スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『HYDE TOUR 2006 FAITH』4/7水戸LIGHT HOUSE公演:感想
昨日はHYDEさんの一般的な公表上の初日に当たる水戸ライトハウス公演に行って参りましたので、レポとまでは行きませんが感想を書きます。








水戸ライトハウスは初めて行くライブハウスでした。公表されている収容人数が350人ですね。整理番号は後ろの方だったのですが、来たことの有る友人の話ではこのライブハウスはステージが高いので、後ろからでもよく見えた筈とのことだった為、整理番号の悪さをそれ程気にすることも有りませんでした。それよりも小さいライブハウスでHYDEさんライブを体験することが出来るということに多大な期待が有りました!(^-^)

水戸までは小旅行でした。会社に行って午前中働き午後休にしたので、会社から上野に出て、ここから向かいました。時間に余裕が有った為、そして節約の為に、上野~水戸間は普通列車を使いました。事前に時間は調べていたものの、2時間半弱掛かるのですよね(^-^; 前夜、ラジアンで初公開された『FAITH』からの楽曲オンエアを聴き、午前3時過ぎに就寝して6時起床して僅か3時間弱の睡眠だったので、この2時間半は寝ようと思っていました。

電車に乗って最初の1時間程度はぐっすりと眠ることが出来たのですが、これを越える辺りから寒くて殆ど眠れませんでした。水戸はかなり前に同じく普通列車で1度行ったことが有るだけで忘れていたのですが、頻繁に途中駅で特急列車の通過待ちで5~10分近く停車するのですね(^-^; ここ数日は春だというのに花冷えしております。停車待ちのときにドアから寒風が流れ込んで来て参りました。眠れない・・・、体力回復が図れない・・・と悲しかったものの、常磐線沿線は各駅周辺の線路沿いに桜の樹が多く見られ、満開の桜の花が綺麗でこれはこれで中々いい気分に浸ることが出来ました。

桜の花を見つめつつ、『そう言えば、ラルクさんにしてもラルクさんメンバーのソロにしても、桜について歌った曲は無いな・・・。ああ、でも『花葬』は桜の花を連想させる歌詞かも・・・。』等と取り留めの無いことを考えておりました。

さて、水戸ライトハウスの最寄り駅であるJR水戸駅に到着後、水戸ライトハウスのHPに有った地図を頼りに一路会場へ向かいました。15分位歩いたところに有りました。分かり易かったです。

このライブハウスはロッカーが無く、会場入り口隣の階段を上ったところにある会場の事務所のようなところで、1荷物100円でお預かりでした。中々良心的な値段でいいなと思いつつも、帰りは一斉に荷物出しすることになるから、並んで時間が掛かるのでは・・・と思いました。

入場は細かく整理番号を5番から10番程度に区切って呼んで行われました。会場入り口のガラス戸には『当日券は有りません』といった張り紙が出ておりました。そう言えば当日券というものの存在を忘れていました。今回のHYDEさんのライブハウス公演で当日券が出ることは有るのでしょうかね?

さて、ついに会場に足を踏み入れました。確かに小さかったです。ちょっと大きい教室といった感じの大きさです。このライブハウスは2階にもスタンディング席が有りました。この為、天井は結構高かったですね。チケットは1階席・2階席で分別されている訳ではなく、脇に設置された階段から行きたい人が2階へ行けるようになっていました。天井にはミラーボールも付いていました。

既に会場はかなり埋め尽くされていました。正面は川崎Hydeist限定ライブで見たものと同じ、黒地に十字架磔のキリスト様を描いた幕が掛けられていました。

SEは川崎Hydeist限定時の知らない洋楽ロックとは異なり、聴いたことのある有名なクラシック音楽が大半でした。とはいえクラシックには詳しくないので、曲名が分からないのですけれど・・・(^-^; 宗教的なものを目指しているということで、セットにもキリスト様を掲げていらっしゃるので、SEは昨日のクラシック音楽が中々合っていて良かったように思います。

18時開場19時開演だったのですが、定刻通り18時の開場後、収容人数が少ないこともあってか18時半には殆ど収容が終わったようでした。こういう小さい会場だったら、開場から開演まで30分でいいのになーと思いました。会場内での待ち時間が長かったです・・・。この待ち時間でまた体力を奪われますよね~(^-^; 今回は1階席の後ろの方で余裕のあるスペースでしたが、前の方の激戦区は恐らくギュウギュウ詰めで苦しいだろうなと想像しました。

