スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

やっと待ち侘びたラルクさんライブ日となりました!
先日から書いております通り、漸くラルクさんライブに再び参加する日が到来致しました。前回の秋田公演から2週間、待ち侘びました。この期間はずっと『もうすぐライブに行くことが出来る』という思いを胸に、日々頑張ることが出来たように思います。

今回のライブに第一に望むことは、秋田公演でやっていない方のセットリストで演奏して下さることです。未聴の曲を聴くことを熱望しますね~。今のまま行けば大丈夫かな?、と一応安心はしておりますが、どんな風にするかはラルクさん側の思うままですので安心し切るのは禁物かとも思っております。

自分自身としては前回拝聴したものを主に、とにかく早く新曲を覚えたいですね。演奏時にはどんな曲なのかを只管追うだけにならずに、演奏を楽しむことに没頭出来ればいいのになと思います。歌詞も殆ど分からないですし、ライブの中だけで覚えるのは難しいのですけれどネ。

秋田公演時も『SHINE』、『MY HEART DRAWS A DREAM』といったところは全部とは行かないまでも、部分的に聴いて知っていたことも有り、深い感動に浸ることが出来ました。ここまで行く曲が増えていくと嬉しいです。

6月に入ってから始まったラルクさんツアーですが、早くも6月が終わろうとしているのですよね。ツアーの区切りを8月までとすると、公演数を考慮せずに期間的に考えて、もう3分の1が終わってしまいます。

一番最初はごくごく限られた少数の方のみが味わった感動ですが、公演数が増す毎に同じ思いを体験する人が全国のあちらこちらで少しずつ増えて行くというのは、何だか素敵です~。まさに“ハートに火”がついて、日本国中が段々と明るくなって行くようなイメージが有ります。

それでは、本日、ラルクさんライブに参加して参ります!(^-^)/
スポンサーサイト
【2007/06/29 00:45】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

明日はラルクさんライブ参加
今となっては明日の広島公演1日目が今年のラルクさんライブ参加の二回目となります。

岩手公演でP'UNK~EN~CIELさんの演奏ながら『Feeling Fine』が久々にご披露されたことを知ってから、近頃殆ど聴いていなかったアルバム:『SMILE』(原曲が入っている)を聴く毎日だったりします。ただ『Feeling Fine』は毎度演奏されるとは限らないようなので、今回の公演は分からないのですけれどネ。

演奏された暁にはteっちゃんが歌詞を間違えることなく歌い切ることが出来るかチェックしなくては!、なんてことも考えているのですが(岩手公演では歌詞忘れが有ったらしいので・・・(^-^;))、実はこの曲、hydeさん同様、私も歌詞が覚えられません・・・;;; 普通は何度か繰り返し聴いていると、覚えようという気が無くても歌詞が頭の中に入ってくることが多いのですが、この曲はCDを何度聴いてもフルで覚えることが叶いませんねー。

改めて名曲ならぬ“迷曲だ”と感じ入っている次第です。teっちゃんをチェックするどころか、teっちゃんが迷ってしまったら一緒に迷いの森に入り込みそうです。

さて、昨日の島根公演では何とこのアルバムに入っている『瞳の住人』が演奏されたそうですね~! 今ツアーお初の曲だと思います。『SMILE』聴き中により最近『瞳の住人』もしばしば聴いておりまして、しかしながら今ツアーでは多分聴くことは無いのだろうなと思っていたので不意打ちという感じです。

明日のライブでは果たして演奏されるのかというと・・・?、うーん、これは予想ですがこの曲については今ツアーの演奏曲としてはレア曲という位置付けにしたいような意思が感じられるので、演奏されなさそうに思います。

既存曲ではL'Anniversary Liveの感動再びで『White Feathers』をとても聴きたいです。でもあの曲はL'Anniversary Liveならではの取っておきの曲という感じがするので、やはり無いでしょうねー。今回のツアーでは現時点で演奏されていない既存曲演奏の機会がまだまだ有りそうですが、いつどこでどのような曲が入り込んで来るのか、自分が参加出来ない数多くの公演も含めて興味津々です。

これまでのラルクさんライブから見るに現実的ではないと思いますが、折角の参加者少な目の希少価値のあるホールツアー公演なので、各公演毎にその公演でしか聴くことの出来ない曲が存在するのが理想かなと思います。尤も自分のとても気に入っている曲が参加しない公演で演奏されてしまうと羨望してしまいそうですけれどネ!
【2007/06/28 01:51】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

HydeistさんBBSのネタバレ解禁
hydeさん、昨夜の深夜3時半頃にHydeistさんHPにお出ましになられたのですねー。BBSに書き込みを残されています。昼夜逆転でしょうか(^-^; 今日は恐らくライブが無く、愛媛から島根への移動日だったのだろうなと思います。だから少々(というかかなり?)就寝が遅くとも平気だったのかも知れませんネ。睡眠は健康の基本ですので、余計なお世話ながら、無理しないで沢山寝て体力温存を図って下さいねーと思ってしまいます(なんて慢性睡眠不足の私が言えることでも無いのですけれどね・・・;;;)。

移動に次ぐ移動でライブツアーをやって行くのは楽しい半面、身体的にはもちろんのこと精神的にも疲弊して大変なのではなかろうかと案じてしまいます。

9年前の“また”が付かない元祖:『ハートに火をつけろ!』ツアーでは確か最初の方の横須賀公演あたりから長めの期間、メンバーさん内に複数の体調不良者がいらっしゃった記憶が有ります。あの頃はまだ今のようにネットも発達していなくて、公演日よりもかなり遅く出回った音楽雑誌のライブレポをよく見ていたので、これで知ったのだったかな? 私のラルクさんライブの初参加はGRAND CROSS TOURなので、当時はまだ実物にお会いしたことの無いラルクさんのことを考えつつ、心配していましたねー。

昨年のHYDEさんソロツアーのときもギッシリと詰まった長期の公演日程に度肝を抜かれて、大丈夫なのかなと思いましたが、HYDEさんは私の知る限りでは然程調子が悪いといったような日も無かったような感じで、無事ツアーを完遂させていらっしゃいました。ラルクさんのこのツアーも同じようにメンバーさん誰もが元気な状態で周って行けるといいなと思います。

アレレ、気が付くとタイトルから随分と離れた話題になっていました(^-^; hydeさんのHydeistさんBBSの書き込みに話を戻しますと、当BBS上ではやはりタイトルに『ネタバレ』を入れることでライブ内容を記載してよいことになった模様です。あとL'PLAZAもこれまではライブ内容は記載不可だったものが、記載可のコミュニティが出来たということで、大いに書きたい方はこちらへどうぞということのようです(昨日の記事はこのことでした)。

hydeさんのBBSの書き込みの調子から見ると、どうもL'PLAZAの新コミュニティ設立はhydeさん発案らしき感じですね。HydeistさんBBSでの出来事が有って(ツアー参加前の方からの『ネタバレ』記載不可希望の意見が有ったこと)、恐らく思い立たれたのですねー。hydeさんのこの辺りのファンの立場を思いやってのマメな行動には本当に脱帽します。

L'PLAZAはともかく、HydeistさんBBSの解禁が嬉しいです~! hydeさんの書き込みを拝見出来るからですね。hydeさんご自身が書かれる何の推敲も経ない状態の文章から、hydeさんの心理状態をそのまま感じ取ることが出来るのがいいです。

あ、『推敲を経ない』は私が思っていることなのですが、これは合っていますよね? hydeさんの文章、誤字脱字は結構頻繁に拝見致しますし・・・;;; とこれまた乱文に誤字脱字が散りばめられた文章を書く私が指摘出来るようなことでも無いのですけれどね・・・。でもhydeさんのお書きになる文は温かみを感じて好きですヨ。

そういえば、今回のhydeさんの書き込みの最後が笑えました。ご自分がデザインされたHydeistさんの制服が可愛いと自画自賛されていますね。何の前置きも無くいきなり出て来てちょっとビックリしました(@_@)! hydeさん、今回のツアーでお客さんにあれを着て参加して欲しいとお思いなのでしょうか??? てっきり制服はHYDEさんのソロライブ専用かと思っておりましたヨ。今後は会場であの制服をお召しになった方々をお見掛けする機会が増えそうです。

まあ何がともあれ、今後もHydeistさんBBSでhydeさんの“声”を聴いていけそうで、とても楽しみにしております。是非是非、頻繁にお越し頂いて、日々のライブの裏話等を中心に語って頂きたいと思います!(^-^)
【2007/06/27 05:54】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

相変わらず気持ちが浮遊
再び今週末ラルクさんにお会い出来ることを考えると、丁度前回の秋田行きの前と同じような感じに落ち着かなくて気持ちが浮遊してしまいます。とにかくドキドキとして心拍数が上がるのです。どんな動物(生物?)も速度の差はあれ一生の間の心拍数は決まっているといいますが、これが本当だとするとここのところ確実に寿命が減っているな~なんて思いますね・・・ (^-^;

秋田公演後のセットリストを見守っておりますが、このまま行くと願い通り、前回とは異なる方のセットリストのライブを体験出来そうかなと思っていて、このことでまた一層ドキドキ感に拍車が掛かっています。聴いたことの無い新しい曲を聴くことが出来るという期待に胸が膨らみます。

L'PLAZAの会員にはシエルちゃんから毎日のようにメールが届きますね。LE-CIEL会員のどれ程の方がL'PLAZAを活用されていらっしゃるのでしょうか。

今日のシエルちゃんの日記は『みんなへのお知らせ』のような思わずドキリとするようなタイトルで、早速内容を見ようとクリックしてしまいました。しかしながら中々ページが開けずにヤキモキしてしまいましたよ。

あのページ、アクセス数過多ではじかれてしまう場合には再度クリック出来る状態には戻らずに、ラルクさんオフィシャルのトップページに返されてしまい、再びLE-CIELさんサイトに入るところから始めないとならないのですね・・・。何とも言えずお粗末な仕様です。是非改善をお願いしたいところです。

さて4~5回繰り返してやっと見た日記ですが、少なくとも私にとっては飛び上がって嬉しいと思うようなものでもなくて、力が抜けました(^-^; まあL'PLAZAに関するニュースですね。L'PLAZAに積極的な参加をされている方には嬉しい方もいらっしゃるのかも知れません。

L'PLAZAについては元々有る各公演毎のコミュニティはライブ内容の記載は禁止となっていて、オープン仕立ての頃は一体どんなことが書かれるのかなと思っていたのですが、公演前の参加に対する思いを綴る方や各地域の情報を提供される方がいらっしゃるのですね(→これは不案内の地へ行く場合には有り難いと思いました!)。拝見しておりますと、皆さん様々な思いを抱え、様々な境遇でライブに参加されるのだなということが分かります。同じ公演に参加するという連帯感のようなものもちょっぴり感じますネ。

と思いながらも、私はやはり積極的な参加はしようとは思えないのですよね(^-^; 日記は唯一のL'フレンドのシエルちゃんのものしか読んだことが有りません・・・;;; 特に自分でも日記を書く予定は無いのでこれはずっとこのままのような気がします。自分自身、ラルクさん自体のことに関してはそこそこ熱いように思うのですが(もしかして相当熱く見えますか?)、これ以外にはやはりどこか冷めているなと感じます。
【2007/06/26 05:44】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

夏仕様のHydeistさんHP、及び、最近のHydeistさんBBS
昨日、HydeistさんHPを訪れたらトップページが赤の薔薇に溢れた春仕様からすっかり夏仕様に一変していて驚きました(^-^) 籠や家々には青葉が茂り、朝顔や向日葵らしき花が咲いていますネ。前日は確か当HPを訪問していなかったような気がして、いつからなのかな?、と早速会員ページのBBSを覗きますと、まさに昨日変わったばかりのようでした。

・・・と、BBSをサラッと拝見していたところ、『トップページの花火がいい』といったことが書かれていまして、『えっ?、花火?』と不思議に思い、慌ててトップページに戻ってしまいましたヨ;;; するとページを開くと最初に、街の背後に順番にピンク、紫、オレンジの打ち上げ花火が上がる音付きのフラッシュ画像が流れることが確認出来ました。最初見た時は街全体の様子が変わったことに気を取られて、花火に気付かなかったのですね(普通、気付きますよね~・・・。やっぱり注意力が無いです、私)。

以前、冬仕様から春仕様に変わった際に、Hydeistさんは西洋風の街をイメージして造られているように思うので、夏というとどちらかというと和のものを感じさせる風物詩が多い為、夏仕様がどんな風になるのか想像出来ないといったことを書きました。でも何の違和感もなく取り入れられていました。季節感を感じさせて下さるトップページ、毎回楽しませて頂いております。

花火が上がるのは会員ページのみですが、街の様子のみは会員以外の方でも閲覧可能なトップページで見ることが出来るので、良かったら行ってみて下さいませ。

さて、HydeistさんHPといえば、約一週間前、hydeさんがお越しになっていて、BBSに書き込み下さっていましたよね。このときはhydeさん・Hydeist会員さんが今般のラルクさんライブの話をBBSへ書き込むことの是非について、hydeさんも加わる形で意見が取り交わされていました。要は自分が参加するときまでライブの内容を知りたくない人も居る為、書き込みに関してどのようにして行くべきかといったことが話されていたのですね。興味深く拝見しておりました。

最終的にはhydeさんの一存で、タイトルに『ネタバレ』を入れることで書き込みOKといった形になったのかな?

