スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

HYDEさんは『NANA』のみ担当で良かったかも
最新号の『日経エンタテインメント!』誌を購入致しました。今日はこの中から気になった映画『NANA2』に関連した記事の感想を書きます。

映画『NANA2』の興行収入が芳しくないようで、初日2日間だけを前作と比較すると3分の1にまで落ち込んでしまったとのことでした。原因としては業界では『前作公開時がブームのピークだった』『主要出演者3人が変わってしまった』『完成が公開直前だった為宣伝不足』といった声が上がっているのだそうです。

私も前作『NANA』のときは映画を観に行くのを楽しみにしていて、公開されるやいなや直ぐに映画館に足を運びました。元々原作ファンだったので、『原作通りに作り込みされている』といった歌い文句にかなり惹かれましたねー。そしてやはりHYDEさんファンとしてはHYDEさん作の『GLAMOROUS SKY』が劇中にライブシーンで歌われることが分かっていたので、これを観てみたいと思ったことが有ります。

実際、作品全体としての出来はさておき、ハチとナナが住む部屋、大崎ナナと同じファッションの中島美○さん等、原作ファンが思わず注目してしまうようなディテールが凝っているところが良かったです。尤も原作から思い描くものと違っている部分もかなり有ったのですが・・・(^-^; まあ違っている部分含め、原作イメージと比較するといった観点での見方が中々面白かったですね。

また、注目していた最後の方のライブシーンではハチが楽しそうにライブに参加している様子を観て、自分がラルクさんやラルクメンバーさんソロライブに参加して感動している気持ちを思い起こし、ジンワリと来たことも良かったです。

『NANA2』の公開の話が出たときも、最初は観に行こうかとも思ったのですが、公開時になってみると然程観たい心持ちにもならず、結局行っておりません。前作で原作との比較は十分にして満足、HYDEさん曲のライブが無い、またこれは結構大きいのですが、映画のストーリー的にあまり感動が望めないような気がした、といったことがその理由です。

前作の映画『NANA』の最後の方は原作でもとても好きな部分です。一般人のハチが普通だったら会える筈も無いビッグアーティストたちに会う機会に恵まれ、極め付けがナナの取り計らいで大ファンのタクミにも会わせて貰えます。ここにナナの温かい友情を感じてハチが号泣するところで終わっていますよね。原作でも何度読んでも泣ける一番好きなシーンです。ここが既に前作の映画に入ってしまっているとなると、今作ではあまり感動出来なさそうかなと思いました。

最初『NANA2』の主題歌制作担当がHYDEさん(実は映画公開のタイミング的にラルクさんというのも期待しておりました;;;)では無いと分かったとき、残念に思いました。『NANA』のときの『GLAMOROUS SKY』は大ヒットして、HYDEさんも大いに注目されましたよね。今回もまたオファーが有る筈だと思っておりました(もしかしたらオファーは有り、HYDEさん側で受けなかったのかも知れませんけど・・・)。

でもこうして映画の興行成績が不振に終わりそうとなりますと、こう言っては何ですが、私としてはHYDEさんが担当されなかったのは結果的に良かったです。自分の頭の中には前回の華々しい活躍の記憶のみが在る方がいいと感じてしまいました。
スポンサーサイト
【2007/01/06 08:21】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<4・5人バンドへの回帰と『WORDS』teっちゃん話 | Top | ラルクさんライブ:ホールツアーの座席>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/463-c441972d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。