スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

acid androidさんアルバム『purification』:感想
昨日(今となっては一昨日となります)Amazonさんからacid androidさんの最新アルバム:『purification』が届きました(^-^) 今日はこちらの感想を書きます。

今回のアルバムは数々のユッキーのインタビューからこれまで以上に力が入っていて、更なる自信をお見せになっているなとは感じていました。実際聴いてみますととてもとても良いアルバムです! 現時点でそれ程まだ回数を聴けている訳では無いですが、それでも過去のacid androidさんアルバムと比しても今回のアルバムが一番好きだと断言出来ます。

曲の色合いが様々だと思います。これまでのacid androidさん曲を継承するような曲が有り、また新しい風味の曲が取り込まれています。この融合から新境地を開くことに成功したのでは無いでしょうか。

まず特に気に入った曲ですが7曲目『chill』、9曲目『purification』、10曲目『a lull in the rain』となります。

『chill』は最初のドラムの入り方、そして前奏からして『これは良さそうだ・・・!』と思った曲ですね。通して聴いたところ、ダンサブルなリズムにも惹かれますし、またサビの主旋律のバックに流れる音の動きが好みだなと思いました。

現在はラルクさん及びラルクメンバーさんソロを中心に聴いているのですが、以前はもっと幅広くて洋楽も聴いていたのですね。何かとても好きだった洋楽を思い出させる懐かしい曲調だと感じました。残念ながら何なのかが思い出せないのですが・・・(^-^;

『WHAT's IN?』5月号のユッキーのお言葉によるとこの曲はantzさんのお作りになったコード進行にユッキーが色々味付けしたようですね。いい合作だと思います。

タイトルは最初『冷凍・・・?』と思ったのですが(^-^;、辞書で調べてみたところ、『寒気』『冷気』『悪寒』『冷淡さ』『おじけ』等の意味が有るのですね。歌詞はantzさんが作られたのですね~。タイトルもantzさんが命名されたのだと思われます。意味が色々有ってどれを採用していいものか迷います。歌詞からは何となくしか意味が読み取れないし・・・、英語は難しい・・・(^-^;

アルバムタイトル曲『purification』はユッキーがインタビューでアルバムの中で一番気に入っている曲ということを仰っていたので、気になっていました。これも初聴きから『いいッ!』と思いました。押し寄せるようなギター音と低く鳴り響くベース音が身体に気持ちの良い振動を与えてくれます。『chill』同様、洋楽に有りそうな雰囲気を感じました。

最後を飾る『a lull in the rain』ですが、『雨の小止み(途切れ)』のような意味でしょうか?(本当(^-^;)?) 最初雷が鳴って、この後雨音をバックに優しいピアノの音色が奏でられて始まります。少し後に階段を駆ける足音のようなものが入っていますねー。雷と共にやって来た急な雨に降られて、急いで外から帰って来たというようなストーリーが脳裏に浮かびます。どうしてなのかフランス映画のワンシーンのように思えます。

途中から雨音のようなリズム音やとても低いベース音が入ります。ユッキーと女性ボーカルさんがユニゾンで歌うのですね。柔らかな歌声で聴いていると気持ちが凪いで来ます。歌詞も穏やかな雰囲気に包まれていますね。

元々は50分も有る(@_@)!、大作だったそうですが、これを今回のアルバムのラストとして作り直しして10分程度に纏めたと有ります。この締め括り、とても好きです~♪ 聴き終わった後に心地良い余韻を残してくれます。

以上が特に気に入った曲となります。次にこの他の曲について書きます。

『chaotic equal thing』はちょっと変わった曲調だなと思ったのですが、ユッキーセルフライナーノーツによると、4分の4拍子だったものを変拍子を入れたものに改造した曲とのことです。改造後は基本は3拍子で所々テンポが変わるのですね。

『let's dance』はシングルで聴いているときから大好きです。『let's dance』の文字通り、踊りたい衝動に駆られる曲だと思います。シングルとはバージョンを変えたものが収録されているようなのですが、よく聴き比べていないせいか、どこが違うのかがよく分かりません。

『pause in end』『circles』あたりはacid androidさんの王道だと思いました。こういったユッキーの曲って重々しさが有り、色で言うなら黒に思えます。この雰囲気を醸し出せるのがとても格好いいなと思います。

『egotistic ideal』ですが、これも楽しく踊れそうな曲ですよね。ライブはブックレットの歌詞でサビ部分のカッコ付きになっているところを覚えて叫べるようになると更に楽しそうだなと思いました。

acid androidさんのアルバムは以前からそうなのですが涙を流して感動というような心を揺さ振られるような曲は無いのですが(すみません(^-^;))、一方、『ちょっと苦手だな・・・』と敬遠しそうになる曲も有りません(HYDEさんとかS.O.A.P.さんには有ります)。総じて平均点が高いのですよねー。今回はいいなと思える曲がより沢山有りまして、とても聴き応えが有りました。

そうそう、HYDEさんのアルバム:『FAITH』ですっかり対訳が有ることの良さに打たれたせいか、acid androidさんのアルバムにも欲しくなってしまいました。ユッキーの語りかける内容も中々良さそうで興味が有るのですが、英語ですととにかく意味が多様に取れてしまって、曖昧にしか受け取れないのですよねー(^-^; この曖昧さを楽しむというのもいいのかも知れませんけどね・・・。出来ればラルクさんのアルバム『AWAKE』のときのようにLE-CIEL会報に対訳が掲載されることを希望致します!

あとそうですね、ブックレットを見ていて『アレッ?』と思い、雑誌のacid androidさんメンバープロフィールを見て初めて知ったのですが、acid androidさんは何とベーシストが居らっしゃらなかったのですね!!!(@_@) あれだけ人数が居て、ドラマーのyasuoさんを除いてはみなさん棹モノを持って演奏していらっしゃるので、思いにもよりませんでした。これには非常に驚きました。というか・・・、私ってなんて注意力が無いのだろう・・・とちょっと悲しくなりました。今更こんなことに驚いているのはヘンですよね。

レコーディング時のベースはどなたか担当されているようなのですが、ライブのときってどうでしたっけ? サポートメンバーがいらっしゃるのでしたっけ? うーん謎です。

明日・・・、今となっては今日なのですが、acid androidさんのライブに参加して参ります!(^-^) もう少しアルバムを聴き込む時間が有ると良かったのですが、これは仕方無いですね。このアルバムの曲をライブ音で耳にすることが出来るなんて考えただけでワクワクします。

acid androidさんのワンマンライブはラルクさん再始動前のラストのソロライブに参加したきりなので、実に久し振りです。ユッキーのお望みに沿えるよう踊って楽しんで来たいと思います♪


スポンサーサイト
【2006/05/12 01:05】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<acid android tour 2006 5/12(金)東京キネマ倶楽部:感想 | Top | acid androidさん色々>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/312-b86da530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。