こういったことはどのように考えるべきか、中々難しいですね。私はHydeistさんのBBSについては一時読めずとも、何れ読むことが出来ればいいかなと思える方なので、仮に今がライブ参加前の情報回避中であったとしても特に気になりませんね。実際、ライブ参加前は悉く情報をシャットアウトしていましたし・・・。でも中にはあのBBSを心の拠り所とされているような方々もいらっしゃるのですよね。

ただ、私は基本的にHydeistさんHPに限らず、例えば現在私が書いているようなブログも含めてなのですが、こういったネットに書かれる内容は作っている側の自由だと思っております。よって、HydeistさんHPについてはhydeさんの思うままに、という意見ですね。Hydeistさんはhydeさんが創られている王国ですし、決める権利が有ると考えます。

一方、このことに関して意見したいことが有るというのなら、それはそれで、言論の自由とでも申しましょうか、その人が意見するのも有りだと思っています。実際のところ、これだけネットが普及していると、ラルクさん関連サイトを周りながら、ライブの内容だけ上手く回避といったことはほぼ不可能なのではないかと思いますけどね。

それにしてもhydeさんはファンのことを気遣う優しいお方とお見受けしますので、今頃ライブのことを書くべきか書かないべきか?、なんてお悩みになっているのではないかと思います(^-^; 現にあの後、書き込みが無いですよね・・・。私としてはライブで体感したことをその時々でリアルに伝えて頂きたいので、hydeさんには是非とも頻繁な書き込みをお願いしたいところです。
【2007/06/24 07:31】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

2007年上半期シングルランキング:『SEVENTH HEAVEN』順位
最近ラルクさん関連サイトさんばかりに関心が行ってしまって訪れていなかったのですが、いつの間にかオリコンサイトさんに2007年の上半期のランキングが出ていたのですね~。

ランキングはアルバム、シングル、DVDと三部門に分かれていて、何れも上位30位までが掲載されています。真っ先に気になったのはラルクさんのシングル:『SEVENTH HEAVEN』の順位でした。

早速シングル部門のページを開き、上からサーッと目を通すも、出て来ないまま最後まで行ってしまい、「無いなんてことは無い筈だけどなー?」と今度は落ち着いて下から順番に見て行きますと、無事見つけました。26位にランクインされていましたネ。ホッ、上位30位に入っていて良かったです~!(^-^)

今度はDVD部門の方を見てみました。音楽DVDに限定されていないランキングだったので果たしてどうかな?、と思った『Five Live Archives』ですが、こちらは圏外のようでした。やはりどちらかというと映画のDVDの方が優勢ですね。音楽DVDともなるとそのアーティストさんを余程好きでないと中々購買欲が湧かないものと思われますし、増してや『Five Live Archives』はお値段も飛び抜けていて、内容的にも如何にもコアファン好みの商品だったので、まあこれは納得の行く結果です。

オリコンサイトさんの該当ページはコチラです。

シングルランキングの『SEVENTH HEAVEN』の26位ですが、これが年末になって一年間を振り返るランキングとなると、順位が下がることは有っても、決して上がらないのが自明なのは悲しいですね;;; あとは現状をいかにキープし続けることが出来るかということになってしまいます。

『MY HEART DRAWS A DREAM』はラルクさん側曰く“問い合わせ殺到”の曲らしいので、発売された暁にはランキングにどのように影響を与えるのかが注目のしどころかと思っています。尤も注目するのはラルクさんの“ロケットスタート”の一環である10月・11月にリリースされるシングルもですけれどね。今年はラルクさんの曲がランキング関係に色々と登場しそうで、楽しみです♪

そうそう、ラルクさんが先日の岩手公演で行ったライブの『Feeling Fine』はラルクさん演奏かと思い込んでいたら、頂いたコメントによりP'UNK~EN~CIELさんの演奏であることが判明致しました。ラルクさんの演奏で聴きたかったので、ちょっと残念でした(^-^;

まあこれはおいておいて、『MY HEART DRAWS A DREAM』のカップリング曲はほぼ確実に『Feeling Fine 2007(仮称)』なのだろうと思われますよネ。P'UNK~EN~CIELさんの曲がこのまま11月のシングルまでカップリングに登場されますと、全部で9曲にもなるのですね(先程数えてみました)。何だかteっちゃんが時折口にされるP'UNK~EN~CIELさんのアルバム発売も現実味を帯びて来た気がします。

もしこのアルバムが発売されるとして、全てシングルを持っている身としては特に欲しいものでは無いのですが、多分購入することになるのだろうなと思いますねー。

というのも過去のラルクさんの売り方を見ても、再発『ark』『ray』の付録の特別映像のDVD、『CHRONICLE 0 -ZERO-』の『the Fourth Avenue Cafe』PVなど、効果的なオマケをつけて来ますからねー。私は大抵この戦略に上手く乗ってしまうのです。まあファンになった弱みといいますか、これはもう今に始まったことでは無いので仕方無いのですけれどね・・・(^-^;


【2007/06/23 01:20】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

ホールツアーの特設サイト
ラルクさんのホールツアーがスタートを切ってからほぼ2週間程になりますが、ファンサイト様全体的にちょっと落ち着いて来たように感じます。気がつくともう37公演中7公演も終わっているのですよね。これまでの何れかの公演に参加されたという方も割りとお見掛けするようになって来ました。

LE-CIELさんサイトの『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』の特設サイトについては、色々感じつつもついつい日々通って拝見しております。

毎回ラルクさんツアーのときは誰でも閲覧可の特設サイトが出来まして、クルクルと回転するJack eye'sの写真やライブグッズが掲載されると思います。今回はライブグッズはオフィシャルHPに掲載されていますが、Jack eye'sが無いですよね。Jackさんは事務所の社長さんですから本業は社長業であるが故、今回のような長丁場のツアーに付いて周ることが出来ない為にこのコーナーが無いのかな?、などと考えております。

ということでJack eye'sが無い今ツアーでは、オフィシャル写真は今のところLE-CIELサイトさんの中の特設サイトでのみ閲覧可ですよね。毎公演のオフショット写真が掲載されるわけですが・・・、写っている大多数がシエルちゃんというのはどうなのでしょうねー? メンバーさんは1公演につき1メンバーさんのみで、しかも1ショットだけですよネ(^-^; ファンの皆様はシエルちゃんよりももっとメンバーさんの写真を見たいと思うものだと思うのですが・・・?

そういえば、ライブのときに座席に置かれていた冊子に書いてあったのですが、当ツアーのドキュメント写真集の発売が決定しているのですよね。LE-CIELさん会員のみ購入可の完全版700頁のものと、誰でも購入可の通常版250頁のものと2種類有るようです。

現在あまり公的にメンバーさんの写真を載せないままにして、写真集で見てねーということなのかも知れないですね・・・。それにしても700頁って・・・、またもや値の張る一品になりそうです。発売日は未定のようですが、ラルクさん関係のツアー写真集はツアー完了からそれ程間をおかずに発売されることが多いように思うので、これも年内にお目見えかも知れませんね。

さて、特設サイトさんのラルクさんの4人のマネージャーさんが交替で書かれる『赤日記』をとても楽しみにしております。僅かばかりでも公演毎の裏話を知ることが出来るのは貴重ですよネ。公演日より少し経ってから掲載されることが多いように思うのですが、多分最初に書かれた後に内容が上層部の方々などにもチェックされて(teっちゃんも確実にチェックしそう)、それから公に出されるのかな等と考えております。

参加した秋田公演の日記も楽しく拝見致しました。『いばらの涙』エピソードは読んでいると思い出してジンワリと感動してしまいましたねー。マネージャーさんもあの事態に驚かれたのですネ。まあ演奏しているメンバーさんご本人たちもとまどいながらやっている風に書かれている位なので、当然ですかネ!

そうそう、このときの日記の最後に、日記筆者のイニシャルが“FA”と書かれていたのですが、この“FA”さんって、昨年HYDEさんソロツアーのときに毎公演について細かく日記を記載して下さっていた“FA”さんと同一人物なのでしょうか? 最初の方に『ラルクさんでのこうしたツアー日記を書くのは初めて』、といった感じに書かれて有ったこともあり、HYDEさんのマネージャーさんなのかなと思いました。

HYDEさんのツアー日記を書かれていたFAさんは、ご自身がHYDEさんの大ファンということが文面からひしひしと伝わって来て、気持ちが同化してしまうことがよく有りました。今回のラルクさんの方の日記も同じ雰囲気を感じるので、やはり同一人物なのかな? 今後の日記も注目してしまいます。

特設サイトさんは特に楽しみなのがこういった辺りになるのですが、とにかく目的の場所に行き着くまでのクリック数の多さに辟易しております(^-^; また画面が重くて開くまでに時間が掛かる(回線やPCの性能を良くしないさいってことなのかなー?)、解像度が大き過ぎて横スクロールが発生してしまう(もっと横に長い画面のPCにしなさいってことなのかなー?)、と若干ストレスを感じつつの閲覧となっています。

こういったことを気にせずにサクサクと見ることが出来るといいのになと思いますねー(^-^;
【2007/06/22 01:15】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

ラルクさんホールツアーのパンフから思ったこと
先日の秋田公演参加時にツアーパンフを購入した旨書きました。こちらはピンクのラメ地にツアーロゴマークのハートが入っているハードカバーのパンフです。ずっしりと重みが有り、持ち帰るのにちょっぴり辛かったです;;;

中の頁を繰ると勿論メンバーさんが登場するわけですが、これまで以上に修正に力が入っていますね~。hydeさんは宝塚の男優さんメイクをソフトにしたような感じですし、kenちゃんは幾つかのショットについては整形したのでは?、と思うような別人ぽい写りでして、とにかくメンバーさん4人全てに共通して言えることは、人形のように見えるショットが多いということです(^-^; 

若干不自然さを醸し出している写真群はこれはこれで眺めているだけで楽しい気分になってくるのでいいのですが、今日の話の本題は今回のツアー日程のことです。

このパンフの裏表紙には今ツアーの発表済の日程が全て記載されているのですね。後から発表になった戸田公演、富士急コニファーフォレスト公演を含め、公演日と場所が上から並べられていて、最後に『32places, 37stages』の文字で締められています。

私はずっと今回のツアーは未発表状態の大規模会場での追加公演が有る筈だと信じて疑わなかったのですが、このパンフの記載を見た瞬間に「もしかして『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』としてのツアーはこれで本当に終わりなのかな?」と思ってしまいました。

あ、大規模会場公演が有ることは依然として信じております。ただこれはアルバム発売後にそれこそアルバム名を冠したアルバム中心の別なツアーになるのではないかと思ったということです。現在行っているツアーはここ数年のラルクさんのアルバムツアーとは異なる性質ですしね。

今ツアーはまだまだ先の未発表公演が有るから・・・と思っていたのですが、本当に8月いっぱいで終わりとなると、参加することが益々貴重に思えて来ました。毎回ツアーの締めとなる最終日の公演には絶対に参加したいと思っているのですが、想定外で沖縄公演が最終日かも・・・? うーん・・・、となるとこれは参加予定が無いので、悲しいですね(^-^;

とはいえ、当ツアーの追加公演用の別なパンフが出来て、続きが有るかも知れないですし、とにかくラルクさんのなさることは驚きに満ちているので、分かりませんかネ。まあ今後の発表を楽しみにするばかりです。
【2007/06/20 00:56】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

気になる次回参加公演のセットリスト
ラルクさんの『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』:秋田公演参加から3日経過致しました。

前回の記事に当公演についての感想を書きましたが、このときはライブの内容そのままだったので、多少行を空けて文章を開始しました。

今後のスタンスですが、元々自分の心の中で考えていることを誰かに伝えたいというのが主な理由でブログを書いておりますので、これからはライブ内容にも触れながら書きます。(お越し頂いている方でライブについて知りたくないとお思いの方には申し訳無いという気持ちも有るのですが、意図的に記載を回避するとブログを書いている意味がなくなってしまうのでご容赦下さいませ・・・)

ラルクさんのライブでは、毎回ツアー終了後に重度の虚脱状態が来るのですが、今回は今既に軽く来ている感じです(^-^; 心身共に没頭し過ぎてしまうからなのでしょうかねー?、ライブ後日常の生活に戻ると妙に様々なことが色褪せて見える感じがします。

秋田公演参加前はそれはそれはワクワクする気持ちに満ち溢れていて、気分が高揚して仕方なかったのですが、一公演参加すれば少しは治まるのかな?、と思っておりました。ところがこれが治まるどころか、今のところ参加予定の無い公演にももっと沢山参加したい!、と強く思うようになってしまい、むしろエスカレートした位です。ラルクさんのライブは常習性のある麻薬のようなのですよね・・・。

さて、前記事にライブの感想を上げてからは、やっとネットでラルクさん関連サイトさんを巡りました。戸田公演以降はずっと見ないまま過ごしていたので、久々に拝見して周りますとまあ色々と有ったのだなーということが分かりますね;;; 改めてインターネットは素晴らしいツールだと思ってしまいましたヨ。

今回のツアーのセットリストはどうなっているのかが関心事の一つだったのですが、あまり詳しくは把握出来ていないのですが、どうも大きく2パターン有り、今のところこれを交互にやっている感じなのでしょうか。秋田公演は2つ前のよこすか公演と殆ど内容が同じようでした。

秋田で聴くことが叶わなかった新曲が少なくとも3曲以上は有るようで、次回の参加時には是非これらを聴いてみたいなと思いました。私の次回参加は約2週間後の6/29(金):広島公演1日目です。もしもこのまま交互に2パターンのセットリストでやって行きますと・・・、丁度いい具合に広島公演1日目は体験していない方のパターンになりそうです(^-^)!

