スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

ラルクさんの『L'Arcafe』(ラルカフェ):体験記
今日はラルクさんの15周年企画で開設された渋谷の『L'Arcafe』に行って参りましたので、こちらの話を書きます。そこそこの長文となります。7月15日にオープンしたばかりなので、今日は3日目になりますネ。内容を知りたく無い方は以下、お読みにならないで下さい。








朝8時から整理券配付、しかしネットで拾い集めた情報から判断するにこの時間に行っては既に整理券は無いと見られた為、始発電車で行くことにしておりました。しかしながら昨夜は『明日早起きしなくちゃ!』と思うと何となく寝付けられなくなってしまい、結局寝たのは2時近かったような気がします。でも3時40分には目覚まし時計の音と共に眠い目をこすりこすり、何とか起床しました。

家を出たのは4時半位だったかな、まだ薄暗かったですね。色々なグッズを持って出ましたよー。暑さ対策でペットボトルに飲料水、扇子、日傘、冷房対策でストール、靴下等です。夏のお出掛けは意外と手荷物が多くて大変です。

朝一の電車なのに、結構人が乗っているものなのですよね~。何だか周りを見ているとみんながL'Arcafeに行くのではないかというような錯覚に陥ってしまいました(^-^; 途中で降車すると、ああ、違ったんだと思ったりして・・・。

渋谷駅に着いたのは朝6時前でした。友人と待ち合わせしていたので、駅近くにしばし佇んでいたのですが、ここまで来るとL'Arcafeに行くんだな~と思う方々が何人も足早に横を摺り抜けて行かれました。

渋谷へは以前はよく行く機会が有ったのですが、最近はあまりその機会も無くちょっと久し振りでした。

さて友人と合流したところで早速会場のビル:ビームへ向かいました。着きますと整理券配付を待つ列の最後尾はかろうじて建物の中でして、敷物を敷いて壁に寄り掛かって待つことにしました。既に6時20分位にはなっていたので、外で待つことになると思いきや、建物の中でラクでした~。途中雨まで降って来ましたしね。外に並ぶ人はやはり座るのは難しいようでした。長時間待つことを考えると、待ち時間を建物の中で過ごすか、外で過ごすかの差はかなり大きいように感じました。

8時10分前位になるとスタッフの方の誘導と共に改めて整列し、仮の整理番号札が配付されました。この後フード及びドリンクのメニューが渡されました。A3位の大きさのパウチされたメニュー表でして、4人のメンバーさんのそれぞれのプロデュースのフードメニューが左側に写真入りで出ております。

右側にはドリンクメニューが並んでいるのですがネーミングが良かったですね~。噂で多少知っていたのですが、ラルクさんに因んだ名前になっています。アイスティーの『Killing Tea』、ライムジュース+ガムシロップ+ソーダの『LIME TO BLUE』等ですね。

会場の7階では写真撮影は禁止なのですが、整理券配付の1階では自由です。出掛けるときはデジカメを持ち歩くことが多いのですが、今日も持って行っていたので、このメニュー表のみはしかとカメラに収めて来ました。お陰様でメニューだけは細部に渡るまで今でも明確に分かります。

列は進みやっと2,000円を払ってフード及びドリンクをオーダーし、正式の整理券とスペシャルグッズを受け取りました。そうそう、私の時点で既にkenちゃんメニューは売り切れでした。ネットでも美味しいという評判だったので、真っ先に売れたのかな?(^-^; 

整理券は時間指定不可で強制的に早い時間から詰めて決められてしまうのですが、私が受け取ったのは1回目の午前10時からのものでした。昨夜の時点では2回目以降の入場になりそう?、もしかしたら帰宅の電車に間に合わなそうな5回目!?、最悪の場合は入れないことも有る!? と色々想像していましたが、今日は入り易かったようです。思わず胸を撫で下ろしました。

スペシャルグッズは団扇でした。直径20センチ弱の円形で、下敷きのようなプラスチック製です。下に指を通す為の穴が1つ開いています。地は白で半透明の色合いで中心から外へ向かって大きさの異なる5つの円が等間隔で、そして中央から放射状の直線が模様として描かれていて、真ん中には赤文字で『L'Arcafe』、鈍い金文字で『COLLABORATED BY J-POP CAFE』と記されています。

スペシャルグッズは特別期待していた訳でも無く、これと言った感慨も無く手にしました。でも折角ですから、今度ラルクさんのライブが有ったら、持参しますかね~(^-^; 特に夏のライブでは煽ぎモノは必携ですから!

