スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『GiGS』:感想
昨年末に『GiGS』を購入致しましたので、今日はこちらの感想を書きます。

今回の『GiGS』はラルクさんのラニバライブで使用された楽器が載っているところに惹かれて買いました。あ、ライターさんによるライブのレポも有ったのですが、既に雑誌のレポは幾つか読んでいて今更目新しいことも無いかなと思った為、こちらはチラッと眺めた程度です。

ちなみに何度か書いておりますが、私には楽器の知識は殆どございません。この雑誌は楽器を演らない人間からすると本当に???マークばかりの記述がなされているものですが、でもあの感動的だったライブを形成する要素として重要な使用機材を見てみたいという欲求が有りました。

今回のライブでは15年前の過去から現在という長期スパンの様々な曲が演奏されたわけですが、『GiGS』によりますと、曲に合わせて、その時々のライブで使っていたものに極力リンクさせた楽器を使用したというところに感じ入ってしまいました。ドラムは曲によって変えることは無いようでしたが(これは普通でしょうかね)、ギターは10種類、ベースは7種類も使われたようです。

メンバーさんとしては単に過去の曲を演奏するだけでなく、出来得る限りの音の再現も試みられたところが何というか、嬉しかったですね。メンバーさんの拘りでも有るのでしょうけれど、こういった表立って見えない部分にまで演出が有るところがファンの心をくすぐられるなと思いました。

エフェクター、ラックシステムの複雑そうな機材やアンプ、スピーカー等をメンバーさんやテクニシャンさんが上手く調整したり操作したりして、初めて綺麗な音が私たちの耳に届くのですよね~。

kenちゃんの通称:『叙情詩』ギターと『アネモネ』ギターは現在のメインギターとのことですが、やはりこうしてギターが並んでいる中ではインパクトが有ります。一昨年(今となってはもう昨年では無いのですね・・・)の『AWAKE TOUR 2005』の初日の名古屋公演に行ったときに、スクリーンに映されたこれらのギターを見たときに度肝を抜かれたことを思い出します。曲を聴くよりも画面に目が吸い付けられてしまったものでした。今ではすっかりお馴染みですけれどネ。

teっちゃんのベースは5弦のものが3種類も使用されたのですね。5弦ベースでの演奏習得に意欲を燃やされているご様子のteっちゃんですが、今回の誌面に載っている楽器が今年のツアーでも使われていくのでしょうか。

『GiGS』のようなマニアック系の雑誌を読んでいますと、改めてラルクさんって凄い!、と思ってしまいます。当然のことながらこういった楽器・機材の専門的なことも全て頭に入っていて、レコーディングやライブをされるわけですよね。

普通の音楽雑誌のインタビューではこういった面での話は然程出ないので忘れがちですが、背後で色々と綿密に計算されて曲が形作られていることに奥深さを感じます。尤もこれはラルクさんに限った話では無いとは思いますが、ラルクさん程の歴史を積み重ねられると、それだけ曲作りや演奏におけるレベルの高度さが増すのでは無いかと考えます。

今回の『GiGS』はラニバライブをまた違った側面から見ることが出来て、とても興味深かったです(^-^)
スポンサーサイト
【2007/01/03 07:35】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

<<ラルクさんライブ:ホールツアーの座席 | Top | 『謹ら新年。』で明けましておめでとうございます>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/03 08:25】 | [ 編集] | top↑

============================================================

>非表示でコメントを下さいました○○○○様

新年明けましておめでとうございます。
コメントを頂きましてどうも有り難うございました。

○○○○様も『GiGS』を購入されたのですネ!(^-^)
以前、ドラムを叩かれていたなんていいですねー!
ラルクさんの『音』面を捉えられる方が羨ましくて仕方有りません。

『the Fourth ~』の楽譜も確かに有りました。『んー、難しそう。』で
チララッと眺めてお仕舞いでした(^-^;

楽器主体で分からない用語が多いのですが私なりの楽しみ方は
出来たかなと思います。楽器毎のメンバーさんインタビューが有ると
より読み甲斐が有ったかなーというのがちょっぴり残念なところです。

今後も宜しかったらお出で下さいませ。お待ちしております。
では。
【2007/01/05 00:30】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/461-7af7c016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。