想はこのようなところです。
スポンサーサイト
【2008/01/03 23:50】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<『日経エンタテインメント!』のアルバム『KISS』記事 | Top | 謹賀新年>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/720-abf4665c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。