スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

ラルクさんの『ASIALIVE2005』DVD:感想
今日はこの程発売されましたラルクさんの『ASIALIVE2005』のDVDの感想を書きます。

まず全体的な感想としてちょっと勿体無い作り方をしてしまっているかな・・・と思いました。

Disc.1を観て思ったのですが、この日のhydeさんはとても声の調子が良くて、ここのところ発売されていたどのライブDVDよりも聴き応えが有ります。最高にいい状態でのライブなのに、半端な10曲収録というのは非常に残念だと思いました。あ、P'UNKさん映像を入れれば11曲ですけどね。

そしてDisc.2ですが、テレビ朝日さんで放映した内容とほぼ同様のドキュメント映像とライブ映像を交互に織り交ぜた編集になっていますが、ライブ映像はどれも曲の途中までしか収録していないというのはいかがなものかと思いました。折角気分良く聴いているのに、途中で音がフェイドアウトしてドキュメント映像が始まるのですよね・・・。

私はライブ映像は疑似体験を求めて観る部分が有るので、出来れば或る日1回のライブを通しで入れて欲しいという願いが有ります。ラルクさんでは過去リリースされたことは有りませんが、それこそMCや本編とアンコールの間の時間までそっくりそのまま途切れることなく収録というのが望ましいと思っております。ASIALIVEだったらやはり東京ドームの最終日映像を丸ごと収録が良かったかな~。

・・・とまあ若干満ち足りない思いを感じつつも、随所で感動するところ有り、笑うところ有りといった感じで楽しみました (^-^)

最初にDisc.1の感想を書きます。

まず今回は『winter fall』のライブ映像が初めて収録されたというのが私の中では大きかったです。『winter fall』はラルクさんファンになったきっかけの曲の為、思い入れが有ります。映像を観ながら、ファン成り立て当初のことを思い出してしまいました。あの頃は本当に物凄い熱の入れようだったなーと懐かしくなりました。また、初めて買った音楽ビデオ: 『A PIECE OF REINCARNATION』に収録されている『winter fall』PVのデス・バレーでの演奏シーンや『winter fall』でCDTVに初登場1位で登場したラルクさんのお姿も脳裏に浮かび上がりました。

それにしてもhydeさん、途中『winter fall』の歌詞をお間違えになっていますよね?(^-^; 今後もあまり演奏する見込みも無いから貴重な映像だと思うので、間違えないで頂きたかったです・・・。

スペシャルメドレー:『L'Arc~en~Ciel PARADE』も同じように懐かしい気持ちがモクモクと湧いて来ました。ラルクさんに今よりも熱い気持ちを持っていた頃によく聴いていた曲ばかりだからですね。ラルクさんにおける一番好きな曲:『flower』がとても綺麗に歌えているのにも感動しました。

ライブDVD:『7』にも『flower』は収録されていますが、hydeさんの声がちょっと掠れ気味なのですよね~。まあ短期間に7回ライブという過酷な日程だったし、無理も無いと思うのですが。『flower』についてはこのASIALIVEでメドレーという形でなく通しで演奏し、それが今回のDVDに入ったら申し分無かったのになと考えます。

『Driver's High』は最後のところでhydeさんが両手で小さく指揮をとっているシーンが可愛らしいと思いました。

『New World』では間奏のteっちゃんのベースソロが冴えているなーと聴き入ってしまいました。ラルクさんの曲は間奏にギターソロは多く有りますが、kenちゃんは大抵ライブではCDとは微妙に若しくはかなり変えて演奏されますよね(これは結構残念だったりします)。teっちゃんはきっちりCDと同じ旋律を奏でていらっしゃいます。几帳面な性格がそのまま表れているように思いました。

ライブ中、kenちゃんがしばしば客席に視線を向けながらニコニコと笑顔を浮かべて演奏しているシーンが映されまして、嬉しい気持ちになりました。kenちゃんがとても楽しんで演奏していることが感じられました。

そういえばkenちゃんはまだこの頃は今よりもふっくら気味ですね。ここのところのソロのプロモーションで雑誌にて拝見するところホッソリしていらっしゃいます。ふっくらしているのは可愛い感じですけど、少年ぽい今の雰囲気の方がより好みです~。

こうしてライブ映像を観ていますとやはり東京ドーム最終日のhydeさんの髪型がいまいちだと思わざるを得ません(^-^; そんなに凝らなくていいのになーと思いますヨ。短い髪の毛でサラッと自然に下ろしているのが一番素敵です。

『READY STEADY GO』はいつもよりもかなりテンポが速い演奏だったのですね。一体どうしてしまったのでしょう? セットリストの前の曲が速かったのかな? 会場の熱気に押されて気持ちが昂ぶり、速くなってしまったのでしょうか。それとも意図的に速くしているのかな? 2年前のロック・オデッセイでの演奏を思い出してしまいました。あのときも物凄い速さでビックリしたものでした。

