スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『JACK IN THE BOX 2007』:感想
昨日、ラルクさん所属事務所:MAVERIC DC GROUPさん企画の『JACK IN THE BOX 2007』に参加して参りましたので、今日はこちらの感想を書きます。当イベントに関して、レポ・感想等は一切読んでいない状態で書いております。私はラルクさん及びラルクさんメンバーソロのファンですので、殆どがこちらの感想です。誤り等あると思いますが、良かったらご覧下さい。

開催場所は昨年同様、日本武道館でした。特にライブグッズを購入する予定も無かったので、早く行く必要性を感じず、最寄り駅の東京メトロの九段下駅に着いたのは開演時間:15時の20分前でした。冬の晴天の日で、武道館のある北の丸公園入り口まで続く坂道には食べ物の露店が建ち、これから参加する人々が連なり、ダフ屋さんがチラホラ立っています。今年もまたこのイベントに参加するんだという実感が湧いて来ました。

公園入り口近くには葉が全く無い寒そうな桜の木々が有り、また来年、春になるとこれらに沢山の花が付くのだなと頭の中で満開の桜の木を想像してしまいました。そういえば今春、この辺りにお花見に来たことを思い出しました。

昨年このイベントに来てから1年、今年桜を観に来てから8カ月程・・・等と考えると、月日の経過する早さに驚愕すると共に、何となく感傷的になってしまいます。

昨日の席はアリーナA席でステージの下手側でした。ステージの端から外れてはいたものの、かなり見易い席でした。このイベントでアリーナ席というのは確か第2回目の天嘉の時以来で、随分と久し振りでした。ちなみに天嘉は第1回目からずっと参加しております。

席に着き場内を眺めますと、まずステージの上方に『JACK IN THE BOX 2007』の文字が描かれた大きな看板が掲げられておりました。またステージ左右に設けられたスクリーンには『JACK IN THE BOX 2007』の文字が横に流れ、再び現れ、また横に流れ・・・と繰り返し映されています。

元々『天嘉』の名称に慣れ親しんでいて、またロゴの迫力のある毛筆の『天嘉』の字体も大好きだったのですが、この文字がスクリーンから消えてしまっていることがちょっぴり寂しかったですね。あの字体は壮麗で、いつもこのイベントに来ると飽きずに眺めていたものでした。

場内を見渡していて、アレッと思ったのはステージの数がメインステージの一つのみということでした。確か昨年はメインステージの他、左右にサブステージを設け、演奏の為のセッティングの時間は常に他のステージで演奏が行われるようにして、観客を飽きさせることが無いように工夫されていた筈・・・と思いました。これは中々良かったように思ったのですが、今年同じようにならなかったということは、やってみて不都合な点が出て来たのかも知れないですね。

kenちゃんが登場されたのはそろそろラルクメンバーさんを拝見したいなと思った頃でして、タイムテーブルによると、17:30となっているので、始まって2時間半が経過したところでした。SESSION Bでのご登場ですね(セッションは最後のものも含めると全部で6つ有りました)。

今回のライブではセッションについてはライブ開始直前に、スクリーンでメンバー紹介が行われるようになっていました。まずパートごとに一人ずつ紹介し、最後に全メンバーを一つの画面に収めて紹介といった具合です。観客は自分がファンの対象であるアーティストさんがパート紹介で映されると、ワッと歓声を上げて喜ぶのですね。SESSION Bでkenちゃんの名前がVo.担当としてスクリーンに映ったとき、私も思わず声を上げました。

kenちゃんは出番が来たとき、颯爽とステージ中央に向かわれました。お召し物は黒のトレンチコート、中は黒のブラウスでして、胸の辺りまでボタンを外していてちょっとセクシー系、下は黒のズボンでして、黒のサングラスもなさっていたので、上から下まで真っ黒でした。ラルクさんライブのときには見慣れない黒のトレンチコートは新鮮でした。大人のムード満点でしたヨ。

kenちゃんは冒頭で『今日は本当は出ないつもりだったんだけど、素敵なメンバーだったので出ちゃいました。』と仰っていました。kenちゃんご自身からもメンバーさん紹介が有りまして、44MAGNUMSさんとかEARTHSHAKERさんといった先輩バンドのメンバーさんで構成されていました。

