スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『CDでーた』:感想、109-2の『KISS』写真拝見
昨日(今となっては一昨日なのですが)は有休を取りまして幾つかの場所へ出掛けたのですが、途中時間が有ったので、ラルクさんの『KISS』写真を拝見する目的も兼ねて渋谷へ参りました。

最初の目的地の青山での用事を終えた後、のんびりと渋谷方面へ歩いて宮益坂を下りまして、JRの高架線路の下を潜り抜け、お目当ての109-2へ辿り着きました。『ここだー。』と思って壁面を見上げたのですが建物の白壁が見えるばかりでラルクさんの写真は無くてですね;;;、この建物は元々通りの角に建っている為、角を周ってもう一つの壁面の方で再び上方を見上げたところ見つけました(^-^)

hydeさんとteっちゃん、kenちゃんとユッキーの2種類のKISS写真が上から交互に3回繰り返しで並んでいて、垂れ幕になっているのですね。一緒に写り込んでいる文字からアルバム『KISS』と109-2自体の宣伝とを兼ねていることが見て取れました。

皆さん黒い服をお召しでして、かつ、背景が若干明度を上げた明るめの黒になっておりまして、メンバーさんの表情や仕草とこの色使いが合わさって、魅惑的で怪しい雰囲気を醸し出しているように思いました。やはりBL風ですかねー(^-^; ラルクさんファンで無い人やラルクさんを知らない人が見たとしても、ちょっとドキリとする写真なのではないでしょうか。

折角の企画ですので、メンバーさん4人の全員のペア写真が有るとより良かったように思いました。あと幾つで全部になったのかな?、と考えてしまいましたヨ。hydeさんとkenちゃん、hydeさんとユッキー、teっちゃんとkenちゃん、teっちゃんとユッキー・・・、4つで正しいですか? 数学で出て来た『組み合わせ』の授業を思い出しました;;;

デジカメを持参しておりましたので、早速この写真を撮影しようと思ったのですが、109-2の真下からですと角度が付き過ぎてしまってうまく収まらないのですね。というわけで通りを隔てた反対側のQ-FRONT(で良かったですよね?)の建物の前に立ちました。

平日の昼間だというのに、通りはどういうわけかかなりの人が行き来していました。渋谷ってどうしてあんなに人がいるのでしょう? もう少し閑散としている状態を予想していたのですが、違いましたねー:;; このときは一人だったので『ちょっと勇気が要るな・・・。』と思いつつも、意を決してデジカメを取り出して構え、撮影致しました。

1枚撮った後で『誰かに見られているかな?』と周りをキョロキョロ見回したのですが、特に注目されている感じは無かったので、よしよしと軽く頷き、続けて何枚も満足の行くショットを目指して撮りました。カメラに無事収めまして、嬉しくなってしまいました(*^-^*)

この後Q-FRONTの上階に上がったのですが、2階のスターバックスは壁面が一面ガラス張りになっていて、窓際の席からはまさにこのラルクさん写真がよく見えるのですよね。コーヒーを飲みつつしばし眺めたい衝動に駆られたのですが、店内は満員で、ラルクさんを見易そうな良席もしっかりと埋まっていました。残念な思いを抱えつつ、スタバを後にしました。

そういえば109-2で『Hurry Xmas』のグッズ販売がなされますが、土曜日からスタートであと1日待たないと駄目だったのですよね。ちょっとタイミングが悪いよなと思いました。109-2の手狭なフロアがラルクさんファンで溢れ返ることを考えると、とてもこの土日には行く気にはなれなくてですね、となると平日・・・でも昼間は早々行く事が出来無いのですよね。夜は何時までやっているのでしょうネ。夜になると品物は無くなったりするのでしょうか。店舗への電話での問い合わせは禁止のようですし、購入したくともちょっと面倒かなと思いました。

さて、話は変わりまして、昨日ネットでラルクさんのファンサイトさんを拝見している折に『CDでーた』誌のラルクさん記事が割と充実しているといった感想をチラッと目に致しまして、本日出掛けたときにどんな感じか見てみようと書店へ寄りました。音楽雑誌コーナーへ行って驚きましたヨ。ラルクさんが表紙ではないですか!(@_@)

そもそも『CDでーた』自体、ラルクさん記事が掲載されている認識が無くて、購入予定に組み込んでいなかったのですが、ラルクさんのオフィシャルHPの雑誌のニュース部分を見落としていたかな?、と、帰宅後拝見致しましたところ、teっちゃん連載の掲載については書かれておりますが、特にラルクさん記事の掲載や巻頭表紙となられる旨の記載は有りませんでした。

うーん、少し前にもこれと同様のことが有りましたよね(^-^; やはりファンを驚かせ、嬉しくさせるというラルクさん側からのサプライズなのでしょうか。

とにかく、ラルクさんが表紙と分かった為、中を確かめる事もせずに即購入を決断しました。一番上から2~3冊下の綺麗な状態のものを引っ張り出して、『素敵な表紙だなー。』と見つめつつレジに向かいました。