Disc.1最後のユッキーのドラムソロは圧巻ですね! 人間離れしていると思いました。手も足もあんなに細かく速く別々に動かすことが出来ることに改めて感動しました。

Disc.1のスペシャルのP'UNK~EN~CIELさんの映像はteっちゃんのウサ耳姿が入っていますネ。teっちゃんはああいうプリティ系がとてもよくお似合いになりますよね。

hydeさんはツノを、kenちゃんはサル耳を、それぞれ付けてステージに上がったことがありますね。私の記憶の中ではユッキーはこういったものを付けたことが無いように思います。その内是非!(^-^)

次にDisc.2の感想を書きます。

インタビュー映像以外は既にTV放映時に観てしまっていて、このときに感想を書いておりますので、これ以外の感想を書きます。そうそう、感想を読み直しましたが、TV放映のときの方が内容が多かったようです。DVDに収録されたものはTV放映映像からの抜粋だったみたいですね。若干、DVDのみに収録されている映像も有るのかな?

ソウル、上海でのライブのMCが入っていましたが、これは字幕が欲しかったです。韓国語、上海語で話すメンバーさんたちが何を話しているのか、全く分からなくてちょっと疎外感を感じましたヨ(^-^;

ソウル、上海の映像から東京ドームの映像に変わったときに、何となくホッと落ち着きを感じました。日本の観客はソウル、上海の観客と比べますと、整然としていますよネ。メンバーさんたちも述懐しておられましたが、向こうのファンは長いこと待ち焦がれていたというだけあって、まさに熱狂という感じなのでしょうね。日本のファンの多くはラルクさんのライブに行くことに慣れていますよね。この辺りが大きく異なるのだと思います。

『Link』のときの映像が印象的でした。曲間のメンバー紹介が良かったです。ユッキーが自分の格好いいと思うところとしてお尻を挙げ、スクリーンに向かって小さな形の良いお尻を向けるところが笑えました。こんなシーンはすっかり忘れておりました。お茶目さんですね~。

hydeさんの特技:錬金術がついに収録されましたネ! ドームのときはあまりに広くて、hydeさんから放たれたウエーブが上手くhydeさんの元に返らなかったような記憶が有ったのですが、最後にhydeさんが例のごとくステージで飛び跳ねたので、恐らく成功したのですねー。錬金術はメンバーさんと観客みんなの一体感が得られるように感じられて、大好きだったのですよね。『AWAKE TOUR』でも毎回この時間を楽しみにしておりました。

『Link』のとき、アリーナ席に送り出された沢山の風船が詰まった巨大なビニールの球も映っていましたね。あの球の中の風船は色とりどりでしたし、可愛かったのですよね。着ぐるみシエルちゃんと球はASIALIVEの楽しい雰囲気を表す象徴的なものとして心の中に残っています。

ちょっと長くなりました。感想としてはこんな感じです。

最後にライブ映像を観ると決まって思うことは『ライブに行きたい!』です。ラルクさんの次のライブはいつになるのでしょうかー? 行きたいなぁ・・・(^-^)
スポンサーサイト
【2006/06/25 01:07】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

<<HYDEさんのライブハウスツアー一段落 | Top | acid androidさんのオフィサイトブログ更新>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/06/27 00:07】 | [ 編集] | top↑

============================================================

>○○○様(管理人のみの閲覧だった為一応伏字にしました)


こんばんは。コメントを有難うございました(^-^)/

頂いたコメントを読んだ瞬間『スゴイッ!!!(*^-^*)』と思いました。
語学に堪能でいらっしゃるのですね。

しかもラルクさんたちもMCするに辺り、
難しくて頭を抱えていた中国語を!
ヒアリングも書くことも出来るなんて素敵です。
訳を見ながら、その内もう一度観直したいと
思います。

韓国語もご存知なのですね。
韓国ドラマはそこそこ観ていたので『サランヘヨ』位は
分かりましたがあとはこちらも全く分かりませんでした。

DVDの収録内容はやはり今一つですよね(^-^;
hydeさんがいつになく調子の良いときだったし、
曲自体をきちんとした形で入れて欲しかったです。

今年の天嘉は期待していいのですかね?(^-^)
出演しそうな気もしますよね?
【2006/06/28 00:45】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/06/29 00:16】 | [ 編集] | top↑

============================================================

>○○○様

こんばんは(^-^)

国際色豊かな環境にいらっしゃるのですね~。
羨ましいです。
『サランヘヨ』はてっきり韓国でのライブのMCかと
思い込んでいました。そのうちまた観返してみたいと思います。

背番号は・・・、確かに不明です。
きっと何か思い入れのある数字に違いない!、と思うのですが、
知りたいですね!

では。

【2006/07/02 01:18】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/338-bbe23b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。