そうそう、このセッションメンバーの中には『L'Arc~en~Cielのサポートキーボード奏者』といった紹介でラルクさんファンにはお馴染みの秦野さんがステージの表に出ていらっしゃいました。名前はよく存じ上げていたのですが、実物を拝見したのは初めてでした。kenちゃんは『あの人が秦野さんねー。いつもL'Arc~en~Cielでキーボードを弾いて貰っています。L'Arc~en~Cielのライブでキーボードの演奏が間違っていたら、あの人だからねー。』と仰いまして、会場からはクスクスと笑いが起きます。

早速kenちゃん率いる(?)SESSION Bの演奏が始まります。うーん、これは知らない洋楽の曲のようでした(^-^; 今では全く覚えていません。演奏後kenちゃんは『今の曲知ってる人ー?』と観客に問い掛けますが、挙手されている方は殆どいらっしゃらなかったと思います。『これだからもぅー。』とkenちゃんはちょっと困ってしまったようでしたが、仕方ないですよね;;; この客層の大半にはマイナーな曲のようでした。この後もう一曲演奏されるのですが、私はこれも分かりませんでしたー(^-^;

kenちゃん、ソロでVo.で出演されるのなら、『Speed』をお聴かせ頂きたかったなと思ってしまいましたヨ。先輩バンドさんにはご自分の曲を演奏してくれとは言い辛かったのでしょうかネ? それとも単に演奏したい曲を演奏しただけなのでしょうか?

そういえば秦野さん、キーボードを弾きつつ、コーラスをなさっていました。歌もお歌いになられるのかとちょっと驚きました。

kenちゃんのセッションの後、待ちに待ったacid androidさんの番となりました。

今回のユッキーのお姿には驚きました。デザインの凝った白の長袖ブラウスに黒の前開きベストを着込まれていて、首には白の羽毛のロングマフラーを提げています。下は黒のズボンに黒のロングブーツでした。服装についてはこれまでacid androidさんライブで拝見しているユッキーのお姿でして、特にこれといった変わりは無く驚かなかったのですが、メイクにビックリでした。目の淵ではなく左右の目の周り全体を、銀色めいた灰色のアイシャドウ(なのかな?)で横に細長い楕円状に色を付けているのですよ。

パッと見、悪魔っぽく、悪魔がステージに降臨といった風に思えました。ユッキーはラルクさんライブでは外見上、あまり目立つようなこともせずに控え目ですが、acid androidさんのときは一気に開放されるといった感じで派手になりますよね。服装も毎回凝りに凝っていますし、今回については特徴的なメイクまでなさっています。やはりバンドではボーカルがフロントマンという認識がお有りで、立場により色々と変えていらっしゃるのだなと思いました。

acid androidさんのライブはとにかく楽しかったです。今年のラルクさんのライブ参加が終わったら、acid androidさんのCDを聴き込みして、JACK IN THE BOX 2007に臨もうと思っていたのですが、中々時間が取れずに全く聴くことが出来なかったのですね。曲自体を聴くことが本当に久し振りでして、懐かしさに胸がいっぱいになりました。どれを聴いても思わずウルッと来る感じでした。

全部で7曲演奏されたのですが・・・、私はacid androidさんの曲は全部知っておりますが、曲とタイトルが結び付いていない曲が多いので、セットリストを書くのは控えます。『let's dance』は演奏されていましたが、やはりこのノリノリな感じが大好きです。全体的にもっと沢山の曲を演奏して頂きたかったです。こういったイベントですと演奏曲数が少ないのですよね。acid androidさんのソロライブに行きたくなってしまいました。

この日は演奏されなかったのですが、『it's a fine day』、『chill』、『imagining noises』が聴きたかったです。『it's a fine day』はラルクさんの『REVELATION』の原曲ですね。2004年の天嘉で初披露されたのでしたか。とても盛り上がると思うのですが、『let's dance』のカップリング曲でアルバム:『purification』には入っていないせいなのか、acid androidさんのアルバム:『purification』のツアーでも日によって演奏されたりされなかったりだったのですよね。

『chill』は初聴きから大好きでした。acid androidさんを聴いていらっしゃる方は、結構この曲を好まれている方が多いと思うのですが、ユッキー作曲では無いことも有るのかな?、演奏されませんでしたね。『imagining noises』はこれまでソロライブでも天嘉を始めとする各種イベントでも必ず演奏されていた曲という認識でして、今回も絶対にセットリストに入ると思っていたのですが、外れてしまいました。これも時代の流れなのでしょうかねー?

