スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『SEVENTH HEAVEN』の評判が良いようですネ!(^-^)
昨日着うた・カラオケの配信を開始したラルクさんの新曲:『SEVENTH HEAVEN』ですが昨日の記事にも書きました通り、私は現在のところ聴くことが出来ておりません。

ネットで幾つかの曲感想を流し読みで拝見したのですが、何だか今回の曲は比較的多くの方々が好まれているように感じました。飽くまでも私の主観ですが、最近の傾向では曲が解禁されると意見が分かれることが多かったように思います。今回の曲は万人受けし易い曲なのかも知れないなと思いました。

それにしても具体的にどういう曲なのかという記載をあまり見つけることが出来ず、いまひとつ想像出来ません・・・。まあ結局のところは“曲”という物は自分の耳で直接聴かなければ、意味が無いのですけれどね。

今回の着うたDLをきっかけに携帯電話を買い替えされた方が恐らくいらっしゃるのだろうなと思います。皆様の感想を読んでおりましたら、私も不意に着うた対応機種への買い替えに走りたい衝動に駆られてしまいましたヨ。気がついたら価○.comさんのサイトで携帯電話の値段を調べていましたから・・・(^-^;

でも今はこの誘惑を堪え忍び、平常心を取り戻しつつ有ります。このところ出費が重なっていて(ラルクさんのライブ遠征を含め、遊ぶことばかりなのですけれどね~・・・)、携帯の機種変更に割くお金を捻出するのは厳しいのですよね。やはり『スポーツうるぐす』さんの放送を待つしかないようです。

この番組を観たことが無いので全く分からないのですが、テーマソングが流れるタイミングやどの位の時間流れるのか、誰かの話し声のバックに流されるようなことは無いかなど、どのような感じなのでしょう? 最近、teっちゃんソロの『Can't stop believing』が『スーパーサッカーPLUS』のトークのバックに流され、非常に聴き取り辛かったという苦い経験が有り、『スポーツうるぐす』さんでの使われ方が気になります。

そういえば、昨日オリコンサイトさんに行ってビックリしたのですが、トップページが開かれる際に画面下方のアーティストさんの写真入りニュースが載るスペースに、『ラルクの新曲をなんとカラオケで初公開!』といったような宣伝がフラッシュ画像で表示されるのですよね(@_@) これはJOY SOUNDさんの広告のようです。

オリコンサイトさんを訪れると絶対に目が行くので、これは多くの方にラルクさんの活動を印象付ける役割を果たしそうだと思いました。初め、着うた・カラオケの先行配信がシングルCDの売り上げに貢献するような強力なタイアップとは思えなかったのですが、これは思っていたよりもいいのかも知れませんネ。CDがどれ程売れるのかも更に興味が増しました。
スポンサーサイト
【2007/03/31 08:37】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(5) | Top↑

『SEVENTH HEAVEN』の解禁日到来
既に3月30日になっているので、今日はラルクさんの新曲: 『SEVENTH HEAVEN』の解禁日ですネ。

まず対応機種の携帯電話をお持ちの方は着うた配信を受けることが出来るのですよね。あとはカラオケに行けば選曲して歌うことが出来ますね。日付が変わった瞬間にこれらのことが全て可能となるのでしょうか? 尤も先日書きました通り、私の携帯には着うたを入れることが出来ないですし、曲も分からない内にカラオケに行く気にもなれないのですけれどネ・・・(^-^;

最近ラルクさんのライブチケットを得る為に携帯のLE-CIEL NETさんの会員として返り咲いたので、こちらで着うたでは無く着メロの配信が無いかしら・・・と期待して、先程行ってみました。あのサイトにしても月額315円でしたっけ?、代金を支払っているのですから、これ位のサービスが有ってもいいですよね! でもそんな淡い期待も見事に打ち砕かれました。

そうそう、確かラルクさんのオフィシャルHPにLE-CIEL NETさんでも着うたをダウンロード出来るようなことが書いてあったように思ったのですが、どうやら見るところ、LE-CIEL NETさん会員への配信は無いようでした。

代わりにLE-CIEL NETさんのページからアーティスト・デリさんの着うたサイトへのリンクが有り、このサイトで登録をして、しかるべき月額料金を納めることでダウンロード可能なようでした。LE-CIEL NETさんの最近のコンテンツはきちんとは拝見していないのですが、以前は月毎の上限数はあるものの着メロはダウンロード出来た筈です。着うたは無いのでしょうか??? だとしたら阿漕ですよね~;;;

『SHINE』は未だ聴いていないですし(某動画サイトさんに映像が有るそうですが、思うところが有って敢えて今は観ないでおります)、『SEVENTH HEAVEN』もお預け状態なのかなーとぼんやり思っていたのですが、ふとネットで拝見したサイトさんに『スポーツうるぐす』のことが書かれておりまして、4月のテーマソングだったことを思い出しました。

明後日から4月ですし早々に聴くことが出来るかもしれないと考え、放映日時を確認致しました。この番組は毎週土曜日・日曜日の23:55~24:35に放映されているのですね!

日付跨りの放送なので、今度の土曜日の放送は3月・4月跨りとなるわけですが、TV番組の考え方では “3月31日の放送”としての扱いなのでしょうね。一方で日曜日はれっきとした4月ですから、この日はほぼ確実に『SEVENTH HEAVEN』が流れることが予想されます! 多分日曜日が『SEVENTH HEAVEN』を拝聴することが出来る最初の日となるように思います。

念の為土曜・日曜両方を録画予約しておく予定です。うーん、これはいい週末が迎えられそうです(^-^)♪
【2007/03/30 00:44】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

LE-CIELさん会報はやはり・・・
「そろそろ来る頃かな?」と思っていたのですが、予想通り来ました。何がといえばそれはLE-CIELさんからの『LE-CIEL会報の送付が遅れること』のメール連絡です。LE-CIELさん会報は季刊で3の倍数月の月末に届くことになっていますが、過去この通りに来た例が殆ど無いように思います(^-^; お陰様でいい加減免疫も出来まして、「はいはい、毎度お馴染みの遅延ね。」といった感じで受け取るようになってしまいましたヨ。

今回は4月初旬発送とのことですが、正確な日程は現段階では発表されていません。初旬ということは10日位迄には発送ということでしょうか。ただこのところ発送されてから手元に届くまで1週間位掛かるので、何となく手にするのは4月下旬に食い込むのではないかという予感がします・・・。となるとまだまだ先ですね~;;;

それにしても、毎度遅れるのであれば、現在決まっている発送の予定日を変更して、もう2~3週間後ろ倒しにずらしておけばいいように思ったりもします。

今回の会報は実は気になる情報が掲載されることになっているのですよね。LE-CIELさん側から以前提供されている情報に拠ると、ラルクさんの今年のホールツアーの『Priority Door Ticket』の発売について載る筈です。

ここまでチケットの入手方法の公表を引っ張った理由は何なのでしょうね。

例えば最近解禁になった発表に絡むのではないかと思ったりします。『SEVENTH HEAVEN』のカラオケで高得点を獲得した人に入手権が渡されるとか・・・。

あとはシングルCDの中に申込書が封入され、これで申し込みした人の中から抽選といったことも考えました。でも『SEVENTH HEAVEN』のCD発売は5/30でして、ホールツアーの開始は6/11ですから、申し込み~抽選~発表~チケット代金支払~チケット受取といった流れが有る場合は時間的余裕が無いように思われます。

あまり制限らしきものが無く全ての人に平等に『Priority Door Ticket』の入手の機会が有るとして、一体どれ程の方がこのチケットを所望されるのかも興味が有ります。30,000円と目玉が飛び出る程のお値段というところがポイントですよね~。尤も芸能ニュースを拝見しておりますと、国内外の大御所アーティストさんのイベントやディナーショーの値段にはまだまだ上を行くものも有りますけれどネ。

私は所望するのかどうかと申しますと、最初その値段からどちらかというと敬遠していたのですが、今は遠征せずに済む関東公演分が手に入るのならいいかも知れないな・・・と朧に考えております。さて、一体どのような入手方法になるのか発表を待つことに致します。
【2007/03/29 06:13】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

『SHINE』が流れたようですね!
昨日、もしかしたら・・・とは思っておりましたが、『アニメ「精霊の守り人」徹底研究』にて、ラルクさんの新曲『SHINE』が流れたようですね。残念なことに私の家ではBS放送が受信出来ない為未見です。ただ可能な人に録画及びDVD化を頼んでおりまして、これが近々手に入る予定です。とても楽しみにしております!(^-^)

どういった曲なのか非常に興味が有りましたので、ちょっとネットで情報検索致しました。結果、『爽やか』『ポップ』『懐かしい』といった形で表現されている感想を多く見掛けました。これは予想と違っておりました。

漸く『精霊の守り人』シリーズの原作本5冊目を読んでいるところでして、話の全容は分かっておりませんが、読み進めたところまでから受ける印象からは哀愁が漂い、激情が溢れるような曲を想像しておりました。

これは飽くまでも私の想像の域でなのですが、女主人公バルサからの視点で作られた曲という前提で考えておりまして、辛い過去を抱えつつ、今日もそしてこれからも血塗られた戦いの道を歩んで行かざるを得ない境遇の悲哀を吐露したようなものなのではと思っていたからです。ラルクさん曲でいいますと歌詞はさておき、曲調的には『いばらの涙』、そして、HYDEさんソロ曲の『THE CAPE OF STORMS』あたりのイメージでした。