さて、30分程待ちまして、ほぼ定刻通りに始まりました。4/1公演のときに有ったエイプリル特別企画は当然のことながら昨日は有りませんでした。

HYDEさんバンドが出て来た瞬間、会場は熱狂しました! 後ろの方に居たのでよく分からなかったのですが、キリスト様の幕はてっきり暗幕のようにステージの前に掛かっているものかと思っていました。ところがこれは違っていて、そもそもステージ前に幕など掛かっておらず、キリスト様の幕はステージ後ろの舞台セットでした。すなわち思ったよりも後ろに居てもステージはすぐ近くに有った訳です。

しかしながらHYDEさんが登場したものの・・・、アレレ、見えない???、とちょっとドキッとしました。すぐに位置を変えて背の低い方々の上から見ると、ああ、見えました。視界に捕らえることが出来るととても近いです!!! HYDEさんの目鼻立ちをしっかりと見ることが出来ます。ただどんなに位置を変えたり、背伸びしてみたりしても、胸から上位しか見ることが出来ませんでした。

ステージが高いから後ろでも大丈夫と言われていた筈なのに、思ったよりも下の方まで見ることが出来ないなと思いました。考えてみると後ろでも大丈夫といった友人が好きなバンドのボーカリストは背が高かったなと思い出しました。180センチ以上位有るのではないかな? これに引き換えHYDEさんは・・・(^-^;、いえ、ここではこれは語らないでおきます。ただアーティストの身長により見え方はかなり変わるだろうなと思いました。

ちなみに私は女性の平均身長よりは若干高く、8センチの厚底靴を履いていました。それでもこの程度の見え方でした。先日行った川崎のチッタですと、真ん中辺りに居ればHYDEさんの膝から上はしっかり見ることが出来るのですけどね~。小さいライブハウスは前から2~3列なら本当に近くでしょうが、これより後ろになってくると身長が無いと全く見えない恐れが有りますね。ライブハウスに行くといつも長身になりたいと切に思います。

さて、HYDEさんの雑誌インタビューで『JESUS CHRIST』から始まるライブにしたいというお言葉が有ったので、この曲から始まるのかなと思っていたのですが、今回も4/1同様『SWEET VANILLA』が最初でした。音が大きくスピーカーから出る音の振動を肌で感じることが出来ました。ステージと観客の間は殆ど無く、凄い近さです。

HYDEさん、先週見た川崎時よりもまた髪の毛が伸びた感じがしました。今回の方が前回よりもハネも少なく整っていました。ライブ開始時は襟にいっぱい鋲のようなものが付いた黒のジャケットを着ていました。途中からこの上着をお脱ぎになったのですが、下に着ていたのは今回のツアーTシャツでした。金の文字を襟元にあしらってあるものですね。そういえば観客の中にはあまり今回のツアーTシャツを着ている方は見かけませんでしたねー。

今回のライブでは初めて『DOLLY』を聴くことが出来ました(^-^) 『次は宇宙で君たちが最初に聴けます。当然聴いたことはないだろうけど、感じてくれ。』というようなことをHYDEさんが前置きして始まりました。 この曲は雑誌:『音楽と人』でHYDEさんがかなり深く語られていたので、とても興味が有りました。初聴きではちょっと激し目の曲という感じでちょっと捉えどころの無い曲調のように思えました。

セットリストはHydeistHPにも出ていますが、演奏曲のみ書きますと『6 6 6』からは『HORIZON』『FRUITS OF CHAOS』以外の8曲(『FRUITS OF CHAOS』はハロウィンライブのときも聴いていないし、すっかり外れた感が有りますね・・・)、『FAITH』からは『JESUS CHRIST』『FAITH』『MISSION』以外の7曲、プラス『THE OTHER SIDE』『UNEXPECTED』『EVERGREEN』の3曲で計18曲ですね。

『FAITH』からの曲では『MADE IN HEAVEN』が好きですねー。川崎での初聴きから好印象だったものがそのまま続行中です。

時折、HYDEさんがスピーカーの上(だったのかな?)にお載りになることが有って、このときは非常によく見えました! すぐ近くに感じることが出来ました。こっちもHYDEさんの視界に入っているなーということを感じまして、ゾクゾクしましたねー。