さて、SESSION C では遂にhydeさんのご登場だと思って、一体どんなセッションになるのかとワクワクしました。マヴェリックサイトさんで事前に発表されていたタイムテーブルも『hyde×????、夢の顔合わせが実現!』となっていて、かなり期待を持たせる書き方だったのですよね。

これまで同様、セッションメンバーが次々とスクリーンに紹介されて行きます。『guitar』との表示の後に『TAKURO(GLAY)』(だったかな?)の文字と共にご本人の写真がスクリーンに現われたときは、会場は物凄い歓声で溢れました。この後『Vo.×2』の表示が出たのですが、『TAKUROさんが出演ということは、もしやhydeさんとTERUさんが出演!?』と予想しました。まさにこの通りで、予想した直後にスクリーン映像でVo.はこのお二人であることが判明します。会場はもう狂喜の声に満ちていたといっていいでしょう。

本当に驚きました。よもやGLAYさんのメンバーさんと競演とは想定外です。そもそもGLAYさんはマヴェリックさん所属では無いですしね。まさにイベントタイトル:『JACK IN THE BOX』の通り、『びっくり箱』だなと思いました(@_@)

登場されたhydeさんはこの日は上はパーカーのようなものを着て、下は上と同じ地のズボンを穿いていらっしゃいました。上下とも割と体にピッタリとしたものだったせいか、体の線がよく見えたのですが、本当に華奢でしたね。髪の毛は全体を後ろに上げて纏めた感じでしょうか、女の子っぽい感じで可愛かったです。黒のサングラスをなさっていました。

演奏曲はGLAYさんの『誘惑』、ラルクさんの『HONEY』でして、『誘惑』は主としてhydeさんが、『HONEY』は主としてTERUさんがそれぞれ歌われていました。hydeさんの『誘惑』、非常に上手かったですよ。hydeさん、曲のカバーでお歌いになるときは、その多くはとてもいいお声で歌われますよね。いつぞやのTVでの『ジュリアに傷心』も絶妙な上手さでした。TERUさんの『HONEY』は・・・、悪くは無かったと思いますが、やっぱりhydeさんの『HONEY』が良かったです・・・(^-^;

この日のライブはステージから両方の客席に向かって上り坂の花道が付いていたのですが、この花道の終点となる1階席の前辺りは少し広めのスペースとなっていました。花道を歩いてきたアーティストさんがここでも演奏出来るようになっているのですね。

hydeさんもここへいらっしゃいました。この時、かなりhydeさんと近い位置に居たように思います。今年、『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』の函館公演でS席だったときも近かったのですが、もしかすると今回の方が近かったかも知れません。今年だけを考えると一番hydeさんに近づけた日となったようです。

hydeさんが柵に手を添えつつ、客席の方をご覧になられたとき、『hydeさん、見て下さーい!』と思いながら、思い切り跳ねてしまいました。サングラスで視線の向きが分からなかったのですが、お顔はこちらの方も向いていた筈です!(本当かな?) 見ている認識は無くとも、hydeさんの視界には入ったかも知れないと思って、嬉しくなってしまいました。

それにしても90年代後半に一時代を築き上げた2大バンドさん(の一部メンバー)による競演は見応えが有りました。華を感じましたね。

あとラルクさんメンバーが出演されたわけでは無いのですが、ラルクさんの曲を演奏されたセッションが有りました。SESSION Dです。シドのマオさんがVo.をご担当されていました。

