スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『HYDE TOUR 2006 FAITH』7/30(日) ZeppSendai公演:感想
HYDEさんのツアー、『HYDE TOUR 2006 FAITH』のZepp仙台公演7/29(土)、30(日)の2日間のライブに参加し、昨日(今となっては一昨日ですが)の記事で1日目の感想を書きましたので、今日は2日目の感想を書きます。

一昨日分も含めてなのですが、記憶が定かで無い部分も沢山ございますので、誤りも有るかと思います。割り引いてお読み下さいませ。

この日のチケットはやはり1階席だったのですが、整理番号は前日とは異なり、1階席の収容人数内でした(^-^; とはいえ、それ程良い番号でも無かったです。ただ、この日はそこそこ前の方に行きました。

開幕時間を少し経過したところで館内放送が入りました、「本日、HYDEは体調不良の為、ライブは中止させて頂きます。」と。ここで会場内は笑う人と「えーッ。」と悲嘆に暮れる人と2通りに分かれました。続けて「代わりに七夕なので、サルバドス・サンチョスによる演奏をお楽しみ下さいませ。」のアナウンスが流れると、ここで気付いた方も多かったのか、笑いが高まりました。

そうです、HYDEさんバンドはライブハウスツアーの終わりとなるこの日に、今回のツアーの開始となったエイプリルフール特別企画を再現されたのです!

幕が空きますと、メキシカンハットを被り、メキシコ風マントを羽織り、黒の口髭を付け、黒のサングラスをかけたHYDEさんがステージ中央にギターを持っていらっしゃいまして、『母を訪ねて三千里』のオープニングテーマを歌い始めました。途中からHYDEさんバンドメンバーも同じような格好で集合し、5人で横並びになった状態で『母を訪ねて三千里』のパフォーマンスを御披露されました。

4/1の川崎チッタ公演にも参加しているのでこのショーを観るのは2回目でした。1回目のときはもっと遠くから見ていたので、HYDEさんバンドが演奏しているのかどうか分かりませんでした。でも今回は前回より近かったので、最初の登場がHYDEさんで有ることはすぐに分かりました。

サビ部分では観客みんなで手拍子して盛り上がりました。最初から会場内の熱が高まりましたねー。

Hydeist Timesの記事によりますとHYDEさん及びバンドメンバーさんはかなりこのショーの練習に力を注いだらしかったので、もう1回位本番でやらないと割りに合わないという思いが有ったのではないかしらと、ステージを見つめながらちょっと意地悪く考えてしまいました(^-^;

『母を訪ねて三千里』が終わると幕が閉まり、再び館内放送が流れました。「皆様に嬉しいお知らせがあります。体調を崩していたHYDEですが牛舌を食べて復活しました。」  これには会場は大爆笑でした。前日の「僕、牛タン。」に引き続き、牛舌で笑いを取るとは・・・。こういう地元ネタを上手くお使いになるな~なんて感心しましたヨ(^-^)

何にせよライブハウスツアーの開始と締めを同じ企画を行うことで楽しませてくれて、良かったですよ~。たまたま両方共見ることが出来たので相乗効果で楽しめました。

再び、今度は真の意味で開幕しました。

最初、これまで聴いたことの無い楽曲が流れ始めました。「これはもしかすると念願の『FIRST SONG』なのでは!?」と胸がドキドキしました。一体どんな曲でどんな歌詞???、と思って耳をすませていたのですがHYDEさんはギターを弾きながらステージを右に左に動いていて、マイクスタンドの前に立とうとはなさらなかったので、少ししてから「インスト曲なんだ~。」と思うに至りました。

ノリの良い軽快な曲だと思いました。この曲について殆ど知らなかったので、インスト曲だったことは予想外だったのですが、聴き易かったです。HYDEさんが『最初に作った曲』なのでしたっけ? 

この日のHYDEさんは黒の上着にインナーは黒に銀のキラキラが入ったTシャツのようなもの、下も黒のズボンでした。

この日のセットリストは本編は『FIRST SONG』『MADE IN HEAVEN』『JESUS CHRIST』『WORDS OF LOVE』『DOLLY』『SEASON'S CALL』『I CAN FEEL』『SWEET VANILLA』『IT'S SAD』『PERFECT MOMENT』『FAITH』『Lucy in the Sky with Diamonds』『HELLO』『PRAYER』『MIDNIGHT CELEBRATION』で、アンコールは『MISSION』『COUNTDOWN』『HIDEAWAY』『UNEXPECTED』
の19曲だったと思います。最初のサルバドス・サンチョスの演奏もカウントすると計20曲となりますね。

曲が多めだったことも有ってか、1日目よりはMCが少なかったかなと思います。けれど笑わせて頂きました。

HYDEさんは「こういうところでは大人しくしている人はつまんないよね。」と語っていらっしゃいました。私は1日目は後ろの壁に近いところに居たのですが、周辺はあまりノリノリにならない人がチラホラ見受けられました。2日目は先にも書いた通り、どちらかというと前方に居たのですが、周辺は殆どノリのいい方ばかりでした。どちらかというとやはり2日目の方がテンションは上がりましたね~。