尤もちょっと怖いのはこの順序を崩した場合ですかねー。思い出すのが2003年のShibuya Seven daysです。あのときは7公演有って、2種類のセットリストをAパターン、Bパターン、Aパターン・・・と順番にやっていたのに、いきなり同じパターンを2日連続で行ったのですよね。確か最終的にはABABBAAの順だったかな。こんな風な変化球で来られると困ってしまうのですが、今回の公演は長いですし、基本はやはり順番にやって行くのではないかなと思っております(希望も込めて・・・)。

広島は今ツアーで初めて同じ場所で2日間公演が有りますよね。この両日に参加出来れば確実に2つ体験出来そうでいいなーと羨ましいです。2日目の方は休日ということもあり、人気が高くて、今後もとてもチケット入手の見込みが無いのが残念でなりません(^-^;

そうそう、岩手公演のセットリストをどちらかのサイトさんで拝見したのですが、『Feeling Fine』が入っていてちょっとビックリしました(@_@)! 今ツアーのこれより前の公演でも演奏されているのかな? この曲、hydeさんの歌詞忘れ率No.1曲だと思うのですが、よく今回のツアーに持って回ろうと思ったものです。チャレンジ精神でしょうかネ。

それとも中国・台湾・香港のどこだったか早くも記憶が薄れてしまっているのですが、他国でビールのCM曲で使っているので、未来に待ち受けるアジアライブが有る前提で、このときの為に今から練習していらっしゃるのかな?、なんて思ったりもします。

『Feeling Fine』を聴くと、『SMILE TOUR 2004』のライブの記憶に直ぐに直結します。とにかく笑顔溢れる楽しいツアーだったなーという温かい気持ちになるのです。今回のどこかのライブで聴くことが叶うといいなと思いました。
【2007/06/19 05:59】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』6/15(金)秋田県民会館:感想
本日は一昨日参加して参りましたラルクさんの『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』の秋田県民会館での公演についての感想を書きます。やはりレポには遠いので感想ですね。まず下記の記載についての前提ですが、何度か当ブログには書いておりますが、私は今公演が今回のライブでの初参加でして、参加前はライブ内容に関する情報を一切遮断している状態でした。また下記を書く前の今の段階でも一切ネット等で情報は得ていません。

事前に情報を得なかったというのは、ライブ参加時に自分自身により大きい感動をプレゼントしたいというのも有りましたし、折角ラルクさんが丹念に作り上げて観せて下さるものを、他人の目というフィルタを通さずに、自分が直接観て聴いて感じたいと思ったからというのも有ります。

記憶力があまり良く無いので、事実と異なる部分が多々有るとは思いますが、自分がこう受け取ったというものを書きます。どうか間違いは多目に見て頂ければと思います。長めですが良かったらご覧下さいませ!(^-^)








昨日は朝からライブのことを考えると頭がポーッと熱くなる感じでした。秋田までは秋田新幹線『こまち』で参りました。盛岡で連結していた八戸へ向かう『はやて』と別れ、秋田方面へ向かうとやがて車窓からは新緑が沢山目に飛び込んで来て、とても心地良かったです。緑といっても濃淡様々な色が有るのですよね。

秋田は米所ということも有り、水田をかなり多く見ました。今丁度苗が成長して来ているところで、30センチ位の高さだったかな、こちらも緑色の状態でしたね。これらの水田を見ていますと、「どこかで似たようなものを見たなー。」と思いまして、これがラルクさんがオープニング主題歌の『SHINE』を担当されていますNHK-BS2アニメ『精霊の守り人』のオープニング映像や第一話で観たシーンであることに思い至りました。

水田は黒土が透けて見える水の部分が大部分を占めていて、ここに苗がピョコピョコと等間隔に並んでいる状態でした。『精霊の守り人』ではこのような水田が丁度水鏡になって空模様が映るシーンが割りとにあったのですが、まさにこれと同じように空の色や雲が綺麗に映っていました。これを眺めていたら思わず『SHINE』が頭の中に流れ出して来て、ジンワリと浸ってしまいました。水田を見て浸っている私って・・・;;;という感じなのですが。。。(^-^;

秋田駅には早目に着きました。何かの原因で電車が遅延したりして開始に間に合わないとか、最悪の場合行けないといった事態になるのはどうしても回避したかったのです。

まあ色々と近辺を観て周ったのですが、会場となる秋田県民会館に最初に行ったのは、確かLE-CIELさんサイトにライブグッズの販売は開場の2時間半位前、といったことが書かれていたように記憶していて、これよりはもうちょっと早い時間帯だったと思います。

丁度会場の裏側の塀からグルリと周って正面入り口に向かうルートで進んだのですが、この裏側の塀の向こうに黒若しくはシルバーの同じ形の沢山のトラックが見えました。このトラックを見た瞬間、『ラルクさんたちがやって来てるんだ!』というのを実感しまして、ドキドキしてしまいました。

これらのトラックはツアーの機材を運ぶ為のものだと思いますが、壁面に何も書かれていませんでしたね。嘗てのツアーではツアー名入りのトラックが走っていたこともあったと思いますが、今回は何も無いということで、宣伝して周るわけではなさそうです。

隠密で行動する為なのか、まあ単に経費絡みか(トラックの壁面に文字や絵を入れるのはお金が掛かるでしょうし)、といったところでしょうか。皆様の町にも黒とシルバーのトラックが何台も通ったら、ラルクさんライブの機材がやって来たことが分かりますヨ。あ、でもこういったトラックは通常夜間走るのでしょうか。

さて、正面に周りました。過去のライブのときのようにツアー名やラルクさんの名前が横書きで入った大型の看板が会場入り口の上方に掲げられているだろうと思い込んでいたのですが、入り口の少し離れたところから見るにアレレ?、看板が無い・・・。

入り口まで近寄ってみますと、ガラスのドアが閉鎖されている状態でして、ラルクさんライブが有ることが分かるのはこのガラスに内側から貼られている左右2枚のツアーポスター(例のオフィシャルの南国風ラルクさんの写真入り)と、このポスターの間に外に向かって置かれている2メートル位有りそうなシエルちゃん人形だけでした。ここで過去のツアーとの違いを感じてしまいましたねー。

尤も今回は多種多様の会場を使うので、建物の大きさや構造が異なるでしょうし、全部に同じようにああいった看板を設置出来るとは限らないので、仕方ないのかも知れないですけれどね。

このときはグッズはまだ発売開始前でして、チラホラ集まっているライブ参加者の方々をチララと見つつこの場を離れました。

LE-CIELさんサイトを見ていて、『グッズは無くなる可能性がある』といったことが書かれていたので、早目に買っておきたかったのですが、元々楽天的なところと神経質なところを持ち合わせており、このときは楽天的な方が出まして、『まあ、今手に入らないんだったら、開場後でもいっか。これで買えなかったら別会場で買おうかな。』と思いまして、結局二度目に訪れたのは開場した後でした。

開場時間を少し過ぎた辺りに着いたのかな?、既に館内に入る為の列が入り口から長蛇となっていました。グッズは開場前は会場の外だったと思いますが、開場後は建物内での販売なので、外にはこの為の列は無かったです。でもまあ長蛇の列といっても収容人数が多くはないですから、然程待つことも無く入場出来ました。

前回のL'Anniversary Liveの東京ドームはこれと比べると随分悲惨だったと思います。入り口が見えるのに30分程でしたか、中々入場出来なくて、ごった返す人混みに揉まれてヨロヨロでしたからネ。

中に入ってから、他の人に釣られて思わず駆け寄ってしまったのが、『ご当地シエルちゃん携帯ストラップ』のガチャガチャです。これは他のグッズ販売とは別なところに設置されていました。シエルちゃんはあまり好感の持てるキャラクターではない為、過去手に入れたシエルちゃん携帯ストラップは一度も携帯電話に付けたことが無いのにも関わらず、まあどんなものか位の感じで試しに一つ買ってみることにしました。

そうそう、そもそも携帯ストラップの値段は1,500円という認識は有って、ガチャガチャなのにお札なんて使えるのかしら?、と思っていたのですが、お金でこのガチャガチャ専用のコインを買い、これを投入するようになっているのですねー。成る程、疑問に思っていたことが一つ解消しました。

ガチャガチャをやったのは何年振りかな? 子供の頃やって以来のような気がします。手にちょっと突っかかるような“ガチャガチャ”とした振動を感じて、懐かしい気分になりました。やがてゴトンッと音を立てて出て来た透明の球形のプラスチックケースに入れられたシエルちゃん携帯ストラップですが、外から見えるシエルちゃんは何やら日本髪のカツラを被っています。

『・・・かなりヘン。』と思ってしまいました(^-^; 地名が書かれていないので定かでは無いのですが、舞妓さんか何かなのでしょうか。だとすると京都のモノ? このシエルちゃんのご当地にお住まいの方、気を悪くされたら申し訳ございません。でもカツラがあまりにも不似合いなのですよ・・・。

この後、グッズ販売列に並んだのですが、1階が販売場所で最後尾は2階だったかな? これはちょっと買うまでに時間が掛かりましたね。並びつつ階下を見下ろすと、開場前にガラス越しに見た2m程のシエルちゃん人形はガラスの箱(柵だったかも)に収められていて、今ではロビーを見渡すように向きを変えて置かれていました。階段の上から見ると例の意地悪そうな目の上の皺の盛り上がりが一層顕著に見えまして、更に意地悪っぽく見えてしまいました。。。 

結局、買ったのは最初のガチャガチャの携帯ストラップ以外はパンフのみです。そうそう、自分の購入する直前に買っている人が販売場所に置かれているグッズ紹介の絵を見ながら、販売員さんに向かって『コレ下さい。』と指差している先がホットドックのようなものを持っているシエルちゃん携帯ストラップでして、その瞬間『これは秋田のご当地シエルちゃんなんだ!』と分かり、ビックリしてしまいました!(@_@) てっきりストラップはガチャガチャのみの販売かと思っていたのですが、そのご当地のものはグッズ販売場所で買うことが出来るのですね~! 

よくよく考えてみればこれは当たり前でしょうか。せっかくのご当地品で有りながら、ガチャガチャだけで何が当たるか分からない・・・というのはちょっと乱暴な売り方だなとは思っていたのですよ。もしかしてLE-CIELさんサイトにご当地グッズはご当地では販売するといったことが書いて有りましたかね? とにかく情報をあまり入れないように・・・と流し読みしかしていなかったですからね~・・・。

この後席に向かって歩きながら、『そっか、あのホットドックに見えたものは多分きりたんぽねー。』と思い付きました。本当にそうかは未だ不明なのですが。。。(^-^; それにしてもカツラシエルちゃんよりも、きりたんぽシエルちゃんの方が良かったなと思ってしまいました。

会場となるホールに入る前は『一体どんなステージセットになっているのかな!?』と期待でまたまた心臓がドキドキしました。

席はA席でして、1階のkenちゃん寄りでした。今回のツアーでは二番目にいいと思われるそこそこ見える位置でした(富士急はまだチケットが来ていないのでこれを除く)。座ってからじっくりとステージを見渡してしまいました。

何やら上方は横長に艶消しされた金色のレリーフのようなオブジェが飾られています。今ツアーのマークとなっているツアー名が入り、矢が刺さり、且つ、燃え始めた炎が出ているハートが真ん中に大きく取られていて、これを中心に左右に細かい炎が燃え広がっていて、左右の端の方には小ぶりのハートが付いています。全てが金色でして、何だかメリーゴーランドにでもありそうな装飾だなと思いました。真ん中のハートからはライトの演出で細かい線状の光が出ていまして、丁度ハートを中心に線香花火の火花のようになっていました。

ステージの前面は幕として白いオーガンジーのような透ける素材の布が全面に掛けられています。背後のステージセットが朧に見えるようになっているのですが、左右に大きな豪奢なシャンデリアが吊り下げられているのが分かります。全体的にガラスのような素材で出来ているのでしょうか、中心部は明るい青、そして周辺は紫色の光を放っているので、布越しでも割とよく見えるのですね。

あとはステージ上の真ん中に赤と黒が◆◇の模様になっている(模様の名称が分かりません・・・;;;)マットレス状のものが置かれていました。あれはステージが始まってしまったら全く記憶の外に飛んでしまっていたのですが、hydeさんが歌うのに足を掛ける台のようなものだったのかな? ステージ両端はスピーカーとライトがついた縦長の黒い機材らしきものが聳えていました。

開演まで座席でしばし待つわけですが、この間流れているSEがこれまでのライブとは趣きが異なりました。洋楽のロックが流れることが多いと思うのですが(『AWAKE TOUR』は違いましたね。何か不思議な効果音みたいなものでした)、音楽のジャンルに疎いので違うかもしれないのですが、ジャズのような曲なのですよ。知っている有名な曲も有りますし、そうでない曲も有りましたが、リズムが後乗り(だったかな? 映画:『スウィングガールズ』で出て来ていた気がする)で、トランペットの音が全面に押し出されているような曲が多かったです。

ステージのセットといい、流れる曲といい、何やら古き良き時代のアメリカという感じでした。一番近いのがディズニーランドの雰囲気でしょうか。前回のアルバムツアー『AWAKE TOUR 2005』から一転しているなと思いましたネ。

客席に着いてから開演迄待つ間は時間の経過がやたらと遅く感じまして、手からはジンワリと汗が出て、これにより表面の温度が奪われるからなのか、掌は冷たい状態でした。自分でも緊張しているのが分かりました。

開演予定時刻近くなりますと、上下黒いスーツの男性のコンサートスタッフの方々20人位がステージを取り囲むように等間隔に客席の方を向いて、立ち並びました。そして何やら黒と黄色でよじった工事現場で見るようなロープが1本出されて来まして、これをこのスタッフの方々が横並びに手に持ちました。要はステージに侵入禁止の意味あいのものですね。このスタッフの方々を見て、『視界に入って来て、(失礼ながら)邪魔だなー。』と思ってしまいましたヨ。尤もこの方たちは後にライブが始まると観客が全員立つので隠れてしまいまして、全く気にならなくなるのですけれどネ。

さて、今か今かと待ちながら開演予定の18:30を丁度5分程経過した頃、遂に客電が落ちました! 館内の皆さんは諸手を挙げて、大歓声を発します。

最初に、確かここでもジャズ調の曲だったと思うのですが、これが背後に流れる中、ステージに張られた白い布がスクリーン代わりとなって宇宙を描いたアニメーション画像が映し出されました。ここにロケットだか宇宙船だかが現れました。

やがて、ヒュンッと『hyde』の文字が中央に現れ、画面の端から矢が飛んで来て『hyde』の文字に突き刺さり、この瞬間名前がボッと燃え上がって消滅します(全て映像です。念の為。)。消滅した瞬間、思わず『ああッ・・・。』と小さく声を上げてしまいました。『消滅なんてちょっと縁起が悪いんじゃ・・・。』なんてマイナス思考になってしまったからですね・・・(^-^; まあとにかくこれがkenちゃん分、teっちゃん分、ユッキー分と同様に続きます。

この後、『in』の文字が流れて、『L'Arc~en~Ciel』の文字が続きまして、ここまでで映像終了です(確か)。『L'Arc~en~Ciel』の文字に場内の大歓声が更に大きくなったところで、白布が無くなり(これが上に引き上げられたのか、下に落とされたのか、左右に引かれたのかがどうしても思い出せません;;;)、ステージがパッと明るくなって漸くラルクさんご登場となります。

やがて流れてきた曲はここのところこれしか聴いていなかったといっても過言では無い、『SEVENTH HEAVEN』でした。ラジオ、TV、CDでしか聴いたことの無かった『SEVENTH HEAVEN』を遂にライブで聴くことが出来ましたよー。

実は私は最初の曲は『SHINE』に違いないと思っていました。何と言うか・・・、『精霊の守り人』のTV放送を既に数話分観ていて、あの曲はTVに限らず“オープンニング”というものにとても合うように感じていたのです。違ってしまいました~。

でも最初に『SEVENTH HEAVEN』を持って来たのはとても良かったと思います。このライブに参加している人なら殆どの方が知っているでしょうし、踊れる楽しい曲なわけですから、ライブを盛り上げるには持って来いですよね! 