マオさんといえば昨年の天嘉でラルクさんの『虹』をお歌いになられ、かなり多くのラルクさんファンから『あの曲を歌うのは止めて欲しかった。』といった風に不評でしたよね(^-^; 私は別にお歌いになられることは気にならなかったのですが、歌唱力が有られるマオさんでもあの曲を歌いこなせていなかったと感じ、あの曲はやはりhydeさんでないと歌えないのだなと思ったものでした。

それにしてもマオさんが再び果敢にラルクさん曲に挑戦されているところに、気概を感じましたヨ。今回の曲はラルクさんのアルバム:『Tierra』に収録されている『Inner Core』でした。ちなみに最初の方、曲を聴きつつ、どうしても曲のタイトルを思い出せずにおりまして、悶々としてしまいました;;; 私は恐らく、この曲をラルクさんのライブで聴いた事が無いこともあって、記憶に残り辛かったのかも知れません。曲名を思い出したのはセッション終了後、セットの組み換えの時でした。

『Inner Core』の歌の出来栄えはまあそれなりにという感じだったと思います。マオさんのラルクさん曲カバーは2年前(だったかな?)の天嘉の『winter fall』が一番良かったように思います。

さて、あとは一番最後に MAVERICK DC SUPER ALL STARSによるセッションが有りました。このときは場内は客席は一番明るい照明がつきまして、観客がお互い丸見えといった感じでちょっと恥ずかしかったですねー(^-^;

このセッションに向けてのステージの組み換え時、ドラムの前辺りを黒の幕で隠して、ドラムが見えないようになっていまいした。『何であのようなものが?』と訝しく思っていたのですが、セッション開始直前にこの幕が撤去され、ツーバスのドラムセットが現われまして、ユッキーがドラムを叩かれることが把握出来てしまいます。幕で隠していたのは直前までファンに知らせないよう、サプライズを狙っていたのですね。最後の曲は44MAGNUMSの方がVo.でした。演奏曲はやはり分かりませんでした;;;

この曲のときはもう最後ということで、出演メンバーさんが全員ステージに現われまして(ただ、確かTERUさん、TAKUROさんはいらっしゃらなかったと思います)、演奏するわけではなく、ステージを徘徊されて観客の皆さんにご挨拶されていましたね。kenちゃん、hydeさんはもちろんお出ましされていました。

そうそう、この曲のとき、ステージ袖からスーパーに有りそうな買い物籠の中にカラーのゴムボールが沢山詰まったものが出て来まして、各アーティストさんからこのボールが客席に向かって次々と放られました。そこそこの数が有ったので、『もしかしたら、取れたりして?』とちょっとだけ期待してしまいましたヨ。そうしたら・・・、数有る中の一つが前方の席の方の手でバウンドした後に私の方へ飛んで来まして、本当に入手出来ました!(^-^)

ボールはピンク、黄色、緑といったカラーバリエーションが有ったと思うのですが、私が手にしたのは緑色のものでした。ライブ後、このボールをじっくりと見たのですが、ライブのロゴマークとなっているタツノオトシゴと麒麟が合体したようなマスコットキャラが黒のシルエットで印刷されていました。そして、驚いた事に『acid android』とマジックで書かれたサインがあるでは有りませんか。更にボールを回して別なところを見ると、更に3つの『Antz』『Tomo』『(不明)』のサインが有ります。

恐らく各ボールごとに各バンドさんで寄せ書きサインをなさったのかなと思いました。と考えると、ボール入手もそうですが、更にacid androidさんのボールであったことはとても運が良かったと思いました。

ただこのボールで非常に気になるのは、ユッキーはこのボールにサインをされたのかどうか、ということです。ユッキーを表すサインは無いのですよ(『(不明)』のサインはユッキーのサインでは無いように見えました)。『acid android』のサインがユッキーの手によるものなのでしょうか??? だったらとても嬉しいのですが・・・。そもそもラルクさん関係で直筆サインというものを頂いたことが無いのですよ。

気になって仕方が有りません。マヴェリックさんかLE-CIELさんに質問してみようかなー? お答え下さるでしょうか(^-^;