整理券を貰った後は開場まで自由時間となりました。開場の20分前に再集合とのことでした。

スタッフの方に混み具合を伺ったのですが、8時の整理券配付時点での人数は昨日は300人程居て、今日は200人程だったのだそうです。初日はかなり盛況だったようですし、初日3日間では毎日減っているようでした。連休最終日だし、或いは少ないのかなと思いましたが、この読みが当たったのか、雨模様の天気予報で回避する人が出たのか、日々の動員数については全く見当がつきませんね~。明日は平日ですしどうなるのかな? 夏休み期間に入ったらこれまたどうなるのでしょう? 

さて、再集合まで時間を潰し、やっと開場20分前になりました。

整理券配付場所の1階の受付まで行き、ここから整理番号順に随時エレベーターに載って7階に有るJ-POP CAFÉへと向かいます。

7階でエレベーターを降りるとまずはガラスのショーケースに入ったラルクメンバーさんのステージ衣装と楽器がお出迎えしてくれます。一番右奥がユッキー衣装及びドラム、その次がteっちゃん衣装及びベース、次がkenちゃん衣装及びギター、そして最後がhydeさん衣装及びマイクスタンドとマイクです。

考えてみるとライブ以外でステージ衣装の実物を見たのは初めてかも知れません。何だか感激しますね~。hydeさんのはShibuya Seven daysの最終日の衣装だと思います。同ライブのDVDにも収録されている、蛇あたりの爬虫類っぽい皮製の上下のスーツですね。インナーの白いシャツが細かい細工で縫製されていて、高価な感じがしました。

それにしてもhydeさんの服・・・、小さくて細い・・・とビックリ。hydeさん衣装の前に置かれたマイクスタンドはお馴染みの十字架型のクロスになったものです。

最近はお使いになっていませんが、以前はこのマイクスタンドは定番でしたよね? hydeさんが歌いながらパフォーマンスで片手で持ち上げる姿もしばしば目にしておりますが、こうして目の前にするとずっしりとした重量感が有る様に見受けられます。これも細かい模様が入っていて、フルートのような楽器を連想させます。綺麗なマイクスタンドです。

ライブ中、hydeさんはこのクロスの横の部分に手を掛けて『疲れると(このマイクスタンドは)ラクなんだよねー』と言いつつMCされたりしていたよな~なんて思い出してしまいました。

エレベーターホールは横に通路が出来ていて、ここを歩くと右手にステージ衣装が沢山掛かったスペースが有ります。こちらの衣装は先程のガラスケースのものとは異なり、ビニールで密封されていて、何れもビニールの上から衣装を触ることが出来ます。14~5着有ったのではないでしょうか。何れもどのライブで使用したものなのかを示した簡単なタグが付いています。

こちらの中ではkenちゃんの衣装が印象的でした。『何だ、このセンスは~!?』と思わず声を発したくなるような一見おかしな衣装もありましてね~(^-^; 白地に小さな赤い水玉を全面に散らした衣装がまさにそれだったのですが・・・。言ってみればパジャマのようなものなのですよ。

でもですね、タグに実際にステージで着ているkenちゃんのお姿が写真で印刷されていたのですが、これを見ると別におかしいとも思わないのが不思議でした。これが着こなすということなのかしら・・・等と妙に感心したりしましたヨ。

通路から左手の方はL'Arcafeでのラルクさんグッズ販売スペースとなっておりました。開場したときはまだグッズ販売準備中でした。パッと見ではまあ悪くは無いグッズが揃っていたと思います。Tシャツ、タオル、マグカップ、グラス、缶バッチ、帽子、口紅のケース、IPodナノのケース、手鏡、携帯ストラップといった感じですかね。他にも有ったかも知れません。どれもそこそこいいお値段でした。