そうそう、MステSPのTV映像で拝見したときからずっとやりたかった『31』の指差しですが、あれもやっと出来ました。でもこれはちょっと意外だったのですが、てっきり会場にいらっしゃる方が皆さんやられると思っていたのですよ。でも3分の2・・・、若しくは半分程度の方しかやっていなかったように見えました。MステSP参加の方々の綺麗に揃っていた指先が強く印象に残っていたので、アレッ?、と思いました。

まあよくよく考えてみるとMステSPのときは、参加された方から頂いたコメントによると事前にリハーサルの練習も有ったらしいですし、あちらの方が特別だったのかも知れませんネ;;;

さて、まずセットリストですが、曲名不明が多々有ります。記憶違いも多少有ると思いますが、大体以下のような感じだったと思います。

<本編>
01.『SEVENTH HEAVEN』
02.『Killing Me』
03.『the Fourth Avenue Cafe』
04.新曲1(ラニバご披露の新曲。hydeさんが口頭で曲名を伝えて下さっただけなので、表記不明です。『バイバイ』か『Bye-Bye』か『ばいばい』辺り?)
05. 新曲2(私の仮称『ライズ(=Lies and Truth)風』)
06.新曲3(私の仮称『雪バラード』)
07.『Caress of Venus』
08.『MY HEART DRAWS A DREAM』
09. 新曲4(私の仮称『神の裁きを』)
10. 新曲5(私の仮称『BLACK ROSE』)
11.『Driver's High』
12.『REVELATION』
13.新曲6(私の仮称『水着おねーさん』)
14.『READY STEADY GO』

<EN1>(P'UNK~EN~CIEL)
15.『Round and Round 2005』
16.『HONEY 2007』

<EN2>
17.『SHINE』
18.『metropolis』
19.『自由への招待』
20.『Link』
21.『いばらの涙』
22.『叙情詩』
(おまけ:最後のSEはお馴染みエンヤさんの『BOOK OF DAYS』)

2曲目:『Killing Me』は相変わらずライブ映えする曲だなと思いました。最初から最後までテンションが殆ど上がりっ放しの曲ですものね。hydeさんが制作に悩み悩んだ曲(メンバーさんや岡野さんがどういう曲なのか中々理解して下さらないという苦作だったのですよね。後からteっちゃんのみはhydeさんの意図が初めからよく分かっていたことが判明しましたが・・・(^-^;))ですが、私は最初に聴いたときから大好きでしたヨ。

お次の『the Fourth Avenue Cafe』の前奏が流れたとき、やはりラニバに来られなかった方々のことも考えたセットリストにしてあるのだなと思いました。私はこの曲自体は物凄く好きというわけでもなく普通といった感じなのですが、ラルクさんのファンへの思いやり的なことを感じて、嬉しかったですね。

4曲目のラニバでの新曲ですが、この曲のみ唯一hydeさんが新曲の中で曲名を教えて下さいました。先にも書いた通り、タイトルの音(おと)は『バイバイ』ですが表記不明です。意表を突いて今時はやりの曲に有りそうな『BA ・I・ BA ・I』とかだったら、ちょっとショックかも・・・。とまあこれはおいておいて、どんな曲だったか自力ではもうメロディを思い出せない状態だったのですが、曲が始まった途端に『ああ、ラニバの曲だ。』と分かりましたね。やはり2回聴いていると記憶に残っているものなのですね。

初聴きのときに感じたものと然程変わらず、柔らかい・優しいフンワリとしたイメージが有ります。ピピピッと来るようなインパクトは無いのですが、雰囲気の良い曲だと思いました。

5曲目から初聴き曲が遂に来ました。『ライズ風』としたのは決して『Lies and Truth』に似ているからというわけでは有りません。・・・、いえ、強いて言うなら音の成分というのでしょうか、使っている音が似ている部分があるような気がする・・・、という何とも言い難い感想なのです。メロディラインは全然違うと思います。でも今ではもうどんな曲なのか全く思い出せません。

6曲目の初聴き曲ですが『雪バラード』としたのはそもそも演出に雪が入っていたからです。場内が暗くなり、前方のステージ奥のスクリーンに部屋の中から見た小さな窓が映り、雪降る外の景色が見えるのですよ。この窓には左右の端に寄せられた小さなカーテンがついています。ステージ上方の更に上部分から天井に続く部分まで、雪を模した白い水玉模様のライトが点々と照らされます。

このような中、最初はパイプオルガンだったと思うのですが(違うかも?)の前奏が入り、やがてhydeさんの高らかな歌声が響き渡ります。この曲が私にとっては非常に衝撃的でした。バラード調の曲で、まさにウィンターソングでした。とても綺麗な音色の曲なのですよ。もう感動で涙ボロボロでした。

と涙しつつもこれからまさに夏に向かいつつある中、且つ、熱気いっぱいの会場にこんなウィンターソングが・・・と若干チグハグな印象を受けたことは否めないのですが、考えてみるとこの曲が入るであろうアルバムは11月リリースなのですよね。となるとリリース時期から見るととてもいいのでは無いかと思いました。

これはもしかするとの予想ですが、アルバムの先行シングルにするつもりなのかなとも思いましたね。『瞳の住人』以来、バラードをシングルで切っていないですよね。印象的な演出の効果も加わったせいもありますが、曲自体がかなり初聴きで人の心を捉える力が有るように思えました。この曲は今でも出だし部分は結構覚えていたりします。誰の作曲で何というタイトルなのでしょう? 気になります。

シンミリと聴かせた後は一気に『Caress of Venus』で盛り上がりました。でもですね・・・、hydeさん、やってしまいましたヨ。割と最初の方に歌詞が飛んでしまいまして、モゴモゴ仰っていました。会場からはクスクスと笑い声が・・・(^-^; ちょっと持ち直しに時間が掛かったのですが、小声で『ゴメン。』とマイクを通して謝罪を入れられた後、何とか復活出来ました。演奏し直し事態は免れて良かったですね、hydeさん!

この後、kenちゃんのギターの音が流れます。じっと耳を澄ませて聴き入っていると、やがて聴いたことのあるフレーズが流れて来ました。そうです、ネットでロングバージョン(=1番だけフル)で聴いていた『MY HEART DRAWS A DREAM』でした。『やっと本当のフルで聴くことが出来る!!』とまたしても涙が出てしまいました。レガシィCMでは流れない、CM部分後の高音フレーズも朗々と響きました。本当のフルはやはり違いますねー。思わずジワッと来てしまいました。

そうそう、確かこの曲だったと思うのですが(『SHINE』と少々混同している部分が有りまして・・・)、最後の方で『アレレ?』と思いました。というのも丁度前の人の頭でhydeさん、kenちゃん、ユッキーしか見えない状態だったのですが、hydeさんがマイクに手を持って行っていないのに、メインフレーズの歌声が聴こえるのです。

『どういうこと!?』と思って、前の人の頭の陰からteっちゃんに目をやると、teっちゃんがスタンドマイクに向かって歌っているでは有りませんか! そんなに長くないのですが、ここに途中からhydeさんがハモリに入りそれはそれは綺麗なツインボーカルになった後、hydeさんが再びメインボーカルを引き取って、最後の部分を歌い切るという構成になっていたのです(ちょっと記憶に自信が有りません・・・)。ここがとても素敵でゾワゾワッと鳥肌が立つのを感じました。

『MY HEART DRAWS A DREAM』は意外性のある曲だと思いました。リリースされてTV放送するときとか、このteっちゃんメインボーカル部分も映すのでしょうかねー? なんて先々のことまで考えてしまったのですが、これはラルクさんとしては今までシングルでは無かったことで(P'UNK~EN~CIELでパートチェンジは有るけれど)、斬新ですよね。やっぱりラルクさんは絶えなく驚きを下さいますネ!

9曲目が仮称:『神の裁きを』なのですが、これは曲の最後の部分をこのように歌っていらっしゃったように聴こえたからです。元々聴き取りには自信が無くて、新曲の歌詞は殆ど分からないまま曲が終わってしまうことが多いです。この曲は最後をhydeさんが上半身を半分前に折りながら、渾身の力を込めて歌われていた印象が強いです。結構いい曲だったと思うのですが、これまた記憶に残っておりません(^-^;

あとは演出も印象に残っています。よくラルクさんが『fate』を演奏されるときに使う、緑色の線状のレーザー光線が有りますよね。曲の始まり時はあれと同じようなものが一筋だけ(かな?)ステージの上方からhydeさんのみを照らしています。やがて、曲の広がりと共にこのレーザー光線が上の一点を起点として長傘の骨のように筋が幾つも放射状に広がるのです。

10曲目は仮称:『BLACK ROSE』ですがこれは激し目の曲だったと思います。こういったアップテンポの曲は本当に記憶に残りませんで・・・(^-^; 好きになれそうかそうでないのかの判断も出来なかったですね。この曲の始まる直前、後ろのスクリーンに不意に銃弾で開けたような穴が一つ空きます。続けて銃を連射したような感じで次々と穴が空き、この後に『○○ BLACK ROSE』という文字がスクリーンに出まして、演奏中はずっとこの状態だったですね。多分タイトルなのでは無いかと思いました。

ちなみに私は目が悪いのか、理解能力が無いのか、○○部分の2文字のアルファベットが読み取れませんでした。『MR』?、『BR』?、うーん、情け無い話です。そもそもアルファベットでは無かったのかな?

13曲目は仮称:『水着おねーさん』ですが、これは演出による命名です。バックのスクリーンに水着の女性が大小・遠近と様々な形で映り、色々なポーズを取ります。ステージ左右に階段がついていて、ここを上ったところは高さ2m位はあるのかな?、一段高めのサブステージのようになっているのですが、この曲のときはhydeさんはこのステージに上がり、自身も何やらノリノリで歌って踊られていました。とても楽しそうでしたヨ。

バックの水着おねーさんはスクリーンに大きく映り、この前で小さいhydeさんがちょこまかと踊られている大きさのギャップというのでしょうか、これが何やらおかしかったです。あ、でもこれはhydeさんが小さいからではなく、バックのおねーさんが大きいことによるものなので、hydeさん以外の方が踊られても、やっぱり同じようにおかしく感じたと思います!(・・・とちょっと取り繕ってみる)

曲調は明るく楽しい感じなのでしょうかねー。映像のせいか、どうもイメージとしてオ○ンジレ○ジさんが浮かんでしまいましたヨ。あ、曲は全然違うと思います。あくまでもイメージです。

『READY STEADY GO』になり、特効で銀テープが飛びました。これを見た瞬間、『ああ、もう本編はお仕舞いか・・・。』と察知して、悲しくなってしまいました。盛り上がる曲なのに、悲哀を感じながら聴くって寂しいものですねー・・・。

アンコール部分でP'UNK~EN~CIELさんが登場されました。パンクさんは2曲演奏されましたね。今回初のお披露目となった『HONEY 2007』ですが、これはCDで聴いて想像していたよりもずっと楽しかったです。

最初は和やかに首を横に左右に振ってノっているわけですが、ユッキーがスタンドマイクに向かって『1・2・3・4!』と叫んだ後のサビ部分はいきなり激しい縦ノリになり、突き上げる腕も小刻みにしないとならず、狂乱じみた感じだったのですヨ(^-^; でもとにかく楽しかったです。そういえば、この緩め部分と激しい部分の落差をどこかで体験したような気がする・・・と思いまして、HYDEさんソロの『Lucy in the Sky with Diamonds』をライブで聴くときと似ているかも知れないなと感じました。

こんな風に盛り上がることをkenちゃんがきちんと計算して作られたような気がしました。kenちゃんてこういうところを敏感に察知しそうに思います。

P'UNK~EN~CIELさん後のラルクさんへのステージセット組み替え時は前方スクリーンにカーレースのテレビゲームのような感じで、夜の高速道路を『P'UNK~EN~CIEL』の名前が入ったトラックが滑走する映像が映りました。途中トンネルを潜ってトラックが見えなくなるのですが、トンネルを通過した後はトラックの名前は『L'Arc~en~Ciel』に変わっているのですね。ここで皆さん、オーッという歓声を上げていましたね。

このトラックの走る背景はアメリカっぽかったですね。途中ゴールデンゲートブリッジのような橋を渡り、道が途切れた!ッと思ったら、横からのアングルで映りまして、大型船が通るときに橋の両端が持ち上がる状態があるではないですか、あのような状態になっていることが分かり、橋と橋の間隔が離れているところをこのトラックが勢いで一瞬空を飛び、向こう側に渡れたことが分かります。ここでも観客から驚きの声が洩れます。

まだまだ走り、何処へ行くのかなーと思っていると、やがて『秋田』の標識が現れるのですね。終点に到着するとそこは秋田で、(確かトラックの運転手だった)シエルちゃんが秋田の名物『竿燈(かんとう)まつり』の竿燈となまはげのシルエットに囲まれてポーズを決めていました。そうそう、今回の秋田行きで恥ずかしながら初めて知ったのですが『竿燈まつり』は東北三大まつりの一つなのですネ;;; 他は青森のねぶた祭り、仙台の七夕祭りでしょうか?(これも怪しい・・・) 

こんな風に毎回公演毎に映像の内容を変えるのかなと考えると、随分と手が込んでいるなと思いました。

17曲目:『SHINE』は曲の開始から直ぐに分かりました。冒頭はTVで使われているものと同様ですね。何やらシンセサイザーのようなものを使い、鳥が空を滑空するようなイメージの音が静かに流れ出し、hydeさんが一気にサビ部分から入られました。hydeさんの歌声に聴き入ってしまいました。この曲のときももう最初から涙涙でしたよー(*^-^*) ずっとライブで聴きたいと思っていましたからね。ライブはネットやTVで聴いていたものとはまた違います。

TVで使われている歌詞の部分が中々出て来ないなと思っていたのですが、曲の一番最後の部分で使われていました。てっきり曲の1番目の歌詞かと思っていたので、TVで採用する部分としては最後というのはちょっと変わっているように感じました。

18曲目:『metropolis』もラニバでの話題曲ですね;;; 今回も笑わせて頂きました。曲の途中からスクリーンにライブ映像では無く事前どこかで撮影された立ち姿のhydeさんが映り、最初は顔部分のみが映っているのですが、徐々に下の方にカメラの位置が降りて行き、映る体の部位が変遷します。

『もしや・・・!?』と思っていると、案の上、歌詞の『○○を癒して~』の部分ではhydeさんの大事な場所が画面に映り、移動していたカメラの位置はここで固定されれます・・・;;; 余程ラニバでの演出がお気に召したのですね・・・。今回はhydeさんでしたが、もしかして、公演毎に映す対象者が異なるのかも?、とも思いました。

