スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

会報発送・Hydeistさん新聞・『Five Live Archives』到着など
今日はラルクさん関係で色々有って何だか気持ちが昂ぶっています。

まず会社で仕事しているときにLE-CIELさんより会報が発送されたという連絡が来ました。確か遅延していて『4月上旬発送』とのことだったのですが、上旬は10日位までを指すので、発送はこの辺りまで引き延ばされるのでは無いかと懸念しておりました。予想よりも早い対応にちょっとビックリしました。尤も届くのは来週になってからのような気がします。目にするまでもう少し掛かりそうです。

ここのところ、発送連絡から受領までの時間が掛かるのですが毎回不思議に思います。どんな経路で来るとこれ程時間が掛かるのだろう・・・と。普通郵便でも大抵翌日、遅くとも翌々日には届くのですけれどねー。

さて、今日は会社でもう一通、Hydeistさんから、Hydeistさんのデジタル新聞の新しい号が発刊された旨の連絡も来ました。まだ拝見していないのですが、今回の新聞は何が掲載されているのでしょうね。ラルクさんとしての活動をされているHYDEさんなのかしら。この新聞は文字も写真もギッシリ詰まっていて途中にゲームがついていることも有り、じっくりと読み、ゲームもしたいので、日を改めて閲覧しに行こうと思っております。

そして最後にもう一つ、ラルクさんのライブDVD:『Five Live Archives』がAmazonさんから届きました。Amazonさんで購入するとリリース日に発送されて届くのは翌日というのが通例だった為、まさかリリース日前日の今日に来るとは思ってもみませんでした。

メールでの発送連絡も受けていなかった筈と思って、PCメールを見たところ、昨日の深夜3時頃に発送が終了した旨書かれたメールが届いておりました。深夜発送でその日の内に届くとは素早い仕事でいいですよね~。大幅な割引といい、スムーズな発送といい、益々Amazonさんファンになってしまいましたヨ(^-^)

『Five Live Archives』はすぐにでも観たいところですが、長時間に渡るDVDはやはり時間に余裕の有るときに観る方が感度も良く、よりよい印象を持てる気がしてしまいます。ということで折角Amazonさんが頑張って早期に発送して下さいましたが、ちょっとの間観るのは控えます。この先色々と忙しくてですね、時間の空いたときに1本ずつバラバラに観ることになりそうです。最終的に観終わるのはGW位かも知れないです・・・(^-^;

Amazonさんから来た大きな段ボール箱を開梱し、『Five Live Archives』がどのようなものなのか一通り見ております。まず驚いたのがズッシリと重量が有ったことです。

今回DVD5枚にツアーパンフを寄せ集めたブックレットが付いているのですが、この2つを収めるケースが漆黒のプラスティック製でして、表面には凹凸の模様が施されています。ここだけ見ると大変ゴツくて、黒光りからダースベーダーを連想してしまいましたヨ。またこのケースを手に持ちますと、重いことが手伝って、凹凸に押され手のひらや指先が軽く痛くなります(^-^; 

このケースの背に当たる部分に大きさ3センチ程の水滴型の穴が空いています。箱の中に背に向けて赤い紙が入っているので、背の外側から見ると赤い水滴のように見えます。この部分についてはちょっとお洒落だなと思うのと同時に、「どこかで見覚えが有るな・・・。」と感じました。直ぐに「ラルクさんの『CHRONICLE』のビデオだ!」と思い出しました。

『CHRONICLE』は箱に幾つかの水滴型の穴が空いていて、箱にビデオが収まった状態で見るとビデオ自体が赤いことにより赤い水滴に見えるのですよね。

『CHRONICLE』を最初に購入した頃はまだDVD機が普及していなかった時期で、確かビデオのみの発売だったのですよね。購入当初はビデオを何度も観たものでした。この後DVDを買い直ししているのですが、DVDのジャケ写にはこの赤い水滴は付いていないのですよね。

今回のデザインを採用するに当たり、『CHRONICLE』を意識しているように思えますが、『CHRONICLE』はPV集ですし関連性を持たせたいとして理由がよく分からないなと思いました。でもまあ、今回の場合はこの赤い水滴がアクセントになっておりまして、映えていいですよネ。

DVDのケースの方はよく有るような、ツルツルコーティングの洋紙とプラスティックが組み合わさって作られたものですね。折りたたみ式になっていて、左に開き、右に開き、更に左・右と開くと横長になった一綴りのケースに5枚のDVDが並びます。何れのDVDもレーベル面は赤い薔薇の花が一面に描かれていて、金の王冠のマークの下に各DVDに収められている公演のタイトルが金文字で描かれています。

薔薇の花を見てS.O.A.P.さんの『Paradise』を、金の王冠にteっちゃんソロを連想してしまいました。あ、でも『Paradise』はピンクの薔薇でしたよね。王冠はteっちゃんがお好きなモチーフかと思っております。ラルクさんの作品なのに私ってば・・・(^-^; 

DVDを取り出すと、背後には各公演のツアーパンフから抜粋されたものと思しき絵や写真が刷り込まれているのも中々凝っていていいなと思いました。

ツアーパンフのブックレットは全く見たことが無い『ハートに火をつけろ!』公演時のものに興味が有ったのですが、雑誌・アーティスト写等で結構見たことが有るような写真ばかりでちょっと期待外れでした。他は大体持っていたり見たことが有ったりだったので、ブックレットは全体的に然程感動が呼び起こされるような部分は無かったですね。

まあとにかく、ラニバライブでこのDVD集が発売されることが報知されてから4カ月も経つのですよね。やっと手に入れたDVDですので、少しずつ心行くまで堪能したいと思います(^-^)
スポンサーサイト
【2007/04/04 01:52】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<『R&R NEWSMAKER』:感想 | Top | 『SEVENTH HEAVEN』:微少に初聴き>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/526-ad7644bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。