スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『R&R NEWSMAKER』:感想 その2
今日は昨日に引き続き、『R&R NEWSMAKER』の感想について書きます。

今回の『R&R NEWSMAKER』は『SEASON'S CALL』のPV撮影についてかなり詳しく書かれていますね~(*^-^*)

まずPVのテーマですが『COUNTDOWN』は『火』がテーマだったそうですが、今回は『大地』がテーマなのですね。ロスの荒涼とした砂漠でのオールロケのPV撮影だったとのことでした。「次は『水』かな?」というHYDEさんのお言葉、本当かどうか分かりませんが、既に次のシングルリリースも予定されているのかも知れませんネ。

今回のスタッフは慣れた日本人スタッフでは無く、現地のアメリカ人スタッフを起用されたとのことでした。この部分を読んだとき、ちょっと驚きました。というのも外国人スタッフによるPV撮影はラルクさんの『Anemone』PVにて経験済で、懲りたのかと思っていたからです(^-^; 

当時、世界的に有名な俳優兼監督のヴィンセント・ギャロさんがこのPVを撮影されることが発表されたとき、ラルクファンの間では期待を籠めてかなり話題になったのですよね。ところがPV集『CHRONICLE2』が発売され、収録されたPVが公開されたところ、かなり多くのファンが意味不明の映像に落胆しました。それまでラルクさんのPVはクオリティの高い素晴らしいものばかりだったので、落差も有ったのだと思います。中にはあの映像が好きという少数派もいらっしゃいましたが、少なくとも私の趣向とは全く合わないものでした。

teっちゃんがこれについては述懐されていた内容が思い出されます。『外国人スタッフとは以前もやったことが有って不安は有った』『でもスタッフにも薦められてやってみようという気になった』『ところが実際PV撮影に入ってみると最後までギャロ氏の意図が分からず???な状態だった』『出来上がった作品の出来はラルクの『PV』としては認められないレベルのものなので、『Appented Movie』という位置付けにした』というような趣旨でした。

ここまで強い調子では無かったと思いますが、HYDEさんも確かこの作品については撮影しつつ、本当にいい物が出来るのか不審に思っていたことを話されていたかと思います。出来にも満足されていなかったご様子でした。

このことからHYDEさんが今回外国人スタッフを使うことに寛容だったのは意外でした。別に一回くらい失敗してもいい・・・というスタンスのHYDEさんは物事に対して大らかに構えていて余裕が有り、素敵だなーと思いました。

実際この撮影記事からみるに、砂漠という環境による機材トラブルは有ったもののスタッフとのトラブルは無かったようで、とてもいい撮影だったことが伺われますね~(^-^) 自然が生かされた撮影になった模様です。

HYDEさんが低木の枝が絡み合う中に頭を入れて仰向けに寝て、横からカメラで撮っている写真が有りますが、これはHYDEさんが『木の冠のようになると思う』ということで撮影を発案されたものとのことでした。複雑に絡んだ枝の線とHYDEさんの綺麗な横顔の線とがうまく融合したいい画像だなと思いました。

撮影時間の最後の方には深紅の夕焼けも出たそうで、当初予定に無かったけれど急遽これを入れた形でも撮影したそうですね。ロケで撮るPVはこういった自然からの恵みが大きく作用しますね。

PV撮影の途中には話題の『SEASON'S CALL』のジャケ写撮影も行われたのですね。あれはてっきりどこかのスタジオ撮影かと思っていたら、自然光の元に撮られた写真だったのですね(@_@) 

そういえば今回の『R&R NEWSMAKER』は表紙から数えて3枚目の広告ページに『SEASON'S CALL』の宣伝が載っていますがここでは『SEASON'S CALL』のジャケ写の拡大版が使われています。 『HAUNTED RECORDS』HPのトップページに拡大版が出ないかと待ち構えていたのですが、こちらの方が先でした。で、この宣伝ページをよく見てみますと、僅かですがバックは砂漠の砂色になっていることが分かりました。HydeistHP等で既に公開されている小さい写真からは分かりませんでしたが、この写真からは外で撮ったものであることがうかがえました。

