スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

yukihiro巻頭『GiGS』:感想
今日は『GIGS』、買って参りました。この号は『New World』の制作裏話も出ているので、ユッキーファンでは無くとも新曲のことを知りたい方はお読みになることをお薦めしま~す(^^)。以下、感想になりますので内容を知りたくない方は読まないで下さい。

----------------

本屋さんに行きまして音楽雑誌コーナーへ直行すると『GIGS』が山積みになってました。「おお、確かにユッキー巻頭だ。格好いいなぁ」(*^-^*)と思いました! 中身は開かずにそのままレジへGO。家に帰ってから早速読みました。

この雑誌、以前から名前は知ってましたが手に取るのは初めてでした。あれ、よく見ると『GIGS』ではなく『GiGS』が正しいのですね(『I』(大文字)ではなく『i』(小文字))。これと似た体験が最近『R&R newsmaker』で有りました、そういえば。雑誌の名前は中々難しいです。

巻頭表紙のユッキーさん、よく見ると髪の毛が短くなってますね! 随分とさっぱりして爽やか~な感じに変身してます。私は誰に限らず短髪推奨派なので今の髪型の方が前より好きです。

『New World』に関してはユッキーがあわよくばシングルになれば・・・と狙った曲が見事シングルに選ばれて、歌詞はオーダーに合わせて前向きな明るいものを作ったという感じでしょうか(^^)。

曲について『僕の中ではサビしてるのに他の人にはサビと認められない』というあたりには大いに笑わせて頂きました。結局サビはhydeさんが作ったのですね。歌詞はユッキーが作ったものをhydeさんが赤ペン先生(ん?、今でも進研ゼミってあるのかな?)のごとく添削し、それを直して・・・というのを繰り返したようですね。この2人、ほーんとホンワリしたいい感じですね~。

ユッキーが歌詞を英詞にすることが多いのは日本語はストレートだから恥ずかしいというのがあるからなんですね。照れ屋サンですねー。確かに私自身、英詞の曲はあまり一生懸命翻訳しようとも思わず、曲の流れだけを聴いてしまうことが多いかも。

資生堂ピエヌのCM曲のときはダンサブルな曲をというオーダーで『get out from the shell』を曲出ししてたんですね~。同じキーワードでkenちゃんは『NEO UNIVERSE』を作ったわけですが、本誌にも書いてある通り、この2曲は全く違う雰囲気を持ってますよね。この差がとても面白いと感じました。

この雑誌、『サウンドとプレイを斬るロック・マガジン』と謳ってますが、音楽を作る部分に重点が置かれて書かれてますよね。機材や演奏法等音楽専門用語がバシバシ出てきて、私には「何のことやら???」と思うことが多かったです(^-^;

『New World』の制作部分も実はかなり???部分が有ります。結局まだフルでは聴いていないので(CD発売まで聴かないようにするよう耐えてます)、発売後聴きながらまた再度この雑誌を読み直したいと思いました。

音に関する裏話を読みながら聴いて、曲の細かい作りまでを吟味するのって大好きなんですよ~。発売日が待ち遠しくて仕方有りません(^-^)

『GiGS』感想はまだまだ有りますが続きは明日にしたいと思います♪


スポンサーサイト
【2005/03/26 23:55】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<yukihiro巻頭『GiGS』:感想 その2 | Top | Mステ観覧、行けるといいな♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/22-81d072d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。