スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『MUSICA』:詳細感想
先日購入した『MUSICA』について、少し前の記事で総体的な感想を書きましたが、今日はアルバム『KISS』のインタビュー部分に関わる感想を書きます。

まず『KISS』のタイトルについて、命名者と由来が分かりましたね。やはり予想通り、hydeさんが命名者でした。過去のオリジナルアルバムを考えてみても、基本的にアルバムの大半の曲の歌詞制作はhydeさんが担われていることもあり、歌詞を書かれる上での土台となっているhydeさんの“思い”が形になった言葉がアルバムタイトルになる、というのは自然なのかなと思います。

『KISS』というタイトルは、最初知ったときは『これがタイトルー!?(+_+)』と些か驚いたのですが、人と人との血の流れるような温かい繋がりを意味しているのですね。hydeさんの以前からのテーマである“愛”、“愛情”といったものを、hydeさんが狙っているポップさを織り交ぜて表現すると、『KISS』というのは成る程、上手く表されている言葉だなと感じました。

hydeさんのインタビューでは、以前はロックがやりたいとお思いになられて、ソロ活動ではロックという縛りをおいて活動され、現在のラルクさんにおいてはこれとは逆にどんな種類の楽曲でも演ることが出来ることに喜びを感じながら、心底楽しみつつ作曲されているらしきことが印象的でした。

曲の種類というものに限定して考えると、自由を求めてソロをおやりになられたものの、自分のお作りになられた範囲ではある種の閉塞感をお感じになり、今度は逆にラルクさんの中に自由を見出されているように思われました。

hydeさんはあらゆる種類の曲作りに感心が有り、作ることに貪欲でいらっしゃるのだなと思いました。これはkenちゃんにも感じることなのですけれどね。

hydeさんはラルクさんの今後についても、もうやる曲が無いという感じが全然しないといったことも仰っていて、嬉しかったです。ラルクさんに無限の可能性を感じていらっしゃって、期待もされているご様子です。

hydeさんインタビューの中に出て来た、kenちゃんは音楽の先生のようである、といったお言葉に、やっぱりそうなのかーという思いが有りました。アルバム:『SMILE』には付録でアルバムのレコーディング風景が収録されたDVDが付いて来て、この映像を拝見したときに、kenちゃんが曲作りで実に色々なアイディアを出し、取り仕切っている印象を受けました。曲作りにおいてはkenちゃんがリーダー的立場の方なのかな?、と思ったのですね。今回のhydeさんのお言葉で、ラルクメンバーさん間の関係性でもしかしたら・・・と思っていたことの裏付けが取れて、興味深かったです。

teっちゃんが各メンバーの曲出しの段階で、今回のアルバムがいいものになるとお思いになられたのは、kenちゃんが『SMILE』・『AWAKE』のときには無かった、『MY HEART DRAWS A DREAM』のような初聴きで誰もの心を奪うような曲を作って来たことによるようで、kenちゃんに寄せる期待が大きいことが窺われました。hydeさんも仰いますが、やはりラルクさんの中では“L'Arc~en~Cielはkenちゃんの曲が核となる”という共通認識が有られるのでしょうね。

kenちゃんは今回のアルバム制作に対して、並々ならぬ気合が入っていることが感じられました。全て気に入った音が入っているということですものね。kenちゃんのラルクさんへの強い愛情を感じてこれまた嬉しかったですヨ。

そういえば今回のアルバムはteっちゃんのお話では原盤制作ディレクターという立場の方がいらっしゃらないそうですね。ここ数作のアルバムでは常に岡野ハジメさんが担当されていたものですよね。kenちゃんが『自分の気に入った音のみが入っている』という台詞に、もしかするとkenちゃんが岡野さんのお立場でいらっしゃったのかな?、と思ったりしました。

このことと直接関係するのか分かりませんが、以前はシングル曲にアレンジャーとして岡野さんの名前が入っていましたが、今年に入ってからのシングルは、全てラルクさん名義になっているのですよね。これまでの雑誌インタビューで岡野さんが今でも曲作りに参加されているようだったので、名義が無いのは例えば契約といったものに関係するだけで、実質的な立場は変わっていないように思っていたのですが、何か変化が有るのかも知れないですね。

アルバムは曲順と曲間の時間の取り方で印象が変わる、ということで今回も色々試して決定されたようですね。曲順については特に最初と最後の曲に何を持ってくるかは、アルバム全体を印象付ける重要な要素となるような気がします。今回は明るく賑やかな『SEVENTH HEAVEN』が最初で、華やかな曲で有るらしい『Hurry Xmas』で終わるので、hydeさんの狙った明るいポップな作品だと感じるように思いました。

teっちゃんがアルバムインタビューの最後の方に締め括りされていますが、ラルクさんは人間的に素晴らしく、常識が有り、音楽的才能が有るメンバーが集まっているとのことで、こうして1つのバンドとして結集出来たことは奇跡ですよね。そしてこの奇跡を見て感じることの出来る私たちファンは幸せですネ!(^-^)
スポンサーサイト
【2007/10/21 05:55】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

<<『Hurry Xmas』をラジアンで初フルOAしますネ! | Top | 『KISS』のジャケ写、収録曲及び作詞作曲者発表>>
コメント
MUSICAの感想面白かったです!
私も先日ようやく読み終えました。やはり鹿野さんの質問の思いがけない切り口が、メンバーの本音を引き出しているんでしょうねぇ。
【2007/10/25 12:38】 URL | のどか [ 編集] | top↑

============================================================

>のどか様

こんばんは。コメントを頂きまして有難うございました。

『MUSICA』の感想、楽しんで頂けたのなら嬉しいです(^-^)
中々読むのに時間が掛かりますよね~;;; 鹿野さんはラルクさんのことを
よくご存知で、また質問も事前によく考えて来られているのでしょうね。
メンバーさんの深い話を知ることが出来て、とても興味深かったですネ。

では。
【2007/10/28 00:53】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/669-6eb26359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。