スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』さいたま12/23(日):感想
12/23(日)、さいたまスーパーアリーナで開催されたラルクさんのライブ:『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』に参加して参りましたので、本日はこちらの感想を書きます。








この日さいたまスーパーアリーナのあるJRさいたま新都心駅に着いたのは既に空が薄暮に染まり始める時間帯でした。前日の曇天から一転して晴れ渡った日でして、今年最後のラルクさんライブをいい気分で締め括ることが出来そうだなと思いました。

そういえばこの一週間の間にゲネプロ・初日・そしてこの日の公演と3回この地に来ていたわけですが、会場・駅・駅周辺と愛着が湧きましたね。

まず駅は改札口を出たところが、駅周辺のお店エリアとさいたまスーパーアリーナとを繋ぐ広い通路になっていて、開放的なのですよね。待ち合わせをするのにも待つスペースに余裕が有って、居心地が良かったです。これが過去のラルクさんライブで訪れた事のある会場周辺の駅といいますと、東京周辺を考えてみても代々木体育館の原宿駅・渋谷駅・明治神宮前駅、東京ドームの水道橋駅、横浜アリーナの新横浜駅とどこもせせこましていてあまり好きでは有りません。

駅から会場までも広い平らな歩行専用の通路を歩けば着く事が出来るので行き易いです。会場も比較的新しいせいか綺麗で機能的ですしいいですよね。

さいたまスーパーアリーナ、何だかすっかり気に入ってしまいました。今度来るのはいつの日か・・・と思い、ちょっぴり寂しくなってしまいました。

ラルクさんの今回のツアーのチケットですが、一般先行ではかなり出回りましたが、一番最初のLE-CIELさん先行ではこれまでのライブと比較して発券枚数を極端に減らしていましたよね。当落発表当初、こともあろうに関東在住で有りながら、関東公演分のチケットが一枚も入手出来なかったことに愕然とし、ショックのあまり目の前が真っ暗になったものでした。

現在では一般先行により、当初から希望していた参加公演の全てのチケットを入手出来ている状態なのですが、この日:さいたま公演2日目のチケットは大方の一般先行が始まる前、まだ殆どチケットが入手出来ておらず鬱々としていた頃に、当ブログをご覧下さっている方からご好意で貴重なLE-CIELさん先行チケットの譲渡をお申し出を頂いたものでした。本当に有り難かったです。改めてこの場で御礼を申し上げます。○○様、どうも有難うございました(^-^)

この日のライブの一番の関心事はセットリストがどうなるかということでした。ゲネプロ、初日公演は曲順に違いは有ったものの、殆ど内容的には変わらなかったのですよね。この2日目公演で変わるかどうかが気になりました。全く違った構成だったり、曲だったり、といったところで、ガラッと異なるライブを体験したいという希望が有りました。

『1999 GRAND CROSS TOUR』のときはアルバム:『ark』デーと『ray』デーが有り、2種類でした。『TOUR 2000 REAL』は5公演程参加している筈なのですが、2種類有ったか覚えておりません(^-^; 何だか記憶が薄いですね。。。『Shibuya Seven days』、『SMILE TOUR 2004』は2種類有りました。

前回のアリーナツアーだった『AWAKE TOUR 2005』はアレグリア風の演出でして、かなり作り込んでいたせいか、日毎に2~3曲の変更は有ったにせよ、基本的な構成は1種類だったのですよね。そして今夏行われた『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』は演奏曲を変えた2種類でした。

今回のツアーはどのようになるのか、この2日目の公演で明らかになると思って、興味津々でした。ただゲネプロ、初日公演を見るに、とにかく細に渡って作り込みされていたので、大胆に変えたものを2つ作ることは難しいように思いました。また、会場がアリーナクラス、そして凝った演出というところに『AWAKE TOUR 2005』と通ずるものを感じまして、これと同様に1種類の可能性が高いように思いました。