今回の表紙はまさにクリスマスムードですね。メンバーさんはみなさん黒系のコートやスーツといったパーティにでも行きそうな服装でまとめていらっしゃいます。teっちゃんは長い毛糸のマフラーを首に提げていらっしゃいますが、これが赤色でして、『アレッ? 遂にピンクから離れて赤!』と思ったのも束の間、付けているネクタイはピンクが基調で赤・白といった色の線が斜めに交錯するチェック柄でした(^-^; 

メンバーさんの背後は若干落ち着いた色合いの赤で、雑誌タイトルや中身を紹介する見出しには金色の文字が使われておりまして、これらがいかにもクリスマスの雰囲気なのですよねー。

よくよく見ると今号は『20周年記念特大号』と銘打たれておりまして、このような特集号にラルクさんを表紙にお迎えして下さるとは・・・と嬉しく思いました。

早速中身を拝読致しましたが、ページ数も多く、充実した内容でとても満足度が高かったです。『CDでーた』は角川マガジンズさんが出版元で、ラルクさんのレコード会社がキューン・ソニーさんの関係からだと思うのですが、これまでどうしても『WHAT's IN?』や『PATi-PATi』といったソニー系列の雑誌に比べるとラルクさんを大々的に取り上げる回数も少なく、内容も薄いものが多いように思っておりました。それが今年、ラルクさんを特集する雑誌の大トリとして、華々しく最後を飾って下さいました。

さて、ラルクさん特集ページを捲ると最初に見開きでメンバーさん4人が暮れ始めの時間帯の冷めた色をした青空を背景に立たれている写真が出てくるのですが、これは中々いいですネ。メンバーさんの目線よりもグッと下方に構えたカメラから撮影されたようです。見下されているような感覚になりまして、ドキッとします。

更に捲った見開きは表紙同様の赤背景のメンバーさん4人の写真でして、これも格好いいなと思ったのですが、ふとhydeさんの髪の毛の右側の方に数本の白髪を発見してうろたえてしまいました(^-^; 額の生え際や耳元付近の髪の毛に白髪が有りますよね。hydeさんももうそれなりの年齢でいらっしゃいますからねー、白髪が有っても不思議ではありません。ただ白髪染めとかカラーリングで隠すつもりも無いのかな?、というのは若干不思議な気もします。いえ、別にいいのですが・・・;;;

hydeさんは『Hurry Xmas』はクリスマスシーズン以外は演奏し辛いとお思いになられているのですね。やはり曲内容から考えるにその通りかも知れませんネ。。。 『CDでーた』にはteっちゃん・ユッキーがこの曲の演奏で間違えやしないかと焦っているといったteっちゃんのお言葉が掲載されていましたし、これから始まるツアーでは演奏されると思いますが、今回以外のツアーではもしかするとセットリストに入らなくなる可能性も有るのかな、等と先々のことを考えてしまいました。

それにしてもteっちゃんがこんな風に、演奏が難しくて間違えないかといった弱味をお見せになられるのは新鮮だなと思いました。

hydeさんが曲や詞を書くことに関してあまり楽しくない、といったことを仰っていることに驚きました。やはり生みの苦しみが有られるのでしょうか。『いいものを創らないとならない。』というプレッシャーも有るかも知れませんね。

ラルクメンバーさんは皆さん作曲スキルが高くていらっしゃるから、さぞかし大変なのだろうなと思います。しかしながら、こういった環境から生まれて出ずる曲はやはりいいものが多いだろうと考えてしまって、メンバーさんの心中は察せども、頑張って作曲して欲しいと願ってしまうのですけれどね。

ラルクさんの曲は一曲一曲が鮮やかに違うので、これに合わせると、声も歌い方もどんどん変わってしまうとhydeさんが漏らした事に関して、インタビュアーさんが『そうできること自体が凄い』と返したときに、hydeさんが『まあな(笑)』と対応された部分が可笑しかったです。hydeさんの自信の程を窺えますし、何だか得意げな様子が可愛らしいですよね。

kenちゃんのインタビュー中に有った、『年齢と共に驚けなくなって来ている。自分を驚かせるようないい曲を作りたい。』といった言葉に非常に共感するものを感じます。あ、でも私は作曲するわけではないので、後半はちょっと違うのですけれどね。

今思うに十代の頃は感受性が強くて、もっと物事全般に関して心を動かされていたのですよね。それが段々と年を重ねる毎に色々な経験をしていって、あらゆることに慣れていってしまい、感じることが出来なくなってしまっています。『驚く』といったことも段々と減って来ています。こんな中、ラルクさんからは実に色々と『驚く』事態をご提供頂いている気がします。何かと冷め勝ちな見方の多い私には貴重な存在です。

