スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『イカせて! キューン兄弟』のラルクさんコメント、韓国ライブ映像のこと
2~3日前でしたか、ラルクさんオフィシャルHPに8月20日の21:00からキューンさんHPのインターネットTV番組:『イカせて! キューン兄弟』で、ラルクさんのコメントが配信される旨のニュースが掲載されました。

ラルクさん、過去にもこの番組に出演されたことが有りますよね? 考えてみるとこれまでこの番組を観たことが無くてですね、『今回こそは観よう!』と決意しましたヨ。

さて、こうして当日を迎えた訳ですが、色々有りまして帰宅が番組の開始時間に間に合うかどうかといったところとなりました。腕時計にしばしば目をやりつつ、蒸し暑い夜の中を必死になって帰宅したのですが、結果的にはPCの前に鎮座し、PCを立ち上げてキューンさんのHPを開いた頃は21時を5分程周った時間でした。

『アワワ・・・。遅れちゃった~。。。 ラルクさんオフィシャルHPには“コメント”と出ていたし、最初を聞き逃すと話に付いていけないかも・・・(>_<)』と思いました。

ところがですね、HPを開いたはいいものの、当番組のページへクリックしても一向にラルクさんの姿形が映らず、代わりに見知らぬアーティストさんのPVが流れるのみです。『アレレ? 今日じゃ無かったのかな? それとも時間を間違っちゃったかな?(+_+)』とラルクさんオフィシャルHPを見返すも、日時は合っているようです。

訝しく思いつつキューンさんのページを見つめながら、やがて『そっか、番組ということはラルクさん以外も出演するということなのかも。となるとラルクさんの出番はもう終わったか、若しくはこれからのどちらかなのかも知れない。』と気付きました。

案の定少しして、司会者の方から『ラルクのコメントは後で。』といったようなお言葉が有りまして、『まだだったんだ~・・・。』とホッと胸を撫で下ろしました(^-^)

中々始まらないなーと思いつつ番組も終わりに近付いた頃、やっとラルクさんの出番となりました。『MY HEART DRAWS A DREAM』に関わる裏話が出て来そうだし、もしかするとPVの片鱗だけでも観ることが出来るかも知れない!、という期待でワクワクしておりました。

しかしながらですね、コメントが流れる前から司会者の方から今日の配信ではPVを流したかったけれど流せないといったような前置きが有りまして、まずはPVについては観ることが叶わないことを知り、残念に思いました・・・(^-^;

やがて開いた画面に4人のお姿が現れます。左から立っているkenちゃん、座っているteっちゃん、座っているhydeさん、立っているユッキーの図ですね。teっちゃんの衣装を見た瞬間、見覚えが有るなと思いました。あれですね、先日発売された『WHAT's IN?』の巻頭表紙を飾ったときの派手なピンクのトレンチコートに黄色のロングスカーフを首に提げたお姿でした。

他3人が黒系の衣装でして、これも『WHAT's IN?』のときと同じ色合いだったので、恐らく今回配信された映像は『WHAT's IN?』の撮影と同じ時に、新木場の運河のほとりのスタジオで収録されたのでしょうネ(『WHAT's IN?』の撮影場所は本誌のFROM STAFFのコーナーに書かれていました)。

さて、どんなコメントが流れるのやらと観ておりますと、最初はkenちゃんからのコメントでして、今、ツアーをやっているのだけれど、凄く汗をかくのに全然痩せない、といったような内容でした。この後、hydeさんが『右(kenちゃん)に同じ。』といったようなお言葉を発せられて、ラルクさんのコメントコーナーはこれでお仕舞いでした。。。

『えーっ、こんなに待ったのにたったこれだけ?』と拍子抜けしてしまいましたヨ。。。 しかもコメント内容も期待していたものとは全く異なりました(^-^; 『痩せられないって、kenちゃんもhydeさんも代謝がよろしく無いのかしら? それとも地方に出向いて美味しいものばかり食べていらっしゃるからかな?』と思う程度で、こう言っては何ですが取り立てて感じるものも無くてですね、不完全燃焼気味でした;;;