思っていたものとはかなり差異が有るようですが、好意的な感想を多く拝見しておりますので、このギャップも楽しむべく、早く聴きたい気持ちでいっぱいです。

さて、話は変わりますが、LE-CIELさん会員には今度のMステスペシャルの観覧募集案内が来ましたね。前回のPJ公開録画のときとは異なり、新曲が演奏されることが確定しているので是非参加したいものです。観覧に行くことが出来れば、初めて『SEVENTH HEAVEN』をライブで聴くことが出来ます(尤もカラオケでしょうケド・・・(^-^;)) 

当選しないと分かっていながら申し込みをしてしまいました。LE-CIELさんのスタッフさんが手違いなどで当選させてくれないかしらとか、今後は年齢制限を撤廃することになっていないかしらとか、非常に淡い期待をしています。

それにしても『SHINE』・『SEVENTH HEAVEN』と2曲の新曲情報が共に少しずつ表出しされている状態で、何だか情報を追うのに忙しいですよね。こういった状態はここ最近無かったので、嬉しさをジンワリと噛み締める日々です。

そうそう、LE-CIEL会員の皆様、PCのLE-CIELさんオフィシャルサイトさんのログインは問題無く出来ますでしょうか? ここのところ調子が悪く、昨日以前は何度会員番号とパスワードを入れても、会員ページに入ることが出来ずに、すぐにラルクさんのオフィシャルHPトップに戻されてしまうという状態でした。

まるでバリアが張られているような感じで、さながらゲーム:『ファイナル・ファンタジー』で敵に魔法をかけるのだけれど“リフレク”で跳ね返されるような感覚を味わいましたヨ(^-^;・・・(ご存知無い方、申し訳有りません)。

今日になってもまだこの状態となることも有るのですが、連続して試すときちんと入ることが出来ました。実はLE-CIELさんに問い合わせしてみたのですが、『以前のサイト履歴が残っている可能性がございますのでCokkieの削除を行なってください。』といった回答を頂きました。でもこの回答ですと、入れたり入れなかったりするというのはどういうことなのか説明がつかないように思いました。

Cokkieを削除したことが無いのですが、削除すると恐らく色々ネットで番号やパスワードを登録しているサイトにログインするとき、今だったら自動的に番号が展開されるものを全て入れ直しして再登録するような形になるのですよね? 何だかこのことを考えると面倒で出来無いのですよね~。

今後の様子をみてログイン出来ない事態が頻発するようだったら、試してみようかと思います。
【2007/03/28 00:05】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

『SEVENTH HEAVEN』というタイトル
昨日頂いたコメントにより、ラルクさんがこの度シングルリリースを発表された『SEVENTH HEAVEN』というタイトルが別なアーティストさんの音楽作品でも使われていることを知りました。

ちょっと調べてみたのですが、BU○K TI○Kさんのアルバム及びアルバム収録曲タイトル、T○Rさんのアルバムタイトル、そしてB'○さんのアルバム収録曲タイトル(こちらは『Seventh Heaven』と大文字・小文字を併せていて、表記が若干異なります)といったところで、『SEVENTH HEAVEN』という語句が使われているのですね。

やはりこれらの作品は『SEVENTH HEAVEN』の意味を知った上で名付けられているのでしょうね。内容的にいかにも音楽を創造するアーティストさんが好みそうなものかと思います。hydeさんもこれはしかりで、気に入られているお言葉なのでは無いかと思われます。

昨日コメントを下さった方は今回のラルクさん曲の命名に複雑な思いをされたようで、そのお気持ちはこの方のお立場により非常によく分かりました。既に他のアーティストさんが使われている作品名をタイトルにすることについて複雑な心境になるという経験が私にも有るからです。

過去、福○雅○さんが『虹』というタイトルの曲をシングルリリースされると分かったときは複雑というよりも、出来れば止めて欲しいと思ったものでした・・・。あのように人気の高い方がシングルをリリースされれば売れることは必定ですよね。

世間一般の多くの方々が『虹』から連想する曲がラルクさんのテーマ曲とも言えるラルクさんの『虹』では無く、福○雅○さんの曲となる、ということが何だかあまり気分のいいものでは無いというのが有りました。

あとこれは表記が異なりますがKin○i K○dsさんが『フラワー』、モー○ング○。さんが『I WISH』をリリースされると分かったときも、こちらは嫌とまでは行かないまでも、やはり複雑な心持ちになりました。それぞれ、ラルクさんの『flower』、『I Wish』と被りますからねー。

これとは逆でHYDEさんの昨年リリースのソロアルバムのタイトルが『FAITH』だったのは、これはこれで複雑でした。このタイトルをアルバムやシングルの作品名にしてリリースされている方は洋楽・邦楽問わずいらっしゃったからです。

エンタテインメントとして楽しむ音楽の歴史はどんどん積み重なり、様々な作品が日々生み出されていっているので、その数は膨大ですよね。作品のタイトルが重複してしまうと事態は歴史が長くなればなる程、発生する可能性が高くなるのでしょうね。

ただ作品を表す曲やアルバムのタイトルというのは制作者が作品に籠める思いを象徴して命名するものであって欲しいと思うので、『過去、他アーティストが同名タイトルでリリースしているかどうか』といったことを初めとして、他の要因は一切考慮せずに自身が一番いいと思うものを貫いて命名して欲しいとは思います。

これは他のアーティストさんについてもそうあるべきとは思いますが、やはり特にラルクさんに対して切に願うことです。

理想はある作品に対して一番いいと思うタイトルが他には無い独自のものであることですが、中々そういうわけにも行かないのでしょうネ(^-^;

【2007/03/26 00:44】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

『SEVENTH HEAVEN』に関して色々
昨日ラルクさん側から発表されたシングル曲:『SEVENTH HEAVEN』について、その後色々とネットで情報を拾いました。一気に情報が溢れ出した感じで、とてもワクワクする気持ちで周ることが出来ました♪

まず『SEVENTH HEAVEN』というタイトルですが、これについては昨日コメントも頂いていたのですが、Yahoo!サイトさんの辞書で意味を確認しましたところ、『至福』・『(イスラム教やユダヤ人によって神のいる所と考えられた)第七天国』となっていました。

またHydeistさんHPのBBSでお書きになられていた方の情報に拠りますと、ユダヤ教やキリスト教に登場する考えらしく、そもそも天国は7段階に分かれていて、その内の一番最後の7番目の天国が『最高の天国』なのだそうです。ひいてはこれが『無上の幸福』、すなわち、『これ以上の幸せはない』ということを表すそうです。

とにかくこういった意味あいから、とてもハッピーで前向きな曲なのではないかということが想像出来ました。

また曲調についてですが、何やら思わず体が動くようなダンサブルなナンバーで、『渾身の必殺チューン』であるという宣伝文句をどこかで見掛けました。ラルクさんとダンス・・・というとすぐに浮かぶのはラルクさんのシングル:『STAY AWAY』のPVなのですが、あのような感じなのでしょうか? 

ラルクさん抜きで考えると、比較的最近の曲で“ダンサブルな曲”として私が連想するのは、ユッキーソロのacid androidさんの『let's dance』です。あの曲をライブで聴きますともう踊らずにはいられません・・・(^-^; 『let's dance』はとても好きでして、acid androidさんには珍しく(!?)万人受けしそうな曲調でした。ラルクさんの曲もあんな感じだといいなと思います。

ネットのニュースを拝見しておりますと、タイアップについては『スポーツうるぐす』よりも、カラオケと着うたをCDリリース2カ月前から配信するという、音楽コンテンツ配信会社との連携タイアップが注目されていることが分かりました。これ程早くから配信されることが前代未聞なのだそうですが、私には正直これがそこまで話題性の有るものとは思えなかったりします・・・(^-^; そんなに凄いことでしょうか? 

ただここ1年程ラルクさんとしての活動を休業されている間に、『着うた』については随分と普及したように感じられますが、ラルクさんファンの間にはラルクさん曲の着うたをDLするという文化が根付いていないように思われます。今の音楽業界を見るに『着うた』に関する注目は相当高いので、先々を見越して、新曲をきっかけに広めようとしているのかなと考えたりします。

私はこれまで全く着うたなるものに関心が無かったのですが、曲のリリースがまだまだ先と分かり、初めてDLしたいなとチララッと思ってしまいました。でもそもそもの話で、もう2年も前に購入した自分の携帯が着うたに関する機能を有するのか知らなかった為、思わず取扱説明書を手に取り確認してしまいましたヨ。結果は機能無し、でした。docomoなのですが未だmovaでして、FOMAでは無い時点で終わっているようでした;;;

これを機に買い替えもいいかな等とも思ったのですが、元来貧乏性なせいか、使えるものを切り捨てるのは忍びないのですよね。まあこのまま買い替えはしないでしょう。考えてみれば来月初めにラルクさんがMステスペシャルに出演されるときはこの曲がご披露されるのですよね!?(これが違っていると意気消沈です。) であれば曲は聴くことが出来るわけですし、着うたが無くとも問題無しです!