20曲目:『Link』ではhydeさんの動きがとても可愛らしかったです。『大空へと僕は真っ白に舞い上がり守ってあげる』の部分がありますよね。ここではhydeさんは歌わないでファンに歌わせて、自分は『大空』あたりで両手を広げて、『守ってあげる』では両手の掌を前で合わせ、拝むようなポーズを取られたのです。間にもうちょっと細かい動きが有ったと思うのですが、記憶が定かでは有りません。この最後の拝むポーズが何とも言えず可愛かったのですよー(*^-^*)

『Link』の後、ステージが暗転します。『あー、次の曲で最後っていうhydeさんの言葉が来るんだなー。』とこれまた察知してしまいましたヨ。予想通り、『次の曲で最後になってしまいました。』といった内容のhydeさんの台詞でした。『今回のツアーのラストを飾る曲は何なのかな?、まだ最後に物凄い隠し玉が有るのでは!?』と頭の中を色々巡らせてしまいました。

hydeさんは続けて、『kenちゃんが凄いいい曲を作って来てねー、それで・・・。』と仰られたので、またしてもkenちゃんがhydeさんを感動させる曲をお作りになったのね・・・と微笑ましく、そして、期待でドキドキしながら聞いていたのですが、ここからがおかしかったですね。

kenちゃん、テレ隠しの為なのか、いきなりここで『いばらの涙』(hydeさん作曲)の冒頭のアルペジオを弾かれるでは有りませんか。ここでhydeさんは脱力されて、『違ーう!』というような突っ込みを入れ、ユッキーもドラムを叩いて突っ込みに加勢されていました。会場も盛り上がりましたねー。

この後奇跡的なことが起こりました。hydeさんからだったのかな、『それじゃ、『いばらの涙』、やってみる?』というような話の流れになり、急遽、セットリストに入っていなかった『いばらの涙』を演奏して頂けることになりました。

hydeさんが『全然練習してないんだよなー。でも、まあ、練習しないでどこまでやれるかやってみよう。』と仰っていまして、『まさかこんなことが!!!』と驚きました!(@_@) そもそも今回のツアー用に『いばらの涙』は準備されていなかったようなのですよ。私がラルクさんファンになって数年経ちますが、かつてこんなことは無かった筈です。

こうして『いばらの涙』の演奏が始まりました。『練習していない』割には全く遜色無くいつものように素敵な演奏でしたよ。演奏もそうなのですが、驚いたのがライティングです。『いばらの涙』でよく使う赤系のライトがサッとステージを照らし、サビでは一際強い白のライトがついたのです。こんな即席の演奏にも対応出来るなんて凄い!!!、と驚いてしまいました。あまりにもよく出来ていて、『もしかして、サプライズと見せ掛けて、初めからやるつもりだったんじゃ・・・。』などと疑ってしまった位です(^-^;

曲演奏が終わった後がまたおかしかったですね。hydeさんが、『何か足りないと思ったんだよね。『抱いて~』の部分で(いつもならギターを弾くのに)ギターが無い! と思って、ハンドマイクでギターを弾くような振りをしちゃったよー』といったようなことを仰ったからです。私も全く気付かなかったのですが、そうでした、『いばらの涙』はhydeさんもギターをお弾きになるツインギターの曲でした;;; これにも会場は大爆笑でした。

とにかくこんなサプライズは二度とお目に掛かれないかも知れないですし、貴重な体験をさせて頂きました!

さて、こうして再び最後の曲紹介に戻りました。hydeさんが『曲紹介まで随分遠回りしてしまったけれど・・・』と前置きされたのがまたまた笑えました。確かに曲を紹介するまで、間にまるまる1曲の演奏が入るなんで通常有り得ません。紹介された曲は先にも書きました通り、『叙情詩』でした。

てっきり新曲かなと思っていたので、『エーッ』とも思ったのですが、『叙情詩』は特にライブで聴くのが大好きな曲ですし、今日はやらないのかな?とちょっと不思議にも思っていたので(hydeさんの大のお気に入り曲なので、多分セットリストを考える担当になっているであろうhydeさんは入れてくると思っていた)、これはこれで良かったです。

最後いつの間にやらステージ上方中央に大型のミラーボールが出て来ていて、オレンジ色の光を放ちながら、キラキラと回っていました。やっぱりラルクさんライブの最後はしっとりと終わりますね。

演奏曲はこのような感じでした。

次にMCについて少々書きます。メンバーさんが仰ったことをそのままは覚えていないので、ニュアンスのみお伝えするだけになります。

hydeさんは最初の方で『今日は新曲をいっぱい持って来たからー。とにかく聴いてくれ。』といった感じに仰っていましたね。

また秋田には前日に着いて、色々と周辺をグルグルと周られたらしいのですが、ライブのMCのネタが見つかるかと思っていたら、どうも何も得られるものが無かったらしく、『秋田は何も無いね~!』としみじみと仰っていました。

私も秋田内をそれ程周ったことがあるわけでは無いのですが、白神山地は原生林が見事だったし、十二湖の水の色は青インクのように澄んで綺麗だったし、桜の季節だったら角館の枝垂桜や桧木内川沿いの桜が美しかったし、男鹿半島の様々な岩の形が面白かったし・・・と色々見所は有るのではないかと思い、エーッという感じでしたね(^-^;

hydeさんもちょっと奥まったところに行くとか、季節を変えて巡るとかするとまた違った印象を持たれるのではないかと思いました。

そうそう、hydeさんが仰るには、hydeさんが何も無いとお感じになっているその横で、ユッキーが恐らくご自身のソロライブで周られたからだと思うのですが、『お、ここも知ってる。』『お、ここも!』みたいな感じだったらしいです。ユッキーのこのときの様子は凄かったと仰っていたのがおかしかったです。

あとはこれも最初の方のhydeさんのMCですが、秋田は秋田美人が多いということで今日はここに期待している風に仰っていました。(秋田というのではなく)いつもはhydeさんがファンの前に出て行くと、ファンが駆け寄ってくる感じなので、今日はこっちからじっくり眺めるので、見られたら『イヤーン。』みたいな風に応対してね、といったことも仰っていました。この『イヤーン。』のときに左肩を前の方に突き出して、クネッとしたポーズを取られたので、笑ってしまいましたヨ。

hydeさんが秋田で感動していらっしゃったのはやはり食べ物でした;;; hydeさんが地方を周られるときに食べ物ネタがMCに出ないことはまず有りませんネ! 今回は前日にまずきりたんぽを食べたらしいのですが、これには特別に何もお思いにならなかったそうです。そうですかねー、きりたんぽ、美味しいですけれどねー。

この後、やはり前日に『かいほう』(と聴こえた)という日本酒が美味しかったと仰っていました。さすがお酒好きhydeさん、お酒に目が無いですね。『よし、お土産に買って帰ろう!』と思いまして、これはライブ後の話になりますが、秋田からの帰り掛けにお土産屋さんで探しました。でも『かいほう』は無くてですね、並んでいるお酒の銘柄を見て、すぐに『刈穂』(かりほ)だったのかなと気付きました。多分合ってますよね!?

酒度+14度の超辛口となっているものだったのですが、先程冷酒でお味見してみました。お酒は決して強くないのですが、冷酒は比較的飲み易いですよね。口に含んでみると、飲み込んだ後に確かにピリピリと来ますネ。でも中々のお味でしたヨ。

以前、ラルクさんライブで大阪に行った時、hydeさんが蓬莱の肉まんの話をされていて、食べたことが無かったので、これも帰り掛けに買いました。何だかhydeさんは営業マンのようで、hydeさんが何かを美味しい!、と仰る度に口にしたことが無いもの中心ですが、ついつい買ってしまいます。

hydeさんは今日のライブでの自分へのご褒美に大好きな稲庭うどんを食べるとも仰っていました。稲庭うどんは普段から食べていらっしゃるそうで、自分のことを『イナニー』って呼んでねとまで仰ってしました。やがて、話がhydeさんの愛する(?)下ネタの方向に進みまして、『イナニーにはいつもお世話になっています。』なんてことまで言い出されていましたヨ。観客は失笑という感じでしたかねー。会場から早速『イナニー!』との掛け声が掛かっていました。

kenちゃんのMCコーナーも有ったのですが、9年振りの秋田公演ということで、まず『9年前にライブに来た人!』と手を挙げさせていましたね。これはチラホラという感じでした。20人に1人位かな? 次に『9年前にライブに来ていない人!』とお尋ねになっていました。これは当然残り全部です。そして、『9年前にライブに来たかったけど来れなかった人!』と訊いていまして、これは結構手が挙がっていました。どこまで観客の皆さんが正直にお答えになっているのかは不明でしたが、昔からのファンが居て、その後新しくファンになった人も居て・・・という感じなのだろうなと思いました。

この後kenちゃんも下ネタに走っていましたねー(^-^; 9年前に童○だった人・○女だった人といった感じに次々と挙手させていらっしゃいました。とこんな風ながらも、最後は今は物凄く楽しくライブ出来ています!、といったような嬉しいお言葉を下さいまして、思わず微笑んでしまいました。

実際、kenちゃんからはライブ中、ライブ楽しいオーラを物凄く感じたのですよ。演奏開始時はサングラスに咥え煙草でちょっと近寄り難い感じさえしたのですが、途中からは盛り上がる楽しい曲のときは客席を見ながらニッコニコの満面の笑みだったのです。あまりにも客席を見るので、目が合っちゃうーとか内心ドキドキしてしまいましたヨ。

これに比べると反対サイドを占めるteっちゃんはいつもながら冷静な感じに見えました。あまりteっちゃんはニコニコしながらの演奏というのは見ない気がしますね。お客さんを煽るようなことも然程なさらないですしね。こういったteっちゃんのお姿を拝見していて、『どんなライブでも70点を目指す』と仰るteっちゃんのお言葉がふと浮かびました。

teっちゃんのMCは無かったのですが、例の如くバナナ投げはされていましたね。P'UNK~EN~CIELさん登場時に両手にお持ちでしたし、ライブ終了後は3本投げていたかな。ライブ終了後の方の最後の1本は綺麗な放物線を描いて、2階席に届いていましたヨ。ビックリしました! 上の方の階でもバナナ入手チャンスが有るのですね~。

ユッキーのMCコーナーは無かったです。

そうそう、hydeさんの最後の方のMCでですが、ライブが始まってまだ間もないけれど、毎回試行錯誤しながらやっているといったことを仰っていました。今日はここが良くなかったから明日はここをこうしてみよう、といった感じだそうです。HYDEさんのソロライブのときもこのような感じでしたね。ユッキーソロの方も多分同じようだったのでないでしょうか。まだ手探りでやっている状態で、今後ライブが成長していくんだなぁと感じました。その過程を全て見届けたいものですが、まあ当然無理な話でこのことが寂しかったですね。

それから、hydeさんは秋田には今度何時来るか分からないけど、こんなこと(=『いばらの涙』のハプニングを指している)が有ったし、忘れねーか・・・というようなことも仰っていました。秋田公演のみライブに参加される方も大勢いらっしゃるでしょうし、とてもいい思い出になったのでは無いでしょうか。もちろん私もですが・・・。

あと、よくインタビューでも言っているんだけど、と前置きされてから、自分はミュージシャンなので、何かを伝えるときは言葉ではなく曲で伝えたいと思うというようなことを仰いましてねー、この言葉に思わずホロリと来てしまいました。泣かせて下さいます・・・(>_<)。。。

服装等のことを少々書きます。hydeさんは黒のノースリーブのブラウスっぽいものをお召しになっていて、下も黒いズボンだったと思います。ブラウスは襟ぐりがV字型にカットされていて、上方にはちょこっと小さい襟が付いているようなものでした。

右手には今ツアーのライブグッズとなっているリストバンドを付け、左手は銀色のチェーンになっているブレスレットをされていました。髪の毛は無造作な自然体のままのhydeさんでした。DVDに残すことが決まっているようなライブですと、hydeさんはいつも髪の毛を色々と細工されまして、これが私にとっては逆効果で『う~ん・・・。』となることが多いので(申し訳ございません)、今回は良かったと思います(^-^)

外見は上から下まで殆ど黒一色ですし、極めてシンプルでした。そうそう、ちょっとお痩せになられましたかねー? 若干頬がこけ気味に見えたのですが、気のせいでしょうか。

kenちゃんはライトブラウンのインナーに上下黒のスーツできめていました。途中から上着を抜がれていましたけれどね。kenちゃんがスクリーンにアップになったときに、ラルクさんのツアーに入ると美味しいものばかりスタッフに食べさせられるので太る・・・、と仰っていたことを思い出し、顔の形をチェックしてしまいましたヨ。でも今のところ、太った兆候は無いような感じでした。ホッ、このままスマートなままのkenちゃんで居て下さいませ。

teっちゃんは白のブラウスに赤のタータンチェックのネクタイ、下はスカートだったかズボンだったか両方だったかこれがまた思い出せ無いのですが、ネクタイと同柄のものをお召しになっていました。teっちゃんは髪の毛が凄いことになっていましたねー。赤系統と銀色の二色の紐を髪の毛の後ろの方に編み込んでいて、後姿はハデハデでした。最近、あの手のヘアスタイルを好まれますよね。

ユッキーはドラムの陰に隠れてあまり良く見えなかったのですが、黒のTシャツに何やら白の絵柄が入っていたものを着ていらっしゃいました。

今回はteっちゃんがP'UNK~EN~CIELさんで着替えされた他は、皆さん衣装替えは有りませんでした。やはり公演数が多いので、そこまで衣装代を掛けられないのかなーなどと思ってしまいました・・・;;;

今回は演出としては何度か書きましたがステージ奥全面に大きなスクリーンが有り、これが多様されていましたね。あと始まる前に布越しに薄っすら見えたシャンデリアですが、様々な光の色を出せるような不思議なもので、これがかなり効果的に使われていたと思います。

開幕してよくよく見ますと、このシャンデリアの形は太い円柱のような芯の部分が真ん中にあり、これを取り囲むように上段と下段の二層で、蝋燭状のものが周囲を取り巻いています。下段の方が上段よりも円周が大きかったので、見目で安定感が有りました。とにかく全体がガラスというか電球というかそんな感じで出来ているので、内部から発光させる色合いで全く違った雰囲気に見えるのです。ちょっと仕組みとか知りたいですね。そのうちLE-CIELさん会報あたりに掲載されるのでは無いかしら?

