スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

1999~2004年:参加ライブ感想
これまで参加した1999年から2004年のライブの中から
特に印象に残っているものについて書きます。

◇1999年
・8/21(土) GRAND CROSS CONCLUSION 
                (東京ビッグサイト)
  ファンになって初めて参加したラルクライブ。ラルクを初めて
  観ることが出来た日でした。
  この日のことは今でもはっきり覚えてます。
  気の遠くなるような暑さの中で開演を待ち、熱狂の渦と共に
  始まったライブでした。 

  ずっとCDを聴いたり、TVで観たりしているだけだったので、
  やっと本物に逢えた喜びで感動のあまり号泣したなー!(*^^*)
  ラルクさんは豆粒大にしか見えなかったけど、
  このときの感動は一生忘れられないです。
   
・12/31(金) Reset>>LIVE*000
                (東京ビッグサイト)
  『ラルクと共に2000年を迎えた!』という記念すべきライブ。
  ファンクラブでのチケット獲得が出来なかった後、
  必死にチケット探しをし、やっとの思いで参加しました。

  新年最初に聴いた『NEO UNIVERSE』の第一印象は「(ディズニー
  ランドの)エレクトリカル・パレードみたい!!!」でした。
  この会場は音響が悪くてはっきりとどんな曲なのかは
  分からなかったのですが、イメージ的にはとても華やかで
  明るいものを感じました。
  このときに降ってきた紙吹雪、今でも大事に取って有ります。


★まだまだ長いです。続きを読みたい方はどうぞ・・・。★
◇2001年
・11/19(月) acid android acid android
                (新宿LIQUID ROOM)
  ラルクメンバーがソロで行うライブとしては初めて参加。 
  そういえばライブハウスというものに行ったのもこれが
  最初ですね。 

  普段、ドラマを叩いている姿しか見たことの無いユッキーが
  『う、歌ってるよ・・・(@_@)』と衝撃を受けました。

  このときのステージは何故か前面にフェンスが張られて
  いたんですよね。
  ユッキーはそこを駆け上ったりするパフォーマンスを見せ、
  「お猿さんのようだ~。」とおかしかったのを覚えてます。
  ラルクのときとは全く違う曲でかっこいいなぁと思いました。

◇2002年
・12/25(水) TETSU69 Sweet December
                (赤坂BLITZ)
  teっちゃんが行った最初のソロライブですね。
  このライブではteっちゃんの優しさを感じました。
  「ラルクは今は活動してないけど信じて待ってて欲しい。」と
  いうようなメッセージが有ったように思うのです
  (これは私の勝手な思い込みかも知れないですが(^-^;))。

  このあたりはラルクの活動が全く無くて、みんな不安に
  なっていた頃だったんですよね。

  そんな中、『Siesta』の続きとして新しく撮った映像を
  流してくれたり、『I Wish』を歌ってくれたりとラルクに
  繋がるものを披露してくれたんですよね。観客みんな
  大喜びでした。

・12/29(日) 天嘉-DANGER-
                (CLUB CITTA川崎)
  S.O.A.P.と初邂逅。kenちゃんを観たのは随分と
  久し振りでした。
  kenちゃんが本当に楽しそうにMCをやっていたのを今でも
  覚えてます。

  S.O.A.P.の曲はこのときはまだCDリリースされていなくて、
  ライブで初聴きでした。このときからいいなぁと思っていた
  『Every Second, I'm In ROMANCE』は今でもS.O.A.P.で
  一番好きな曲です。

  teっちゃんはテレビで歌ってるのを観ていたので
  teっちゃんライブでteっちゃんが歌う姿には驚きは
  無かったのですが、kenちゃんが歌うのを観るのは
  ユッキーのとき同様始めてだったので、不思議な感じがしました。

  そういえば初めてsakuraを観ることが出来たのもこのときに
  なりますね。

◇2003年
・5/4(日) 第1回YOKOHAMA BUBBLE FESTiVAL
                (横浜BAYホール)
  ラルクの中で一番のファンとなるとhydeさんが一番な私。
  hydeさんソロを初めて観ることが出来たのがこの日でした。
  このとき演奏した曲はまだCDリリースされていないもの
  ばかりだったですが、久々にhydeさんを見ることが出来たのには
  感動しましたね~。しかもライブハウスだったので、それまでで
  一番の近距離だったのですよ。

  「こんなに間近にhydeさんが!!!」と心臓がバクバクでした。
  人間離れした美しさに魂を奪われましたね~(^-^)

・6/25(水) Akasaka Zero day
                (赤坂BLITZ)
  ラルクさんのソロ活動後の久々のラルクとしてのライブ。
  LE-CIEL会員限定でした。

