スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

ライブ開催に関わるお値段
今日は毎月愛読している『日経エンタテインメント!』誌の最新号を購入して参りました。毎回様々な興味を惹かれる話題が載っているのですが、今回思わず熟読してしまったのは、コンサートを開催する際にどういったことにどれ位の費用が掛かるのかを特集した記事でした。

アーティストにコンサート会場として人気が有るのは東京ドームと野音(日比谷公園音楽堂)だそうです。記憶に新しいラルクさんの東京ドームライブのことを思い出して、照らし合わせながら読み進めました。

まず東京ドームの会場使用料は休日に丸一日使用する前提で約1,750万円掛かるのだそうです。やはり東京のど真ん中に位置し、しかも日本で屋内最大の規模を誇るだけあって高額ですねー。ただし5万5,000人を収容するということで、一人分の席当たりの単価は318円となっていて、これは他の会場からみても安い部類に入るようです。

ラニバライブで計算してみたところ、8,000円のチケット代の内の4%弱がこの席代に当たるようです。んー、特に根拠は無いのですが、漠然と席代はもっと高い割合;例えば20%位を占めるかと思っていたので意外でした(@_@) 

あ、でも考えてみるとラニバライブのあの凝った会場設営は当日のみで行った訳では無いですよね。どんなに遅くとも前日、場合によってはもっと以前からセットを組む作業に入っていると思われます。更にセット解体の時間も考慮すると、単純に開催日のみから算出出来るものでも無いかも知れないですね。

さて、会場費以外で高額を占めるのは特効(特殊効果)費だそうです。当誌には東京ドームでかなり豪華な光と音のショーを繰り広げる場合の例で、費用概算が紹介されていました。映像、電飾、レーザー、火薬、銀テープを合わせて、約4,000万円だそうです!(X_X) 高額ですー。家が一軒建ってしまいますヨ。

記憶を辿るにラニバライブはこれらの特効をフルに使っていたと思います。一昨年の『ASIALIVE 2005』のときよりも、キラキラして明るく豪奢だった印象が強いです。きっと今回紹介されている例に勝るとも劣らない位の費用を使われたのでは無いかと想像します。当誌の調査によると特効の中でも尤も高いお値段がついている、大型LEDを使った映像もてんこ盛りで物凄く凝っていましたしねー。

特効で派手にも関わらず、意外に安いのが銀テープだそうです。最近は『銀テープにアーティストのロゴを印刷するのがはやっている』と書かれていましたが、ラニバでは2日間共銀テープ落下圏外の席だった為、手にしていないのですよねー(^-^; 手に入れられた方、何か書かれていましたでしょうか。

そういえばもはや『最近』では無いのですが、一昨年の『AWAKE TOUR 2005』では運良く銀テープ落下圏内の席の日が有り、入手した銀テープには瀟洒な飾り文字風の字体で『L'Arc~en~Ciel』の黒い文字が刻まれていました。

会場費、特効費と高額な費用が掛かり、この他ステージセットとアーティストのギャラが費用として占める割合が大きいとのことでした。ラルクさんの場合はしばしばteっちゃんが『ライブは儲からない。むしろ赤字。』といったことを仰っているので、ラルクメンバーさんのギャラは飛び抜けて高いといったものでも無いのかも知れません。

ラニバライブ開催発表当初、チケ代が8,000円の大台に乗ったことに思わず嘆息しましたが、ライブ自体の時間も過去最高に長かったですし、華やかなステージセットや特効で豪華絢爛という感じでした。クオリティが高いライブだったと思います。こう考えると、多少高額でもお金を払うだけの価値が十二分に有ったと考えます。

今回の『日経エンタテインメント!』には東京ドーム以外にも様々な会場の使用料金・収容人数・席当たりの値段が掲載されていました。ラルクさんでお馴染みの代々木体育館は950万円弱、代々木より若干収容人数が若干多いラルクさん・HYDEさんソロでお馴染みの横浜アリーナは550万円と随分値段が下がります。ここ数年の天嘉開催会場の武道館は代々木体育館よりも若干収容人数が多いのに500万円ちょっとと更にお安いようです。

コンサートホールは音楽演奏を主目的に造られていて音響設備が整っていることも有ってか、ドームやアリーナといった多目的の大規模会場と比べると席当たりの値段が高額ですね。今年ラルクさんが全国ツアーされるホール会場もきっと高めなのでしょうねー。

東京ドームは人気会場ということなので、もしも今年もラルクさんが東京ドームでライブされる場合は既に予約されているのかも知れないですねー・・・。東京ドームでなくとも今回の『日経エンタテインメント!』に一覧化されている会場のどこかをブッキング済かもー・・・。今年の今後有ると思われる色々な発表が楽しみですネ。

今回の『日経エンタテインメント!』の記事はライブ開催の裏事情的なものがちょっと分かって、とても面白かったです。
スポンサーサイト
【2007/02/06 06:04】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

<<LE-CIELさんサイトのEXTRA | Top | 『Can't stop believing』は明日オンエア解禁ですね!>>
コメント
眠眠さん、こんばんは。

私が持っている情報はちょっと古い(2005年暮れ)ので断定は出来ないですが、ラルクさんの特効費は4000万よりかなり高いです。B'zさんやミスチルさんのあたりで丁度それくらいでしょうか。彼らは、一本勝負(あまり演出や照明にお金をかけていない)のライブをすることが多いので、大体それくらいかもうちょっと安いとの事。
ラルクさんは映像もですが、特に照明にお金をかけていらっしゃるので(業界の人曰く「あそこの照明は桁外れ」だそうです)照明の費用が一番かさんでいるのかも。LEDも今回新しいもののように見えたので(ASIALIVE時よりもドット数が多く見えました=綺麗だった)かかっているでしょうね。センターの上下のLEDはあのサイズですから、金額は卒倒するような金額です。これは私は専門なので確か(笑)あとは今回の場合流した映像にかかっている金額がかなり高いとCG映像を作る仕事をしている友人は語っていました。
ステージセットは定型から外れるものを作る場合だと設計からカウントして億を突破するのは確実ですし(今回は定型を軽くアレンジしただけだと思うのでそこまでいっていないと思いますが)経済的に収益性は高くないなぁと。