『JACK IN THE BOX 2007』はこのような感じで終わりました。

teっちゃん欠席、及び、これまで皆勤賞だった筈のS.O.A.P.さんも欠席というのは寂しかったですね。ラルクさんのメンバーさんの欠席は輪番制なのでしょうかね? 昨年はユッキー、今年はteっちゃん、来年はhydeさんかkenちゃん? でもhydeさんが欠席されることは多分無いような気がします。やはりこの事務所の人気の筆頭人物で有られるでしょうからネ。

寂しさを感じつつも、kenちゃんソロを不完全燃焼ながら(知らない曲ばかりだったので)拝見し(^-^;、hydeさんとGLAYさんによるコラボのサプライズが有り、hydeさんをかなり近い位置で拝見し、acid androidさんのライブ演奏を聴き、最後にはacid androidさんのサイン入りボールを頂きまして、とても楽しみました。

あとそうですね、すっかり人気を得られたシドさんのステージ、かなり大衆性が出て来たと思われるムックさんのステージも楽しかったです。両者には熱いファンが多く、曲による手振りやヘドバンが綺麗に揃っていて、すっかり驚いてしまったりもしたのですが・・・(^-^; 

やはり年末のこのイベントを終えると、一年のライブ納めという感じがします。今年最後のライブ、楽しませて頂きました。

スポンサーサイト
【2007/12/27 06:14】 | ラルクLIVE関連 | トラックバック(1) | コメント(7) | Top↑

<<『JACK IN THE BOX 2007』:その他雑感 | Top | 『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』さいたま12/23(日):感想>>
コメント
すごいですね。。。
ちょっと考えられないくらい。
GLAYファンの友人は知っていたかなぁ???
なんて思いました。
TVで取り上げないかなぁ?ってみていますがないですねー。
映像で知り得ないので、このように丁寧にレポしてもらえるのはすごくうれしいです。
ありがとうございました。
【2007/12/27 06:41】 URL | せいら [ 編集] | top↑

============================================================

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/27 07:22】 | [ 編集] | top↑

============================================================

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/27 09:47】 | [ 編集] | top↑

============================================================

驚きました!よくGLAYのスケジュールが空いてましたね!!

さっそくですが、洋梨のブログでも紹介させてもらいました。
いつも事後報告で申し訳ありません(汗)。

さいたまのレポ、何度も何度も読ませてもらいました。
本当に、いつもありがとうございます!!
【2007/12/27 13:30】 URL | 洋梨 [ 編集] | top↑

============================================================

jACK IN THE BOX 2007のレポ読ませていただきました!
私も昨夜張り切って感想を綴っていたのですが、
1から書いてったらSESSION-Cのところで睡魔に負けてしまいました(笑)

それにしても眠眠さん、うらやましいです!
acidのボール(>∀<)
ちゃんとロゴとサイン入りだったんですね~♪
不明のサインが気になりますが(笑)
明らかになった際にはぜブログ様で触れてくださいませ~(^ー^)
【2007/12/27 23:52】 URL | momi [ 編集] | top↑

============================================================

え~・・・。行けばよかったぁ~~。
どうしてもラルクだけじゃないと行く気がしなくて、今まで申込みすらしませんでした。
(ソロのhydeじゃダメ!ラルクのhydeが好き!)
ましてや他のバンドにはあまり興味がないし、比べちゃうし(笑)

でも、kenちゃんがご一緒した4マグとアースは大好きだったんです。80年代初めのヘビーメタルブームの2トップでした。
あ~~見たかった!眠眠さん、凄いもの見ましたよ!!
多分kenちゃんも相当緊張したことでしょう(笑)
来年は行ってみようかなぁ。。。

【2007/12/28 07:53】 URL | HY [ 編集] | top↑

============================================================

>せいら様

こんばんは。コメントを頂きまして有難うございました。
hydeさんとGLAYさんのコラボはやはり完全なるシークレットだったのでは
ないかと思います。だからこそ活きる内容ですよね。
TVでは取り上げなかったようですよね;;; 残念です。
折角の一大イベント、是非参加されたかった方々にも観て頂きたかった
ですヨ。

