スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『GiGS』:感想
kenちゃんソロがネットで発表されたのが一昨日でしたが、本日発売の雑誌:『GiGS』にはkenちゃんが表紙と巻頭記事に御登場です!

本屋さんに行って「どこに有るのかな~?」と音楽雑誌売り場を見渡すと、発売日だというのに既に最後の一冊でした。平積みされておらず立てて並べられていたし、あまり数を仕入れていなかったのかな?、と思いました(^-^; 元々この雑誌は楽器のことが詳しく書かれていて、どちらかというと演奏者サイドが望むような内容が主ですから、それ程一般的な需要は無いのかも知れないのですけれどね。

まあそれはいいのですが、手に取ってみて表紙にとても驚きました。一瞬、kenちゃんだと分かりませんでした。表紙写真をご覧になりたい方はこちら へどうぞ。

海・砂浜・青空を背景に、ギターを手にして遠くを見つめて佇むkenちゃんをローアングルから見上げて写している写真ですね。長めの前髪を右の方から分けて横へ流していて、短めでさっぱりとしたヘアスタイルです。中国やベトナムといったアジア風味のデザイン・素材の黒の上着に揃いのズボン、中にはこれまたアジア風味の白のゆったりとしたシャツを着ていらっしゃいます。

髪型・服装と全体的な感じから、貴公子然とした気品の有る雰囲気を醸し出していらっしゃいまして、これまでのkenちゃんと一味違うように思いました。S.O.A.P.さんをやっているときのようなワイルドな雰囲気とは真逆です。もう表紙でドキッとときめきを感じてしまいました。とても素敵です~(*^-^*)

しかも何だかkenちゃん、とても若く見えます。修正が入っているかも知れませんが、20代といっても通用するような気がします。昔のkenちゃんを思い出させられますねー。Creature Creatureさんオフィシャルサイトのteっちゃんでも思ったのですが、ラルクメンバーさん、最近は外見が昔に戻っているような・・・。

kenちゃんの今回のソロへの思いを知りたくて早速読んでみました。

kenちゃんはこれまでS.O.A.P.さんで遊びの延長といった感じで、気が置けない仲間と共にとことん楽しむことを目的に活動していると思っておりました。そして今回のソロはS.O.A.P.さんとはまた異なった原動力により始まったことが分かりました。

kenちゃん、このソロで自分自身の好む音楽を突き詰めて表現したいとお思いになったように解釈しました。自分の楽しみの為というよりも、一アーティストとして表現したいという真剣な気持ちを強く感じました。

HYDEさんのソロへの思いと重なる部分が有るように思いました。『外へ向かって何かを叫ぶというよりは自分の内側の方へ向かっている』といった辺りはHYDEさんのアルバム:『ROENTGEN』制作時と似たものを感じますし、『歌詞を伝えるようになりたい』というお言葉からはHYDEさんのアルバム:『FAITH』への思いと重なります。

シングル1曲目の『Speed』はラルクさんでもS.O.A.P.さんでも演りそうな曲調のようですね。いわゆるバンドサウンドなのでしょうねー。今回のCDでは唯一kenちゃんが創られた曲ですね。ソロへの思いの内、創るという側面ではこの曲一点に凝縮されて詰められている筈ですので、並々ならぬ感心が有ります。早く聴いてみたいです。

2曲目の『Empty Rooms』はkenちゃんが相当お気に入りの曲のようですね。そもそもゲイリー・ムーアをやりたいというのがソロの発端で、『Empty Rooms』をライブでやりたいからレコーディングしたいとお思いになったのですね。そこまで思い込める程の曲って一体どのような曲なのか、俄然興味が湧きました。

前回の記事で先に原曲を聴くかどうか迷うといったことを書きましたが、原曲は聴かずにkenちゃんCDを待つことにしました。kenちゃんが大好きなその曲をどんな風に表現するのかを最初に耳にしてみたいなと思ったからです。

3曲目の『The Shadow Of Your Smile』という曲もカバーなのですね。映画の『いそしぎ』のテーマ曲らしいです。映画の『いそしぎ』はどんなものか調べてみました。1965年の作品ですから、かなり昔の映画なのですね。タイトルは知っていますが観たことは無いし、あらすじを読んでみたもののどうも知らない内容です。どんな映画かご興味の有る方はこちら へどうぞ。

kenちゃんは曲は知っていたものの曲タイトルを知らなかったようです。一般的によく知られている曲なのでしょうか? 聴いたら分かるのかも知れません。この曲はインスト曲なのですね。kenちゃんのギターを堪能出来る一曲となりそうです。いいですねー。

kenちゃんは今はS.O.A.P.さんでの創作意欲・活動意欲共に希薄の模様です。当面S.O.A.P.さんとしての活動は無さそうですね。SakuraさんはまだしもEinさんはどうなってしまうのかちょっぴり心配だったりします。Sakuraさん・EinさんはS.O.A.P.さんで活動したいのではないかなぁ等と思い巡らせてみたり・・・。でもほぼリーダー的位置付けにいらっしゃるkenちゃん(もしかしてリーダーさんですか?)に気持ちが無い限り、これは難しいのでしょうね。

私はS.O.A.P.さんも好きなのですが、『GiGS』を読んで更に今回のソロへの期待が増したので、S.O.A.P.さんでの活動が無いことにはそれ程にはダメージを受けておりません。

あ、でももしかしたらサマージャンボはやって下さるかも知れないですよね! 新曲は無いかも知れませんがS.O.A.P.さんでライブを行ったり、僅か3曲のkenちゃんソロもああいったイベント系のライブだったら演奏する可能性が有るように思いました。どうでしょうね?

兎に角、今は8月のソロCD発売がとても楽しみです(随分先ですが・・・(^-^;))。

スポンサーサイト
【2006/05/27 23:20】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<『ASIALIVE 2005』DVDのジャケ写 | Top | kenちゃんソロ(@_@)!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/321-cc8e82a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。