  ずっと待ち焦がれていたラルクのライブに参加出来ると
  いうことで物凄く嬉しかったです。しかもそれまで
  ラルクのライブは大型会場のものしか参加したことが
  無かったので、メンバーと近距離になれる
  ライブハウスという会場自体も良かったと思います。

  このライブの盛り上がりは物凄かったんではないかしら。
  観客もLE-CIEL会員だけ、更に長時間電話を掛け続けて
  苦労してチケットを手に入れた人だけが参加出来たと
  いうことも有ってか、全員が全員物凄いラルクファン
  だったと思います。

  最初に『Promised land』をやったんですよね。
  「待ち続けたラルクにやっと逢えた!」という喜びでこのときも
  号泣しました。
  私のうろ覚えの記憶によると確か演奏したのは14曲だったかな、
  短めのライブでしたがとても濃密でした。

・6/28(土) Shibuya Seven days 2003
                (代々木第一体育館)
  Shibuya Seven daysの初日。
  『Fare Well』で始まり、続く『Caress of Venus』で
  会場が一面に明るくなり、一気に盛り上がるあのシーンが
  今でも忘れられません。

  『Akasaka Zero day』には参加出来ず、この日が初日と
  いう人たちも多かったこともあってか、あの広い会場全体で
  熱狂してました。
  このときは沢山の人たちの喜びを胸に感じてこれまた泣きました。

・6/29(日) Shibuya Seven days 2003
                (代々木第一体育館)
  Shibuya Seven daysの2日目。
  この日の特筆すべきことは念願の『flower』を聴けたことに
  尽きます。ラルクで一番好きな曲で、ずっとライブで聴く
  ことを願っていました。

  イントロが流れた瞬間、涙が溢れました。

  ラルクは一番人気のこの曲はどうも出し惜しみしている
  気がして、Shibuya Seven daysでも封印されたままかなぁ
  なんて思っていた矢先だったので不意打ちでした。
  もう最高でした♪♪♪
  
・7/6(日) Shibuya Seven days 2003
                (代々木第一体育館)
  Shibuya Seven daysの7日目:最終日。
  この日は『何かラルクの今後について発表が有る』と噂が
  有った日でした。

  青のサイリウムの海の中で『あなた』でライブが終わり、
  その後にスクリーンに映し出されたのは2004年に
  NEW ALBUMがリリースされ、ツアーがあるという告知!

  このときは一緒に行った友人とも抱き合って泣いて喜び、
  見ず知らずの周りの人たちとも涙を流しながら喜び合いました。
  今でもDVD『7』の『Other Side of “7”』を観ると
  このときのことを思い出して泣いてしまいます。

・12/26(金) 天嘉-弐-〔DANGER II〕
                (日本武道館)
  ライブ本編が終わってから、暗転したステージでは最後の
  セッションの為のセッティングが行われていく・・・。
  去年の天嘉と同様、出演アーティストが勢ぞろいしての
  セッションだと思っていました。

  すると最前の方の観客からにわかに歓声が上がり始めました。
  何の歓声かなのか分からず、いぶかしく思いながらステージを
  見つめていると、ステージで煙草を吸う人の煙草の火が
  見えました。「kenちゃんだ!」と思いました。

  やがて明るくなったステージにはラルクメンバーが登場!!!
  ラルクはMステスペシャルに出演が決まっていたから、
  まさか掛け持ちでこっちも出演してくれるとは思っても
  みなかったんですね。

  大歓声の中始まった『READY STEADY GO』はもう涙涙で
  大感激でした。ラルクの新曲をライブで聴くことが出来たのは
  数年振りだったんですよね。

  こうやって振り返ると2003年は本当にラルクさんに何度も
  嬉し泣きさせられた年でした(^-^) 

◇2004年
・5/8(土) SMILE TOUR 2004 前夜祭
                (代々木第一体育館)
  ラルクさんが新しくリリースしたばかりのアルバムを引っ提げて
  行ったツアーの前夜祭。
  CDではさんざん聴いていても、ライブでは初めて聴いた曲が多く、
  新たに復活したラルクを堪能出来てとても感激しました(*^^*)

  最初の『READY STEADY GO』では天嘉Ⅱに引き続き、泣いて
  しまいました。
  新曲『自由への招待』はここで初めて披露してくれました。
  のびやかなフレーズで最初聴いたときからとても気に入りました。
     
 ***以上です。2005年は一体どんなライブを
             見せてくれるのでしょう!?(^-^)***
スポンサーサイト
【2005/03/13 23:39】 | ラルクLIVE関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<発表に発売に・・・ | Top | 『ZOO』を読みました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/13-f06b6158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。