スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『CDでーた』:感想
昨日頂いたコメントにより、『CDでーた』にラルクさんの15枚シングルのピクチャーレーベル写真が掲載されていることを知り、今日は早速会社のお昼休みに書店にて購入して参りました(^-^) 『WHAT's IN?』も合わせて購入するかどうかちょっと迷いましたが、ここは出費を抑えようと考え、1冊のみ購入しました。

帰宅時、電車に揺られながら、早速ページを繰りました。しかしながら、ラルクさん記事ページのトップに15枚のアーティスト写真が並んでいるだけで、記事の中にはジャケ写こそ有れ、レーベル写真は有りません。『あれれ? このページトップの写真のこと? でもこれは四角いしなー。』と不思議に思いました。

一度雑誌を閉じたときに裏面が目に入ったのですが、レーベル写真はここに有りました!(^-^) 『CDでーた』はしっかりとしたツルツルコーティングの厚紙を裏表紙に使っていますので、どれもとても綺麗に写っています。CD毎に背景色もまちまちなら、着ている衣装もまちまちで、この裏面は一面とてもカラフルです。

CD15枚に対して、『各タイトル、リリース当時のアーティストフォトによるピクチャーレーベル』との説明書きが入っております。これまで見たことが無いようなアー写が幾つか有りました。

『風にきえないで』『flower』『Lies and Truth』『the Fourth Avenue Cafe』のアー写がこれに当たります。今回の15枚リリースの一部分が連続して抜け落ちていました。

現在唯一購入予定の『the Fourth Avenue Cafe』のアー写はhydeさんの髪の毛の色が物凄いことになっていますね!(+_+) 赤なのですね!!! それも一般的に「赤毛」と言われるような濃いオレンジ系統の色では無く、深紅です~。着ている衣装まで同色でして、いつものhydeさんとは別人のようです。これだけ一見すると迫力が有って、ちょっと怖い人にも見えます(^-^;

『虹』の三人アー写は見たことが有ります。sakuraさんもユッキーも居ない異例状態の貴重なショットですよね。何だか感慨深いものが有りました。ファンになったのはユッキー加入後なのでそこに思い出が有る訳では無いのですが、背景が夜明けなのか夕暮れなのか黄昏ムードで、この後から始まるラルクさんの怒涛の快進撃前の静けさのようなものを感じます。

『flower』のアー写は貴重な構図だと思いました。バンドの顔とも言えるhydeさんがなんと端っこに写っていらっしゃいます。他のどれもがhydeさんを真ん中に置いているのに、これのみ異なるのですね。珍しいです。尤も端とは言え、もう一方の端っこのkenちゃんより写る面積が広く、目立つように配置されていますけれどね。

レーベルを全体的に眺めていますとどんどん心臓の鼓動が速まり、案の定、『全部欲しいなぁ・・・。』という気持ちが芽生えてしまいました(^-^; でも買いません・・・、多分・・・?

そうそう、帰宅してPCを立ち上げ、新たに頂いたコメントを読んで分かったのですが、ピクチャーレーベルはラルコムさんのトップページで各シングルのジャケ写にオンマウスすれば、見ることが出来たのですね~(*^-^*) 全く気付きませんでした(ボケてますネ・・・)。

『CDでーた』にはこの15枚シングルについてのライターさんによる紹介文が掲載されているのですが、当然のことながら賞賛する文章が羅列されています。こういった文を書くのがライターさんの仕事ですし、読み手を惹き込む為にありとあらゆる美辞麗句を使っているのだろうな~と認識していながら、書いてあることに嬉しくなってしまいました。

特に10年近く前に発売された曲群が多いにも拘わらず、『今、聴いても少しも色あせず、古くなるどころか、キラキラとした輝きを放っている』という辺りは大いに共感しました。

ラルクさんの過去曲は今新曲としてリリースされても何の違和感も感じさせないように思います。歌詞も流行を追ったものでは無いですしね。こういった普遍的な曲を作ることが出来ているところが素敵だなと再認識しました。

少し前の記事にも書きましたが、やはりこうしてシングルリリースすることで、少しでも多くの方の耳にラルクさんの曲が届くといいなと思います。

『CDでーた』にはラルカフェの取材記事も出ていますね~。写真ってとてもよく見えますね・・・(^-^; いえ、実際が悪いと言っているわけではなくて、より豪華に見えるような気がします。またとても楽しそうに見えますね~(^-^)

フードメニューの中身を全て把握出来ていなかったのですが、4種類きちんと掲載されているのでよく分かりました。結局まだ一度しか行っていないので、次に行ったときは別なものを・・・と思っております。

『CDでーた』にはKenちゃんのソロ記事のページも有りました。

インタビュー内容は最近見た雑誌の内容と大体同じ感じですね。

現在、シングル『Speed』のPVは全く観ていない状態なのですが、制作裏話が載っていますね。パントマイマーとの絡みが有るようです。また、シングルのDVD付きでは無い方のジャケ写と同じ電球の付いた木枠がPVにも登場するそうですが、扉の枠を二つ十字に組み合わせたようなちょっと不思議な形をしていますよね。この形からエッシャーの絵を連想してしまいました。騙し絵に出て来そうです。

こういった大道芸人とか不思議な形のオブジェといったもので幻想的な雰囲気を感じ取ります。Kenちゃんご自身もとても気に入っているPVとのことですが、観るのが楽しみです。

『CDでーた』と言えば定期連載の『tetsu's PRESS』が有りますよね。今月号のteっちゃんは犬を傍らに置いて腹這いになり、上体のみ起こしているお写真ですね~。軽く微笑んでいらっしゃいますが、この表情がとても可愛いです。

Creature CreatureさんとしてリリースしてもライブでもTVでもお姿を見ない日が続いているせいも有って、元気そうなお写真に安堵の思いがしました。

この連載ではいつも熱心にモノの紹介をされていることもあり、teっちゃんって本当に『モノ』がお好きなんだなーと思いますね。私自身があまりモノに執着が無く欲しいと思わないせいか(ラルクさんに関するモノは例外です)、teっちゃんの関心度の高さに対して関心度が高まってしまいます。

今月号の『CDでーた』の感想はこのようなところでしょうか。ラルクさんファンには中々充実した内容でした(^-^)/

スポンサーサイト
【2006/08/19 01:58】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<Kenちゃん出演『音楽戦士』:感想 | Top | Kenちゃん関係色々>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/370-7457013e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。