番組はこのコメントの後、例のラルクさんオフィシャルHPの白いアー写が映った状態で『MY HEART DRAWS A DREAM』が流れ、更に今が夏の終わり、ということでこれを感じさせる曲として『夏の憂鬱』のPVが流れて終わりでした。

それにしても『MY HEART DRAWS A DREAM』のPV公開は随分と待たされているように思います。前作『SEVENTH HEAVEN』のときはリリースからみてもっとずっと早かったと思うのですよ。PV解禁にもきっと何か縛りのようなものが有るのだと思いますが、これが何なのか気になりますねー。

あっと驚くような公開の仕方をするのでしょうかネ? 例えば今週末の富士急ハイランドコニファーフォレスト公演で初公開とか? なーんてこれは無いですかね???

さて、話は変わりまして、先日のラルクさんの韓国ロックフェス出演のときの映像をやっと拝見致しました。某動画共有サイトさんに掲載されている映像ですネ。韓国国内のTV番組で放映されることは認識があったのですが、どの曲が流れたのか知らない状態でした。頂いたコメントで動画のリンク先を辿ったのですが、『HONEY』『New World』『MY HEART DRAWS A DREAM』の3曲だったのですネ。

何といっても注目だったのはやはり『MY HEART DRAWS A DREAM』でした。ラルクさんの本国で有る日本でさえライブ映像がTVで公開されていないのに、今回はいち早く韓国内でのオンエアされたのですねー。韓国の方々が羨ましかったです。

hydeさんのお声がとてもよく出ていますね! 絶好調だったのですネ♪(^-^)

映像を拝見しておりますと、『MY HEART DRAWS A DREAM』の1番の最後の辺りで、客席の方々の一部がアップになっていて、韓国のお方なのでしょうか、一人の女性が感極まって口元に手を当てて泣いていらっしゃるお姿が映りました。この瞬間、この方の気持ちに同化してしまいまして、思わずホロリと貰い泣きしてしまいましたヨ・・・(*^-^*) 

ラルクさんは韓国の地でロックフェスのヘッドライナーという大役を務め上げ、沢山のファンの方々に大きな感動をお与えになられたのだなと思いまして、誇らしいような気がすると共に幸せな気分になりました。ラルクさんのファンで居ると心底『ファンで良かった。』と思う場面に幾度と無く遭遇するように思います。
スポンサーサイト
【2007/08/21 05:54】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

<<新星堂『DROPS』のラルクさん『MY HEART DRAWS A DREAM』記事 | Top | オリコンサイトさんの『MY HEART DRAWS A DREAM』関連記事>>
コメント
初めまして。不思議な不思議なラルクさんが大ー好きな者です。韓国ライヴに参加されていた方のブログに、日本人であることが誇らしかったと記されてたのを見て、本当に良いライヴだったんだなとは思ってたのですが、あのマイドリは魅き込まれましたー全部見たいですね。今度のdvdに入いる、なんて事ないですかね・・長々と失礼しました。いつも楽しみに拝見してまーす。
【2007/08/21 15:12】 URL | tomo [ 編集] | top↑

============================================================

>tomo様

こんばんは、初めまして。コメントを頂きまして有難うございました(*^-^*)

tomo様の『不思議な不思議な』のラルクさんの形容詞に、どの辺りをそのように
お感じになられているのか、知りたく思ってしまいました。
私はラルクさんについては、ラルクメンバーさん、曲、そしてラルクさんが
作り出される世界観など、あらゆるものにおいてどうしてこんなに素敵なのかな?、
というのが不思議なのですけれどネ。

まあ突き詰めれば、こんな風にラルクさんに魅了されてしまう自分自身が
一番不思議なのかも知れませんが・・・(^-^;

韓国ライブの映像は本当に全て観たいですよね。3曲では少ないです。
ラニバライブDVDは全く違うものなので、ここに入ることはほぼ無いかと
思います。別なライブDVDか、あとはごくごく僅かな可能性としては
11月に発売されるアルバムの付録といった形が有り得るかも知れません。
まあこの場合も全曲収録はまず無いのでは無いかとは思います。

いつも楽しんで読んで頂けているとのこと、とても嬉しいお言葉です。
今後も宜しければお越し下さいませ。お待ち申し上げております!
では。
【2007/08/22 01:13】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/622-5f6d8e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。