そうそう、このシングル曲のリリース日が発表になったことで、ちょっぴり悲しいことも有ります。それは以前からも懸念していたことですが、今年第一弾のシングルリリースがこの時期となると、ホールツアーはやはりアルバムリリースを待たずに突入しそうだということです。ホールツアーの途中でアルバムリリースなのでは無いでしょうか。

となると予想ですが、ホールツアーのセットリストは最初は新曲は数曲だけで、徐々に増やして行く形を取るのかなと思ったりします。昨年のHYDEさんの『FAITH』ツアーの時のように・・・。

最初から新曲全てを聴けるライブがいいなと思っているので、この予想通りとなると残念な気持ちが有ります。でもホールツアーのライブに参加出来ることだけでも幸運なのですから、ここまで願うのは贅沢なのかも知れないですね(^-^;
【2007/03/25 00:36】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

ラルクさんの新曲:『SEVENTH HEAVEN』情報解禁
今朝は『ジーッ、ジーッ』と闇の中に鳴り響く携帯のバイブ音で目覚めました。眠い目を擦り擦り目覚まし時計を見ると、まだ4時半を周ったばかりでした。『・・・、何でこんな時間に・・・。』と不機嫌になり、携帯を一切見ずにすぐにまた寝に入りました。

さていつもの時間に起床しまして、眠気で頭がよく働かない状態で『そういえば着信が有ったなー。』とボンヤリと思い、携帯を覗いてみました。そこにはLE-CIELさんからのメールが届いていて、遂に新曲:『SEVENTH HEAVEN』の情報解禁がなされたことが分かり、一気に眠気が吹き飛びました。

先日、僅かな時間、携帯のMステサイトさんに誤って公開されてしまったという、ラルクさんの新曲のタイトルはやはり正しかったのですね。ちなみに私はこのときの情報を自分の目で見ることは出来ませんでした。当ブログにお越し頂いている方々に情報を頂いていたのですが、私が見に行った時は既に閲覧不可になっておりました。

最近、こういったWEBにおける誤った公開が有りますよね~。昨年のラルクさんのラニバ曲投票時には、一時期順位が見える状態になり、有効票のカウント方法も知ることが出来てしまっていました。

でもこういったことは、私はやはり話題提供の為にラルクさん側が提供される、言ってみればイベントのようなものなのだろうなと思っております。これだけ情報の取り扱いに過敏になりつつ有る昨今、簡単には誤った公開といったことは出来ないと考えます。仮に誰か内部の方がやろうとしたところで、これを防御する仕組みが有ると思うのですよ。

恐らくラルクさん側ではファンが騒ぎ立てるのをしてやったりといった感じでご覧になっているのではないかと思います。そしてファン側に意図的にやっていると思う人間が居ることも、承知の上なのだろうなと思ったりします。私としては、踊らされていると感じつつもそれを楽しいと思えるので、今後もどうぞ仕掛けて下さいませ、という感じです(^-^)

さて、5/30発売のニューシングルのタイトル:『SEVENTH HEAVEN』ですが直訳すると『7番目の天国』でしょうか。相変わらずタイトルのみの発表段階ではタイトルの持つ意味あいは全く分かりません(^-^; アルバム:SMILEの収録曲『REVELATION』の『42カ月の永遠』、『十の王冠』といったものと似ているような気がして、ちょっと宗教と関係が有りそうにも思いましたがいかがでしょう。

そして、ラルクさんの曲を知るラルクさんファンなら、多少なりとも感じるのではないかと思うのですが、『またしても『HEAVEN』』ですよね;;; hydeさんは本当に天国がお好きなようですネ・・・。

この曲のタイアップが少々ショックです・・・。またしてもプロ野球:巨○軍の関連番組とのタイアップなのですね・・・。プロ野球には全く明るく無いのですが、ラルクさんが巨○軍のテーマ曲として『New World』を提供された年の巨○軍は確かボロボロな成績で、巨○戦の視聴率も非常に悪かったのですよね。

低迷する野球の人気を盛り返そうと、若い女性を中心に人気の有るラルクさんを起用されたようでしたが、あまり効果は無かったように思いました。反対にプロ野球を支えるおじ様ファンをラルクさんファンへ取り込めたということも無かったと思います。

巨○軍にしてもラルクさんにしても、お互い効果的なタイアップとは思えなかったこともあり、こうして再び手を組むことになろうとは夢にも思いませんでしたヨ・・・。

hydeさんはプロ野球には全く関心がお有りでないにも関わらず、『New World』のタイアップの為に巨人戦を観覧なさっていましたよね。あのとき野球解説者から野球に関する質問を受け、どう返したものか困惑気味で居心地悪そうだったhydeさんのご様子が今でも脳裏にアリアリと浮かんで来ます・・・(^-^; あの折にタイアップはやはりメンバーさんも心から賛同出来、楽しんでやれるものがいいな・・・と思ったものでした。

そういう意味では『精霊の守り人』のタイアップの『SHINE』の方がラルクさん、取り分け歌詞制作者のhydeさんにはいいように思います。

まあ既に決まったことですし、前回よりは利点を相互に分け与えられるようなタイアップとなるといいですネ。

野球に関連したタイアップということは『SEVENTH HEAVEN』はラルクさんシングルでは久々のハード目のロックなのでは無いかと予想します。何となく『HEAVEN』繋がりのシングル:『HEAVEN'S DRIVE』風の曲なのかと思ってしまう面も有るのですが・・・、果たしてどのような楽曲なのか楽しみです! 

【2007/03/24 01:09】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

HydeistさんHPトップは春の装い
昨夜 HydeistさんオフィシャルHP に行ったときにトップページを眺めながら、『そういえばまだ雪景色だけど、幾らなんでもそろそろこの雪も無くなるんだろうな。』と思っておりました。

それが本日拝見致しましたところ、タイミングもまさに昨日の今日で些か驚いたのですが、一転して春仕様になっていますネ! Hydeist会員さんで無い方でも見ることが可能な方のトップページも同様になっているので、ご興味のお有りの方は是非ご覧になってみて下さい!(^-^)

昨日の時点では、変わるとしても単に雪が無くなり元通りになるだけかと思っていたのですが、案に相違して、中央の籠や街灯に深紅の薔薇が絡まり、建物の窓辺にはヨーロッパの国々で見掛けるように色とりどりの花が飾られていますね!(^-^) 籠周辺の石畳の上には散った薔薇の花弁も見られ、芸が細かいです。完全に“春”を意識した仕様になっています。

そう言えば、フランスかスイスのどこかの町だったと思うのですが、景観を美しく保つ為に、建物の窓辺に花を飾ることが条例のようなもので決まっている町が有るのですよね。旅行した時にこういった説明を受けたことをふと思い出してしまいました。

HydeistさんHPの今回の改装は春の訪れを感じさせてくれる素敵なもので、見るだけで楽しませて頂きました。このことに関するhydeさんのコメントが有るといいなーと思い、先程からBBSを拝見しておりますが、現時点では書き込みは無いようです。hydeさんはまた最近はHydeistさんHPから足が遠退き気味ですよネ(^-^; 時々堰を切ったように通い詰められるときも有るのですけれどねー・・・。

トップページは冬仕様、春仕様と変わっているということは、今後も夏・秋と続くのかも知れないなと思いました。気が早いですが、夏仕様となるとどのようなものになるのか、ちょっと想像してしまいました。でもこれ、中々難しくてしっくり来るものが有りません。

私たち日本人は花火、浴衣、スイカ、団扇、蚊取り線香、提灯、朝顔など、どちらかというと和的なもので“夏”を感じることが多いように思います。Hydeistさんトップページの街並は明らかに西洋を意識したものなので、これらのものとは相容れないように感じました。私の想像力ではHydeistさんの街に合う夏の風物が浮かびませんでしたヨ。。。

現在はhydeさんはラルクさんの活動の最中かと思われますが(表にはあまり出ていらっしゃらずとも)、今後もソロとしてのHYDEさんをHydeistさんHPで楽しませて頂けると嬉しいなと思います。
【2007/03/23 05:38】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

『Can't stop believing』のオリコン順位
teっちゃんの『Can't stop believing』のウィークリーでのオリコン順位はどうなるのかな?、と思っていたのですが、先程オリコンサイトさんを閲覧致しましたところ、第9位になられたのですね!(^-^)

デイリーチャートの初登場が4位で、その後みるみる内に急降下されていったので(^-^;、ウィークリー10位以内は危ういかとチララと思っていたことも有り、無事トップ10入りされて良かったと思います。何かにつけ音楽チャートでは10位以内は注目されますが、この圏外になると扱いも寂しいものが有りますよね・・・。

オリコンサイトさんによると『Can't stop believing』の週間売上枚数は1.7万枚とのことです。HYDEさんソロですと約10万枚程が売れたような記憶が有ります。比較してどうこうということは無いのですが、やはりバンドのフロントマンのボーカルと演奏メンバーという点で知名度も格段に差が有るでしょうし、違うものだなと思いました。当然人気度合いも異なるというのも有るかとは思います。

私の周囲のラルクさんファンでは無い友人を見ても、ボーカルがhydeさんということは知っていても、殆どはkenちゃん、teっちゃん、ユッキーの名前さえも認識無さそうです・・・。私はラルクさんファンでは無い友人には、ラルクさんのことを深く語ったりはしないですからねー。kenちゃん、teっちゃん、ユッキーのことを口に出すことはほぼ皆無です。

結局このteっちゃん週間を殆ど堪能出来ずに終わりつつ有ります。代わりに、ネット上の各所でteっちゃんの言動についての記載を掻い摘んで読ませて頂きましたが、teっちゃんは自分の曲については当然のことながら話されていたようですが、この他に割と『これから発売されるラルクの新曲を宜しく』的なラルクさんの宣伝塔になられていた節が有る様に思いました・・・(^-^;

普段はどちらかというとhydeさんの背後に佇んでいるところ、折角のソロ活動ということでスポットライトの当たる場所に出ていらっしゃるのですから、もっと自分を全面に押し出されればいいのにと思う訳ですが、どこか控え目ですよね。

teっちゃんはこう、ファンの気持ちをよく考えるお方なのだと思います。多くのファンが如何にラルクさんを待ち望んでいるかということを認識し、ラルクさん話題にファンが喜ぶことも承知していて、しばしばラルクさんのことを口にされるのは無いでしょうか。これはファンを喜ばせる為も有るかも知れませんが、ラルクさんのリーダーとしての立場からラルクさんのプロモーションも心掛けていらっしゃるようにも感じます。

teっちゃんソロはソロなりの良さがあると思っておりますので、今後も望むようないいタイアップをどんどん獲得し、ラルクさんと並行でもリリースして行って頂きたいですネ。
【2007/03/21 01:34】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