PVでHYDEさんが着ている衣装は黒のロングコートにインナーもズボンも黒でして全身黒尽くめです。『ジプシーをイメージしたもの』らしいですが、ちょっと異国情緒が有って格好いいです♪ 

HYDEさんに長年ついていらっしゃるスタイリストさんが今回も準備されたそうですが、HYDEさんの衣装はいつも既製品をそのまま使うことは無くて、直したり作り変えたりするのだそうです。今回のロングコートも切って作ったとのことでした。作り直すのはもちろん形をアレンジしていいものにするという目的はあると思いますが、でも・・・、HYDEさんの場合はサイズが小さいから詰め直すのも重要な目的なのではないかしら・・・なんて考えてしまった私は意地悪かしら・・・?(^-^;

PVはとても素敵なものに仕上がっていそうなので早く観てみたいですね。PV集として発売されるのを待つと長くなりそうなので、『6 6 6』のときのようにアルバムの初回限定盤の付録として付くといいなと思います。

『R&R NEWSMAKER』さんのライターさんの締めのお言葉によると、今後も毎月HYDEさん記事を掲載してくれそうです。今月号は巻頭ではなかったのに付録は両面HYDEさんのポスターでしたし、本文頁も写真・文章共多くて見応え・読み応えが有りました。『R&R NEWSMAKER』さんはHYDEさんに傾倒し、優遇して下さっている感じがします。

今月号は表紙ではなくて最初がっかりしたのですが、アルバム発売時等ポイントとなる特集する場合に表紙になられるかも知れませんネ。

―――――

話は変わりまして本日発売開始のHYDEさんソロツアーのチケットについて書きます。

複数箇所を狙うのは到底無理だと思ったので、どこか1箇所に賭けようと思いました。

候補は2箇所有りました。まずは、Hydeistさんの先行予約で落選した横浜BLITZです。今回行う会場の中では家から比較的近く行き易い、その頃万が一仕事が多忙を極めていて早帰りしたり有休を取ったりし辛い場合も土曜日開催なので心配無い、また、都内近郊の有名処のライブハウスで有りながら行ったことが無いので行ってみたい、という理由でした。

もう一つは奈良ネバーランドでして、同様にHydeistさんの先行予約で落選した会場です。やはりこちらも土曜日ということに惹かれ、あとはライブに行きがてらちょっと関西近辺で遊んで来たいと思いました。更に今のところ取れているチケットが全て4月開催分なので、6月開催というところも良かったです。4月でライブが終わってしまうのが寂しかったのです。

少しばかり悩みましたが、結局、金銭的な理由から横浜BLITZにトライすることにしました。

ということで今日は9時半頃からスタンバイして10時丁度からeプラスの申し込みで頑張ってみました。中々繋がらなくて、やっと繋がったのは10時15分頃でしたでしょうか、開かれた画面には『予定枚数終了』の文字が表示されていました・・・。

一般発売に挑戦したのは久し振りだったのですが、心臓が早鐘のように鳴りました(^-^; 興奮しましたねー。 結果的に取れませんでしたが、初めから見込みは薄いと諦め半分だったこともあり、仕方無いかと思っています。

Hydeist先行では1人1会場につき1枚迄しか取れませんでしたが、一般発売は会場によって上限が2枚或いは4枚でした。人気の高いチケットであることは明白ですし、上限1枚とすれば僅かながらでもチケット業者以外の方が取れる確率が上がったのではないかと考えます。プレイガイドさんもこの辺りを考えてくれるといいのになと思いました。

チケット獲得に挑戦された方々はいかがでしたか? 