後半になってからHYDEさんがスピーカーに載ったとき、観客が一斉に詰め寄った為に倒れそうになった観客がいて、何とHYDEさんがその人を助ける為に身を乗り出して引っ張り上げていらっしゃいました。と、一気に周辺の観客がHYDEさんに触る、触る! 熱い光景でしたー。倒れそうになった方は大変だったかも知れませんが、HYDEさんに引き上げて貰えたのはラッキーだったかも知れませんネ! また不届きかも知れませんがHYDEさんが引っ張り上げるときの真剣な眼差しの表情がとても男っぽくて素敵でした。昨日一番印象深かったお顔です。

HYDEさんはMCで水戸の方言についてかなり語られてしました。『好きな人に『愛してるっぺ』って言うの? ピロートークでこんなことを言われたら『プッ』って吹き出さない?』というようなことをお話しになっていました。思わず笑ってしまいました。語尾の『~っぺ』というのは水戸の方言だったことを初めて知りましたヨ。東京から離れるとご当地ネタを聞くことが出来て楽しいですよね!

今回の『FAITH』ライブではHYDEさん以外のメンバーについてもMCコーナーが有ります。毎回ステージ上でジャンケンをして負けた人がMCをするようです。前回の『6 6 6』ツアーのときも有ったような気もするのですが、記憶が薄れています・・・(^-^; 川崎初日のときはドラマーのFURUTONさんだったのですが、昨日はKAZさんでした。KAZさんの話す声を初めて聞いたかも知れません。ハイトーンの可愛らしいお声で、ソフトな語り口調だなと思いました。

水戸ということで納豆について話されていました。とにかく大の納豆嫌いで、過去に1粒だけ食べたことが有るそうです。小さいときは家族で食事をしているときに納豆が出ると、臭いが嫌で自分だけの小さいお膳のようなものにご飯を載せて隣の部屋まで避難し、更に臭いが来ないように家族の居る部屋へ向けて扇風機を回してシャットアウトしたのだそうです。その徹底振りに笑わされました。

話し終わった後、KAZさんは『つまらないMCですみません。』と謝っていらっしゃいました。そんなことないですよー、楽しいMCでしたよー、とホンワカした気分になりました。HYDEさんが大好きなKAZさんという人物をじかに感じることが出来て嬉しかったです。

観客からHYDEさんに対して「納豆食べたー?」という質問が飛びましたが、『食べてない。ライブ前に食うもんじゃないでしょー。』というお答えでした。これは同感ですネ。

最後の方に熱くヒートし切った観客に向けてHYDEさんがペットボトルの水を掛けて下さいました。端の方から順に掛けていったのですが、『HYDEさん、こっちも掛けて下さい~!』と熱い視線を送っていると、見事に水が降り掛かりました、しかもかなり多量で・・・。頭も鎖骨付近もビッショリになりました(X_X) 一転して『掛け過ぎだよー、コレ・・・。』(^-^; と思ってしまいましたが、HYDEさんのお手によるものですからねー、嬉しかったですヨ。

次で最後の曲となる前にHYDEさんのMCが有りました。『今日が初日なんだけど、今回のアルバムについては2年位前から作り始めていて、途中(ラルクさんの活動が有ったからだと思うのですが)活動が止まっているときも色々考えて動いてくれるスタッフも居ました。 (ツアーやアルバムのことに関して手を尽くしてくれた)メンバーやスタッフに本当に感謝しています、そしてそんな人々に対しても誇れるようなツアーにしたいです』というようなことを仰っていました。これから全国を飛び回るHYDEさんのライブ開始に際しての所信表明といった感じでして、思わずウルッとしました。最後の曲は『UNEXPECTED』でした。

川崎Hydeist限定ライブ1日目は思っていたものとちょっと違うと若干失望感が有ったのですが、この体験でHYDEさんの今回のライブに対する考え方の方向性を知ることが出来たのですよね。すなわちHYDEさんが既に雑誌インタビューで語られているように、『6 6 6』の延長上に有るものということです。