ラルクさんのMステ演奏曲は如何に?
ラルクさんが4/6にMステさんの春の3時間スペシャル番組に出演されるのは、少し前にラルクさんのオフィシャルHPに発表になった通りですネ。

ラルクさんの今回の演奏曲が何かがずっと気になっております。

ふと「もしかして、MステさんのオフィシャルHPで、各アーティストさんの演奏曲が既に発表されていたりして?」と思い、久々にMステさんのオフィシャルサイトさんに参りました。

そういえばラルクさんは、前回、初秋の頃だったかに出演されたMステのスペシャル番組のときは、ラルクさんのみ演奏曲は伏せたままで本番を迎えましたよね~(^-^; 

このときはラルクさんファンの間でも何が演奏されるのか、随分と話題になったものでした。大方のファンの『the Fourth Avenue Cafe』をTVで初披露目という予想を大胆に裏切り、『Caress of Venus』という意外な選曲で随分と拍子抜けさせて頂いたことが記憶に新しいです。

今回のポイントはやはり新曲がご披露されるのかどうかでしょうか。先日のPJも多くのファンは新曲お披露目に違いないと思われたと思いますが、結果、想定外の『AS ONE』『Link』の2本立てでしたよね。

Mステサイトさんには現在のところはラルクさんに限らず、演奏曲は一切掲載されていない状態ですね。

その代わり、HP閲覧者が3時間スペシャルでアーティストさんに演奏して欲しい『出会いと旅立ちのこの季節に聴きたい“春うた”』をリクエスト出来るようになっているのですね。これを拝見致しまして、今回のスペシャル番組では新曲よりも既存曲演奏の可能性が高いように思ってしまいました。

尤も新曲:『SHINE』でしたら、このMステスペシャルの翌日には『精霊の守り人』の放映開始で、こちらで確実に御披露されるのですけれどね。『SHINE』も聴いてみたいですが、新しいシングル曲も早く聴きたいです。

さて、Mステさんで今回募集している『出会いと旅立ちのこの季節に聴きたい“春うた”』のフレーズに合うラルクさんの楽曲は何か有ったかな???、としばし考えてしまいました。

hydeさんの歌詞は元々あまり現実的なことが題材になっておらず、『出会いと旅立ち』のようなテーマ性を持った曲は特に思い付きませんでした。

ただ『春』という言葉だけから考えますと、すぐに『花葬』が浮かびます。「ばらばらにちらばる花びら 雫は紅」の「花びら」が桜の花を思わせるからでしょうか。そういえば、この歌の歌詞には「桜」という言葉は全く登場しないのですが、桜以外考えられないのが不思議です。

あの曲は死の臭いを持っていて、『出会いと旅立ち』というような青春を感じさせるようなものからは掛け離れているとは思いますが(^-^;、ラルクさんの独創的な世界が繰り広げられる『春』の曲ということで、久々にTVで御披露されるのも良いかも知れないなと思いました。

そうそう、今回もLE-CIEL会員さんには観覧募集が有るようですね。年齢的に落選確実であることは分かり切っていますが、これはもう儀式のようなものとして捉え、申し込みをしてみようと思います。

年末のMステスーパーライブですと、大会場を借り切って大々的に執り行う為、各アーティストさんのファンクラブとは全く関係無い一般枠の観覧応募も有るのですけれどねー。さすがにこれは年1回(夏も有ったかも。そうすると年2回ですかね。)がいいところなのでしょうね。

まあ何にせよ、どのような曲が演奏されるのか、今後の発表を楽しみに待ちたいと思います。

【2007/03/20 06:14】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(5) | Top↑

ラルクさんのライブDVD:『Five Live Archives』の収録曲
頂いたコメントにより知ったのですが、いつの間にやらLE-CIELさんのオフィシャルHPにラルクさんのライブDVD:『Five Live Archives』の詳細内容が掲載されていたのですね・・・(^-^; 以前ジャケ写も知らない内に出ていたのですが、今回の詳細内容はいつから出ていたのでしょう? 隅々まで念入りに見ないと、見過ごしてしまいますねー・・・!

内容をご覧になりたい方はラルクさんのオフィシャルHPの『NEW RELEASE』のDVD紹介のところに『詳細内容』のボタンが有りますので、こちらを押下すると確認可能です。

さて、早速拝見致しました。

『Tour'98 ハートに火をつけろ!』ツアーの収録曲ではライブ映像としては持っていない『Round and Round』が嬉しいです。この曲はP'UNK~EN~CIELさんが結成されてから、ライブではパンクバージョンでしか演奏されていないですよね。 原曲の方が好きなのですが、未だライブで聴いたことが有りません。原曲のライブ演奏がどのようなものなのか、とても興味が有ります。

またきちんとしたライブ映像のリリース物としては持っていない『metropolis』、『LORELEY』も嬉しいです。

『1999 GRAND CROSS TOUR』は昨夏、L'Arcafeで観た『What is love』が楽しみです。あの映像はとても良くて、是非入手したいものだと思っていたからです。曲中、hydeさんが綺麗な高音を響かせる『What is love~♪』の下りは鳥肌が立ったのを思い出します。

『RESET>>LIVE*000』はライブに参加しているのですが、このときのライブは1999年から2000年にかけて行うものだったので、1回こっきりのライブで、セットリストは部分部分で印象的なものが記憶に残っておりました。

オープニングの『finale』、1999年最後の『Shout at the Devil』、この後ラルクさんと共にカウントダウンをして、2000年最初の『NEO UNIVERSE』、ラストは『Pieces』だったのですよね。『finale』はステージに白い幕が掛かったままの状態で演奏され、『NEO UNIVERSE』は場内が一気に明るくなり、光に満ち溢れた中での演奏で、紙吹雪が降ったような覚えがあります。あと『Pieces』はミラーボールを使っていたような気がします。

収録曲のウィンドウを見ていて「んんん???」と思ったのが『TOUR 2000 REAL』のものです。『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』が収録対象外になっていますね・・・。このツアーで私が参加したのは5公演だったのですが、毎回『TIME SLIP』以外のアルバム『REAL』の曲は全て演奏された記憶が有ります。DVDの収録日の公演のライブも行きましたが、どういうわけか『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』が収録曲から外れています。

確か今回のDVDの謳い文句が『完全収録』ではなかったのかとオフィシャルサイトさんの内容を見に行ったところ、『5公演完全収録「予定」!』となっていました。一気に脱力致しましたヨ(^-^; 『予定は未定』とはよく言ったもので、今回は現実とはならなかった模様です。 

『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』は格別好みという訳でも無く、好き度合いで行きますと『普通』程度の位置付けなのですが、やはりライブ映像を観てみたかったです。

もしかして他にも収録されていない曲が有るのでは!?、と心配になりまして、過去のLE-CIELさん会報を引っ張り出して、確認してしまいました。会報はラルクさんライブのセットリストを全て掲載して下さっていますよね。ちなみに『ハートに火をつけろ!』のときはまだLE-CIELさん会員ではなかったので、こちらのセットリストはチェック出来ませんでした。

結果、見落としが無ければ、『TOUR 2000 REAL』の『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』・『虹』、『ASIA LIVE 2005上海大舞台』の『Killing Me』が欠けているようです。

『虹』と『Killing Me』は他のライブDVDに収録されているので格段問題とは思わないのですが、レアな『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』が無いというのは残念です・・・。この機会を逃したらもう観ることは叶わないかも知れません。

それにしても収録対象外曲が有るというのは、一体どういった理由からなのでしょうね。DVDの収録時間の関係で物理的に削除は止むを得なかったのでしょうか。もしかして録画に失敗が有ったのでしょうか。それともチェックしたところ、何か致命的な失敗(演奏とか演出?)が有ったのでしょうか。

演奏における致命的な失敗となるとすぐに浮かぶのが『Shibuya Seven days』の『HEAVEN'S DRIVE』演奏時のhydeさんの歌い間違いによる演奏停止、『SMILE TOUR 2004』代々木最終日の『Feeling Fine』のhydeさんのボロボロな歌詞忘れなのですが、こういったものは特に記憶に有りません。

あとは何か意図が有るのかなと思ったりもしますね。こういったレアな曲をリリースせずに手元に残すのはある意味宝のようなものかと思います。将来的に何かを売りたいときにレア映像として一緒に売る等が考えられるのかも知れないですね。

尤も『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』についていうなら、それ程この曲の熱心な支持者がいらっしゃるとも思えませんし、そこまでの吸引力にはならないような気もしますけれどね。

今更ながら『TOUR 2000 REAL』のライブ映像は色々と心残りが有ります。曲により全公演でではないかも知れませんが、このときのツアーで演奏されている『TIME SLIP』、『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』、『Anemone』と3曲もライブ映像のリリースが有りません。

何がともあれ、DVDの発売も段々と近付きつつ有りますね。10時間を越える映像ということですので、観るのにも気力・体力が必要かと思います。1998年から2005年までのラルクさんの『Archives』をしかと拝見させて頂きたいと思います!
【2007/03/18 06:20】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

ラルクさんのPJ出演視聴:感想
今日はラルクさんが久々にPJに出演されました。当番組は今回で最終回なのですねー。

今日の放送を通しでは観ていないのですが、最終回ということで、どうも司会は現在の担当者の安○ぐみさんがトップバッターで、ここから順次歴代の司会者にバトンタッチしながら、番組が進行して行くようでした。