通路の正面にはラルクさんメンバーさんの一人一人の大きな顔写真が電球の付いた額に入れられた状態で飾られていました。大体2,000年辺りのメンバーさんのお姿なのではないかしら。

通路突き当たりの左がカフェの入り口でした。板チョコのような凹凸の有る銀色の壁で出来た短いトンネルを潜ると、そこがカフェなのですね。カフェ内はちょっと薄暗かったと思います。

部屋の形は四角なのですが、後ろの方に10人程が入れる小部屋のようなものが別に有りました。正面にはメインとなるスクリーンが掲げられています。このスクリーンがちょっと変わっていて、上辺が短く下辺が長い台形なのですよ。ちょっと不思議な形でした。

小部屋の方にもメインの方と比して若干小さ目のスクリーンが有りました。あとは正面に向かって左側の壁には小さいテレビモニターのような画面が壁いっぱいに埋められていました。10個以上有ったと思います。テーブルは多くが4人掛けなのですが、壁に向かった一人席、5~6人が座れる壁際の席なんかも有りまして、こういったところにも壁にテレビモニターがついていました。まあとにかく、どこに座っても、何らかの形で映像を観ることが出来るような造りになっているわけですね。

席に着くとラルクさんのPVが途切れなく流されていました。『Blurry Eyes』『Spirit dreams inside』『花葬』『forbidden lover』『flower』『瞳の住人』等ですね。こうした間にまずオーダーしていたドリンクが運ばれます。ドリンクはカフェの後方にドリンクのカウンターが有るので、ここで作られたものがスタッフの手によってやって来ました。私が頼んだものは『Feeling Pine』(『Feeling Fine』のモジリですね(^-^;))というパイナップルにゆずが加わった飲み物でした。これは中々美味でしたヨ。

そうそう、席につくと、あらかじめ紙で出来たコースターが置いてあるのですね。でもドリンクを運ぶスタッフの方はこの上にはドリンクは置かないのがお決まりのようです。このコースターは『L'Arcafe』のロゴが入っております。みなさん、使わずに記念にお持ち帰りするようです。

メインイベントの未公開映像放映時間までまだ間が有ったので、同じ階に有る今回ラルクさんイベントでは使っていないもう一つの部屋を見学に行きました。こちらはとても好みの部屋でした。壁から天井までが鳥籠のような鉄格子と擦りガラスで出来た部屋なのですね。

擦りガラスは蔦のような葉物の植物が表面を覆っています。ちょっと亜熱帯の植物園といった風情なのです。ガラスを通して自然光も差し込み、部屋は白く明るかったです。今回のラルクさんのような映像を観るイベントには不向きですが、素敵なスペースだなと思いました。

会場に戻って少しすると会場後方の厨房らしきところから、今度はご飯が運ばれて来ました。私は『yukihiro plate』というのにしてみました。説明書きは『ハンバーガー、手ごねハンバーグ、ブラックソース、エビチリソース』となっております。薄くバターの塗られたハンバーガーのパンとこれに挟む具がセットで付いて来ました。

具は厚みの有る手作り感の漂うハンバーグ(もちろん手作りの訳は無いですから、あくまでも雰囲気の話です)、スライスオニオンが載ったスライストマト、茹でた海老が3尾位(だったかな?)、レタスといったものです。ブラックソースは普通のソース、だけどちょっとブラックペッパーが効いていたかも?、エビチリソースはチリにしては若干甘めのソースでした。あと付け合わせとして、フライドポテトも付いて来ました。

全部の具を入れ込むと食べるときに零れ落ちるのは目に見えているので、適度な量の具を載せてハンバーガーを作り食べました。ハンバーグはほんのり温かかったような気がします。味はまあまあだったかな。元々あまり好き嫌いもないせいか、普通に食べることが出来ました。ハンバーグが結構ボリュームが有り、お腹がいっぱいになりました~。

食事も半ばになった頃に『Creature Creature』さんのシングル3曲のPVが次々と放映されました。動くCreature Creatureさんを拝見するのは昨年末の天嘉以来でしたねー。

