スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『R&R NEWSMAKER』:感想
一昨日、teっちゃんが巻頭表紙を飾られている『R&R NEWSMAKER』を購入致しました。

一見して表紙の雰囲気がヨーロッパ風だなと思ったのですが、記事を読んでみますと今回の撮影に当たり、何とはるばる長崎のハウステンボスまで出向かれたことが分かりました。わざわざ遠隔地まで行かれるところに手間やお金をかけた取材であることが窺われます。

今回の記事の最初の方に “巻頭表紙を飾った回数は『R&R NEWSMAKER』史上teっちゃん一番多い”といったライターさんの記述が有るのですが、これには驚きました。確かにteっちゃんは『R&R NEWSMAKER』で単独で表紙を担当されることが多いと思っていたのですが、よもや史上一番とは思いませんでした。

これが仮にteっちゃんがラルクさんといった母体となるバンドを持たずに、ソロでの活動のみをされるアーティストさんなら分かるのですよ。バンドの1メンバーでいらっしゃるのに、ここまで雑誌で活躍出来るのは凄いことなのではと思いました。

teっちゃんは雑誌の取材についても色々と思うところがお有りのようですから、今回のように手を尽くした取材をして下さる雑誌に対して、好意を感じていそうです。対する『R&R NEWSMAKER』さんも売り上げを左右する重要な巻頭表紙をteっちゃんに度々依頼されるということは、それなりに勝算が見込めるのでしょうね。

この雑誌に限りませんが、私自身ラルクさんやラルクさんメンバーが表紙を担当されると、ほぼ確実に購入してしまいます。発刊元からすればいいカモなのかも知れません・・・(^-^;

さて、teっちゃんのソロ曲:『Can't stop believing』のリリースからもうかなり日が経っている為、今回のインタビューでは果たして何が語られるのだろう?、と疑問でした。尤も『R&R NEWSMAKER』さんからすると、CDリリース後最初の発刊となるのですけれどネ。

内容としてはこれまで幾つかのインタビュー記事で拝見したアーティスト名変更の経緯、現在のソロ活動の形、『Can't stop believing』の曲について、teっちゃんの信条について、ラルクさん情報について等でしたね。

ライターさんが『Can't stop believing』のギター演奏について、ラルクさん(=kenちゃん)のギターに似ているといったことを仰っていました。teっちゃんは否定されていましたが、これは嬉しい言葉だったのではないかと思いました。私も特にギターソロが鳴り響く部分にラルクさんの雰囲気を感じていました。

teっちゃんがご自分のソロはデンクルさんのイメージから懸け離れているとお思いなのですね。これは確かに分かる気がします。私の思い込みですが、デンクルさんはインディーズから叩き上げでのし上がって来て、コアなファンを多数擁しているようなバンドさんが所属されるイメージが有ります。teっちゃんは明るくポップで、キラキラしているイメージなので、デンクルさんにそぐわないように思ってしまいます。

teっちゃんがTETSU69さんとしての活動を振り返り、いい作品は残せたけれど、体制を整えられなかった為にきちんと活動出来なかったことが失敗だった、と述懐されていてちょっと切ない気持ちになりました。

teっちゃんがソロ活動を始められたときはteっちゃんのファンへの心遣いが仇になり、十分に準備出来ないまま見切り発車しまったのではないかと思ったりします。確かラルクさんが長期の活動休止に入られた時、そうとは露知らないファンがラルクさんの活動が何も無いことに不安にならないよう、先陣を切ってソロでのCDリリースをして下さったのですよね。teっちゃんの優しさに思わずホロリと来たものでした。

さて、今回の記事で、teっちゃんがラジオを聴いていていいイントロだと心惹かれた曲が、HYDEさんソロ曲だったというのはいい話だなと思いました。やはりラルクさんの間では音楽に対していいと思う感覚が似通っているのかも知れませんネ。

今回、思わずグサリと刺されたような気分を味わったteっちゃんのお言葉が有りました。どんな物事にも人の向き不向きが有るといったセンスの話だったのですが、例としてブログのことが挙げられていたのです。teっちゃんはよく人様のブログをご覧になるようなのですが、『頻繁に更新していても文章的に面白く無い人もいる。でもたまにしか更新しないのに、むっちゃ面白い子もいる。』のだそうです。

