スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『KISS』のジャケ写、収録曲及び作詞作曲者発表
今日は頂いたコメントでラルクさんのアルバム:『KISS』のジャケ写がオフィシャルHPで発表されたことを知り、すぐさま『一体どんなジャケ写なんだろう?』と興味津々でオフィシャルHPへ参りました。

トップページのNEWS部分がDISCOGRAPHY更新となっていて、これかーと思って早速DISCOGRAPHYをクリックして見てみますと・・・、驚くと同時に少なからずショックを受けました;;; 絵自体はシンプルな線・色使いのもので好感が持てるのですが、如何にも今風の図柄で、正直ラルクさんの曲、特にhydeさんのお書きになられる歌詞のイメージとは著しく乖離しているように感じたからです・・・(^-^;

これはアルバム:『SMILE』のときと似た衝撃度が有りました。あのときもネットで最初ジャケ写を見て、唖然としたものでした;;; 何かの間違いかと思いましたからね~。

『MUSICA』でteっちゃんがこのジャケ写について『蛇腹が・・・』と仰っていたので、『この絵と蛇腹は関係ないように思うな~。』と思ったのですが、この件については非表示で頂いたコメントを拝見致しまして、『MUSICA』をよくよく読み直してみて、成る程と納得しました。

頂いたコメントにも有ったのですが、『蛇腹』は多分23面有るというブックレットのことを指しているのですね。『中を開くと蛇腹になっていて、顔がくっついてキスしているみたいな感じになっていて・・・』とあるので、折り畳み式のブックレットの最初と最後のページがジャケ写の絵になっていて、円にするとキスしているように見えるような仕掛けなのだと思われます。

それにしても今回のジャケ写、teっちゃんが物凄く気に入って推されたようですが、他のメンバーさんはどんな風にお思いになられたのかなと考えてしまいます。非常に乱暴な想像なのですが、これまでのHYDEさんソロのアートワーク全体から推し量る趣向を考えると、hydeさんは今回のジャケ写に心底賛成されたように思えなかったりします。

hydeさんはしばしば、『常にラルクでは4分の1』(=ラルクメンバーが4人いるので役割的に4分の1だし、意見を通せるのも4分の1までといった風な意味あいと受け取っています)と仰っているので、今回もそのようにお考えになられたのではないかと思ってしまうのです・・・。まあ想像するばかりで当然のことながら、所詮本心は知り得ないのですけれどね。

さて、収録曲は既に存じ上げておりましたので(前回記事ご参照)、目新しい情報ではなかったのですが、遂に全曲の作詞・作曲者を明確に知ることが出来ました。

『砂時計』はやはりteっちゃん作曲でしたか。あれは忘れもしない長崎公演に行ったときだったのですが、ずっとラルクさん関係の何かの曲に似ている、でも思い出せない・・・と考え続けていた『何か』の2曲にふと思い至ったのです。それがTETSU69さんの『SCARECROW』とラルクさんの『TRUST』だったのですね。『砂時計』はとても好きでしてねー、期待していた富士急ハイランド公演で聴くことが叶わなかったので、やっとアルバムで聴くことが出来ます。

hydeさん以外のメンバーさんが作詞・作曲をなさる曲が1曲ずつあるのですね。私は本当はラルクさんの曲の歌詞は全てhydeさんに書いて頂きたいと思っております。これは他のメンバーさんの書かれた歌詞を否定している訳では無く、hydeさんの歌詞が一番好きで、且つ、一人の人が書いた方がアルバムにも統一感が出るように考えるからです。しかしながらこれは現在ではhydeさんからして『他の人も書けるんだから書いてよ。』というスタンスなので、これからも同じように進むのでしょうね。

アルバム:『KISS』について、リリースに向けて徐々に全容が明かされて行きますね。アルバムの実体に少しずつ近付いて行く現在の状況が高揚感に満ちていて好きです。
スポンサーサイト
【2007/10/20 07:16】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

<<『MUSICA』:詳細感想 | Top | ラルクさんのアルバム『KISS』収録曲、MJ観覧抽選結果>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/10/20 08:08】 | [ 編集] | top↑

============================================================

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/10/21 01:20】 | [ 編集] | top↑

============================================================

>非表示でコメントを下さいました○○様

こんばんは、コメントを頂きまして有難うございました。
やはりあのジャケ写は頂けませんよね~(^-^; 
ご紹介頂いたリンク先の作品を拝見致しました。有難うございました。
確かに似ているものが有りますね;;;

まだ普遍性の有りそうな『SMILE』ジャケ写の方がいいかも知れません。
『SMILE』ジャケ写はそんなに有名な方が手掛けられた作品だったのですね~。
存じ上げませんでした。あの一見単純そうに見える作品は実は奥深いものが
有るのですね(多分;;;)。

今回のジャケ写はこれまでのラルクさんには無いもので、斬新では有りますが
ラルクさんを思わせる部分が微塵も感じられないのがショックです。
この辺りは人によって感じ方も異なるかも知れませんけれどね・・・。
では。

------

>非表示でコメントを下さいました○○○様

こんばんは。初めまして。コメントを頂きまして有難うございました。
そうですか、もう1年もお越し頂いているのですね。嬉しいです(*^-^*)

○○○様も同じようにお感じになられましたか! でも凄いと思ったのは
1度しか聴いていないのに、そうお感じになられたことです。
私は初聴きでは殆ど曲を覚えられませんでしたからねー(^-^;
この2曲に思い至ったのは、4回聴いた後やっとだったのですヨ。

アルバムが発売された暁には聴き込んで、似ているのかどうかを
今一度確かめたいですよネ。

では、今後も良かったらお越し下さいませ。お待ちしております!
【2007/10/21 01:35】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/668-a304f68b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。