スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

10/30:HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD /感想
以前からの予告通り、昨日:10/30(日)、HYDEさん出演の『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』に参加して参りましたので、こちらのレポならぬ感想を書きたいと思います。今日は有休を取ってまして時間が有るのでじっくり書いてしまいます。色々書きたいことが有るので長くなると思います・・・(^-^; 内容についてお知りになりたくない方はお読みにならないで下さい。










昨日のライブの整理番号は10XX番という思わしくない番号でした。最初開封して番号を見たとき、「この頭二桁は“10月”の意味で下二桁が整理番号なんでは!?」、等とムシのいい解釈を試みましたが、もう一枚:すなわち本日分のチケット番号を見ると、この解釈は残念ながら的外れなことが分かりました。これまでの経験則から昨日の番号ですと入場出来るのは6:30PMを過ぎるというのは分かり切っていたので、今回は一緒に参加する友人も居ないこともあって開演までに会場に入れればいいか・・・との気楽な構えでのんびりと家を出ました。

川崎駅に着いたのも6:00PM少し前で、まだ余裕が有るなと思ったので少しウィンドウショッピングをした後に駅ビルの化粧室で仮装服に着替え(さすがに仮装の格好で電車には乗れませんでした(^-^;))、チッタへ向かったのは6:30PM少し前頃でした。

昨日の仮装は魔女でして、全身黒尽くめでした。ワンピース、マント、三角帽子が一式コスチュームセットになっているものを購入していまして、この内、ワンピースとマントのみ着用しました。三角帽子は最後まで持っていくかどうか迷ったのですがやめました。三角帽子が無いとあまり魔女っぽくならないので、本当はどうせ仮装するなら徹底的に!、との思いで被りたかったのですが、あれを被ると後ろの人に迷惑なことが明白でした。ライブ会場で被り物をしている人を迷惑に思うことが多々有るので、これはやはり自分ではやってはいけないな・・・と思ってやめました。靴はコスチュームのパッケージに載っていた見本そのまま(^-^;、黒のヒールで行きました。

このヒールがですねー、ちょっと難でして。ラ・チッタ・デッラ(でしたっけ? チッタ周辺のイタリアを模したショッピングゾーンです)の石畳はヒールで非常に歩き辛いことが判明し、さいか堂(川崎の老舗デパート?、なのかな)の角を曲がった辺りから、四苦八苦でした(^-^; これまでチッタにヒールで行ったことなかったですからねぇ・・・。参りました。普通にショッピングを楽しむ女性の方々もヒールであの辺りを歩き回るのは大変なんではないかと思ったのですがいかがでしょう。

さて、チッタでは私が着いた頃は当然ながら入場を開始していました。3:00PMから開始したという本人確認場所も私が行った頃は誰も並んでおらず、すぐに確認出来ました。本人確認が終了すると手にビニール製のバンドをつけてくれるんですね。黄色いバンドでして、黒文字で『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』が記されていました。日によって色が違ったりするのかな・・・と思いましたが1日目はどうだったでしょうか。

参加者の皆さんの仮装を見るのを楽しみにしていたのですが、思い思いの服装をされていましたねー。気合の入った仮装の方もいらっしゃいましたが、ちょっとしたハロウィン風グッズを付けているだけ、という簡単な仮装の方も多かったと思います。見ていると楽しいものが多くて良かったですよ。やはり普段のライブとはちょっと違いましたネ。悪魔の尻尾をつけてる方とか可愛かったなー。小さいアイテムですがいいなと思いました(^-^) 

そうそう、Hydeistの制服を着てらっしゃる方も結構いましたねー。あれ、可愛いですね。一式揃えると5万円という法外な値段には驚きましたが、学生さんの年代だといいかも知れないですね。一時期世間を賑わしたTA-TOO(綴りが怪しいかも・・・)を思い出してしまいました。