ノルことで自分自身も楽しめるし、周囲の気持ちを高める影響も与えると思います。盛り上がるライブにする為には観客一人一人の力が重要だと改めて思いました。

ただノリを良くするって恐らく困難に感じる方もいらっしゃいますよね。心から楽しんでいることを自分が可能な形で表現出来れば、それでいいのかなと思います。これが例え棒立ちで有ろうとも・・・。

さて、HYDEさんのMCを引き続き書きます。「ライブハウスも今日でお仕舞いです。ライブハウスはこうグチャグチャな感じが好きですねー。みんな、グチャグチャになってくれ!」と観客に呼び掛けていらっしゃいました。

HYDEさんはライブハウスで我を忘れて本能のままに楽しむ・・・といったことを観客に求めているのだろうと思います。もちろんHYDEさんご自身もこうなることを望むのでしょうけれど。

「ツアーも残り7本になりました。最初は(演奏の)間違いも多くてねー。カンニングペーパーが沢山貼って有りました。でもそれもツアーが進むに連れて、段々と減っていきました。今じゃ全く有りません!」と両手を広げて誇らしげに言い放つHYDEさん、ここで拍手が起きました。「でも今でも間違えるんだけどね・・・。」と笑いを誘います。

「間違えたときの君らの顔がいいよね。『あ、今この人、間違えた』(みたいに見るでしょう?)」と仰ったのですが、『あ、今この人、間違えた』の台詞の言い方がとても可愛らしかったです。ちょっと俯き加減で揶揄するような表情だったのですよ。

「でも間違えることもライブの醍醐味ですよね。」と自己弁護。まあ確かにその通りです。CDでは決して間違いは起きません。ライブだからこそ味わえるものですよね~。それにしてもHYDEさん、間違いがちょっと多いですよね・・・(^-^;  一番目立つ歌詞間違いは曲に入り込んで聴いているときに「おや!?」と水を差されるので、醍醐味とは言えなるべく控え目にお願いしたいです。

「サマソニに出演するのでみんな来てね~。」とも仰っていました。サマソニはまた宮城県まで遠征しないとなりませんからねー(^-^; 残念ながらこれは参りません。関東の本家サマソニだったら行くことを検討したのですけれどね・・・。

この日はHYDEさん以外メンバーさんによるMCはございませんでした。代わりにステージ外にいるナレーターのような方が「今日はHYDE以外のメンバーにクイズを出します。」と放送し、クイズコーナーが有りました。

「第一問、HYDEが口に含んだ水をライブ中客席に向かって噴出すことをHydeistの間では何というか?(だったと思うのですが、細かいところは記憶が曖昧です)」、これにはKAZさんが見事に「聖水。」と回答されていました。KAZさん、BBSをご覧になっているのですね・・・。

「第二問、HYDEがHydeistのHPに訪れると籠のランプが光るが、HYDEが訪れることをHydeistの間では何というか?」、これに関してはHIROKIさんが「ブルーライト・ヨコハマ」と珍回答をなさっていました(^-^; 私もあまり詳しくないのですが、正解は『降臨』辺りでしょうか。

HydeistさんでよくBBSに書き込みされたり、チャットに参加されたりする方々は『血文字』・『輸血』等も含め、実に色々とHydeistさん共通用語を作って行かれますよねー(^-^; ネーミングセンスは中々のものだと思います。だからといって自分で使えるか・・・というとすみません、ちょっと敬遠してしまうのですが・・・。

2日目のライブも演奏自体もとても楽しめました。

『SEASON'S CALL』ではグリーン、青、濃い水色、白のライトが使われるのですが、この曲のもつ清涼感と相俟って、気分が晴れやかになるような気がしました。

ライブの最初の頃、『I CAN FEEL』がちょっと馴染めないなと感じていたのですが、アルバムで聴き込んでライブで実際聴いてみますと、中々心地良い曲だなと思うようになりました。

『HELLO』や『HIDEAWAY』は既に何度も聴いている曲ですが、明るく光彩を放つ輝きがライブで活きるなと思う楽曲です。『6 6 6』、『FAITH』の激しかったり、重々しかったりといった曲が多い中、こういったノリの良い明るい曲っていいなと改めて思いました。

こうしてHYDEさんの『FAITH』のライブハウスツアーは終了してしまいました。全部で5本参加致しました。Zepp公演発表前はライブハウス参加予定が3本でして、本数が少ないことに残念な気持ちが有りましたが、5本行って満足しました!(^-^)

次は名古屋公演に行く予定です。大舞台でのHYDEさんバンドのパフォーマンスを楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト
【2006/08/02 00:06】 | ラルクLIVE関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<HYDEさん書き込み、kenちゃんイベント等 | Top | 『HYDE TOUR 2006 FAITH』7/29(土) ZeppSendai公演:感想>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/358-6eb6f983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。