今回のライブはもっと度肝を抜かれるような物凄い演出が有るのでは、と思っていた面も有ったのですがそこまで驚くものは無かったかなと思いました。このことが期待ハズレとか悪いとかは全く思っていなくて、むしろ、いつもの心の籠もった素敵ライブだったなという印象です。

とにかく全く聴いたことの無い曲が結構有りまして、こういった曲のときはやはり観客は只管聴き入るのみでやはりノリ辛いですよね。でもこれは恐らくラルクさん側にも言えることで、演奏し辛い面が有るだろうなと感じました。ラルクさん側にも観客側にも双方ある種の緊張感が有りまして、こうした初聴き曲満載のライブに参加出来たことはとても新鮮でした。

新曲が多いことも有ってか、セットリストは新旧を上手く取り混ぜた並びになっているなと思いました。新曲を少しやると、誰もが知っている楽しめる曲をやって盛り上げる、といった具合にです。今回、各公演毎にどこまでセットリストを変えてやっているのかは全く不明ですが、今まで以上に並び順を考えるのは難しいように思いました。

とにかくラルクさんファンになって以来、長年に渡りずっと参加を夢見ていたラルクさんのワンマンのホールライブに漸く参加することが出来ました。曲だったりMCだったり、何度もラルクさんには泣かされてしまいました。自分に大きな感動をプレゼントしようと、まっさらの何も無い状態でライブに参加しましたが、プレゼントを心行くまで堪能出来たと思います。素敵なライブ体験をさせて下さいましたラルクさんには心底感謝致します。有難うございました(*^-^*)
【2007/06/17 07:36】 | ラルクLIVE関連 | トラックバック(0) | コメント(7) | Top↑

これから今ツアー初参加
今日はやっと長きに渡り待ち侘びた、今年のラルクさんツアーの初参加日となりました。とうとうライブ内容に関する情報を一切仕入れないままの状態を保持致しました。どんなライブになっているのかあれこれ想像するだけで楽しいです。

ラルクさんがなさるライブはアルバムをリリースしてからのアルバムツアーが多く、いつも新アルバムを十分に聴いてからライブに臨むのですが、今回はライブの演奏曲に対する準備としては『SEVENTH HEAVEN』のCDを繰り返し聴くこと位でした。何だかいつもよりも事前に聴く曲数が圧倒的に少ないので、心許ない気さえするのですが、何といっても対象となるアルバムがリリースされていませんからねー・・・。これ以上、したくても準備出来ないのですよね(^-^;

このように未知の部分が大半を占める状態でラルクさんライブに参加するのは初めてです。ライブに対する心理状態がいつもと違います。ファンにライブへの新しい形での参加をさせて下さるというのも今回の狙いの一つなのかなと思います。

ライブについてちょっとだけ予想してみます。

当記事をお読み下さっている方々の中には既にここのところの3公演について色々ご存知の方もいらっしゃると思いますので、私の記載することをご覧になったら、「全然違う!」とかお感じになって吹き出してしまわれるかも知れませんね;;;

演奏曲は『Link』、『SEVENTH HEAVEN』、『MY HEART DRAWS A DREAM』、『SHINE』、L'Anniversary Liveでご披露された新曲、P'UNK~EN~CIELでの『HONEY』の6曲はほぼ確実に演奏されるでしょう。

何かのインタビューでhydeさんが『鬼のように新曲を聴かせる』と仰っていたので、この他に新曲を6曲位演奏されるのではないかと思います。恐らく最初からアルバム収録の新曲全ては演奏されないのでは無いでしょうか。

全部でセットリストは20曲との前提で考えると、あと8曲は既存曲になりますね。やはり最近の定番になりつつある曲はやるのかなー。『READY STEADY GO』、『New World』、『Killing Me』あたり。あとは『叙情詩』はやりそう(hydeさんが気に入っているから)。『AWAKE』のアルバム曲からは『AS ONE』、『My Dear』(kenちゃんがL'Anniversary Liveで希望を出したけれど叶わなかったので・・・)。

あとはL'Anniversary Liveに参加出来なかった方々の為に、当ライブの目玉曲であった『the Fourth Avenue Cafe』、『White Feathers』あたりを挙げておきます。

演出については、最近のツアーとは異なり小規模会場ばかりなので、この小ささを活かした演出が有るのではないかと思います。例えば・・・、これは難しいかも知れませんが、メンバーさんが客席の通路を通られて、観客と大接近・・・とか。

MCはメンバーさん全員が毎回何かを話して下さるような気がします。あ、でもteっちゃんはやっぱりバナナ投げでしょうね。今回は人数も少なめだし、バナナを手に出来る確率はいつもより遥かに高いですね~。

昨年のHYDEさんソロライブのときも思ったのですが、記憶力を上げたいです。新曲を沢山聴くのは嬉しいですが、聴き取るのにせいいっぱいで吟味するところまで行かないですからねー。あとからどんな曲だったのか思い出せるよう、全身で受け止めるよう頑張ります。では秋田に行って参ります!(^-^)
【2007/06/15 05:12】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

ラルクさんの5カ月連続リリース
目下、ラルクさん情報については、オフィシャルHPやLE-CIELサイトさんのライブ内容に直接関係しない当たり障りの無いものだけを拝見する日々が続いております。自らを進んで律しながらも、うら寂しい気持ちが増幅して来る今日この頃です(^-^; 今となっては・・・、やっとラルクさんにお会い出来る日が明後日に迫りました。今のこの状態も当日の楽しみだけに思いを馳せて、耐え抜きます!

と、このような中、今日の日中に携帯電話にLE-CIELさんから届いたメールには色々な意味で衝撃を受けました!(@_@) 知りたかったことが(全容では無いですが)不意を突いて示された感じがしました。

文頭は『ラルク アン シエル ロケットスタート!』となっていて、5カ月連続リリースのことが書かれていました。まだご存知無い方はラルクさんのオフィシャルHPに既にこの内容が掲載されています。

一番驚いたのはアルバム発売が11月ということでした。よもや11月まで引っ張るとは思いにも寄らなかったというのが正直なところです(^-^; 昨年末から曲作りを始められていることはメンバーさんの言動から知らされていて、それがほぼ1年後のリリースに向けたものとは想定外でしたヨ・・・。

ただ今年に入ってからメンバーさんから時々ポロリと報告されるアルバムの進行状況を耳にしますと、随分とゆったりしたペースのようにも思えて、更にリリース時期が気になるようになり、発表をずっと待ち侘びておりました。やっと発表されたと思ったら前述の通りでして、あまりにも未来で驚きました。

既にリリースされている『Link』と『SEVENTH HEAVEN』、及び、これから発売されるシングル3枚がアルバム収録曲となるのでしょうか。もしかするとシングル3枚の内の1枚は丁度『Link』のような位置付けで、次回アルバム用に取って置かれる可能性も有るのかとも思います。こちらの方がアルバムにアルバムオンリーのオリジナル曲がより多く収録されそうですし、次回アルバムが有ることの期待を持てたままの状態で居られるしで、私としては望ましいかなと思っております。

L'Anniversary LiveのDVDが9月にリリースされるとはこれまた意外でした。こういったものは割とラルクさんが表立って活動されていない期間を狙ってリリースされるイメージが有ったからです。色々とリリース予定が有る中ですと、買い控える方も出て来て、売上げに影響するとか考えたりはしないのでしょうか?

尤も9月は今のところライブもシングルリリースも無いので、このままライブが無い前提で空白の時間となるのかも知れないですけれどネ。WOWOWさんの放送は良かったのですが、かなり曲数をカットされていたところが頂けなかったので、是非完全な形での収録をお願いしたいです。

『MY HEART DRAWS A DREAM』は昨日の記事で早くとも再来月リリースかといったことを書いたばかりだったのですが、再来月で決定ですね! しかしまだ2カ月以上も先なのですよね(>_<) 早く綺麗な音源のフルバージョンを聴きたいです。それにしてもオフィシャルのあの文面からすると多方面からリリース時期の問い合わせが来ている状態なのでしょうか。多くの方々に関心を持って頂けるのは嬉しいことだと思いました。

大規模会場のライブが何れ有ろうことは容易に想像がつくのですが、何時・どこで、が相変わらず不明のままですね~。やはりアルバムリリース後が一番有りそうな線でしょうか。となると12月!? この通りとすると夏・秋を通り越して、冬になってしまいますね;;; 今年も終わってしまいますヨ。

それにしてもこうして大きな今後の流れが見えてきて、少しずつ今回のプロジェクトの全貌が現れつつ有ります。壮大・遠大なスパンで考えられているのだなと思いました。ラルクさん復活後、『SMILE』ツアー→『AWAKE』ツアー・ASIALIVE→今回、と順を追って、規模が大きくなって行くような気がします。

今回のツアー名の『またハートに火をつけろ!』は最初昔のツアーの二番煎じのように思えて、いまいちピンと来ない名称だなと思ったのですが、98年の『ハートに火をつけろ!』ではツアーで全国を周り、この年から急激にラルクさんファンが増加したのですよね。

『またハートに火をつけろ!』についてもこの年の再来的な感じを目標にしていて、大きな動きの中でファンの裾野をグッと広げて行こうといったことを考えていらっしゃるのかも知れないなと思いました。こんな風にと考えると『またハートに火をつけろ!』の名称も中々いいような気がして来ましたヨ。

うーん、昨日の記事に書いた『CDでーた』の巻頭表紙はもしかするといち早くこのロケットスタート関連のことが掲載されるのかも知れませんね。だとしたら物凄く嬉しいです!(^-^)
【2007/06/13 06:02】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

今月の『CDでーた』って・・・?
以前から気になっているのですが、明後日発売される『CDでーた』誌はラルクさんが巻頭表紙を担当されますよね。一体どんな内容が掲載されるのでしょう? 予告らしいものも特にどこにも無いですよね?(単に私が知らないだけなのかな?)

というのも前号に当たる6月号でもラルクさんは当誌の表紙だったのですよねー。これは『SEVENTH HEAVEN』発売前で、話題の中心はこのことでした。

連続して7月号までラルクさんを大々的に取り上げて下さるのはとても嬉しいのですが、何が載るのかが皆目見当がつきません;;; ちょっと考えたのは『SEVENTH HEAVEN』を更に深く掘り下げる特集なのですが、今更感が漂いますし無さそうですよね。これは直ぐに打ち消しました。

これから2日間位の間に新曲、そうですね、『MY HEART DRAWS A DREAM』あたりのリリース日が発表になり、いち早くこちらを取り上げるとか・・・? うーん、これもあまりなさそうです。通常はリリースに近い時期に宣伝を行うでしょうし、過去の詳細発表のタイミングとリリース日の間隔から考えると、リリースは早くとも再来月かと思われます。

となると期待してしまうのは、ライブ開始前のメンバーさんの思いといったものが語られる特集なのですが、こういうものはあまり雑誌には掲載されたことが無いので、期待だけで終わってしまうのかなとも思います。

そういえば、先月は『CDでーた』さんはこれより少し前に出版された『B-PASS』さんにすっかり差をつけられてしまった感が有りました・・・(^-^; ラルクファンの方々の多くは『B-PASS』さんのゴールド調の華麗なるラルクさんショットに釘付けだったと思います。私もご多分に洩れず、心臓が早鐘のように鳴りました。『CDでーた』さんも頑張ってはくれていましたが、残念ながら格段にインパクトが異なりました。

今回は当面、ライバル他誌さんは居なさそうですし、是非、『CDでーた』さんが胸ときめく素敵な記事をご提供下さるといいなと思います。
【2007/06/12 05:53】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

L'PLAZAのこと
明日からラルクさんのホールツアーの本格的な開始となりますね。よこすかは数少ない関東公演の地で、宿泊費が不要及び交通費が僅かで済むこともあって、切に行きたかったですねぇ・・・。同じような思いを抱えているラルクさんファンが一体どれ程いらっしゃることか・・・と思います。

さて、引き続きラルク関連サイトさんへの訪問を一切しない状態が続いています。何だか浦島太郎になったような心持ちがします。私のPCのお気に入りにはラルク関連サイトさんが沢山登録してありまして、しかもクリックしやすいように上方の階層・位置に表示されます。PCを操作しているとついつい習慣でクリックしそうになり、慌ててマウスポイントの先を逸らせるといった感じです(^-^;

LE-CIEL会員さんのL'PLAZA、登録しましたヨ。でもやはり殆ど中を見ておりませんので、盛況なのかどうかもさっぱり分かりません。L'フレンド(mixiでいうところのマイミクさんですね)は招待メールをくれた、最初からデフォルトでお友達設定になっているCielちゃんオンリーです;;;

それにしても実態を掴んでいない状態でなのですが、L'PLAZAに力を入れる方っていらっしゃるのかどうかが疑問です。機能的にmixiと変わらないように思えまして、mixiのことを考えますと長い時間をかけてじっくりと周囲との関係を作り上げていくものというイメージが有りますので、期間限定という制約付きでは然程熱心に取り組めないのではないかと考えるからです。なーんて難しく考えすぎでしょうかネ?(^-^; 

あ、ただ、mixiは18歳以上でしたっけ、建前としては年齢制限が有りますよね。加入時年齢を証明するものは不要ですし、これがどこまで活きているのかは怪しいものですが、L'PLAZAは制限が無いようでした。mixiと違いは有りますね。

最初登録したときに上方に『BBS』のアイコンが有って、コミュニティ会員が書き込み出来るのはもちろんのこと、もしかするとラルクメンバーさんも書き込みして下さるスペースなのかと思いまして見たのですが、『ここは使えません』といったような内容が表示され、何もないことが分かりました。今日見たところ、アイコン自体がなくなっていたと思うのですが、現在も構成自体を整備中なのでしょうか? 