今回の銀テープには特に印刷などはありませんでした。AWAKEの銀テープも嬉しかったですが、以前Gacktさんのライブでツアーロゴが印刷されていたのはすごいなと思いましたね。銀テープそのものにも種類がいくつもありますし、ただの銀テープだったのがこれだけ進化するのも見ていて楽しいです。

私はどうしても海外と日本のエンターテイメント文化を比較してしまうので、今回12000円のチケットが登場しても、それくらい世界では当たり前とどうも思ってしまいます。ラルクさんレベルのアーティストであれば海外(例えばアメリカでラルクさんレベルのアメリカのアーティストが公演をするのならば)なら適正価格ですから。日本はライブを販売促進などに繋げる目的がかなりありますが、海外ではアーティストの自己表現にこちらがお金を払うという部分が大きいのかなと。あとは、生で見るコンサートとは大人が楽しむものという考えもありますし。私は向こうのこういった考えが好きです。

東京ドームも野球をするために借りるのであれば2時間40万弱で確か借りられます。
また、武道館も武道関連で借りるのであれば一日50万円で借りられるのだとか。
目的外で借りるとなるとやはり高いのですよね。

コンサートホールはロックを演奏することを前提には作られていないですが、音の響きはどこも一定以上確保されているので高くなるのも仕方ないなと思います。私の地元近くになる横須賀芸術劇場はクラシックを聞くにはなかなか魅力的なところです。そして、そのときに借りる金額を考えれば、12000円もありえない金額ではないなと。ホールは場所によって音の響きが全く違うので調整が大変そうですね。
2005年にGacktさんがホールツアーをしたときにMCで「ぶっちゃけ、ものすごい赤字なわけ」とぶっちゃけたそうで。ホールでも特効をかなり使って7500円で採算がとれるライブはまずないと思います。つい最近までホールツアーをしていたGLAYさんもかなりかかっているそうなので。

私は代々木・横浜・武道館の何処かでホールツアーのファイナルがあると勝手に予想しています。
ドームは2年続けてしているので今年はないかなぁと。
いずれにしても、発表があるのが楽しみで仕方ありません。
【2007/02/06 23:54】 URL | 月 -yue- [ 編集] | top↑

============================================================

>月 -yue-様

こんばんは。コメントを頂きどうも有り難うございました。

物凄く勉強になりました。
今回の雑誌に書かれているものは一般的な話になるので、
よりラルクさんライブの実態に近い内容を知ることが出来て
興味深かったです。

ラルクさんのライブは他アーティストさんのライブに比して、
更に高額の費用を掛けて行われるのですねー。
私はお金が掛かったとしても、よりよいものを観たいと思う方なので
『チケット代は高いけれど、相応の価値有るものを見せる』という
ラルクさんのスタンスは大歓迎です。
この辺りはファンの間でも見解の分かれるところかと思いますが・・・。

日本と海外(主として本場のアメリカでしょうかね)ではエンタテインメントに対する
考え方が異なる傾向が有るのですね。

そういえば一昨年のラルクさんのアジアライブ上海公演ではチケット代が物凄い高額
でした(一番高い席で7~8万円したような・・・?)。上海はアメリカとはまた違った
背景(=エンタテインメントが発展途上なので、価値有るものとして見做されている)
なのかなと考えたりしています。

何が良くて悪いというものでも無いかと思いますが、こういった国による考え方の
違いは面白いですね。

ラニバの銀テープ情報を有難うございます。テープには何も書かれていなかったの
ですね。ちょっとだけホッ・・・(^-^; (何か書かれていたらより欲しく
なってしまうので・・・)

ラルクさんのホールツアーはどんなライブになるのか観たくて仕方有りません。
けれどチケット入手は過去例を見ないほど難関かと思っています。

絶対にホールツアーの後はアリーナかドームライブが有る筈です。
ドームがいいなー・・・というのは確実に参加出来るからです。安心したいの
ですね・・・。アリーナも休日だったりすると都内近辺会場はチケット入手が
厳しいことが有りますので。果たしてどうなるでしょう。楽しみですね。

では。
【2007/02/08 02:31】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

米米CLUBさんはステージセットに二億以上かけて赤字出してたそうですね(笑)

君がいるだけでの印税なんかとっくに使い切ったって言ってました(笑)

でもファンとしては凄いライブが見れる方がで嬉しいです♪
【2008/11/15 09:59】 URL | 海 [ 編集] | top↑

============================================================

>海様

こんばんは。初めまして(ですよね?)。返信が遅くなり申し訳ございませんでした。コメントを頂きましてどうも有難うございました。

ブログを閉鎖してもう半年以上経つことも有り少々驚きました(でもメールチェックは毎日しており、コメントを頂くとメールが届くので分かります(^-^))。米米CLUBさんのライブには行ったことは無いのですが、とても凝ったステージだそうですよね。莫大な印税が既に無くなってしまっているとはビックリです・・・(^-^;

チケット代が多少高くついても、ライブは音だけでなく見目でも思う存分楽しみたいものだなと思ったりします。私はラルクさんの熱烈ファンですが現在彼らはライブに関してはお休み中なので、再び豪華なステージを観ることが出来る日が来るのを心待ちしています。

では。
【2008/11/17 23:13】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/484-bd474491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。