一組目の出演アーティストさんはラルクさんでして、いきなりだったので心の準備が出来ておらずちょっとビックリしました。「こんなに早く!?」と思ってしまいましたヨ。今日は『音楽戦士』も有り、こちらはteっちゃん出演でPJと放映時間が微妙に重複する為、もしかしたらPJさん側で配慮して下さったのかもしれません。

既に番組公録に行かれた方からの情報で『AS ONE』と『Link』を演奏されることが分かっていました。今回の放映の構成は『AS ONE』演奏後、過去のPJ司会者を務められたT○Rさんの司会の元トークが有り、この後再びステージに画面を移して、『Link』演奏という3本立てでしたネ。

曲演奏時は会場全体がとても盛り上がっている感じでした。総立ちだったように見えました。ラルクさんがこの日の一番人気アーティストさんだったのかな? 会場の様子を見ながら、自分もあの客席に居たかったなと思ってしまいました。

動くhydeさんを目にしたのはちょっぴり久々だったのですが、黒のスーツ姿でしたねー。髪の毛が長めで軽くウェービーな感じでした。うーん、今の髪型は正直あまり好きでは無いですね・・・(^-^;
hydeさんのお声の調子は悪くはなかったのと思うのですが、全体を通して高音部の音が若干下がり気味だったように思います。

トークはT○Rさん司会で笑わせて頂きました。彼はラルクさんの話を引き出すというよりも、自分の話を結構されていまして、ラルクメンバーさんも思わず笑ってしまう・・・といった風でした。

先週のteっちゃん出演PJもteっちゃん出演部分しか観ておらず知らなかったのですが、トークで使う部屋が以前とは異なるのですねー。私の記憶に有ったのは黄緑色の柔らかそうなソファが有る部屋でした。

今日観たのは硬質の素材で出来た白い椅子とテーブルのある部屋でした。椅子は大きなドーナツ型で一つに繋がっていて、ここに全員が中心のテーブルに向かって腰を掛ける形ですね。以前の部屋の方が居心地良さそうに見えました。まあトーク時間は然程長くはないでしょうし、メンバーさんは特に気にならなかったかも知れません。

今日のトークで初めて知ったのですが、ラルクさんがTV出演された最初の番組がPJだったのですネ! PJはいかにもNHKさんの番組でして、これから売り出すような比較的無名のアーティストさんを出演させてお茶の間の皆さんへお披露目といったこともされていました。T○RさんもTV初出演はPJだったそうで、新人さんや無名アーティストさんには貴重な番組だったことが窺われました。

ちなみにラルクさんがPJ初出演の頃は私はまだラルクさんのファンでは無かったです。

TV初出演の頃はこれからやってやるぞーみたいな感じだったのが、今では出演自体を面倒に思っているのでは無いか、といった風にT○Rさんがラルクメンバーさんに突っ込んでいて、メンバーさんが全員ちょっぴり慌てつつ、笑顔で否定されていたのがおかしかったです。

予想ですが、恐らくラルクメンバーさんは皆さんTV出演はあまりお好きでは無いのだろうなー・・・と思いますね(^-^; リハーサルなんかも有って拘束時間が長いですし、トークもあまりやりたくなさそうですし、TVでの演奏はライブと異なり楽器類は全てカラオケですし、ね。

でもファンとしてはラルクさんにTVを通してでもお目に掛かりたいのですよね。

T○Rさんが司会されていた頃、ラルクさんとのトーク時、ラルクさんと親密になりたいのに何だかこう、噛み合わないものをお感じになっていたようで、それをしばしばトーク中にラルクメンバーさんに訴え掛けていらっしゃったのを覚えております。

今日もこのことを仰っていましたね。T○Rさんが『親密になりたいというよりもむしろラルクさんのメンバーになりたかった』というようなリップサービスをなさったが笑えました。

hydeさんはT○Rさんがメンバーになりたいのなら当然ボーカルだろうということで、『自分がボーカルから追い落とされる危機だったのか!?』といった風に返すと、T○Rさんはハッとしたご様子で、『ボーカルじゃなくて、後ろでタンバリンを叩く人で参加したかった』と応対されたのもおかしかったです。

PJがこれで終了となると寂しいですね。TV初出演の記念すべき番組ということでしたら、恐らくラルクメンバーさんも感慨深いものがお有りになったのではないかと推察致します。『Link』をお歌いになられた後、hydeさんが「サンキュー、ポップジャム!」と締め括られたのに思わずジンワリと来てしまいました。
【2007/03/17 06:21】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(5) | Top↑

『Can't stop believing』のCD鑑賞:感想
昨日teっちゃんの最新シングルCD:『Can't stop believing』のDVD付初回限定盤を入手致しました。

家に届いたAmazonさんからの段ボール箱を開梱し、真っ先にteっちゃんCDのケースを裏返してみました。あ、段ボール箱で来たのは、今回teっちゃんCDの他にラルクさんに全く絡まないCDを2枚購入していて、合計3枚のCDが送付された為です。この枚数になるとメール便ではなく、あの大きい箱で来るのですね~。

今回、ジャケ写の表面は既にteっちゃんのオフィシャルHPや雑誌で見ていて、どのようなものか認識が有りましたが、まだ見ぬ裏ジャケについて『PATi-PATi』誌でライターさんが気に入っている旨仰っていたので、どんなものなのか気になっていました。

CDジャケの裏の写真を目にした瞬間、足元がムズムズするように感じると共に、ブルッと軽い震えが来ました。teっちゃんが高層ビルの屋上の際に、今にも飛び降りでもしそうな感じでお立ちになり、両手を広げていらっしゃるところを、teっちゃんの正面斜め上のアングルから撮影した写真なのですね。高所恐怖症では無いのですがビルの真下の部分がボヤけていて遠近感の有る写真なので、ちょっと高所に居る気分を味わえます。

高層ビルとteっちゃんという図に、ラルクさんの『DIVE TO BLUE』や『Pieces』のPVを連想してしまいました。特にteっちゃんが両手を広げてビルの上から倒れられる『Pieces』を思い出させられますね。ラルクさんのあれらのPVももしかして高層ビル好きのteっちゃんの意向が盛り込まれているのかも知れないなと思いました。

裏ジャケのteっちゃんのお顔なのですが鼻筋が真っ直ぐに通っていて、彫刻のように見えます。改めて端整な顔立ちをされていらっしゃるなと思いました。

今回初回限定盤を購入している為DVDも入っていたのですが、CDケースを開くとCD・DVD共にジェット機の写真を取り入れたレーベル面なのですね。CDが全面赤、DVDが全面青の濃淡でプリントされていて、洒落ているなと思いました。ジャケ写の高層ビルとレーベル面のジェット機という日頃目にする組み合わせのものにしているのですね。ジェット機はteっちゃんの仰るこの曲の『疾走感』を表現するのに合っているように感じました。

さて、やっと『Can't stop believing』を最初から最後まで通しで聴くに至りました!(^-^) 恐らくネット等を探せば、発売日より前にフルで聴くことが出来る機会も見つけられたかと思うのですが、敢えてこれをせずにCDで聴くようにして、これはこれで良かったです。

teっちゃんのキラキラした部分が沢山詰まった曲だと思いました。こうやってきちんとしたCDという形で拝聴致しますと、細かいところにまで綿密に計算されて音が構成されている気がします。音の運びがとても好きですねー。

teっちゃんはソロ曲のときによくギターパートについて話されますが、今回もラルクさんでは本職ではないギターの演奏もとてもいいですよね。特に間奏のギターソロの音色に惹かれました(ん?、コレはteっちゃんの演奏では無かったりして・・・?)。何だかラルクさんの曲を思わせる音なのですよねー。

ソロ含むラルクさん関係のCD購入時は、いつもまず歌詞カードを見ずに曲をひたすら繰り返し聴いて堪能した後に、初めて歌詞カードを見て曲を再認識して更に聴き込む、というのが私の聴き方ということを以前書いたかも知れません。今はまだ歌詞カードを見る前で、何度も繰り返し聴いている段階です。

teっちゃんの声無しの『Can't stop believing-Instrumental-』も一緒に入っていて良かったです。楽器演奏だけの曲を聴くのも大好きです。

私はラルクさんメンバーのソロ作品もやっぱり好きなんだよなーとしみじみ思います。他のアーティストさんとは音が違うように思えるのです。どなたのソロ作品でもCDは必ず購入して、何度も聴き入ってしまいます。もちろんどの曲も気に入るからなのですけれどね。

さて、『Can't stop believing』のカップリングのリミックス版『REVERSE』ですが、随分と大胆にアレンジしたものだとちょっとばかり驚きました。原型とはかなり変えていますよね。TVゲームで出て来そうな曲調かと思いました。元は流れるような調子で穏やかに聴ける曲ですが、このアレンジは音が跳ねているし、つっかえつっかえしているような部分が有るので、ビックリ箱っぽい感じがしました。面白く聴くことが出来ました。

DVDについては、もう少し頭がスッキリとしているところで余裕の気持ちを持って観たいというのが有りまして、未だ観ていない状態です。

一昨日はCD入荷日だったので、CD店まで足を運んでteっちゃんCDがどのようになっているのか確認して来てしまいましたヨ。普通に陳列されているのを眺めつつ、teっちゃんソロのCDがこうやって並ぶのを見るのは久し振りだなーと嬉しくなってしまいました。と同時に同日にシングルを発売される他アーティストさんの銘柄を知りまして、恐々としてしまいました(^-^; 

オリコンさんのチャートはどうなるんだろう???、と思ったわけですが、本日のシングルデイリーチャートでは昨日の4位よりも2つ順位を落として6位に着けていらっしゃいますね。今の状態を保ち続けられるといいなと思います。