イベントの感想は本当に丁寧でも無く(本当はラルクさん以外の全出演者のことも
書きたかったのですが、かなり削りました。これについては今日の記事にちょっと
載せましたが・・・)、嬉しいとのお言葉も頂いてよいものかどうか・・・と
思ってしまいます。しかしながら少しでも楽しんで頂けたのなら良かったです。

では。

------

>非表示でコメントを下さいました○○○○様

こんばんは。コメントを頂きまして有難うございました。
丁寧なレポといったものでは全くなく、恐縮してしまいます。
でも少しでも楽しんで頂けましたのなら光栄です。

『Inner Core』がSakuraさん作曲というのは全く記憶の中から消し飛んで
おりました。なる程、だからこそ演奏出来たのですね。確かに、
ラルクさんでは今後聴くことが叶わない可能性が高いですね。
Tomoさん、腰痛だったのですか。存じ上げませんでした。
ステージ上では例のシルクハットをお被りになり、お元気そうでしたヨ。

そうですね、来年も恐らくこのイベントは有るでしょう。
その際はお互い参加出来るといいですネ。では。

------

>非表示でコメントを頂きました○○○○○様

初めまして、ボール入手への祝辞(?)、有難うございます(^-^)

またteっちゃんについての情報を有難うございました。こうして教えて頂かなかったら
気付かなかったかも知れません。
teっちゃんも関わっていた事が分かったのは本当に嬉しかったです。

確かに言われてみますとロゴマーク、どことなくteっちゃんが好まれそうですよね。
デザイン自体、もしくはデザイン決定にteっちゃんも参加されているのかも
知れないですね。

では、今後も宜しかったら是非お越し下さいませ。お待ち申し上げております。

------

>洋梨様

こんばんは。コメントを頂きまして有難うございました。

そうですよね、GLAYさん、年末の忙しそうなときによく空いていたものです。
もしかすると意外と今年の早い段階に決められたのかも知れないですよね。

大した感想文でなくて本当に恐縮ながら、再び洋梨様のブログでご紹介頂きまして
有難うございました。お陰様で何人もの方がお越し下さっております。

さいたま公演の感想も何度もお読み頂いているとは・・・、これまた恐縮です;;;
自分ながらあまり書けていないなという評価なのです;;;
それでもほんの僅かでも楽しんで頂けているのなら、嬉しいです。
では。

------

>momi様

こんばんは。コメントを頂きまして有難うございました。

momi様もレポを書かれたのですね。睡魔に負けて・・・というところ、
非常によく分かりますー(^-^; どんなライブでも夜に終わり、なるべく忘れない内に
書き上げたいと思うのですが、これがライブでパワーを使うこともあってか、
激しい睡魔に襲われますよね。。。 

acid androidさんのボールのサインについては今回の記事に書きましたが、
調査を開始しております。果たしてどうなるか、結果をお待ち下さいませ!

では。

------

>HY様

こんばんは。コメントを頂きまして有難うございました。

HY様は44MAGNUMSさんとEARTHSHAKERさんをお好きでしたかー!
私は両者とも名前は存じ上げておりましたが、曲は殆ど知りませんでした。
あ、EARTHSHAKERさんの『RADIO MAGIC』だけは分かりました。
あの曲、何かで使われたのでしょうか。有名だったりしますか?

そうですか、私、凄いものを観たのですね・・・(^-^; でもこんな風に何も
知らない人間には猫に小判、豚に真珠、馬の耳に念仏状態で、本当に勿体無いですよね。
このイベントに参加すると、いつももっと幅広く、色々な音楽を知っていたら、
より楽しめるんだろうなと思います。

来年、もし有ったら参加してみると良いかも知れないですね! では。
【2007/12/29 01:41】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/715-e49f56f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
案外、買い物好き
 中田英寿選手がイタリアのチームに移籍してからイタリア通いが始まり、ブランドものの服や靴に目覚めてしまった村上氏。イタリア人の青色のシャツに魅了され、ミラノで25分間で13枚のシャツを買ったり、ボローニャーの行きつけの靴の店で一度に3足、4足と靴を買っ 本ナビ!by Tamecom,『JACK IN THE BOX 2007』:感想【2007/12/27 20:19】
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。