ハロウィンと全く関係の無い格好の方もいらっしゃいましたね。元々参加する人が何を着ようと自由ですから、これはこれで有りだなと思いました。

やっとチッタの中に入り、空きロッカーに荷物を詰め込んで、足早にライブ会場へ向かいました。

会場に足を踏み入れてみると、会場の装飾がハロウィン仕様になっていていいなと思いました。まず天井の四隅となる四点、そして天井の左右の真ん中ニ点から中央の一点に向かって計6本の電飾の線が延びてまして、赤、青、黄色、緑の色とりどりの電球が付いています。会場右側は今回のライブのロゴの『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』の黄色い文字のモニュメントが上から吊り下げられています。天井からはボール型の傘を被った提灯のようなライトが2~3個ぶら下がっていて、傘の模様はJACK-O'-LANTERNのもの、黒地に白の蜘蛛の巣の図柄のものが有りました。

また石膏素材風のもので出来た箒に跨る魔女のモニュメントも2つぶら下がっていました。更に先をギザギザに切った黒い幕も張り巡らされていました。会場後ろには風船が置かれていました。前方左右の少し高いところには片方は目・口が赤く光るJACK-O'LANTERNの置物が、もう片方は同じもので緑色に光る置物が飾られていました。

これらを見ているとワクワクする気持ちが込み上げて来ましたネー。東京ディズニーランドのハロウィン仕様を思い出しました。昨年初めてハロウィン時期にTDLに行ったのですが、丁度こんな感じだったなと思いました。

と、一息ついたところで早くも客電が落ちました。

最初は暗闇の中に東京ディズニーランドのホーンテッド・マンションと同じようなハロウィン音楽(何と言えばいいのでしょう・・・。あのおどろおどろしい感じの音楽です)、ホーンテッド・マンションの肖像画の部屋と同じような声でのアナウンスが流れました。アナウンスの内容はよく覚えていないのですが『ハロウィンライブへようこそ』的なものだったと思います。

この音楽+アナウンスが終わるといよいよ開幕です。前方の暗幕が左右に開くとステージが広がりました。ステージの上方も客席上方に垂れ下がっているギザギザの黒布と同様の黒布で飾られていました。

MONORALさんが最初でした。

昨日のアニスさんはそれはそれは麗しいお姫様でした(^-^) 黒のドレスだったのですが、袖は白く透けるオーガンジーっぽい素材で出来ていました。左胸に赤い薔薇と思しき一輪の花を差していまして、髪の毛はカツラかな?、縦ロールで銀のティアラを付けていらっしゃいました。元々目鼻立ちがはっきりした綺麗なお顔をされてますよね。このお姫様扮装はとても似合ってました♪ 

ハロウィンの仮装は一般的には魔女・モンスターやその年にはやったものでするそうですが、アリさんは今年の流行りモノで『チャーリーとチョコレート工場』のウィリー・ウォンカの仮装をして、アリ・ウォンカになってました(^-^) ああいう流行りモノの仮装って楽しそう。HYDEさんは1日目、シザーハンズをやられたそうですがこれは過去の流行りモノですね。

この日の為にMONORALさんの最新アルバム『Petrol』を毎日聴いていたのですが、全部で7~8曲演奏された中、このアルバムからはその内の半分位しか演りませんでした。これはちょっと残念でした。私が持っているもう1枚のアルバム『in stereo』からは確か2曲でした。あとIXY DEGITALのCM曲とこれのカップリング(?)曲辺りが演奏曲だったかな。

ライブハウスでのライブに参加するのは結構久し振りでした。昨年、ラルクさんとは全く関係無い某バンドさんのライブを観に行って以来でした。久々のライブハウスは音響の良さに感動しましたねー。ライブハウスは当然のことながら多目的ホールとは異なり、音に対して重要視された造りになっていますよね。

久々のアニスさんの声もMONORALさんの音もビンビンに心地良く体中に響きました。特に知っている初聴きのアルバム曲を聴いたときはホロッと涙が滲みました。やっぱりCDで慣れ親しんだものをライブで聴くというのは格別な味わいが有りますよね。

アニスさんはお姫様格好だったこともあって、MCもオネエ言葉・・・、もとい、お姫様言葉でした(^-^; 美川憲一さん辺りと口調が似てましたネ。普段はステージ上ではペットボトルの水をラッパ飲みしていたと思うのですが、今回はペットボトルにストローを差して、楚々として飲まれていたのも笑えました。

