スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『叙情詩』初聴き:感想
『叙情詩』の初OA、聴きました。ミディアム・バラードですね。暗すぎず、明るすぎず穏やか~な曲でした。感想としては綺麗な旋律だし悪くは無いけど控え目な感じに思えました。 

特にラルクの曲は全編通して聴かないと評するのは難しいとは思うのですが(曲の繰り返し部分でも最初と後の方でアレンジが違ったりしますし、間奏や終わり方が良かったりと色々なので)、TVで流れた部分のみで判断すると盛り上がりに欠けるというか、正直私にはあまり印象に残らない曲でした。

これがアルバム先行シングルとなるんですよね。初聴きの人を虜にするような強いパワーを感じませんでした。ラルクアルバムを無条件で買うようなファン以外の人たちの購買の牽引力になるのか、ちょっと心配です(^-^;。

でもこれは当然のことながらあくまで私の主観です。物凄く気に入った方々もきっといらっしゃるのでしょうね~。アルバム、沢山の人に聴いて欲しいから、沢山の人に買って欲しいです。

それにしても曲をしっかりと聴きたいのにナレーターの声が被ってかなり聴き取り辛かったですね;;; 曲だけ流してくれれば良かったんですけどね。TVの前でイライラしたラルクファンは多かったのではないでしょうか?! 

今回の作詞、作曲は誰か気になってまして、番組のテロップに出るかと期待してましたが出ませんでした。あの曲調はkenちゃんでしょうか。全然違う曲ですが『LOVE FLIES』っぽい雰囲気が有るように思ったもので。フルでナレーションも入らない綺麗な音で聴いてみたいですね。また違った印象を持ちそうです。


スポンサーサイト
【2005/04/12 22:57】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<ラブログに登録して頂きました | Top | 『渡辺真里のDreamin' Night』:感想>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/40-c2c03ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。