さて、この日の席は200レベル:真正面席に近いteっちゃん側で位置でして、前日の初日公演の席よりは後方でした。ステージの見え方は前日と比べると若干遠くなったかな?、と思う以外は殆ど変わりませんでした。

会場を一望するとやはり前日同様、満席でした。サンタさんの服を着ていらっしゃる方が結構見えました。これもさすがにこの日限りで、来年のライブからは見られなくなる光景なのだろうなと思いました。あ、でも今回のツアーはクリスマスがメインテーマですので、時節に合わずともツアー内容に合わせてサンタさん服をお召しになる方もいらっしゃるのかも知れないですね。

開演時間の17時になっても、まだ席に向かって歩いている人がチラホラ見止められたので、開演はまた遅れるのかなと思いました。『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』のときは平均して10分押し、今回のライブは平均して20分押しでの開始ですよね。どうしても会場の規模が大きいと、それだけ人の収容に時間が掛かり、開始が遅れるようです。

さて、予想に違わず、予定開演時間よりも20分程経過したところで、やっと場内が暗くなりました。

早速前方左右のスクリーンに着ぐるみウサギさんがそれぞれ1匹ずつ現われて、乗り出すようにして互いに話をします。漫才のようなスピード感の有る会話でして、いつも覚え切れないのですが、毎回話の内容は少し違っているようでした。最後はいつも『今日は昨日の明日の一昨日の~・・・だから、さいたまスーパーアリーナだ!』といった風にその日の公演場所の紹介で締め括られて、スクリーン映像が終わるのですよね。この『昨日の明日の一昨日の~・・・だから』の部分が暗記出来ません;;; その内覚えられるでしょうか?

スクリーン映像が消えてから、ステージに現われた着ぐるみウサギさん2匹ですが、これまではステージ中央の幕の下がチラリと捲れて、ウサギさんが飛び込む穴をイメージしたカラフルな同心円模様の円盤のようなものが出て来ていた筈だったのですが、アレッ、今回はこれとは異なり、明るい茶色をしたアップライトのピアノが置かれています。ウサギさんたちは恐る恐るピアノに近付き、鍵盤を叩きます。

ポロン、ポロン、ポロン、ポロン・・・と単音で響く音はそう、『THE BLACK ROSE』のイントロと同じ旋律でした。第一曲目が同曲で有ることが示唆されまして、会場にはどよめきが起こります。やがて深紅の幕がスススッ・・・と上がり、本当の『THE BLACK ROSE』のイントロ演奏と共にラルクさんがご登場されます。

始まると同時に『今回はセットリストが違う!』とドキドキしました。やはりセットリストが2種類有るのかな?、と思いましたヨ。

hydeさんはこれまで同様、黒のジャケットに中には白のブラウスをお召しでした。勿論ツアーロゴマーク付きのシルクハットも被っていらっしゃいましたよ。ゲネプロ時はアレレ・・・と思ったシルクハットもまあ見慣れればご愛嬌といった感じです(^-^; そしてこの日はなにやら後頭部のシルクハットの鍔の下から、金色に光り縮れている細いリボンの束のようなものが見えました。本公演がクリスマスに一番近い日ということも有ってか、この日のhydeさんはよりクリスマスの雰囲気を出す為に、御髪にキラキラの飾りをなさったようでした。

後で上着の黒ジャケットを脱がれると分かるのですが、この日のブラウスはちょっと変わっていました。前の左右それぞれに、肩の辺りから裾にかけて縦に黒のリボンのようなものが縫い付けられていて、縫い付けられた先は更に裾よりも長く延びていて、ヒラヒラしているのです。ブラウスの後ろも黒のサスペンダーをしているようにY字型に見えるのですが、これもどうもブラウスに縫い付けられたリボンのようでした。こちらも先がずっと長く続いています。hydeさんがステージを走ると、これらのリボンがはためくのですね。