特設サイト自体も今は殆ど見ていないのですが、メンバーさん自身が書き込みされるような場はどこかに有るのでしょうかね? これが有るととても嬉しいのにな~と思っております。
【2007/06/11 06:10】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

先日の旅行の話
当ブログはラルクさん関連記事が99.9%を占めているのですが、今日はラルクさんには関係無い先日の海外旅行の話を載せます。忘れない内にと思って、以前に下書きとなるものは書いてあったのですが、思うところが有ってそのままの状態にしてありました。少々長めの文章となりますが、以下、ご興味がお有りでしたらご覧下さい。常識・知識が欠落している為、間違ったことを書いている部分も有るかも知れませんがご容赦下さいませ。
→ more・・
【2007/06/10 07:18】 | ラルク関連以外 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

オリコンサイトさん:『白馬の王子様ランキング』
ラルクさんの今年のライブ開始は今日からですが、戸田公演は果たしてどんな風だったのでしょう?  今日はラルク関連サイトさんを全く訪れておりませんので、全然把握出来ておりません。

普段ですとネットに接続しているときは、ラルク関連サイトさんを見て周る時間が有るわけなのですが、今日はこの時間が皆無でして何だか時間が余っているような不思議な感じがします。いえいえ、他のことを色々とやらねばならないので、余るなんてことは決して無いのですが・・・(^-^; 

それにしても自宅PCの前に座していながら、ラルク関連サイトさんを拝見しないというのは私にとっては通常有り得ないことなのですよね。これからの一週間は稀な日々となりそうです。

尤も最初に参加する秋田公演以降は恐らく今とは真逆状態となり、参加出来ない数多くの公演について僅かなことでもいいから知りたくなって、いろいろと見て周るのだろうなと思います。

さて、オリコンサイトさんにおける『SEVENTH HEAVEN』のその後の売上げ動向が気になり、デイリー順位を時々拝見するのですが、今日は8位でして、引き続き10位圏内にランクインされているのですネ! 確か昨日が9位だったので1つアップした、若しくは、他アーティストさんが1つダウンしたと取れます。何にせよこうやってラルクさんの曲がランキングの中に登場しているのを眺めるのは、嬉しいことです~。

オリコンサイトさんでは現在『白馬の王子様ランキング』の記事が掲載されていますね。何やら『白馬の王子様っぽいタレント&アーティスト』というアンケートの結果だそうです。アーティスト部門とタレント/俳優部門で上位10人ずつが発表になっていました。

『王子様』となると私の頭の中に真っ先に浮かぶのは及○光○さんや堂○光○さんなのですが、このページへの入り口をクリックする際に『もしかしてhydeさんも入っているかも!?』という期待を抱きました。すると・・・、見事アーティスト部門の6位になられていました!(^-^)

10位以内にランクインされている方は端整な顔立ちで品の良さを感じさせる方が多いように思います。hydeさんについては、まだファンになったばかりの頃の方がより私には王子様的な感じがしました。こう近寄り難い存在というイメージも有ったからかも知れません。これがhydeさんのお人柄を知るにつれて、親しみ易い雰囲気の方で有ることが分かり、王子様的キャラからは若干離れつつ有るかも知れません;;;

むしろラルクさん内でいくなら、teっちゃんの方が王子様っぽくに思えるような気がします。特にソロ活動されているときに、キラキラ度を増幅させて登場されているように感じます。

オリコンサイトさんの『白馬の王子様ランキング』にご興味がお有りの方はコチラ となります。ご覧下さいませ!(^-^)
【2007/06/09 05:58】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

ツアー開始のことなど
明日(今となっては今日ですが)からラルクさんのツアー『Are you ready? 2007またハートに火をつけろ!』が開始されますね(^-^) 感慨深いです。あと1日もしない内に、今回のツアーの体験者が出ていらっしゃるのですよね。自分の初参加までまだ少し間が有るのに、何だか落ち着きません。

自分の今ツアーの初日に、未だフルで聴いたことのない『SHINE』や『MY HEART DRAWS A DREAM』が演奏されるシーンをよく想像するのですが(これらだけは部分的にせよ知っている曲なので、具体的に想像出来ます)、思わずブルッと鳥肌が立ちます。とにかく感激しやすいので、また目がウルウル状態になってしまうでしょう。

今更という気もしますが、ラルクさんはとうとうアルバムを発表することなく、最近になって新曲としてリリースしたものは『SEVENTH HEAVEN』のみでツアーに突入されるのですよね・・・。

気になるセットリストですが、昨年のHYDEさんソロツアーのときのように、最初の方の公演は既存曲の比率が高めで、徐々に新曲の割合を増やしていくのかな? 

昨年のHYDEさんツアーは初日から参加する幸運に恵まれました。もしかすると当ブログにこの頃からお越し下さっている方で記憶されている方もいらっしゃるかも知れませんが、この日を迎える少し前に、私はHydeistさんのポストからHYDEさん宛にメールを出しました。私の人生でこういった有名な方へのメールを書いたのはこのとき限りです。

記載した内容はライブの演奏曲が聴いたことの無い新曲ばかりということが予想されたので、少しでも曲を印象づける為に、歌う前に曲名を教えて下さい、といったお願いです。曲名を知っているのと知らないのでは、記憶の残り方が違うと思ったからです。

元々HYDEさんもそのつもりだった可能性が十分に有りますし、周囲のスタッフさんからのご意見だったかも知れませんし、私のメールがきっかけになったなんて恐れ多いことは考えられませんが、結果的に大部分の新曲について、演奏前又は後にHYDEさんが曲名を告げて下さいました。聴いたばかりの曲を曲名と共に体全体で受け止め記憶出来た感じがして、とても良かったです。今回も是非お願いしたいのですが、果たしてどうなることでしょう?(^-^)

さて、LE-CIELさんサイトには今日から新しくL'PLAZAという期間限定のコミュニティサイトがオープンしていますよね。どのようなものか見たみたいと思って、LE-CIELさんから来たメールのリンク先をクリックしてみると、何やらどこかで見たような画面が・・・(^-^; 実はLE-CIELさんのアクセス数が過多であるせいか、未だ中には入れていない状態なのですが、どうもmixiをそのままLE-CIELさんサイトに移植したような感じとお見受けしました。

そういえばLE-CIELさんから来たメールもmixiの招待メールのようでした。やはり今時代はソーシャル・ネットワークなのでしょうかね? それにしてもこのようなものまでLE-CIELさんのサイトさんに組み込むとは、相当サイトにお金を注ぎ込んでいるようです。ファンクラブの運営も今と昔では注力する部分が全く違うのでは無いかと思いました。

こんな風に混み合うのも、オープン初日だからでしょうか。明日以降は楽々見ることが出来るといいなと思います。あ、ただ自分の初日を体験するまでは、公演内容を極力知ることが無いよう、情報を回避しないとならないのでした。入ることが出来ても長居は禁物ですネ。。。

ラルクさん、明日のツアー初日を皮切りに、数々の公演の成功を心よりお祈りしております!(^-^)
【2007/06/08 01:29】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

『SEVENTH HEAVEN』週間1位、hydeさんのHydeistさんご来訪
『SEVENTH HEAVEN』の売上げについてですが、デイリー順位1位を独走されていたので当然かとは思いますが、ウイークリーでも1位ですね! ラルクさん、おめでとうございます♪ しかも売上げ枚数も最近では高い壁となっている10万枚を超えたようで、良かったですよね。

ネットでちょっと見回ってみましたところ、意外と『わくわくペーパークラフト』でメンバーさん全員を揃える為にCDを複数枚購入されている方がいらっしゃったようで、この効果も有ったのかも知れませんね。こういった方々は全員揃えて満足感に浸っていたり、『わくわくペーパークラフト』のコンテストに応募されたりといった感じなのでしょうか?

このコンテストの開催を知ったときは応募意欲が有ったのですが、応募する為の会員登録に何やら写真ファイルやら音楽ファイルやら要る様で、結局面倒になってしまい登録しておりません。元々ネットでの登録といったものがあまり好きでは無いことも有り、結局このままかなーと思います(^-^;

どんな写真が応募されるのか、上位入賞の作品を見てみたい気がしますね。結果も会員登録しないと見ることが出来ないのかな?

さて、次なるシングルのリリースは『MY HEART DRAWS A DREAM』かと思いますが、そろそろ『SEVENTH HEAVEN』リリース関連イベントが一段落しそうなので、近々リリース日が発表になるのではと思います。『SEVENTH HEAVEN』はある種独特な曲なので、ファンではない一般の方々が好みかどうかは分かれそうでが、『MY HEART DRAWS A DREAM』は比較的万人受けのような感じがするので、こちらも売上げが楽しみです。尤もアルバム先行シングルとなってしまうと分かりませんけどね。

そうそう、前々から気になっている『SHINE』は一体どうなるのでしょう。曲自体は発表されていながら、これ以外の情報がこれ程長きに渡って無い状態というのもラルクさんでは珍しいケースですよね。これもいい加減明らかになるのでしょうか。

話は変わりますが、昨夜はhydeさんが久々にHydeistさんにご来訪なさっていましたネ(^-^)

hydeさんがBBSに書き込み下さったものを拝見致しましたが、話題のち○びピアスを着けられたときのこと、着けられた後のことを全部で6文章に分けて、克明に記されていますね。痛そうでこういった文章は正視に堪えません(と書きながらも折角のhydeさん筆なので、全て読んでいますが・・・(^-^;)) 以前芥川賞を取られた金○ひとみさんの『蛇にピアス』を読んだ時のことを思い出してしまいましたヨ。

今年に入ってからのHydeistさんのハロウィンクイズで、『HYDEさんが昨年末に事務所の後輩バンドのシ○の明○さんと●●●しようと約束しているがそれは何か』といった趣旨のものが有り(●がクイズ部分)、回答が『ち○びピアスを開けに行く』ことだった訳ですが、この約束を実行されたわけですね。

ピアスについては耳のような一般的な部分に開けるものを除いては、どうして開けたくなるのかが私には理解出来ない世界だったりします。それでも顔のどこかなど、常に見えるところならファッション的な意味あいでまだ分かる気がしますが、ち○びは通常は洋服に隠れますものね。

単に開けることが『格好いい』といった思考なのかも知れませんが、BBSにも書かれていなかったので、是非、hydeさんにお伺いしてみたいものです。。。
【2007/06/06 01:11】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

ラルクさんの追加公演:富士急コニファーチケの当落結果
今日はラルクさんのツアー:『Are you ready? 2007またハートに火をつけろ!』のLE-CIELさん先行分の当落結果の発表の日でしたネ。

先程ラブログさんの当落結果関連を書かれていると思しき新着記事をサッと拝見致しましたが、今回は一番最初のホールツアーの発表のとき程、多くの方が嘆き悲しむような事態にはなっていないようで、やっとこれまで全くツアーに参加予定の無かった多くの方々も陽の目を見ることが出来るようで良かったと思います。

『SEVENTH HEAVEN』を筆頭に、『MY HEART DRAWS A DREAM』や『SHINE』といった曲も短いバージョンながら既に公表されていて盛り上がっている中、ライブ参加がお好きな方だったらやはりこれらの新曲をライブにて直に聴きたいですよネ。

さて、今回の私の当落結果はどうだったのかと申しますと実は両日落選でした;;; 会社で確認したのですが、携帯画面を見てしばし固まりました・・・。心に一気に暗雲が立ち込め、重苦しくなるのを感じましたヨ。まあ両日S席と意を決しての申し込みでしたから覚悟はしていたつもりでしたが、それでも実際落選の憂き目に合うとショックなものです。

しかしながら幸い友人が25日のS席を獲得してくれていまして、この日のみは参加決定です!(^-^) 良かったです。久々の夏の野外です♪ 

折角富士急ハイランドまで出向くことも有るし、2日間連続ですと1日目と2日目のセットリストにも何か変化が有るのでは?、という期待も有りますし、出来れば2日間参加したいので、これから26日のチケットを入手すべく頑張りたいと思います。LE-CIELさん先行で落選となるとS席は難しそうですので、A席を狙って動くことになるのかな? 
【2007/06/05 07:56】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

『SEVENTH HEAVEN』:CDTV、明日のコニファーチケ当落発表
昨夜、ラルクさんは『SEVENTH HEAVEN』にてCDTVに出演されましたネ。曲は短縮バージョンでしたが、『thirty one.』を入れて、後半を殆ど削るといった形のものでした。短縮バージョンにも切り方が色々と有るのだなと思いました。

『thirty one.』のところでhydeさんが肘を上げて折り曲げたポーズで、手を目元に添えて指を『3』『1』とやられたときには、思わずホ~ッとなりました。格好良かったです♪ やはり『thirty one.』はこの曲のキーとなる部分ですよね。

曲の最後の『Running up to heaven , Yeah!』のところはhydeさんの声が朗々と響き渡りまして、何度聴いても心が開放されるような心地良さを感じます。

番組の最後にラルクメンバーさん全員が登場し、hydeさんが『SEVENTH HEAVEN』の仮タイトルは『元気いっぱい』であることを告げられるシーンは、椅子にお座りになった前列hydeさん・teっちゃんのグループ、後列立ち組のユッキー・kenちゃんのグループでそれぞれ纏まって左右に揺れるパフォーマンスをしていらっしゃいまして、楽しそうで良かったです。それにしても仮タイトルは聞くと思わず脱力してしまうような、本タイトルから懸け離れたものが多いですよね;;;

明日(今となっては本日)は遂にラルクさんの追加公演となる富士急ハイランド:コニファーフォレスト公演のLE-CIELさん先行チケットの当落発表が有りますね。こちらは申し込みしております。

この公演は野外でしてS席・A席が有ることは周知の通りですが、席の形態が一体どうなっているのか不明だったのですよねー。これにより収容人数も大きく変わりそうだと思いまして、申し込み締め切り前に当公演のチケットセンターに詳細情報を得る目的で電話しております。

初めに訊いたのは『座席はスタンディング形式なのか、それとも椅子が有るのか』ということでした。これで答えが貰えれば、S席・A席のそれぞれの座席数等、もっと先まで訊こうと思っていたのですが、座席に関しての問い合わせには一切答えることが出来ないとあっさり返されてしまいまして、結局新たな情報は何も得られませんでした(^-^; 

んー、謎に包まれた公演ですね。過去、この会場で他アーティストさんがライブを行われたときの記録で10,000人以上収容したようなことが書かれているものをネットで見たことがありますが、あれはスタンディングでの収容人数のような感じだったのですよね。

今回気になるのはLE-CIELさんでのチケット申し込みの上限枚数が2枚だったことです。これまで10,000人を超すようなホールツアー時の上限枚数は殆ど4枚だったと思うのですよ。それが2枚ということは、座席有りで収容人数は少なめでやるのかなぁと思ったりもしています。となるとまたもや倍率が高い可能性も有るのかしらと案じてしまったり・・・。

久々のラルクさんの野外ライブに参加したい気持ちがとても強いです。果たして当落結果はどうなるのか、明日はまたまた朝からドキドキしてしまいます。

さて、今週からいよいよラルクさんのホールツアーの開始ですネ! LE-CIEL会員限定ライブに行かれる方はいいですねー。hydeさんが『鬼のように聴かせる』といった新曲群を真っ先に聴くことが出来るのでしょうね。羨ましいです! 

