スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『ZOO』を読みました
今日は本の話をします。

前から読みたいと思っていた乙一:著の『ZOO』を読みました。
彼の著作は以前一作だけ読んだことが有り、これが結構面白かったんですね。
というわけで『ZOO』を読破した訳ですが、ゾッする話有り、
泣ける話有り、ドキドキする話有りで、楽しんで読めました。

彼(著者は確か男性ですよね!?)は実にアイディアの豊富な人だと思いました。
これだけ違う変わった話を書ける力量に感動しました。

以下、本の中身に触れるので読みたい方だけどうぞ。

『血液を探せ!』はかなり突飛な話だと思いました。でもちゃんと
ミステリになっていて、最後は謎が解ける。父親が安堵して死んでいく
シーンには父が子を想う気持ちを感じて泣けました。
でも殺人の動機がよく分からなかったんですが(^-^;
お父さんを殺しちゃ駄目だよ~!

『SO-far そ・ふぁ』はオチが一捻り有って、良かったですね。
誰が実在して誰が幽霊なのか、事実は何なのかが不明のまま話は
進みます。絶対誰かは幽霊らしいのに、実は全員生きている
とは・・・。意外性が有りますね。
最近『YAHOO』かどこかのトップページに神木龍之介君(漢字が
違うかも・・・)がこの話のドラマをやるっていうのを
見た気がするのですが、違ったかな?

『SEVEN ROOMS』は自分がこんな部屋に閉じ込められる状態を
想像して恐怖を感じました。
こういう極限状態になったら、気が狂いそうになるのではないかしら。
この話もお姉さんが弟を助ける為に犠牲になる姿に
泣いてしまいました。お姉さん、見上げた根性です!

乙一の本は他にも有名なものが有りますね。
また機会が有れば読んでみようと思います。


スポンサーサイト
【2005/03/12 23:55】 | ラルク関連以外 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<1999~2004年:参加ライブ感想 | Top | 当落待ち期間到来>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/12-0399ff48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。