今週の水曜日がメジャー・デビューの日なんですよね。火曜日には店頭にCDが並ぶそうです。買うかも知れません。そういえばIXY DIGITAL のCM曲は全て英詞でしょうか? MONORALさんはメジャーでも英詞で通すんでしょうかね? 気になります。MONORALさんのメジャーでの動向がどうなるのか楽しみです。

メジャー・デビューを記念して今度LIQUIDROOMでワンマンライブが有るそうですね。ちょっと行きたい気がしているのですが、ワンマンライブに行くのが初めてのアーティストの場合、一人で行くのは勇気が要るなぁなんて考えちゃったりします(^-^; 周りに一緒に行ってくれそうな人も居ないんですよね・・・。

MONORALさんの演奏の後には明石屋さんまさんのブラックデビルを連想させる悪魔の仮装をした男性が出て来ました。彼のことは知らなかったのですが、言動から察するに毎回ハロウィンライブに出演される方なんでしょうか。この方がまたオネエ言葉でして・・・。最初は後ろの2階席から登場して、手に持ったカボチャ型の手提げからお菓子を客席にばら撒きました。ちなみによく見えませんでしたが2階席は関係者席だったと思います。彼は何回かお菓子を撒いた後に2階席から1階席への螺旋階段を降りて来まして、客席からステージへと向かいました。この途中もお菓子を撒いてましたね~。

MONORALさんのお次はOL○VIAさんでした。

白いノースリーブのドレスでした。遠目にも美人さんだと思いました。声量は有るし、高い音域が出るしで歌はとても上手かったと思います。ただ正直、残念ながら楽しいと感じるライブではありませんでした。

原因としてはまず私自身、知っている曲が皆無だったことが挙げられます(会場外の物販で見たのですが、かなりCDを発売していらっしゃるんですよね(^-^;))。またOL○VIAさんは観客を煽るようなパフォーマンスも全く無いし、MCは殆ど英語、しかもポソポソと小声で話すだけでした。あれでは観客の気持ちを取り込めなかったのではないかと思いました。アーティストと観客の間の壁を感じました。

MONORALさんでは全体的にノリノリだった観客も、OL○VIAさんのときは棒立ちでステージを見つめる方が多かったと思います。初めて観るライブでもうまく観客を乗せたライブが出来るアーティストもいっぱい居ますよね。あれが彼女特有のステージングで持ち味なのかも知れませんが、私はもっと『みんなで楽しもう』的な雰囲気のライブの方が好きです。うーん、辛口ですね。ファンの方、申し訳有りません。

OL○VIAさんの演奏の後にもまたまたブラックデビルさんが登場しました。このときはこの日のミス・ハロウィンを発表するという企画が有りました。

事前の本人確認のときにスタッフがチェックした仮装の方何人かをポラロイドカメラで撮影して、HYDEさんら出演メンバーに見せ、彼らがミス・ハロウィンを決定するという仕組みになってるようでした。私の割と近くにとても気合の入った仮装の方がいらっしゃっていて、注目していたのですが、この方が本日のミス・ハロウィンに選ばれてました!(^-^) 

昔T.○.R.さんが何かのシングル曲のときに物凄い豪華なクリスマスの赤い衣装で歌っていましたよね、あれを彷彿とさせる衣装でした。尤も使っている布量はT.○.R.さん衣装の3分の1位かと思われましたが。。。 赤が基調のミニスカートの衣装で所々に白のフリルがついていました。髪の毛は金髪でポニーテール、赤いウサ耳をつけてまして、それはそれは高いピンヒールの編み上げブーツを履いてらっしゃいました。ミス・ハロウィンに選ばれたということでステージに呼ばれ、壇上で今回のライブのオレンジTシャツを賞品に受け取っていらっしゃいました。

目立つ仮装をすればミス・ハロウィンに選ばれる可能性が有ります。今日はどんな方が選ばれるのかな。最終日だから昨日にも増して仮装に力を入れる方がいらっしゃるかも知れませんネ!