まさにこうやって日々ブログを書いている訳ですが、頻繁とは行きませんが多少頻度高めに更新していて、しかも読み直してみても面白味が有るとは思えない自分の記事に、思わずteっちゃんに名指しで指摘されたようなうら悲しい気分になりましたヨ;;; だからといってteっちゃん仰るところの“センス”となりますと、これはもう改善云々という話でも無いのですけれどね。

teっちゃんの結婚観に関心を抱いてしまいました。teっちゃんは結婚する相手には仕事が第一だということを伝えるつもりで、これを容認してくれるような方がいいのですね。teっちゃんは本当にお仕事がお好きなのですね~。ラルクさんファンという立場からすると、teっちゃんのお仕事がラルクさんの活動に繋がるので嬉しいのですが、teっちゃんのお相手は寂しい思いをされることは覚悟の上で結婚しないとならないのですネ。

ラルクさん情報が幾つか書いて有りました。気になったのは、この取材が何時のものなのかによるのですが、この取材時にteっちゃん曰く『まだ(ラルクさんの)レコーディングは始まったばかり』だったことです。何だか今回のレコーディングは時間が掛かっているような気がしてなりません。ターゲット(=リリース)はいつなのでしょうね(^-^; 尤もそれだけ時間を掛けて作れば、よりクオリティの高いものが出来そうで、メリットも有るようには思います。

驚いたのが今年のホールツアー敢行は2年前には決まっていたということです。このことに限らず、恐らく大所についてなのだと思いますが、大体2年先まで決まっているものなのだそうです。ということで現在2007年ですが、2009年のラルクさんの計画は既に形は有るらしいのですよ(この頃はソロ活動されている、という計画かも知れませんが)。

昨年のラニバライブのラストに会場を熱狂させたホールツアーのお知らせも、ラルクさんの中では過去に決まっていた計画をやっと表出しにした程度に過ぎないのですね・・・。うまく表現出来ないのですけれど、ラルクさん側とファン側では今まさに見ているもの(心が向いているもの)が全く違うのだなぁと改めて思い知らされまして、ちょっぴり寂しさを感じてしまいました。
スポンサーサイト
【2007/04/05 02:03】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

<<ラルクさんMステ『SEVENTH HEAVEN』:感想 | Top | 会報発送・Hydeistさん新聞・『Five Live Archives』到着など>>
コメント
こんばんはm(u u)m
R&R NEWSMAKERのteちゃんインタビュー記事も
眠眠さんのブログ記事もじっくり読ませていただきました♪
こちらのブログは察するに多くの方が足繁くご覧になっているのではないかと(^ー^)
少なくとも私は眠眠さんの情報発信や感想など興味深く拝見してますよ~
今回のNEWSMAKERでのインタビュー記事はたくさん量があったわけではないけれど、「ふむふむ」と読み入ってしまいました。
仕事観だったり、結婚観だったり…
ラルクさん、音楽はもちろんですが、そういうものもひっくるめてとても魅力的な方々です☆
さて、今夜はMステ!非常~に楽しみです(>_<)
【2007/04/06 04:02】 URL | momi [ 編集] | top↑

============================================================

>momi様

コメントを頂きまして有難うございました。

温かいお言葉を賜りまして有難うございました。僅かでも興味を持って
お読み頂いている方々がいらっしゃるかも知れないということで、
嬉しいです。

momi様が仰る通り、ラルクさんたちは音楽も素敵ですがインタビューを
読んでいても面白くて、人間的にも関心を持ってしまいます。4者4様の
全く異なる個性の集まりなのですよね。こんな彼らが素晴らしい作品の
数々を作り上げていかれるところがまた魅力的だと思います。

Mステ、拝見致しました。hydeさんの声もよく出ていたし、ラルクさんの
新境地を見ることが出来たように思います。良かったです!

今後も宜しかったらお越し下さいませ。
お待ちしております。
【2007/04/07 08:10】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/527-a074b830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。