ラルクさんの雑誌インタビューを拝見しているとよく不思議に思うのが、『雑誌のインタビューを読んで他のメンバーがどんな風に考えているかを知った。』というものです。今回のインタビューではkenちゃんがこのことについて、『ラルクではこういう(語らない)スタイルなので仕方無い。』といったことを仰っていますが、お互いもっと考えていることを話してみてはどうかしら・・・?、その方がより分かり合えて、物事がいい方向に進むのでは?、等と余計なお世話的なことを考えてしまいます;;; 

元々私自身が仕事をしていても、自分の思ったことを割と出してしまうタイプだからなのかも知れません(^-^;

teっちゃんのインタビューでは今回のteっちゃんは割とご機嫌が良さそうかなと感じて、ホッとしました。最初の方を読んだだけで、大体窺い知る事が出来るのですよね。

そうそう、teっちゃんがお一人で上半身部分が写っている写真が有りますが、このteっちゃんがとても活き活きとした表情をしていらっしゃいまして、しかも王子様的で可愛いなと思いました。

teっちゃんインタビューからは今年リリースされた一連のシングルの、リリース順序の背景がよく分かりました。全てのリリースが終わった今だから話せる種明かしのようなものでして、こういった裏事情的なものを知るのは楽しいので、興味深く読む事が出来ました。このような話をされていると、やはりteっちゃんはリーダーなのだなと思いますネ。

teっちゃんが『Pretty girl』の歌詞について、『マジかよ!? hyde、これ歌うのか!』と驚いたという件については笑わせて頂きました。常に冷静に見えるteっちゃんをも驚かすとは、作詞家:kenちゃんも大したものですネ。あの歌詞はkenちゃんだからこそ書くことが出来たのでしょう~。

『究極のエコは人間がいなくなること』というteっちゃんのお言葉にハッとさせられまして、これまたとても共感致しました。まさにこの通りだと思います。人間は他の生物に比べ知恵が有るばかりに、地球を破壊して行っていますからね。でも自分が人間である以上、これを全面的に肯定するわけにも行かず、複雑な気持ちになります。

teっちゃんインタビューでショボンとしてしまったのは、『(ラルクさんについて)2008年は期待しなくていい』といったことを仰っていたことです。おかしいですねー、teっちゃん、少し前までは『これ(リリースラッシュを指していたと思います)では終わらない。』といった風に、アルバムリリースやツアー後のラルクさんの活動を仄めかすお言葉を口にされていたように感じました。それがここに来て、いきなり2008年はソロ活動時期と思わせる言動です。どうされてしまったのでしょうネ。見当が付きません。

最後に、今回のインタビューでhydeさんが今度のツアーについての構想を述べられていますネ! とても凝った演出になるようで、hydeさんのお言葉を辿りつつ、ブルルッと鳥肌が立つのを感じました。凝った演出って・・・、例えばツアーのロゴマークに合わせて、ステージ上に大きな唇が置いてあって、ここから本物の炎が出て来たりして!?、なんてことを考えてしまいました。まあとにかく曲はもちろんのこと、視覚的にも楽しいライブとなるようです。

teっちゃんは同じ会場で複数回のライブをやるので、メニューも変えて行かないとならないといった風にお考えのようですので、今回複数公演参加することもあって、曲のバリエーションも楽しめそうで嬉しいです。

ツアーが段々と近付いて来ますね。ゲネプロまであと数える程です(*^-^*)
スポンサーサイト
【2007/12/16 01:55】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

<<『CDでーた』:感想の続き | Top | Hurry Xmas PREMIUM GOODS販売>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/16 18:56】 | [ 編集] | top↑

============================================================

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/16 21:51】 | [ 編集] | top↑

============================================================

>非表示でコメントを下さいました○○様

こんばんは。初めまして。コメントを頂き有難うございました。
しかも長文コメントで楽しく拝見させて頂きました。

当ブログの更新を楽しみにして下さっているとのお言葉、
とても嬉しいです(^-^)

hydeさんの白髪疑惑についてのお考えを有難うございました。
私にはどうしても白髪に見えてならないのですが、光の当たり具合
といったもので白っぽく見えるだけでしょうか。
確かにヘアメイクさんもいらっしゃいますしねー。白髪をそのまま
残して撮影は有り得ないですかネ(^-^;

写真修正技術は確かに素晴らしいものがありますよね。
時折、サイボーグを連想させるような綺麗な加工の写真も
目にしますよね。

○○様もこれから始まるツアーに参加されるのでしょうか。
お互い楽しみましょう。では。

------

>非表示でコメントを下さいました○○○○様

こんばんは。コメントを下さいまして有難うございました。
そうですか、『CDでーた』について、ラルクさん掲載の旨が出ている
サイトも有ったのですね。バンドスコアについては、○○○○様からのコメントを
拝見するまで知らなかったのですが、こちらも発売されるのですね。
といっても楽器演奏は出来ませんし、バンドスコアは購入はしないですけれどね(^-^;

『ring the noise』も使われていたのですか。これは認識が無かったです。
というかもう過去のことなので忘れてしまっていたようです。
どのような曲なのか、早く聴いてみたいですね。では。
【2007/12/17 02:25】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/707-1d2cc321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。