さて、この他にも幕間のイベントが有りました。ブラックデビルさんがFURUTONさんのEカップのブラジャーをオークションにかけるというものでした(^-^; 確か100円から始まって、2,950円まで競り上がりました。しかしながら最終的には入札(というのでしょうか)された方には渡らず、ブラックデビルさんが客席に背を向けて、後方の客席に向かってこの商品を投げ、掴んだ人が手に入れるという結末になったのですが・・・。

まだオークションは続きました。今度の商品はブラックデビルさんが事前に今日の出演者の楽屋を周って集めたという出演者の髪の毛の束でした。野球ボール位の束に見えました。これもブラジャー同様、競りをしましたが、最後には同じように客席に投げてお仕舞いでした。オークションをやると見せかけて、結局やらないというのはなんだか半端だなーと思いました(^-^;

さて、お次の商品です。「次の商品は物凄いものですよ~!!!」というブラックデビルさんの強烈な煽りが有りました。しかしながらブラックデビルさん、勿体つけてまして、中々商品を出しません。観客が痺れを切らした頃、「はい、ではどうぞー。」という言葉と共に彼はステージの袖に消え、ステージを覆っていた暗幕が左右に引けました。すなわち最後の『凄い商品』というのはHYDEさんのステージだったわけです。

ステージを緑や紫や白っぽいライトが照らし、スモークが覆い、ステージ中央には十字架がついた棺桶が立てて置かれていました。HYDEさんはこの棺桶の中から現れました! 

HYDEさんの仮装はHydeistさんの制服でした! 一式着ていましたねー。髪の毛は金髪ストレートで、小さな赤いツノを付けてました。女装ですね! 彼、小さいし細いしでとてもお似合いでした♪ これはハロウィンイベントでなければ見ることが出来ないお姿だなーと思いました。会場は大盛り上がりでしたヨー。方々から「可愛い~。」という声が聞こえて来ました。

最初は『SWEET VANILLA』からでした。『6 6 6』の中でも1番か2番を争う好きな曲から始まって、すっかり感動しました。前回のソロツアーのときもセットリストの初めはこの曲からでしたっけねー。久々のHYDEさんソロ曲、懐かしさを感じて胸がいっぱいになりました。

CDやTV出演で聴いてもあまり心に響くものが感じられなかった『COUNTDOWN』ですが、予想通り、ライブではとても良かったです! サビに入る前の段々と速度が速くなる辺りからゾクゾク・・・と鳥肌が立ってきまして、サビでは燃えました! あれはとてもライブ映えする曲ですね~。

曲順はうろ覚えで最初と最後の方しか明確には覚えていません。演奏曲は『SWEET VANILLA』『WORDS OF LOVE』『THE OTHER SIDE』『COUNTDOWN』『HORIZON』『SHINING OVER YOU』『EVERGREEN〔DIST.〕』『HELLO』『HIDEAWAY』『MASQUERADE』『MIDNIGHT CELEBRATION』だったと思います。

舞台演出では『EVERGREEN〔DIST.〕』のときの会場左右を照らす緑色のライトがとても綺麗でウットリでした。曲名に『GREEN』が入っているから緑なのかなー等と考えました。

『HELLO』のときの紙吹雪にはビックリしました(@_@) サビのメロディになると客席前方と左右からかなり大量の紙吹雪が放出されるのですヨ。惜しみ無く降らせているという感じでした。この紙吹雪は降っているときはてっきり白色だと思っていたのですが、拾ってきたものをあとで見たらオレンジシャーベット色でした。

『MIDNIGHT CELEBRATION』の特効にも驚きました。サビにかかると前方は火炎が上がり(チッタのようなライブハウスでも火は有りなんですね・・・(^-^;))、客席左右からはこれまた大量のスモークが出てくるのですよ。このスモークの量が物凄くてですね、数秒間、前方に火炎が薄っすらと見える他はステージは濃霧に包まれて全然見えないのですよ。 いやー、驚きましたね。たしか『6 6 6』TOURのチッタ公演でも
『MIDNIGHT CELEBRATION』のときはスモーク演出が有ったと思うのですが、あのとき以上の大放出だったと思います。