Vo.のMorrieさんの歌声を音源からじっくりと聴くのは初めてだったのですが、声は結構好きかも知れないなと思いました。hydeさんやteっちゃんが熱狂してお好きだったバンドのヴォーカルさんというだけあってか、歌、上手いですよね。

PVはまあ特筆すべきことも無いのですが、teっちゃんも結構映っているのかなと思いました。ただやはりCreature CreatureさんはMorrieさんのプロジェクトなのですよね。PVを観ても然程心を動かされることは無かったので、やはりシングルを購入することは無さそうだな~・・・と思ってしまいました。

さて、Creature CreatureさんのPV映像が終わると、室内の電気が落ちました。すっかり暗くなった中でいよいよメインとなるラルクさんの未公開映像の放送時間です。

今回の映像にはタイトル『SPECIAL MOVIE』(だったかな?)のところに『#1』とついていました。やはり未公開映像は幾つもバリエーションが有るのですね~。今はLE-CIELさんのHP情報によると『1999 GRAND CROSS TOUR』の未公開映像の公開期間なのですよね。

このカフェの開設前、未公開映像についての情報が詳細に出ていないときそれ程大したものでもない、短いムービーかと勝手に想像していたのですが、とても魅せてくれる映像でした。

『1999 GRAND CROSS TOUR』は東京の2日間のみ参加しております(この頃はまだ地方へライブで行くという発想自体が有り得なかったですねー。懐かしい・・・(^-^))。

未公開映像の中にはまず東京の会場設営のシーンが色々と有りました。kenちゃんがあの恐ろしく広い会場の後方にいらっしゃってステージを眺め、スタッフに笑いながら『全然見えないじゃん。』といったことを仰っているのがおかしかったですね~。リハーサルのシーンも有りました。悪魔の黒い翼を付けたhydeさんがステージの下から跳び上がってご登場とか。

本番前のメンバーさん4人の円陣のお姿も有りました。あの巨大なステージ装置の球体の裏側も見ることが出来ました。ステージ裏には学校の運動会で使いそうなテントも張って有りました。色々と舞台裏を覗くことが出来て興味深かったです。

何というか、スクリーンを見ていますと懐かしさに胸がいっぱいになりましたよー。ラルクさんがステージに現れるまで何時間も炎天下の元待ったよなーとか、過去のことを思い出してしまうのですよね。

オフショットの後はこのツアーの未公開ライブ映像が映されました。今の期間は『HEAVEN'S DRIVE』『Driver's High』『What is love』『birth!』『Larva』『Butterfly's Sleep』『fate』ですね。一番感動したのは何といっても『What is love』に尽きます。やはりライブ映像が商品化されていない曲というのはそれだけでプレミア感が有ります。

『What is love』は元々アルバム『ark』の中では初聴きからかなり好印象の曲でした。今日観た映像はとても新鮮に映りました。濃紫色のライトの照らす中、白いスモークが炊かれて、hydeさんが実に伸び伸びと気持ち良さそうに歌うお姿が素敵でした。特に曲中、hydeさんが一瞬息を止めてから上方に顔を向け、『What is love~』とファルセットでお歌いになるところはとても澄んだ綺麗な声で鳥肌が立ちました。

他の曲の映像もこれまで何度も観たDVDの映像とは全く異なるものでして、どれもこれも見入ってしまいました。同じツアーのライブでも全然違って見えるものですよね! 

2時間での入れ替え制なのですが、残り25分位といったところで全ての映像が終了しました。ここでイベントはほぼ終わりで、席を立つ方が多かったです。あとはカフェの外のグッズ販売売り場でグッズを購入してお仕舞いといった形ですね。

グッズは元々大量に買うつもりは無かったのですが、来た記念という意味も籠めて一つは買おうかなーと思い、以前から欲しかった『ラルクさんグッズ』としての携帯ストラップを購入致しました。鎖で繋がれた3つの飾りが付いているストラップです。何れの飾りも合皮製で丸い形をしています。1つだけ大きめで黒色をしているのですが、ここには『L'Arc~en~Ciel 15th ANNIVERSARY L'Arcafe PRODUCED BY L'Arc~en~Ciel』とエンボス加工で書かれています。他の2つは白なのですが何も書かれていません。