そういえばCDをリリースする会社は変わっても、teっちゃんの『SPROUSE』のレーベルは不変なのですね。TETSU69からtetsuへ改名してしまったことも有り、以前の活動から変わらないものが有るのは良かったなと思いました。

teっちゃんは明日はYahoo!のライブトーク出演、『音楽戦士』へ出演が有りますね。あさってはラジオの公開放送でしたっけ? 大忙しですネ。この中で視聴出来そうなのは録画可能な『音楽戦士』位かなー(^-^; 色々と多忙で折角のteっちゃん週間のイベントを殆ど楽しむことが出来ません。悲しいですが今はCDが有るのでこれを聴くことで楽しむことにします。

さて、話はteっちゃんからラルクさんの方に移ります。

昨日書店でteっちゃんが裏表紙に登場されている『CDでーた』をチラリと立ち読みして来たのですが、ライターさんがteっちゃんのソロアルバムのリリース予定について質問したところ、teっちゃんが『アルバムはスケジュール的に2~3年先まで無理』といった発言をされているところに注目してしまいました。

2~3年先って随分長いスパンですよね。この間はラルクさんの活動期間なのかなと思い、嬉しくなりました。また、ラルクさんはやはり来年あたり、ワールドツアーでもなさるのではないかという考えが脳裏を掠めました。今年はまずホールツアーから始め、アリーナツアーへ移行し、ワールドツアーへ・・・と段々規模を大きくして行くような気がして仕方有りません。

目下teっちゃんのリリースプロモーションの真っ最中なので、これが一段落ついたところで、今度こそラルクさんの新情報が次々と解禁されるといいなと思います!(^-^)
【2007/03/16 01:31】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

『SHINE』は“『精霊の守り人』徹底研究”で初披露?
やっとこれまで借りていた原作本:『精霊の守り人』シリーズの1~3作目を読み終わりました。主人公の女性が過酷な運命の下、寂寥感を漂わせながら力強く生きて行く様が良かったです。涙脆いのでホロッと来る場面も多く有りました。

『SHINE』は未聴ながら、ラルクさんのこれまでの作品の傾向を考え合わせると、この物語の醸し出す雰囲気とラルクさんの曲はとても相性がいいのではないかという気がしました。

あまり読書時間を取ることが出来なかったことも有って、図書館の貸出期限を超過してしまいました・・・(^-^; 重いハードカバーの本ですが会社に行くときも持ち歩いて、電車の中でもちょこちょこっと読んでいたのですけれどねー。

さて、この『精霊の守り人』シリーズはまだ他にも数冊出版されていることが分かっていたので、早速続きを借りる為に続刊のタイトルを控えたいと思いまして、アニメのオフィシャルHPに行きました。

ふと最新情報のところに目が行ったのですが、4月からのアニメシリーズの放映に先立ち、来る3/26にこの物語の魅力を「徹底的に研究・紹介する」番組: “『精霊の守り人』徹底研究”がNHK-BS2で放映されるのですね。

注目すべきはここで4月から放映予定の第1話も先行で丸ごと放映されるという部分です。『丸ごと』ということは当然オープニングテーマ曲も流れることが予想されますよね。どうもラルクさんの新曲:『SHINE』はここで初披露の可能性が高いのでは無いかと思われました。

少し前まで『SHINE』は今週末のPJで御披露かと思っておりましたからねー(^-^; これまで全くこの特別番組に気付いておりませんでしたヨ。

『徹底研究』ということで有れば、もしかしてラルクさんもオープニング曲担当として、ちょっとばかりコメントする為に出演されたりする可能性が有るかも・・・とも期待しております。

それにしても、そもそもの問題が有って、私の家ではBS放送を観ることが出来ないのですよね。ラニバのWOWOW放送といい、番組が多極化してしまうのは追い付かなくて大変です。ただBS放送はWOWOWよりは余程普及しているので、こちらは録画も比較的簡単に手に入りそうなのがせめてもの救いかと思っております。

ちなみに曲初披露もコメントも元になる情報は皆無でして、勝手に予想しているだけですので、違っている可能性は大いに有ります。このことをどうかご認識下さいますよう・・・(^-^;
【2007/03/14 00:35】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

teっちゃんPJ出演
先週の土曜日にteっちゃんが『Can't stop believing』御披露で出演されたPJを録画しておいたのですが、先程拝見致しました。TVの音楽番組での演奏なので、通例そうであるように曲の全部ではなく一番目だけだったかも知れませんが、天嘉伍以来、初めてまともに通しで聴くことが出来ました。

teっちゃんがPJの冒頭で曲紹介されていた通り、疾走感が溢れる、これからの季節に合った爽やかな曲だと思いました。サビに入る前は割と低音で抑え気味な感じで、サビからは眼前に大空が広がるような印象を受けます。心の中に春風が吹き抜けるような心地良さを感じました。

teっちゃんのソロ曲の多くはラルクさんメンバー4人のソロ曲の中では一番ラルクさんに近い気がするのですが、今回の曲もこれに該当するように思いました。ラルクさんの音の構成の傾向のようなものが有って、teっちゃんソロ曲もこれに似ているのかも知れませんネ。

歌詞はやはり今回PJで拝見致しまして初めて把握したのですが・・・、申し訳有りませんがまあ普通・・・かなー(^-^; ラルクさん・ソロを通して、私はteっちゃんの作詞においては、時折気に入る言い回しや表現は有るものの、曲全体としてみたときに殆ど感銘を受けたことが無いのです。今回のPJでは一部の演奏だけなので、CDの歌詞カードで全てを知ると印象が変わる可能性は有りますが、今のところ現在の印象からそれ程ブレないかなと思われます。

PJでteっちゃんのお姿が可愛いなと思いましたねー(*^-^*) まずお召しになっている服が可愛かったです。黒の上着に襟元には金のバッチが幾つも付いていて、白黒ストライプのネクタイ(スカーフ?)を首に掛けていらっしゃいました。

teっちゃんはこういったノリの良い歌われるときはかなり体を激しく動かされますよね。今回も健在でして、子供が元気に遊んでいるような風に感じ、これがまた可愛いなと思いました。

明日は遂にリリース日前日を迎えます。CD店にも並ぶことでしょう。私はAmazonさんで購入するのでCD店で購入することは無いのですが、ちょっと店頭の様子でも見て来ようかと思っております。teっちゃんソロのCD発売は久し振りですし、お店でどんな風に取り扱って下さるのか興味が有ります。

そういえばteっちゃんは今週末にラジオ番組の出演で渋谷のスペイン坂のスタジオに登場されるそうですね。既に観覧の予約受付は終わってしまったそうですが、こちらの観覧については過去の例により事前ではなく、当日並んで権利を得るものという認識でして、ちょっと意外に思いました。番組に依るのでしょうか。

どのみち私はスペイン坂のスタジオにガラス越しに拝見する為に行くというようなことはしないのですけれどネ。これはteっちゃんソロに限らず、HYDEさんやラルクさんメンバー4人が出演ということになっても同様です。ライブ演奏が無ければ、あまり行きたいという気持ちが強く無いのです。

とにかく、teっちゃんのCDリリース及びこれに付随する今来週辺りの華々しい活躍を楽しみしております(^-^)

【2007/03/13 00:11】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

『PATi-PATi』:感想
今日はteっちゃんが巻頭表紙の『PATi-PATi』を購入して参りました。書店で表紙を見た瞬間、思わずホーゥとため息が出ました。両手を体の後方で支えにしてスタジアムの芝生の上に座して、優しい眼差しでこちらを見つめ、僅かに両方の口角が上がっているのが見て取れます。薄く微笑んでいらっしゃる感じでしょうか。

黒のスーツに赤と白のストライプのシャツと同色のストライプのマフラー、赤のセーターを着込んでいらっしゃいます。背景に黄緑の芝生が映っていて、表紙の印字文字は黒・赤・白を使い分けています。表紙全体で黒・赤・白・黄緑の4色が綺麗に配色されていて、春を感じさせる素敵な表紙だと思いました。

さて、インタビューについてですが、『Can't stop believing』はもう3年も前に作られていた曲だったのですね。teっちゃんは以前のインタビューで語られていた通り、決してソロ活動を止めていたわけでは無く、来る日に向けて続けてはいて、それがこうやってやっと表に出せるときが到来したということなのですね~。

何やら今回のCDはライターさんの話では裏ジャケがいいのだそうです。まだ表だけしか公開されていないですよね。裏はCDを手にした時に初めて見ることが出来そうです。

今回の曲は歌っていてブレスするところが無くて大変とのことです。ちょっとおかしかったのはteっちゃんが作られる曲は多くがそうらしく、ラルクさんではhydeさんから指摘が入るらしいです(^-^; teっちゃん曲がそんなにブレスのしどころが無く、歌い辛いとは思ったことは有りませんでした。teっちゃんは密かにhydeさんに過酷なことを強いていらっしゃったのですネ。

hydeさんはブレスのことをどんな風にteっちゃんに仰って、teっちゃんはどんな風に応対していらっしゃるのかなーと思い、色々想像して思わずフフッと笑ってしまいました。

teっちゃんはご自分で自身作曲の歌を歌うことにより、hydeさんのお気持ちを痛感するお立場になったかも知れませんね。

歌う前の準備として発声しておくことが大事と仰っていますが、これは納得ですね。カラオケに行った場合、最初の方は声があまり出ませんよねー。2曲位歌うと喉も温まるのか、その次位から自分になりに歌い易い状態が出来て、気持ち良く声が出せるように思います。

teっちゃんの作曲には車は欠かせないというのは以前から存じ上げておりますが、延々と同じ景色が続くのは駄目で、どんどん変わって行くことがポイントというのは初めて知りました。車窓からの目まぐるしく変わる景色がteっちゃんの脳内を活性化させるようです。

teっちゃんは以前からスポーツ観戦はサッカーがお好きと仰っていますが、野球は間延びした感じがするからと解釈したのですが、あまりスポーツといった感じがしないと語られていますね。ラルクさんのシングル:『New World』は野球の巨人戦で使われた曲でタイアップとなった訳ですが、こう言っては何ですが、本当にラルクさんにはあまり似合わないタイアップだったのだなと改めて思いました。唯一kenちゃんが野球好きな他は、hydeさんもteっちゃんもそして恐らくユッキーもあまり関心が有られないのですよね(^-^; 

teっちゃんも今は何も野球と関わりが無いからこのような発言も出来ますが、タイアップ期間中だったら絶対に口に出来なかっただろうなと思いました。やはりタイアップは対象に多大な共感・共鳴といったことがアーティストさんの方に有った方が、見守っている側としても嬉しいですね。

teっちゃんはPV制作で大事なのは監督選びとしていらっしゃいますね。teっちゃんの感覚からすると家を作る設計者なのですね。それは確かに有るかも知れません。大体PVを制作するのはシングル曲で、5分~6分程度の長さです。アーティスト側の十分な満足が得られるものを制作し、更にこの短い時間の中で、どれだけ多くの人の心を惹き付けることが出来るかどうかの手腕が問われるのだと思います。