また頭についても、後にシルクハットを取られたときに分かるのですが、前髪を全て後ろの方に細かく編み込みされているのはこれまでの公演と同様なのですが、この日は編み込みの中にも金色の細いリボンを入れ込みされているように見えました。頭全体を金のリボンで飾り付けというわけですね。

kenちゃんは前日のホックが取れてしまったベストと似た形をした黒のベストを着ていらっしゃいまして、下は白のブラウスでした。やっぱり髪の毛はモサモサでした;;; kenちゃんって、ライブで御髪に飾りをつけたり、スタイルに趣向を凝らしたりといったことは殆どなさらないように思います。オールバックは拝見したことが有ったように思いますが。

teっちゃんは黒のジャケットをお召しで、襟の淵には赤いスパンコールのようなものが付いていました。下は白地に黒の模様の入ったスカート(ゲネプロのときと同じものかも?)、赤いスパッツでした。髪の毛にはフワフワの赤い羽根が沢山、あとはポイントで緑色の羽根も付いていたと思います。teっちゃんもクリスマスを意識されたのですねー。

ユッキーは極めてシンプルに黒の長袖のTシャツのようなものだったと思います。そういえばユッキーもkenちゃん同様、髪の毛に趣向を凝らすことが殆ど無いように思いますがいかがでしょう?

この日のセットリストは下記の通りです。
(前回記事にも記載しておりましたが、こちらは削除致しました)

01.『THE BLACK ROSE』
02.『SEVENTH HEAVEN』
03.『Killing Me』『New World』『Driver's High』のメドレー 
・・・ L'Arc~en~Ciel PARADE 2007-1(仮称)
04.『浸食-lose control-』
05.『Promised land』『STAY AWAY』『AS ONE』『接吻』のメドレー
・・・ L'Arc~en~Ciel PARADE 2007-2(仮称)
06.『SHINE』
07.『spiral』
08.『DAYBREAK'S BELL』
09.『ALONE EN LA VIDA』
10.『砂時計』
11.『海辺』
12.『MY HEART DRAWS A DREAM』
13.『DRINK IT DOWN』(新曲)
14.『Pretty girl』
15.『REVELATION』
16.『Link』

【EN.1】(P'UNK~EN~CIEL)
17.『HONEY 2007』
18.『I Wish 2007』

【EN.2】
19.『fate』
20.『READY STEADY GO』
21.『Shout at the Devil』
22.『雪の足跡』
23.『Hurry Xmas』


さて、最初の曲:『THE BLACK ROSE』が終わって、次は何の曲が来るのかな?、と待っていますと、既に書いた通り『SEVENTH HEAVEN』でして、若干肩透かし気味でした。構成を大胆に変えて来ることを期待していた面が有りましたからネ;;; この後メドレーが続いたので、この時点で『やはりセットリストはそれ程には変えないんだな~・・・。』と察知致しました。

でもセットリストが複数有った方がいいという考えは、複数公演に参加する者だけに都合がいいものなのですよね・・・。恐らくラルクさんのライブに複数公演参加したくとも1公演しか参加が叶わないといった方もいらっしゃる筈で、こういった方は複数セットリストが有ると別なものを観ることが出来なくて辛いですよね。

これがどの公演も然程演奏曲が変わらないということだったら、他の公演に未練を残すことなく1公演で楽しめそうです。一つの事象でも様々な捉え方が有るのだよなと思います。

メドレーが終わった後に、聴きたかった曲のイントロが流れて来ました。『ああ、やっと『SHINE』が来た!』と思いまして、思わず涙がホロリと流れました(*^-^*) 富士急ハイランド公演以来でした。ゲネプロ、初日公演とセットリストに入っておらず、まさか今回のツアーではファンの飢餓感を煽る為に演奏しないのでは!?、とちょっぴり邪推していたことも有って、嬉しかったですね~。

前方スクリーンにはここ2回の公演で『Bye Bye』のときに使われた花咲く森の映像が流れていましたが、私の頭の中では『精霊の守り人』のオープニング曲の冒頭の青空が広がっていました。心が大空を舞うような開放感を味わえる曲ですよね。

