スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『めざましTV』・『タモリ倶楽部』・『オールナイトニッポン』感想
一昨日は『タモリ倶楽部』と『オールナイトニッポン』でした~(^-^) 非常に眠くて辛かったのですが、翌日(=昨日)は然程早く起きる必要が無かったことも有って、両方共しっかりと鑑賞させて頂きました。

『タモリ倶楽部』はkenちゃんのとても楽しそうな笑顔にすっかり癒されましたね~。最近足の指を骨折したという話でしたが、この撮影は怪我前のものだったようですね。あの左官屋さんの格好が妙に似合ってました。あれで町を歩いてても全然違和感が無いですヨ、はい。

kenちゃんの塗った壁は左官歴30年のベテランの方に「芸術としてはいい。」といった感じに誉められてましたが、それでも付けて貰った点数は結構低くて、結局誉めたのは偽りだったのね・・・と思いました。

壁塗りはタモリさんが意外と上手かったですね。作業中妙に真剣な面持ちでして無言になっていました。

壁塗り、私も参加したかったです~(^-^) 実は小さい頃、自宅の和室の壁塗りをやったことが有ります。面白かったですよ。最初は慣れなくて直ぐに小手が壁にくっついてしまい、せっかく仕上げた平らな所を壊してしまってうまくいかないのですが、段々上達してくるとさっと塗れるようになったものでした。

次に『オールナイトニッポン』ですが、これは4人で喋る番組だったのですね、2時間も! こんな長時間4人で話すのを聴ける機会なんてそうは無いですよね!? あ、正確にはラルクさんの他に一人司会者が入ってましたが・・・。本当は4人だけが良かったと思いますが、あの司会者が居なかったらスムーズには進行しなさそうだと感じました(^-^; 

ラルクさんは4人で集まって飲んだりすることが無いというのがちょっと驚きでした。4人揃うのはツアーの最終日と忘年会だそうで・・・。でもこれはスタッフ等もいらっしゃるでしょうし、4人だけでというわけでは無いですよね。普段の会話も4人全員で話すことは無くて、4人の内の2人が話すことが多いのだそうです。ラルクさんの4人のメンバー間は微妙な関係なんだなぁ・・・というのが非常によく分かりました。普段から仲良く有って欲しいという理想が有るのですが、4人の関係については一ファンがどうこう言っても仕方の無いことですね(^-^;

ラルクさんそれぞれの思い入れの有る1曲というのが中々興味深かったです。

hydeさんは虹のカップリングの『metropolis』だそうですね。今でも小学校の時の先生と交流が有って、ラルクさんでのリリース物が有るとこの先生に贈るそうですが、この曲の歌詞がちょっとエロっぽいということで先生に申し訳無いような気持ちを持ったとか。hydeさんのお年になっても昔の先生に礼を尽くしているという点で素敵だなぁと思いましたが(*^-^*)、歌詞のことで罪悪感に悩むhydeさんは笑えますね。彼らしいというか・・・。

私は『虹』は最初はアルバム『HEART』で聴いたのですが、後からシングルCDを手に入れて初めて『metropolis』を聴いたときにちょっとビックリでした。「ラルクさんにこんな歌詞の曲が有るなんて~!!」と。まさにカップリング向けですね、A面ではリリースしないでしょう。

kenちゃんはアルバム『DUNE』から『Voice』でした。『DUNE』は最初リリースされたものも再発されたものも共に持っている割には、そう何度も聴いていないことも有って、『Voice』と聞いても「ん? どんな曲だっけ?」と思っている時点でファン失格でしょうかね・・・ (^-^; この曲はラルクに入って初めて東京で録った曲ということで印象に残っているとのことでした。スタッフの一人がメタリカに凝っていて、これに近付けようとしているというのが可笑しかったです。スタッフにも色んな方が居るんですね。

teっちゃんは『winter fall』でしたね~。初めてオリコン1位を取った曲ということで。私にとってもこれは記念すべき曲ですね~。昔からラルクさんを知っていた割にははまることなく過ごして来て、ファンになるきっかけとなった曲です。この曲が収められているアルバム『HEART』はどうも合宿で短期間に詰め込んで、苦労して作られたようですね。teっちゃんとユッキーがこの過酷な(?)合宿を抜け出してしまったというエピソードが面白かったです。いい大人が逃げるなんて有るんですね(^-^)

ユッキーは『虹』でした。ラルクさんに入って最初にレコーディングした曲ということで、どういう風にやったらいいのか相当戸惑いが有ったようです。新メンバーということで他メンバーさん初め、スタッフ、音楽業界、そしてファンと数々の人々の注目が集まる中で、さぞかしプレッシャーが有ったんでしょうね。ユッキーのラルクメンバーとしての旅立ちともなった曲ですから、重要な位置を占めるのだと思います。

ラジオを聴いているファンからの『ラルクファンになったきっかけ』のお便り紹介も面白かったですね~。紅白歌合戦を見てカラコンで紅い目になったhydeさんに強烈な印象を持ってからファンになった人、『花葬』の妖艶な世界に惹かれた人、『STAY AWAY』のラルクさんのダンスを彼らが本当に踊っているものと思い込んであまりの上手さに嫉妬した人(ここからファンに・・・)等、色々なきっかけでラルクさんのファンになっているようです。きっとラルクさん自身が深くは意識しないところでいつのまにかその魅力でファンを増やしていっているんでしょうね。

次に『宇宙初オンエア』だった『Link』の初聴き感想を述べます。
これはフルバージョンで流してくれましたね~。フルで聴くのはリリースまで待ちたいと心密かに思っていた割にはまたもやその意思も崩れて、ラジオから流れ出す音に聴き入ってしまいました。ただこの放送は録音していないので、1度しか聴いていないんですけどね~。でもサビはポケメロCMも1度観ていたこともあって、1回で大体覚えてしまいました。かなり印象に残り易いのかも知れません。

明るくて爽やかなのはいいように思いました。ただ全体を通して飛び抜けて惹かれる部分が無いなぁと思ったのも事実です。その時によって違うのですが、初聴きでもここのドラムがいいとか、ギターがいいとか、間奏がいい等、どこかしらいい部分を感じることが多いんですよ。それがこの曲には無かったですね・・・。まあ例の如く私の初聴き感想は繰り返し聴くことによって変わることが多いので、今回もそれに期待します。

あと『めざましTV』で流れた『Link』PV、これも観ました。明るい雰囲気に溢れていて、観ている人を楽しい気持ちにさせる映像ですね。今回の曲のターゲットと思われる小中学生辺りにはこれは受けるのかも知れません。ただ、洗剤のコマーシャルにでも出て来そうな青空の下に緑の芝生という舞台設定は私がイメージするラルクさんとはちょっとそぐわなくてですね、違和感を感じてしまいました(^-^; 

それにしても『Link』PVは『叙情詩』PVの世界観とは一変していて驚きますね~! ラルクさんって本当にビックリ箱です。様々な面を私たちに見せてくれて、いつも楽しませてくれますネ!  そういう意味ではこんなPVが有ってもいいのかも知れません。

スポンサーサイト
【2005/07/10 22:55】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

<<最新FC会報より感想 | Top | 『鋼の錬金術師』前夜祭について:その2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ming.blog5.fc2.com/tb.php/119-dd19df6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。