今回のインタビューはあまり『Can't stop believing』自体を深く掘り下げたものでは無かったのがちょっと残念です。PV制作についてもそれなりにteっちゃんから話を聞き出せているようなのに、文字数の制約でも有るのか、詳細な記述が有りませんでした。写真ページが結構有るので、ここをもっとインタビューページに回して欲しかったなと思います。写真は様々なアングル・距離から撮った、様々な表情のteっちゃんが写っていらっしゃって、可愛かったり、凛々しかったり楽しめましたけどネ。

そうそう、teっちゃんから話は変わりますが、『PATi-PATi』の後ろの方の情報ページに書いて有ったのですが、ラルクさんの新曲『SHINE』は今春発売とされているシングル曲ではなく、現在はリリース未定なのだそうです。ということはアルバム曲である可能性が高いですね! 『精霊の守り人』はいいストーリーだとは思いますが、とにかくBS放送のみ、しかも休日の朝放送という目立たない枠だと思っていて、これがシングルだったらタイアップとしては弱いなと感じていたので、これはこれで良かったなと思いました。

さて最後に昨日の記事に関してですが、長い時間に渡り二重投稿のようなおかしな文章を掲載しておりました。こちらをご覧になった方は大変お見苦しかったことと思います。失礼致しました。現在は修正しております。

記事を掲載する前にまずテキストファイルに下書きしてから推敲し(誤字・脱字の類は散見されるかも知れませんが一応やっております)、それから初めて掲載という手順でやっているのですが、掲載するときに失敗したようです。。。(^-^; 掲載後に簡単に見直しするときとしないときがありまして、今回は後者ですね。お恥ずかしい限りです。今後気を付けます。
【2007/03/10 03:14】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

teっちゃん登場多々
来週のteっちゃんソロの新曲:『Can't stop believing』のリリースに向けて、teっちゃんが色々なところに登場されますネ!(^-^)

まずは明日です。PJに出演されますよね。先程teっちゃんのオフィシャルサイトさんを拝見しておりましたところ、PJの放送時間が変更になっているのですね。後ろにずれたのかな? 録画予約されている方はご注意下さいませ。私も後で修正しないと!

結局teっちゃんの新曲は天嘉伍で1回拝聴し、スーパーサッカーでちょこちょこっと耳にしたのみでして、どのような曲なのかがあまり把握出来ていません。こういったことも有って、明日のPJ出演は非常に楽しみです。teっちゃんがソロでTV出演されたのは何かの音楽番組の『WHITE OUT』演奏時以来と記憶しております。もう4年~5年前かな。TVでのお姿をお待ちしておりましたヨ。

明日はteっちゃん表紙の『PATi-PATi』が発売されますので購入予定です。teっちゃんの冷静且つシニカルな語り口調を楽しみにしたいと思います。これを皮切りに掲載雑誌が続々と発売されますよね!

来週になればCDリリースです。最初、teっちゃんシングルとラルクさんのライブDVD:『Five Live Archives』のリリース日が同じということで、Amazonさんに一括注文したのですが、結局DVDは発売日が来月に延期となってしまいました。

Amazonさんではteっちゃんシングル単体での購入ですと配達料が掛かってしまうので、ラルクさんとは無関係の以前から欲しかったCDと一緒に購入することにしました。teっちゃんシングルはAmazonさんの割引値段となったし、Amazonさんのギフト券も使えたしで、中々良いお買い物になりました。

teっちゃんオフィシャルサイトさんによりますと、決められたCD店でCDを購入すると、先着でteっちゃんのポスターが頂けるようですネ。ただポスターにはあまり惹かれるものは無いのですよね~・・・。もうちょっと違う特典だったら考えたかも知れません。

今のところ、新曲のPVも全く観ていない状態ですので、CD付録のDVDを観るのも非常に楽しみです。PVを観たら、これまで読んでいなかった『WHAT's IN?』のPV解説文を熟読しようと思っております。こういった解説文は実際のモノを観てからの方が理解出来るし、絶対に面白いですよネ。

またリリースに合わせてWEB上でも幾つかの特集ページが組まれるようですので、こちらも期待してしまいます。

話は変わります。既にLE-CIELさんのラルクさんホールツアーチケット先行予約で、幾つかの公演分が当選している為、やめようかと思っていたのですが、やはりどうしても関東圏の公演に行きたいという思いに駆られました。この為、長らく契約を止めていた携帯LE-CIELサイトさんの会員として返り咲き、申し込みしておりました。今回は微少でもいいので確率が上がるようにと、関東の1公演A席に絞りました。

昨日がこの発表日でした。会社の昼休み時間に「さて、結果を見よう!」と携帯で該当サイトを読み進めていくも、途中で「あッ、そうか、会員番号が要るんだ!」という基本的且つ重大なことに気付きました。

「下書きメールに会員番号とパスワードを保存しておいたような・・・。」と見るも、それらしきファイルが見つかりませんでした。ふと、ここ2~3日の間に「数字が羅列された意味不明の保存メールが有るな。」と思って、削除してしまったような記憶が蘇って参りました(^-^; 

急いで削除フォルダを見ましたが空でした。いつもは削除フォルダを中々空にしないのに、「そういえば最近やったような・・・。」とまたまた記憶が蘇って参りまして、結局携帯のどこにも残っていませんでした。

「早く知りたいのに肝心の会員番号が無い・・・。」と悲嘆に暮れて携帯LE-CIELさんサイトを見ておりますと、会員番号・パスワードを失念した人はこちらへといった形で電話連絡先が出ていたので、早速掛けました。掛ける前に「話し中なんだろうな、きっと。」と思ったのですが、予想通りでした。仕事中、何回か人気の無い所まで行って電話してみましたが、全く繋がりませんでしたヨ。

帰宅途中に「そういえば家で登録操作をしたから、もしかしたら会員番号とパスワードを書いたメモを残しているかも。」と思いました。ここも全く記憶に無かったのですが、自分の取る行動を分析してみて、何かにつけ割と慎重な面が有るので、「万が一携帯メールを消した時も分かるようにしておこう。」と考えて、メモは絶対に残しそうだと思いました。

さて、帰宅してちょっと探しますと、思っていた通りメモが出てきました。というわけで、無事この日の内に結果画面を確認することが出来ました。

LE-CIELさん先行でさえ、関東は大人気で、落選したという報告ばかりを方々で拝見していた為、過去人気ライブ公演で当選したためしの無い携帯LE-CIELさんサイトでの当選は困難を極めるだろうと思い、99%諦めムードだったのですが、やはり落選でした(>_<)

それにしても自分の記憶力が全く信じられないです・・・。何の下書きメールか覚えていないし、メールの削除操作をしたことをぼんやりとしか覚えていないし、メモを残したかどうかの記憶が無いしと、危ないですよねー。まあ元々諦めムードだったので、こんな状態だったというのも有るとは思います。

やはり今回も携帯LE-CIELサイトさんではあまり当選したという報告を拝見していないように思います。枠が少ないのでしょうね。

ホールツアーに参加したくとも出来ない方は多数いらっしゃるでしょうし、早く追加公演の日程が発表にならないかと今はこれが気になっています。
【2007/03/09 06:05】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑

『精霊の守り人』シリーズを読んでおります
4月からNHK-BSでアニメ放映の始まる『精霊の守り人』ですが、ラルクさんがタイアップ曲を提供するに当たり、この物語を知って共鳴されたということでしたので、どのような話なのか興味を持ちました。

原作本のオフィシャルHPを見てみますと既に何冊も出版されているシリーズ物なのですよね。図書館で最初の3冊:『精霊の守り人』、『闇の守り人』、『夢の守り人』を借りまして、現在読んでいるところです。

これから本を読もうと思っている方、4月からTV放送を観ようと思っている方等いらっしゃると思いますので、話の内容にはあまり触れない程度で以下感想等を書きます。

予約しておいた本を取りにいった際、貸出係の方がページの間に挟まった予約用紙を取り出す為に、ページをサーッと捲られたのですが、垣間見えた文章がルビ付きの文字で綴られていた為「うーん、読めるかなー?」とちょっと心配になりました(^-^; ルビはちょっと邪魔に思うことが有るのですよね。