『MY HEART DRAWS A DREAM』のときのスクリーン映像は今回はモノクロの空模様を映したものでした。初日が雲の浮かぶ青空の映像だったので、最初モノクロ映像が出て来たときに、『座席の角度が悪くて色がきちんと見えていないのかな?、私?』と思ったのですが、本当にモノクロのようでした。ゲネプロのときの世界の秘境映像はその後出て来ませんねー。あの映像、良かったのですけれどね。日によって中身や色合いを変えているようです。

これは何故なのでしょうネ? 少しでも変化を付けて、観客に楽しんで貰うといった意図なのでしょうか? それとも実際に映してみたら、何か不都合が出て来てしまったとか? こういった細かいことが気になってしまうのですよね~(^-^; まあ色々と考える楽しみが有っていいですけれどネ。

『MY HEART DRAWS A DREAM』の最後の『夢を描くよ~』のところは、一番最初に『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』でこの曲を聴いたときはteっちゃん一人がコーラスをしていた認識で、後にkenちゃんもコーラスをしていることが判明したわけですが、今ではいつのまにやら会場の全員で歌うようになっていますよね。

この日はhydeさんが両手を斜め下に広げ、少し顔を上に向けられて、両手を僅かに上に上げる動作で観客へコーラスするよう促すお姿が印象的でした。場内が一面に明るく照らされていて、観客の動作が鮮明に目に入るのですが、スタンド席上方から眺めると一斉に皆が歌う姿が繰り広げられる様は壮観でした。

『Pretty girl』の演奏のときはhydeさんが『HUGしてKISSしよう~』の歌詞のところで、teっちゃんの首に腕を絡め、teっちゃんにKISSするかのようなパフォーマンスをお見せになられたのが、可愛かったです。

この日のセットリストには、ここ2公演で演奏された『Bye Bye』の代わりに『SHINE』、『and She Said』の代わりに『fate』が入りました。今後も恐らく基本パターンに2~3曲の変更なのかと思われます。

この日演奏された『fate』ですが・・・、うーん、出だしの部分でhydeさんのお声は若干音が外れていたように思います(^-^; あの曲は今でもしばしば演奏されますが、hydeさんが頻繁に出だしの音を外される曲でも有るのですよね。音程が取り辛いのでしょうか? イントロが流れるといつも『今日の出だしは大丈夫かな?』とちょっとしたドキドキ感が生じます。

この曲のときは毎回のごとく、緑の閃光を思わせるレーザー光線が演出で使われますよね。この日も同じでした。

この日のMCはhydeさんがまず最初のご挨拶で『『THEATER OF KISS』へようこそ!』と仰った後に、『みんな“チュ”の練習して来た!?』といったような質問をされたと思います。そしてこの後に『みんな109に行った?』と訊いて来まして、大勢の方々が『行ったー!』というような返答を叫びながら、諸手や片手を上げていらっしゃいました。先日の記事に書きました通り、私も既に行っていて、じっくり眺めた後にしっかりデジカメで撮影して来たのですが、ちょっとここではおすましさんになりまして返答せず(^-^;、会場の様子を見て楽しんでおりました。

hydeさんの話は続きます。『109に写真が飾られたとき、僕は見に行ったんですね。そうしたらそこにkenちゃんも偶然居たんで、kenちゃんにもKISSしました!』と仰るではありませんか。『エーッ!!! 公道でKISSしちゃったのですか?、hydeさん・・・(@_@)』と思ってビックリしてしまいましたよ。

観客の歓声を聞きながら、hydeさんは『あとKISSしていないのはユッキーだけなので(注:teっちゃんとは109の写真でKISSしている)、ユッキーも狙っているんですけどねー、中々隙が無くて。。。』とぼやきます。『でもいつかユッキーにKISSすることが出来たら、みんなに“愛の報告”をします!』と仰って話は終わりました。