HYDEさんのライブに参加したいのに、現在、先行・一般発売含めチケット未入手の方もいらっしゃるかも知れませんね。一般発売が終了したので、『and more』のライブも近々発表されるような気がします。みなさん、参加出来るといいですよね。


スポンサーサイト
【2006/02/05 20:05】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(7) | Top↑

<<『音楽と人』:感想  | Top | 『R&R NEWSMAKER』:感想>>
コメント
『SEASON'S~』のジャケ写はスタジオではないんですね?!
てっきり照明のライトかと思ってたのでちょっとビックリしました(^-^;)
PVに現地スタッフを起用とは‥‥仕上がりに興味が沸きます。(いろんな意味で。)
ヴィンセント・ギャロは映画自体「???」な部分が多いので『Anemone』も賛否両論真っ二つですよね。
リーダーの意見には納得。
私も凝ったおもしろい・カッコイイPVを期待していたので(汗)


HYDEさんのソロツアーのチケ争奪戦はすごかったみたいですね。
私は手を出さなかったんですが、ラブログの情況を見る限りあっとゆー間で完売だったようで(゜_゜;)
これでたくさんオークションに流れてたら‥‥心が痛いですね。

チケットの販売方法については、もっといい方法ないのかな~?と毎回思います。
ファンクラブの特権が活かされていたりいなかったり‥‥微妙なところですね。


長々と失礼しました。
【2006/02/05 21:13】 URL | さっさる [ 編集] | top↑

============================================================

2度目のカキコです(^^)
私も一般に挑戦しましたが、見事散りました・・・。行けるだけまだまし!と思い直しましたが、今回は本当に全滅のdeistさんもいらっしゃるようですし・・・オークションに出されているという話を聞くと胸が痛いですね。
【2006/02/06 16:30】 URL | 26 [ 編集] | top↑

============================================================

一般チケ、参戦しました。 携帯、2台。家電、PC、どれも役立たず(;;)玉砕致しました・・・。オクにたくさん出てて悔しい(;;)
and moreにかけてみます・・・。

NEWSMAKERのHYさん素敵ですね~(*^^*)別嬪さんです。ドキドキしちゃいます^^  毎月追ってくれるみたいでとっても楽しみです^^
 夕焼けバックの写真は音楽と人に載ってたよ^^
こちらのHYさんも素敵でした が、コメントでKAZさんとは「限りなくユニットに近い感覚・・・」との事。ちょっと凹ました。HYDE100%を希望なので・・・
【2006/02/06 23:11】 URL | maruma [ 編集] | top↑

============================================================

はじめまして☆
私は中国のラルクのファンです(ハイドさん大好きです)。
よろしくお願いします。
実は・・・日本語苦手ですねOTL
でも、眠眠さんのプロフ、頑張って読んでいる・・・
色々感想、とても素晴らしいですね!
今後も期待です!(゚∪゚*)☆

HYDEさんのソロツアー一般販売1分で完売・・・?!
さすがHYDEさん。。。
たとえ私がdiestだとしても仕方がなくて参加する...T_T
哀しい...

以上。失礼しましたm(_ _)m。
【2006/02/07 00:06】 URL | 青 [ 編集] | top↑

============================================================

>さっさる様

いえいえ、長々と失礼なんてとんでもございません。
沢山ご意見を頂きまして有難うございます(^-^)

そうなのですよ、あのジャケ写はスタジオ撮影では無いのです。
顔が真っ白だったので、強力なライトを当てて撮ったものとばかり思っていました。
とても太陽光とは思えないですよね(^-^;

アメリカ人スタッフの手によるPVは日本人の感性とは異なっていそうで、
どんな仕上がりになっているのか興味が有りますよね。

HYDEさんソロツアーチケットは予想通り入手が困難だったようですね。
HYDEさんの人気ぶりを考えると、どうにもハコが小さ過ぎます。

全公演ファンクラブ会員対象とすれば会員は嬉しいですけど、
これをやってしまうとファン層が広がりにくくなる弊害が有るのですよね~。

誰もが満足行くチケット販売は所詮出来ないわけで、そんな中でも
Hydeist事務局さんはよくやってくれている方なのだろうな・・・等と
思ったりもします。

―――――――――

>26様

こんばんは。
2度目の書き込みということで有難うございます(*^-^*)

一般発売に挑戦されたのですね!