私の今回のツアーの初日はLE-CIEL会員限定ライブを除くと3本目に当たる秋田公演です。LE-CIEL会員限定ライブの丁度1週間後ですが、今となっては既に来週に迫っています。事前情報は一切無い状態でライブに臨みたいので、限定ライブ後からはこれらの情報が載りそうなラルクさん関連のサイトさんには一切近付かないようにしないとならないなと思っています。来週のライブのことを考えると、こちらもドキドキします(^-^)
【2007/06/04 06:13】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

『SEVENTH HEAVEN』でのMステ・音楽戦士:感想
昨日録画したラルクさんの『SEVENTH HEAVEN』での『Mステ』(この曲では2度目の出演)、そして『音楽戦士』を拝見致しましたのでこちらの感想を書きます。

『Mステ』のトークではkenちゃんが表に出て、リ○・ディ○ンさんに絡んだトークをされていましたね。何やらkenちゃんが雑誌の企画でリ○さんにギターを教える連載をやっているそうで(何の雑誌だろう? 『GiGS』とかかな?)、Mステでも緊張でカチコチのリ○さんがギターを教える折も緊張していたということで、kenちゃんはその様子を物真似でご紹介されていました;;; 

kenちゃんが活き活きとしてタモリさんに話すお姿に、kenちゃんは本当にタモリさんが大好きなのだなぁと思い、微笑ましくなりました。kenちゃんはトーク出演されるときは結構テンションに波が有る様に思えるのですが、タモリさんの前だといつも積極的なような気がします(^-^)

先程MステさんHPの“アフターMステ”コーナーを拝見したのですが、あれは煙草を吸うkenちゃんのお姿の絵ですネ。あまり似ていないのですけれど(コレだけ見てもkenちゃんだとは分からないです・・・)、hydeさんの手によるものでしょうか。。。

『音楽戦士』のトークは大爆笑させて頂きました。青○さやかさんとキン○ンのお二人はリラックスムードを作り出すのがうまいですね。ラルクメンバーさんがとても楽しそうにお話されていたのが何よりも嬉しかったです。

今回のトークはメンバーさんのラルクさんとしての活動休止中の徹底研究といった感じで、一人一人にスポットを当てた話題が展開されたのが良かったですね!

トップバッターのkenちゃんはhydeさんやユッキーのソロの方のライブに行かれたことが有ったのですね。昨年、これらのライブ会場におけるkenちゃん目撃情報は特に見かけませんでしたが、どちらにいらっしゃったのでしょう? 何にせよ、こうやってラルクメンバーさんが他のメンバーさんの活動のことを気に掛けていてライブに行く、というようなことは仲睦ましい感じがして嬉しいです。

kenちゃんもteっちゃんもご自分の活動のないときは事務所も行かれていたようで、休止中もラルクさんや音楽と関わっていたいというような気持ちが感じられて、これまた嬉しかったです。過去、kenちゃんがラルクさんから心が遠く離れていた時期が有ったという事実が私の心の中には澱のように残っていて、特にkenちゃんに関して、前向きな状態でいらっしゃることを確認する度に安堵してしまうのです。これはこの先もずっと続くのだろうなと思いますね。

kenちゃんのコロコロと変遷する趣味話がおかしかったです。これまでマッサージ機、カメラ、ラジコン、自転車等々、枚挙に暇が無い程色々なものに関心を持ってはあっさりと興味を失われたのですね。そういえば一時期読書に凝っていた時期も有られましたよね。kenちゃんの飽き性は以前からご自身で仰っていたので、目新しい話では無いのですが、こんなkenちゃんがギターだけは飽きることが無いというのがいいですよねー。音楽戦士ではこのことは仰っていませんでしたけれど。

多分LE-CIELさん会報での企画かと思ったのですが、最近はご自身のフィギュアをお作りになる体験をされたそうで、楽しそうでしたネ。メンバー全員を作りたかったけれど、そこまでは時間的になのか出来なかったようで、残念がっていらっしゃいました。

そして目下の関心事はズバリ、アキバ系だそうですね(^-^; 秋葉原全体がアキバ系という1つの趣味の町であることを再認識されたようで、このことに「凄い!」ととても感動していらっしゃいました。kenちゃんはアキバ系の格好で秋葉原に立つことに抵抗が無さそうだったので、ちょっと見てみたいものだと思いました。

秋葉原近辺も最近は随分と小綺麗になりましたよね。以前は大型の電器屋さんと小さなマニアックな電気屋さんがひしめく雑然とした町だったのに、今時風のガラス張りの洒落たビルも有ったりします。

hydeさんは最近物忘れが激しいと嘆息されていらっしゃいました。あと、よく自分のモノが無くなるそうで、モノが盗まれるんだよー、といった感じに身近に盗人がいるような問題(?)発言をされていましたが、周囲から単に無くしているだけといったようなツッコミを受けていて、おかしかったです。

無くすことを考えてか、お気に入りの同じサングラスを4つも購入されていたのには笑えました。しかし購入した途端に興味を失うって・・・、何だかkenちゃんに通ずる飽きっぽさが有られるのでは?、と思ってしまいましたヨ。

でもこういう飽き性というのは音楽制作にはいい方に作用するのかも知れないなあなんてふと思いました。同じ系統の音楽を作ることも飽きそうで、毎回違うものを求めて創作出来そうですよね。ラルクさんの作り出される曲が毎度独創的なのは、こんなところにも起因しているのではと思いました。

hydeさんの4つのサングラスを見たキン○ン:梶○君はその一風変わった造形に惹かれたのか、物凄く関心を持たれていましたよね。このお姿を見たhydeさん、梶○君に1つプレゼントされていました。このときすかさずキン○ン相方の西○さんが「こいつ絶対ヤフ○クで売る気だー。」といった感じに突っ込まれていたのが爆笑モノでした。どうも前科が有るようなのですよ・・・、梶○君;;; 嘘か本気か「本当に(生活に)困ったら売る。」といったようなことを仰っていたのも笑えましたね。hydeさんのお気に入りの一品をプレゼントされたのですから、大事に使って下さい、梶○君!

teっちゃんは以前からよくお話されていますが、相変わらず不動産に関心がお有りのようですね。毎日不動産関係のHPをチェックされているそうです。賃貸の部屋の更新をしたことが殆ど無いとのことで、これまた住居というものに関して飽き性であられるのかも知れませんネ。

L'Anniversary Liveライブの話が出ていましたね。東京ドームの5万人の観客の前でデビュー前の曲をやったら観客にドン引きされ、多分観客の中の10人位しかノッていなかった筈とギャグ調でhydeさんは話されていて、これまた笑えました。ドン引きというよりも曲を知らなかったですから、耳を澄ませて聴くことしか出来なかったのですけれどネ。昔々の過去曲ですし、演奏未経験のユッキーを初めかなり練習されたでしょうに、メンバーさんがあの状態をドン引きと受け取られたのでしたら、ショックだったかも・・・ですね。

ユッキーは大人買いする人として紹介されていました。洋服は中々気に入るものが無いので、一つ気に入るものが有ると全く同じもの、色違いのもの等を複数枚購入されるそうです。これはちょっと分かる気がします。私もさすがに全く同じものは買わないまでも、同じ形の色違いはよく買うのですね。ユッキーに共感してしまいましたヨ。

“全く同じものを複数買う”というところにキン○ン:西○さんが着目して、「同じコミックスを1巻から全巻揃えるようなものではなく、1巻ばかりを買うようなものだ!」といった具合にツッコミしているのがおかしかったです。

そしてトーク最後で大爆笑だったのが、ラルクさんでは曲作りのとき、作曲者がリーダーになるそうなのですが、hydeさんが『SEVENTH HEAVEN』ではご自身とユッキーがリーダーだったと仰ったときに、ユッキーが口角を上げてニコッとしながら、4拍子の指揮振りをなさったことでしょうか。会場全体大ウケな感じでした;;; のだ○カンタービレの千秋様じゃあるまいし、オーケストラのような指揮振りをやってみせるってどうなのー?、とおかしくて涙が出ました。

久々のラルクさんの爆笑トークを観ることが出来て、とても楽しかったです。これ、深夜でやるのは勿体ないですよねー。ゴールデンタイムに放映して下さると良かったのにと思います。

さて、Mステ・音楽戦士とも、『SEVENTH HEAVEN』の演奏は良かったですね! 両方共、若干短縮形ながらもキーワード:『thirty one.』の部分も演奏されていましたしネ。最近のhydeさんの歌は安定していて、聴き易いですね。また両方共、hydeさんが自然体な感じで素敵でした!(*^-^*) シングルリリースが有ると、こうやって頻繁にTVでお姿を拝見出来まして嬉しいです。
【2007/06/03 01:52】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

『またハートに火をつけろ!』LE-CIEL特設サイト及びライブグッズ
ラルクさん関連でリリースが有ったり、様々なメディアで新曲が紹介されたり、ツアーに纏わる情報が公開されたり・・・と怒涛のように日々動きが有りますね。この光の渦に溺れるような感覚は久々です。毎度ラルクさんが制作活動に勤しまれて、表面上静の状態が続いた後は、動き出しは緩やかで情報も小出しですが、段々と加速して一気に来るのですよね~!

今日はLE-CIELさんから、LE-CIELさんサイト内にツアー:『またハートに火をつけろ!』の特設サイトが開設された旨のメールが届きました。帰宅して早速LE-CIELさんサイトに行ってみたのですが、LE-CIELさん内には入れるものの、特設サイトへのアイコンをクリックしても重くて中々開けない状態で弱りました・・・(^-^; 

深夜過ぎになるとやっと見ることが出来ました。何やら大きく日本地図が描かれていますネ。この地図にはツアー公演場所毎のアイコンがついていて、アイコンをクリックすると会場へのアクセス方法詳細が書かれていますが、今後、公演毎にスタッフさんの手による日記や写真が掲載されていくようです。

ちょっとHYDEさんソロの『FAITH』ツアーのときの『FAITH特設サイト』と似ているなと思いました。丁度昨年の今頃はHYDEさんはライブハウスツアー真っ最中でしたよね。このツアーも参加出来た公演はごくごく僅かでしたが、日々事細かにマネージャーさんが日記や写真を掲載して下さり、ライブを間接的ながら楽しませて頂いたものでした。

もしかして今回の特設サイトについてはhydeさんがご提案下さったのかも知れないですネ。

いつもライブ公演が終わる毎にLE-CIELさんで必ず掲載して下さるセットリストは、今回は全公演終了後に掲載となっているのですね。当面はその公演に参加した人だけがラルクさんと共有する秘密を持つわけで、このことを考えたら思わずドキッ!、としました。何だかいいですよね。

ツアーグッズも出ていますねー。毎回ネットでこれが発表となると、ライブが間近に迫っていることを更に強く実感します。

ツアーグッズと言えば、とにかく一番に気になるのが携帯ストラップなのですが、ここのところL'Arcafeグッズ、L'Anniversary Liveグッズとストラップが売られたので、今回はそもそもグッズに入っていない可能性があるのではないかと思っておりました。すると有りました・・・、何とも微妙な・・・、『ご当地シエルちゃん携帯ストラップ』なのですね・・・(^-^;

“ご当地グッズ”といえばすぐに頭に浮かぶのはキティちゃんグッズですよね。全国どこに行っても有ります。あれと同じようなものなのかな?、と思ってしまったのですが、そうなると北海道ならクリオネシエルちゃん、新潟ならコシヒカリシエルちゃん、静岡ならお茶摘みシエルちゃん、福岡なら明太子シエルちゃん・・・といった感じになるのでしょうか。

発想は面白いですし、収集が好きな方は全種類集める為に燃えたりするのかも知れませんね。

でも私はコレ、買うのかな?、と自問しています。そもそも以前から何度か書いております通り、何かこう狡賢そうに見えてしまうシエルちゃんというキャラクターにあまり魅力を感じていないのですよね。また、以前LE-CIELさんからファンクラブ継続特典だったかで頂いたシエルちゃん携帯ストラップは一度も携帯電話につけることなく、棚に置かれています(一応飾っていますヨ)。これはそもそもゴム製で耐久性が無さそうだからつけなかったというのも有るのですけれどね。

今回の携帯ストラップは現在のところ、LE-CIELサイトさんでは黒いシルエットになっていて、材質が不明のままです。ゴム製だとすぐに手足や尻尾がもげそうですよね。

あ、ただ“ご当地グッズ”とはいえ、会場限定でその会場の商品を売るわけではなく、会場にガチャガチャが置かれるのでこれで購入し、“どのご当地が当たるのかはお楽しみ”といった形式のようです。ガチャガチャとはうまいこと考えたなと思います。何しろこれに関しては販売員不要ですから、人件費が節約出来ますし、ガチャガチャだとついつい、連続してやりたい気持ちを助長しそうですから、売上げ増にも繋がるのではないかと思います。

うーん、携帯電話につけないまでも、どんなものか興味が有るので、一つ位は買ってしまうような気がします。

あと気になったのが『マジックビーン』です。“魔法の豆”でしょうか。“ジャックと豆の木”を連想させます。何やら植物(豆?)を育てるのかな。これは『REAL TOUR』のときのラル缶のアネモネの種を思い出させられました。あのアネモネ、結構頑張って育てたつもりがついぞ芽が出ませんでした。・・・というか、芽が出たとか花が咲いたといった話を目にしたことが一度も無いのですが、やはりあれは劣化していた種だったのでしょうかね?

ツアー名入りのTシャツやリストバンドはそのツアーのとき以外は着用しづらいので、購入歴が有りませんし、今回も買わないでしょう。タオルのようにライブ後も使える実用的なものは買ってもいいのですが、これまで買ったタオルはどうも勿体無くて袋から出せず、今も新品のまま棚の奥に眠っているのですよね。こう考えると購入に迷います・・・。

多分パンフは購入すると思います。今のところパンフとあとは携帯ストラップを買うかどうか、といったところでしょうか。でもですね、過去の自分を振り返ってみるに、実際物販のテントに並んで他の人が色々と購入されているのを目に当たりにしてしまうと、ついつい勢いにのまれて、当初予定していなかったものまで衝動買いしてしまう傾向に有るのですヨ。今回もそうなってしまうかも知れません。。。 自制心が大事ですね。

来週の今頃は私は参加が叶いませんが、LE-CIEL会員さんの限定ライブが終わっているのですよね。もう既に今回のツアーの演出は決まっているでしょうし、メンバーさんは最初の方の公演で演奏する曲のリハーサルをなさっているかと思います。どんなライブになるのでしょうネ?
【2007/06/02 02:26】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。