この“愛の報告”の言い方が非常に艶かしくてですね、お色気に溢れていました(^-^; “愛の報告”をお待ちしております、hydeさん。

kenちゃんのMCでは最初に『MY HEART DRAWS A DREAM』の話が出たのでしたか。マイクスタンドに付いているマイクに向かい、『みんなで合唱する『夢を描くよ~』のところなんだけどね、最初は“りょうにゃくにゃんにょ”の声を入れようって話が有って・・・。』と仰います。“りょうにゃくにゃんにょ”はどうも舌足らずでして、これでは通じないと思ったのか、もう一度一生懸命に言い直しして、辛うじて“老若男女”であることが聞き分けられました;;; 

この“老若男女”の言い方でもつれるkenちゃんの発声を聞いていましたら、ふと『kenちゃんの特技はL'Anniversary Liveのときは“早口言葉”だった筈・・・。』と思い出してしまいましたヨ。“老若男女”も早口言葉で使えそうですよね。L'Anniversary Liveのときから早口言葉が特技ということに疑念を抱いておりましたが(←実技ご披露時にあまり出来ていないように思えた)、今回更に疑いを深めてしまいました(^-^;

ちなみにkenちゃんが仰いたかったのは、『MY HEART DRAWS A DREAM』でコーラスに老若男女の声を入れるかという話が有った時に、hydeさんが『いや、それは止めよう。』と反対されたというエピソードでした。

kenちゃんMCの別な話が続きます。『昨日ねー、やっと今回のライブのライブグッズを一式家に持って帰ったんですよ。で、パンフレットってあるじゃない? あれをね、ワーッ、これいつ撮ったんだっけなー? 覚えてないなー、とか思いながら、ペラペラとページを捲っていたんですよ。』とここで一旦切れて、いつ撮影したか覚えていない事に対して、『色んな撮影してるでしょー。もう分かんなくなっちゃうんだよね。』と笑いながら一生懸命弁解されていました;;; 

この後に『それでね、パンフレット見てたら、あれってさー、コインで削るところが有るんだよね!』と仰います。『コインで削るところ???』と不審に思っておりますと、kenちゃんは詳細説明を下さいます。『メンバーの写真でサングラスになっているところ、あそこ金色じゃない? あれってコインで削るところだよね!?』と仰るでは有りませんか;;; 

パンフレットはゲネプロ時に購入していて内容を知っていたので、やっと合点が行きました。確かにkenちゃんの仰るように、メンバーさんのサングラス部分に何故か金箔が貼られているページが有るのですよ。パンフレットを見た時に『んー、何で金箔が・・・。よく分からないなー。』と思ったのですが、まあパンフを豪華に見せる為の飾りのようなものかなと私の中では結論付けておりました(高価なパンフですしね~・・・)。

kenちゃんは叫びます、『この中でパンフレットをコインで削った人ー???』。『居ないですよー、kenちゃん。ボケるのもそろそろおしまいに・・・(^-^;』と思った瞬間、丁度ステージと真向かいの観客席の辺りから、男性の声で『削ったー!』(だったと思う)という回答が返って来ていました。これには観客も大ウケでしたねー。

今回のkenちゃんのMCは長くてまだ有りました。ご自分でも途中長いと思ったのか、『どうでもいい話なんだけどさー。』と、ことわりを入れながら色々話して下さいましたね。kenちゃんの話は突拍子が無いことが多くて、いつも笑わせて頂いております。

もう一つライブグッズでシエルちゃんブランケットの話をされていました。ちょっとよく理解出来なかったのですが、寝るときに顔周りが寒いのでシエルちゃんブランケットで囲って寝たら、暖かかったといったような話だったと思います。

kenちゃんMCの最後は『デビル・メイ・クライ』の話でした。多分前作だと思うのですが、プレステ2でプレイしていたら、途中いいところまで行ったのに、フリーズしてしまったのだそうです。で、何とかこの状態をセーブ出来ないかとわざわざカプコン(『デビル・メイ・クライ』の制作会社かな?)へ電話で相談したところ、セーブは無理と言われてしまったのだそうです。