そうなのですよね。
未だチケットを入手出来ていないHydeistさんも沢山
いらっしゃるようなのですよね。

これを考えると1度でも行けることが決まっているのだから
満足すべきですよね。
と思いながらも、より多く行きたい気持ちも有るし・・・。
欲望は果てしないですものですね(^-^;

----------

>maruma様

こんばんは(^-^)/

一般発売、随分気合を入れて頑張られたのですね。
しかしながら入手出来なかったのとこと、本当に残念でした。
あのチケット獲りでは中々難しかったですよね。

みなさんが待ち焦がれている『and more』の発表は近々でしょうね。
多くの人が参加出来る日程・会場での公演が有ることを
願ってやみません。

maruma様は100%HYDEさんが宜しいのですね(^-^;
となると今回のシングルやアルバムは楽しみが半減といったところでしょうか。
そんな中でも少しでも多く楽しめる要素が見つかるといいですね。

『音楽と人』の夕焼けバック写真は見ました!
ちょっとシックな雰囲気でいい写真だと思いました(^o^)

―――――――――

>青様

初めまして、コメントを有難うございました。
中国の方なのですね(^-^)

日本語が苦手とのことですがお書き頂いた内容はほぼ分かりました。
これだけ表現出来るのは凄いですよね。

・・・、そもそも私の書く文章は
母国語が日本語の方でも読み辛いところも多々有ると思うのですが、
読み取れますでしょうか・・・?(^-^;

HYDEさんがお好きでしたら同じです、私も一押しで好きです。
HYDEさんのソロツアーは物凄い人気なのですよね。

青様はお住まいも中国でしょうか。
であればいつの日かHYDEさんが中国でのライブもやって下さると
いいですね! 

また是非お越し下さいませ。お待ちしております。
【2006/02/07 01:32】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

また邪魔をしにきた...

眠眠さん本当に優しいね~(*´ェ`*)
とても嬉しい>///<~
私はとても眠眠さんまで邪魔をすることを心配している……

大丈夫よ~
この助けによる-->http://www.excite.co.jp/world/chinese/
大体70%理解することができる。

私は中国の上海在住。
去年、私はラルクのライブ初参戦。
そうそう、9月10日 ASIA LIVE in 上海~☆(^U^)
絶対に忘れない!最高!
『こうやって言葉を超えて一つになったっていうのは凄く素敵なことで感動的でした』ハイドさんはこのように言う
私も大感動!!!。・゚゚・(TдT)・゚゚・。
心からラルクさんもハイドさんもにもう1度会うことができることを望む・゚゚・(×_×)・゚゚・

言うのが多すぎる……表現するのがよくない……
本当に申し訳ない。
【2006/02/08 02:03】 URL | [ 編集] | top↑

============================================================

>青様

コメントを有難うございました(^-^)
翻訳サイトを使って、文章を読んで下さっているのですね。
ではここからは翻訳サイトでより上手く訳せそうな表現で書きます。

邪魔とは全く思いませんので安心して下さい。

青様は上海に住んでいるのですね!
チケット代金が大変高かった上海ライブに行ったのですね。
青様がラルクさんのライブに参加したのは上海公演が最初でしょうか。
もし最初だったら、とても感動的だったと思います。
私も今でも最初にラルクさんのライブに参加したときのことは
忘れられません。感動して泣きました(*^-^*)

機会が有ればラルクさんやHYDEさんは国外でもライブを行いたい
ようですから、またチャンスが有るかも知れません。
私としてもラルクさんやHYDEさんが海外で活躍するのは
とても嬉しいです。

またどうぞ記事を読みに来て下さい。

【2006/02/09 00:29】 URL | 眠眠 [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/249-7e69677c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。