これを踏まえて水戸ライブに参加した為か昨日は純粋に楽しめました(^-^) それにやはり小さい会場はいいです! HYDEさんを密に感じるし、会場全体の一体感はとても心地良いものでした。HYDEさん自身は会場が大きかろうが小さかろうがあまり関係無く、観る側の立場から考えて、記憶に残るライブにして欲しいと身を粉にして小さい会場を点々と周られるのですよね。HYDEさんの熱い思いが伝わるライブでして良かったです♪

水戸ライトハウスで入場者に配付されたディスクガレージのフリーペーパー『DI:GA』ですが、表紙裏が丸々HYDEさんのインタビュー頁になっていました。帰りの電車の中で読みました。『『6 6 6』と混ざってのライブなので、前作の曲たちがプラスされないと僕が求めている理想のライヴは実現出来ない』とのHYDEさんのお言葉が有り、そして『『FAITH』と『6 6 6』の2枚が合わさって、一つの世界観が完成される?』とのインタビュアーの問いに『そうですね』とHYDEさんが応対している部分が印象的でした。

HYDEさんの思い描く世界観をあと数回のライブで敏感に感じ取りたいと思いました。

水戸ライブの感想は以上です。
スポンサーサイト
【2006/04/08 20:02】 | ラルクLIVE関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

<<『音楽と人』:感想 | Top | 4/6(木)ラジアン:HYDEさんアルバム『FAITH』新曲お披露目>>
コメント
眠眠さん初めまして
水戸参戦お疲れ様でした
Sony musicで視聴して気になってたDOLLYが初披露されてたなんてうらやましい限りです。地元なのに行けなかったので…
眠眠さんの言葉遣いとても丁寧なので、読んでいてとても癒されます。

それと「愛してるっぺ?」っていうのはとてもふざけてだった言う人もいるかもしれませんが、本気で言う人はまずいないと思います(^^;
そんな告白されたら笑ってしまい返事どころではありませんよね。
【2006/04/09 11:10】 URL | このは [ 編集] | top↑

============================================================

>このは様

初めまして、コメントを頂きまして有難うございました(^-^)
また、お褒め頂きまして面映いです。

このは様は水戸の方なのですね!
地元住民で有りながら参加出来なかったというのは
さぞかし残念だったろうとお察し致します。

HYDEさんはやたらと『愛してるっぺ』を連発していらっしゃいまして、
会場は大盛り上がりでしたよー。お茶目さんという感じでした。

やはり『愛してるっぺ』は本気で使うことは無いのですね~(^-^;
ちょっと安心しました。

また良かったらお越し下さいませ。お待ちしております。
ではでは。
【2006/04/11 00:17】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

眠眠さん、はじめまして。
「HYDE 水戸ライトハウス」で検索かけたらこちらのサイトにめぐりあいました^^

ラルクファン歴はもう12年目になるでしょうか・・・
もっとも後半はなかなかライブに足を運ぶ機会もなくなり、もっぱらCD堪能オンリーですが(涙
飽きっぽい私がこれだけ長くラルクを好きでいられるというのはすごいことです(笑

水戸は地元なので(今は他県に住んでいますが)、あのライトハウスにHYDEが来る!というので見に行きたい気持ちはかなりあったのですが当然無理なわけで・・・どなたか行った方のレポがないかなーと検索したらあった!!というわけで嬉しくなってコメントさせていただいているわけです^^

眠眠さんの文章は落ち着いた感じで、なんか安心できるので(笑、これからもときどきおじゃまさせていただきますね。
【2006/04/12 08:47】 URL | よっしー [ 編集] | top↑

============================================================

>よっしー様

初めまして、ようこそおいで下さいました(^-^)
コメントを頂きまして、ありがとうございました。

ラルクさんのファン歴が12年目(@_@)!!!
長いのですね。いつも昔ながらのファンの方は羨ましいなと思います。
それだけ深くラルクさんのことを知っていらっしゃるのでしょうネ。

水戸が地元なのですね。地元にやって来るというのはそれだけで
一大イベントという感じがしますよね!
長きに渡るファンでいらっしゃるのなら、尚更だったと思います。

大したものでは有りませんが書いた感想で
ほんの少しでも楽しんで頂けたのなら嬉しい限りです。

また良かったらどうぞお越し下さいませ(^-^)
では。
【2006/04/13 00:38】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/293-e10e00a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。