MONORALさん、OL○VIAさんと特効らしきものが無かったこともあってか、さすがHYDEさんのステージはお金をかけてるな・・・と感じさせられました。

昨日のHYDEさんのお声は若干ガラっぽかったような気がします(^-^; 前2日間、既にライブをされていたからかも知れません。まあソロの激しい曲調には合うかも知れませんけどネ。

アニスさんがペットボトルの水をストローで飲んでいたのは前述の通りですが、HYDEさんも女装ということで水の飲み方がいつもと違っていました。今回は黒のワンピースに白のフリルエプロンをつけたメイドさんがトレイの上に載せた水入りグラスを持って来まして、これを手に取り飲まれてましたヨ。あらら今日はお上品・・・?、と思うとそうでもなくて、飲み残しの水を観客にかけることがしばしば有り、また、口に含んだ水を飛沫にして客席に飛ばしたりもしていました(^-^)

ステージで働いているメイドさんは何人もいて、HYDEさんが曲間にギターを換えるときに代わりのものを持って来るのも彼ら(彼女ら?)でした。スタッフさんはみなさんメイドコスだったのですね。

HYDEさんは最初の2~3曲歌ったあたりで制服の赤いブレザーを脱いでいまして、白いシャツにネクタイの状態になりました。金髪のカツラがちょっと五月蝿そうで、しばしば顔に降り掛かる髪の毛を左右に掃っていました。

HYDEさんもオネエ言葉でした。観客に向かって自分のことを「可愛いでしょう?」と訊いてまして、会場から「可愛い~!」の声が聞こえると満足そうでした。この満足気な様子がまた可愛かったですねー(*^-^*)

私たち観客の総体的な仮装はHYDEさんからは「微妙~。」と評されてしまいました(^-^; 様々な衣装を着慣れているHYDEさんのような方とは違って、一般人にとっては仮装をするにもそれなりにお金や手間が掛かるし、慣れていない人が多いから抵抗も有るしで、そんなに徹底的には出来ないんですよ、HYDEさん・・・(^-^;

HYDEさんは制服のミニスカ下の見せパンですか?、しっかりと客席にお尻を向けてスカートを捲り見せて下さいましたヨ。あれには会場全体大ウケでした! HYDEさんの茶目っ気の有るパフォーマンスに魅せられましたね~。

HYDEさんの久々のソロライブ、思う存分楽しませて頂きました!

そうそう、HYDEさんバンドのアンコールでは「うちのメイドが歌いたがってるから聴いてくれー。」というようなHYDEさんの叫びと共に、聞き覚えの有る前奏が始まり、一人のメイドさんがいきなりマイクを持って現れました。

曲は『HELLO』でした。メイドさんは最初は誰か分からなかったのですがじっくりとお顔を拝見しておりますと、雑誌で見たことのあるジャ○ヌ・ダ○クさんのヴォーカルのya○uさんかしら・・・と察しがつきました。私の周囲の方々から漏れ聞いた声を拾ってみてもそのようでした。ya○uさんって確かHYDEさんの信奉者なんですよね~。ステージを所狭しと駆けずり回り、とても活き活きとして歌ってらっしゃいましたヨ。

最後の出演者はJACK-O'-LANTERNさんでした。HYDEさんバンドを中心として、アニスさんらが加わったセッションバンドですね。

HYDEさん、アニスさん共に女装だった訳ですが、あまりの見目の大きさの違いに遠近法がおかしくなってる印象を受けました(^-^; HYDEさんは小さくて可愛いし、アニスさんは大きくて綺麗だし・・・。そう言えば私はあの二人が並んでいるところを見たのは初めてだったかも知れません。

そうそうHYDEさんとアニスさん、キスしてました・・・、というか遠くからだったので、ニアミスにも見えたのですが前方に居らっしゃった方は見えましたかねー?