結局プレステ2本体の故障だったことが判明し、プレステ3の発売直前にも拘わらず、わざわざ『デビル・メイ・クライ』をプレイし直す為だけに、プレステ2を再購入されたそうです;;; kenちゃんはあまりゲーマーというイメージが無かったのですが、かなりお好きだったのですね。

kenちゃんはMCの締めとして今度リリースされる『デビル・メイ・クライ4』では新曲:『DRINK IT DOWN』が使われるから、みんな聴いてねという感じで曲紹介されまして、こうして同曲の演奏が始まりました。

hydeさんのラスト曲:『Hurry Xmas』前のMCは以下のような感じでした。

『最近は東京は雪が降らないよね。小さい頃、初めて雪国に行ったときにね、すごく嬉しくて雪の上をゴロゴロ、ゴロゴロ転がったんですよ。で、これを見ていた僕の母親は“この子はきっとおかしくなったに違いない”と思ったそうです。』。

まだ小さいhydeさんが雪の上をゴロゴロ転がって雪と戯れる姿を想像して、可愛かったんだろうなと思って、思わず微笑んでしまいました。お母様が心配される(あきれる?)程の喜びぶりというのも凄いですよね。

『今日のライブは今年40公演目なんだそうです。今日が今年のライブ納めです。』とのhydeさんのお言葉に、今年は本当に沢山のライブをなさったんだなと感慨深くなりました。『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』が37公演だったという認識が有りまして(“37”の数字に親しみが有って記憶していました (^-^;))、これにゲネプロ、さいたま初日公演、そしてこの日のさいたま2日目の公演で丁度40公演目なのですね。この1年、約9日に1回の割合でライブを開催されていたことになります。ラルクさんにしては珍しい一年だったのでは無いでしょうか。

この後に『来年もリリースが有るしレコーディングも有るから、気を抜くなよ!』との命令が下されました。この言葉はとても嬉しかったですねー! 来年も引き続きラルクさんでの活動も有りそうです。またソロ活動オンリーの期間に突入かと思っていましたが、並行で活動されて行くように感じられました。

hydeさんの締めの言葉は『みんな、よいクリスマスを!』でして、この後に『Hurry Xmas』が演奏されました。hydeさんからの来年のラルクさん活動宣言のお言葉が有ったこともあり、こうしてクリスマスイブのイブをラルクさんと祝う事が出来たことも有り、感極まってジンワリと涙が滲みました。

アルバムがクリスマスを意識したものであるせいか、クリスマスの日に一番近いこの日のライブが恐らく一番、アルバムのコンセプトを表現するのに似合った日だったと思います。クリスマスに拘ったライブは近未来には無いように思いますし(ラルクさんの場合、同じようなことを短いスパンではなさらないのではないかと考えます)、この日の公演に参加することが出来て、本当に良かったと思います。ラルクさん、素敵なクリスマスを有難うございました。

スポンサーサイト
【2007/12/25 06:09】 | ラルクLIVE関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

<<『JACK IN THE BOX 2007』:感想 | Top | 『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』さいたま12/22(土):感想>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/26 07:44】 | [ 編集] | top↑

============================================================

>非表示でコメントを下さいました○○○○様

コメントを頂きまして有難うございました。
はい、3日間参加して参りました。
申し訳有りません、携帯からだと文章が途切れるのですね。
文章が長いからかも知れません。今度から気が付けば(^-^;)、文章を
分割して掲載など、考えようと思います。

ちなみに私は元々鈍感なのか、teっちゃんのご様子がおかしい、といったことは
全く気が付いておりません。最後のバナナ投げが無いのでアレッ?とは
思っておりましたが? 皆さん、凄い観察眼ですねー(^-^;

○○○○様もHydeistさんに入会されましたか。
来年のライブに備えてでしょうか。Hydeistさん、ここのところ会員数を
伸ばしているように思えて仕方が有りません。
お互いHydeistさん会員として、hydeさんソロの方も楽しみましょう。
では。
【2007/12/27 06:21】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/714-91c4a94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。