スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『tetsu's gear closet』:感想
12月24日にまさにクリスマスプレゼントという感じでteっちゃんの楽器コレクションを収めた写真集、『tetsu's gear closet』が届きました。今日はこの感想を書きます。内容をお知りになりたくない方は以下、お読みにならないで下さい。








届けられた黄色の袋を開封すると中に入っていました、『tetsu's gear closet』。取り出してみますと、ガッチリとしたハードカバーで、厚さ1センチ程有り、作りとしては絵本のようでした。中の頁も良い洋紙を使っていて、teっちゃんのこだわりが伝わるように思われました。

表紙のteっちゃんは背中を向け、後ろに振り向く途中のような感じで左を向いている横顔です。背景色がこげ茶に緑が混ざったような落ち着いた色でして、teっちゃんの表情が神妙なせいか、全体的に憂愁を感じさせます。大人の色香が漂うと共に少年ぽさも有り、とても素敵です(^-^) 

構成としては最初の方にインタビューが7ページ程有り、この部分にはteっちゃんの写真も載っています。服は何通りかバリエーションが有ります。インタビュー頁の後ろからteっちゃんのお宝物となるギター・ベースの写真集になっています。最後の6頁は『AWAKE TOUR 2005』のteっちゃんのベース演奏中写真が幾つも並んでいて、巻末を飾っています。

これまでteっちゃんが楽器について詳細に語るものを読んだことが無かったので、特にインタビューが楽しめました。kenちゃんやユッキーがそれぞれギター、ドラムで雑誌『GIGS』で特集されていたものは読んだことが有り、その時も感じたのですが、いかにもプロという感じの内容ですよね。普段の音楽雑誌では楽器についてここまで踏み込んだ話はしないと思うのですよ。それがこういう楽器について語る場ともなると、物凄く熱が入っていますよね。

ただ私はこういった楽器については門外漢なので、読んでいても意味していることがよく分からない部分が多いのも事実なのですけどね・・・(^-^; それでも少しでもいい音を・・・と模索する彼らの姿には打たれるものが有ります。

teっちゃんの楽器コレクションはギター・ベースを合わせてなのかな?、120本以上も有り、しかもこの雑誌のインタビュアーさん曰く、かなりのレア物も含まれているそうですね。ベース担当なのにギターもかなりお持ちというのも面白いですね。ギターの方がデザインがいい物が多いからだそうですが。

写真を見ると実に色々なデザイン・色彩のギター・ベースが並んでいます。綺麗なもの、奇抜なもの、普通っぽいもの、可愛いもの等、見ていると楽しめます。値段はもちろんのこと、材質も様々だそうですね。

teっちゃんのベース選びは以前は派手なものが多かったけれど、現在に向けてどんどんトラディショナルな方向に進んでいるそうです。これは派手なものは若い頃しか持てないという持論によるものだそうです。このインタビューの中でも車の話になりますが、以前はピンクのポルシェに乗っていたのが、今ではマセラティになったということでした。

そういえば以前何かのインタビューで、金髪が出来るのも若いうちと昔金髪にしていたという話をされていました。ラルクさんが一番売れている頃ですよねー。『GRAND CROSS CONCLUSION』のときのライブDVDを見ると、金髪teっちゃんです。・・・、でもユッキーは最近金髪にされましたよね・・・。ユッキーの立場は・・・?、なんてちょっぴり考えてしまいました・・・(^-^;

teっちゃんはどんなベースでもあまり弾きにくいといったものもなく、少し弾いているとすぐにその楽器に慣れてしまうのだそうです。これにはインタビュアーさんも驚いていましたねー。teっちゃんはベースの申し子なのかも知れませんね~。

この写真集はteっちゃんがインタビューの中で語るベースが後ろの写真頁の中のどれに該当するのかリンク付けされているといいのになと思いました。全部が全部写真にあるわけではないと思いますが、その方が写真を見ながら文章を楽しめると思いました。

あと、一つ一つの写真頁のギター・ベースについて、teっちゃんからコメントが有ると良かったかなと思います。いつ、どこで、どんな経緯で、幾らで買い、その楽器をどの曲のどの場面で使ったか(レコーディングで使ったとか、ライブで使った等)が知りたかったです。

ベースについて熱く語るteっちゃんのインタビューを読んでいたら、ベースをちょっと弾いてみたくなりました。これまでギターはちょこっとだけ弾いたことが有りますが、ベースは手にしたことが無いのです。

中学生時代にteっちゃんがkenちゃんに一人で弾いても楽しいよと『騙されて』((^-^;))ベースを買ったときからもう20年以上も経っている訳ですが、teっちゃんはやはりベースがお好きなのですね。インタビュー最後の『もしもう一度最初に戻って楽器のパートを決めるとしたら、やはりベースを選ぶと思いますよ。』という言葉が印象的でジーンと来ました。

以上で感想を終わります。
スポンサーサイト
【2005/12/29 22:37】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<HYDEさんの『SEASON'S CALL』の詳細発表 | Top | 『天嘉四』:感想ちょっと付け足し、他>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/222-2e58cc37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。