この携帯ストラップは物凄いお気に入り・・・というわけでも無いのですが、まあまあかなといった感じですね。エンボス加工が結構しっかりとしていて、『ラルクさん』商品であることが分かり易くなっている点がちょっと難気味です(^-^; あまりアーティスト名を主張し過ぎないさりげない商品が好きなのですよ~。まあそれでも明日から付けてみようかな~と思っています。

今回のグッズのタオルやTシャツの絵柄を見ていて気付いたことが一つ有ります。J-POPカフェで今回使わなかった部屋のあの鳥籠のような鉄格子を模したデザインのものが幾つか有ったのですよ。

J-POPカフェってあまり詳しくは知らないのですが、様々なアーティストのイベントをやっているのですよね。こういったアーティスト向けのJ-POPカフェのオリジナルデザインがこれで、ここに今回だったらラルクさんの名前を入れて売られているのかしら?、等と思ってしまいました。そういえばお持ち帰りのスペシャルグッズの団扇も、あの部屋の天井のデザインかなと思います。

帰り掛けに1階の受付前を通ったのは11時40分頃だったのですが、まだこの日の第3回目の開催の入場者を受付中でした。やはり今日は人が少な目だったようです。あんなに張り切って来た割には若干肩透かし気味!? でもやはり行くなら外すことなく確実に中に入りたいものですよね。

J-POPカフェさんのBLOGにはその日の人の入り具合が出るようなので、今後行かれる方は見てみると良いかも知れませんね~。

今回のラルクさんグッズはLE-CIELさん会員向けに売り出しをするのかどうかが気になるところです。メンバープロデュースということですし、折角作ったのならカフェに来ることが出来ない方々も購入出来ると良いですよね~。まあLE-CIELさんはこういった儲けに結び付くことは見逃さずにやりそうだとも思わなくもないですが・・・(^-^;

こうして無事行くことが叶って今日はいい日でした(^-^) でもですね、別な未公開映像が観たいという気持ちが沸々と湧いて来ました。やはり目にしたことの無い映像を観ることが出来るというのは心が揺り動かされます。休日でも今日のように意外と人が行かない日も有る様なので、当初思ったよりも行き易いのかも知れないなとも思いました。タイミングさえ合えばまた行ってしまいそうです・・・(^-^;

そして願わくばこれから公開されるものも含め、レア物映像を商品化して欲しいですね~。こういったものこそ多くのファンが希望している『15周年企画』だと思います。

『L'Arcafe』の体験記はこんな感じです。ご興味の有る方は様子を窺いつつ、一度行かれてみてもいいかも知れません!
スポンサーサイト
【2006/07/17 22:55】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

<<HYDEさんのZeppツアー | Top | HYDEさんのスペシャルポスター、ライブチケ到着等>>
コメント
こんばんは(^^)
ラルカフェ情報、すごく詳しく書かれてて参考になりました!
ありがとうございます(^-^)
17日はそんなに(初日ほどは)こまなかったんですねー
私は20日に行く予定です♪
前日仕事終わりに渋谷駅近くのホテルに泊まって、早起きして行こうと計画してます!
がんばります!(笑)
【2006/07/17 23:34】 URL | こば猫 [ 編集] | top↑

============================================================

パジャマ衣裳はtetsuくんのですよ。
【2006/07/18 00:20】 URL | lien [ 編集] | top↑

============================================================

>こば猫様

こんばんは(*^-^*)

先日はtomoさんのブログを教えて頂いて有難うございました。
あれから結構通っています。

ラルカフェ情報、多少なりともお役に立ったのなら
良かったです。

ホテルに宿泊して行かれるのですか~。
渋谷周辺のホテルに宿泊出来るのなら
比較的楽に行けそうですね。
是非楽しんで来て下さい!


----

>lien様

ご指摘を有難うございました。
早速訂正させて頂きました。
自分の記憶力の無さにあきれるばかりです(^-^;
【2006/07/19 00:42】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/350-2a25b11e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。