何だか記憶が薄くて覚えていないのですが、JACK-O'-LANTERNさんは2曲演奏したのだったかしら。私はあまり音楽に詳しくないので1曲目は分かりませんでした。観客の皆さんは盛り上がっていたので、結構メジャーな曲だったのでしょうか。もしかしてHYDEさん、以前のイベントのときのようにセッションでやる演奏曲を事前に公表してましたか? ここ何日もHydeistさんの掲示板を見ていなかったので知らないのですが。

最後の曲は分かりましたよー。いやー、目頭が熱くなりましたね。映画『ゴーストバスターズ』のテーマソングでしたよね。懐かしかったです・・・。HYDEさんもアニスさんもステージ前方に並んで、右に左にステップを踏んでいました。HYDEさんの仕草がこれまた可愛らしくてですねー、見つめてしまいました。

こうして大盛況の内に幕を閉じました。

このライブ、長時間に及ぶのは事前に若干情報を仕入れていたので分かっていました。終了は11:00PM頃だったと思います。7:00PM開始でほぼ4時間ですね。最初こんな長丁場は体力的に無理なのでは・・・と危惧していたのですが(最初の天嘉のとき、やはりチッタでして、かなりの長時間のスタンディングライブとなり、途中腰が痛くて挫けそうになったのです・・・)、昨日はあっという間の4時間でした。殆ど長さを意識しないまま終わった感じです。以前より体力がついたのかしら・・・!?

今回のライブはHYDEさんの新曲が何曲か聴けるかと期待していたのですが、これが無かったのはちょっぴり残念でした。ここまでは準備期間が無かったのかな? 

ライブグッズとしてはクランチチョコの菓子缶とHYDELIGHTを買いました。クランチチョコ、とても美味しいですヨ。この缶には全5種類のステッカーの内、1種類がおまけとして付いて来ます。内1種類はこのライブのポスターと同じ図柄のレアなものだそうです。レアステッカーは流石に当たりませんでしたが、残りの4種類の中では一番いいと思った背景オレンジに黒のカボチャ、赤文字で『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』のロゴが入っているステッカーだったので良かったかな?

HYDELIGHTは小さなペンライトのようなものなのですが、家についてバックの中を探してみたら見当たらない・・・。こともあろうにどこかに置き忘れてしまったようです(>_<) 閉演後、アタフタしてたからな~・・・。ショックです・・・。さて、今日、もう一度買うか買うまいか・・・。

『WHAT's IN?』さんから花輪が届いていました。また来月号辺りに掲載されるのでしょうか。今回のライブの1日目は参加していないこともあるので、是非是非全日のライブについて詳細に載せて欲しいですね!  『WHAT's IN?』さんなら期待を裏切らない筈だ!、と思っています。

今回のライブは一年も前から計画していただけあって、HYDEさんの想いが詰まった楽しいライブだったと思います。長きに渡って実現を心待ちにしていたライブが出来て、良かったですネ、HYDEさん! やっぱりライブはいいですね。ひと時でも異空間に身を委ねて酔える素敵なものだと思います。

昨日の感想は以上です。

今日はこれから最終日公演に行って参ります。果たしてどんなライブになるのでしょう? では楽しんで来ます♪♪♪(^-^)/

スポンサーサイト
【2005/10/31 13:39】 | ラルクLIVE関連 | トラックバック(3) | コメント(0) | Top↑

<<10/31:HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD /感想 | Top | 『WHAT's IN?』感想>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/187-380851a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
living deadとはよくいったもので。
一晩あけまして、こんにちわ。昨日のアレは、目の当たりにした人はもちろんですが、見られなかった人がより妄想力を消耗してへろへろになっているように感じるんですが、いかがですか?(笑)しかしみなさんレポが早いです。昨日帰ってきたの遅かったんでしょう?萌えた.... 変温ジューシーフルーツ【2005/10/31 15:02】
ただいま萌え死んでます
・・・今日はからだが言う事聞きませんすいませんすいません・・・・後ろでまたーりするから~~~♪なんて、大嘘ついたバチでしょうか??いっちゃん前で生足見てきた奴の、どのお口がそんな事言ったんでしょ??それにしても、いいたいことはたっくさんあるのですが・・・ PIMENT TIC DIARY【2005/10/31 18:27】
萌え死ぬかもしれない
下のエントリーで、HYDEさんは何コスだったんだろ~・・・と妄想してますがすごい詳しいレポを書かれている方がいらしたので、読んできました。トラックバックさせていただきました→37degrees / 眠眠様ちょ・・・っと!マジ、文章読んだだけで昇天しそうです 悪魔のタメイキ【2005/10/31 22:20】
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。