実際のところルビは特に気になりませんでした。既に『精霊の守り人』、『夢の守り人』を読破済みで、現在は『闇の守り人』を読んでいるところです。

・・・、実は『闇の守り人』が2作目なのですが、何をどう間違えたのか、てっきり『夢の守り人』が2作目かと思い込んでしまっていて、『精霊の守り人』の次に読んでしまい、読み終わる間際になって順番を間違えていることに気付きました。ただ、話の舞台や主要登場人物はこの3作は同じで、各作品毎にほぼ話の内容が独立しているので、違和感無く読んでいるのですけれどね。

さて、このシリーズ、中々面白いですー! 1作目の『精霊の守り人』を読んだときはまあ普通に楽しめる良質のファンタジーかな、といったような簡単な感想だったのですが、2冊目・3冊目と読み進みますと、個性的で魅力的な登場人物に愛着が湧き、異国情緒漂う舞台にも魅せられ、不思議な出来事が次々に起こるところに面白みを感じております。

また文章にも好感が持てます。特に、現実には有り得ないとても綺麗な世界を頭の中に描き出させてくれる描写が好きですね。映像で観てみたいという気になります。アニメ化はいいのではないかと思いました。

この話の主人公は用心棒を生業としている30代の女性なのですが、『精霊の守り人』オフィシャルHPで各ページを移動する際のローディング中に中央に現れるのは、この女性が武器として愛用している短槍なのですね。

元々、こういった同じ舞台背景で色々な角度から描かれるような、壮大なシリーズ物の話は大好きです。あ、でも苦手なものも有るのですけれどね・・・。以前も書いたかも知れませんが、世界中で大人気で、確かHYDEさんもお気に入りのハリーポッターシリーズは駄目なのですよねー(^-^; 1作目は原作本を読み2作目は映画を観たのですが、ここまでで挫折しました。どうしても面白いと思えないのです。

比較的近年読んで好きな壮大なシリーズ物は小野不由美先生の『十二国記』、あとこれはSFの部類に入るのかも知れませんが『銀河英雄伝説』です。この辺りの話はファンタジーの中にも政治だったり、経済だったといった内容も取り込まれていて、現実の世界を思わず顧みさせてくれるような要素を持っているのですよね。大人も読んで面白い物語だと思います。『精霊の守り人』シリーズも多少なりとも似た部分を持っているので惹かれるのかも知れません。

『精霊の守り人』シリーズの1作目の『精霊の守り人』には女用心棒の他にもう一人皇太子の弟の少年が主要人物として登場するのですが、この少年の名前が『チャグム』というのですね。読んでいると一昨年・昨年とNHKで放映されていた韓流ドラマ:『宮廷女官チャングムの誓い』を思い出してしまいまして、ちょっと困りました(^-^; チャングム、大好きだったのですよー。

1作目の『精霊の守り人』の後ろのページを見てみたのですが、1996年に初版本が発売されているので、今から10年以上も前に制作されているのですよね。ということは『宮廷女官チャングムの誓い』よりも前なので、この本の作者はチャングムは意識していなかったことが分かりました。

さて、本を読みながら考えているのは、hydeさんは何に着想を得て、新曲のタイトルを『SHINE』にされたのかということです。あ、『SHINE』のタイトル名付け及び歌詞制作はhydeさんの前提で書いております。

ラルクさんが共鳴してタイアップに決まった、というのはどうも『精霊の守り人』オフィシャルHPからすると、アニメを観て共鳴・・・という風に取れるのですよね。となるとアニメが2作目以降の分まで出来ているとは到底思えませんし、1作目の話から考え出したタイトルなのでしょうか。それとも既にシリーズの原作本を読んでいらっしゃって、シリーズ全体からつけたタイトルなのでしょうか。

1作目から取ったとすると、『SHINE』についてこのあたりかなーと朧に思う由来は有るのですが、ちょっと自信が有りません・・・。hydeさんはタイアップのときは色々なアプローチで歌詞を書かれるので、多分違っていると思います。ここには書かないで私の心の中に仕舞っておきます(^-^; 

hydeさんは確か、映画:ファイナルファンタジーの『Spirit dreams inside』は登場する怪物の立場から書かれたような記憶が有ります。変わった視点だなと思ったものでした。映画:『鋼の錬金術師』の『Link』は兄弟の絆がテーマですし、HYDEさんソロの『BLOOD+』では主人公の女の子の郷愁を『SEASON'S CALL』で表現されていますよね。

取り合えず、『精霊の守り人』シリーズを読み進めてはいるので、hydeさんのタイトル及び歌詞解説を拝読・拝聴する準備は出来ました。ラルクさんがいつ表に登場されてもOKです(^-^) 首を長くしてお待ちしております。
【2007/03/07 06:05】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

ラルクさんのPJ出演
今日(今となっては昨日ですが)はラルクさんがPJに出演されるということで、この公開録画が有りましたよね。先日も書きましたが、残念なことに抽選漏れだった為、今日の午後から夜にかけては、会社でふと仕事の集中力が途切れると、『当選した人は今頃この風雨の中、NHKホールの外に並んでるんだろうな。』とか、『もう演奏してるかな。』とか、『きっともう演奏が終わってるんだろうな。』とか考えてしまいましたねー(^-^;

来週のラルクさん出演のPJのTVオンエアを楽しみにしているので、このときまで演奏曲を初めとする情報を一切シャットアウトするように頑張ろうかな・・・とも思ったのですが、まあ1曲だし知ってしまってもいいかーと思いまして、HydeistさんBBSを覗いてしまいましたヨ(ここに行くと絶対にどなたかが書き込みされている筈!、と思いました・・・)。

案の定、既に書き込みが有りました(^-^) 情報を得るにはHydeistさんBBS、いいですよー。

さて、ちょっとビックリしたのですが、演奏曲は絶対に新曲;恐らくNHKさんとも関連深い『SHINE』だと思っていたのに、意外にも既存曲で『AS ONE』『Link』の2曲だったのですね!(@_@) これは今回参加されたラルクさんファンにとっても、肩透かし気味だったのでは無いでしょうか・・・? 

ラルクさんの演奏を聴くことが出来るのは嬉しいですが、是非とも新曲を聴きたいと思っていたので、今回観覧に行けなかったのは気にならなくなりました。

『AS ONE』も『Link』は共に大好きな曲ではありますが、既に何度もライブで聴いていて、何度もライブDVDで視聴しています。来週末のPJで演奏されるといっても新曲の魅力と比べてしまうと、楽しみは半減かなー(^-^;、等と感じてしまいました。

それにしても、ラルクさん、新曲の御披露含め新曲に関する情報をいつまで経っても公開されませんネー。やっとタイトルが発表されたにも関わらず、シングル・アルバムのどちらの曲なのかも未だに判然とせず、ひいてはリリース日も不明のままです。この出し渋りは何かあってのことなのでしょうか。

でもこの沈黙に近い状態が何とも言えないですねー。この後続く新情報の嵐の前の静けさといった風にも思えます。早く新しい情報が欲しいです。


最後に今日(=3/6)から当ブログの開設以来、3年目に突入致しました。

始めた頃は書きたいことが溢れていて、それこそラルクさんのファン成り立ての頃のように情熱を持って書き綴っておりましたが、最近は平穏な気持ちで書くことが多いように思います。普段の生活の一部になっていますね。

当面のところはこのまま続けて行く所存ですので、今後も宜しければお越し下さいませ!(^-^)
【2007/03/06 01:07】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

DVD:『FIVE LIVE ARCHIVES』のジャケ写
今日まで全く気付かなかったのですが、ラルクさんのライブDVD:『FIVE LIVE ARCHIVES』のジャケ写は既にラルクさんのオフィシャルサイトに出ていたのですねー・・・(^-^; もしまだご覧になっていない方がいらっしゃいましたら、トップページの『NEW RELEASE』をクリックすると開かれる画面で閲覧可能です。

一体何時から掲載されていたのでしょうか。ラルクさんのオフィシャルサイトさんはああいったポップアップ画面を更新しても更新履歴に載せて下さらないので、時々見落としてしまいますヨ。

さてジャケ写ですが、オフィシャルHPの画像は非常に小さくて、正確にはどういったデザインなのかが把握出来ないのですが、ここのところの過去2回リリースの『ASIALIVE 2005』、『CHRONICLE 0 -ZERO-』といったDVDのジャケ写と比較すると硬派な感じですね。金属チックでガチガチしたイメージが有ります。真ん中辺りに何か絵か文字らしきものが描かれているようなのですが、あれは何なのでしょう? 

うーん、それにしてもこのデザイン、正直それ程心惹かれるものは感じません・・・(^-^; 実物を見るとまた違った感想を持つかも知れないですけれどね。色合いも地味系かと思うのですが、まあこれは殆ど店頭でも売られなさそうですし、仮に店頭に有っても、多くの人にとっては見掛けて買いたくなってポンッと払えるようなお値段でも無いと思うので、あまり気にする部分でも無いのでしょうかネ。

そうそう、知らなかったのですが、今回のDVDには当時のツアーパンフを復刻してリサイズした豪華ブックレットが付くのですねー(*^-^*) これは嬉しいですー♪ 持っていないツアーパンフが3冊位は有りそうなので、これらを初めて見ることが出来ます。

ツアーパンフは大判のことが多いのでリサイズというのも有り難いのですが、縮小度合いがちょっと気になります。せめてB5版位の大きさは欲しいところですが、ツアーパンフの中身のページは写真のみで文字が入っていないことが多いので、感じが掴めれば読めなくてもいいという前提で相当小さくなってしまうことも考えられますかね。

丁度1カ月後辺りにはDVD BOXを手にしています。リリース延期は残念ですが、待つ時間はワクワクとする気持ちを持ち続ける時間でも有るので、この状況も楽しみたいと思います。
【2007/03/05 06:04】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

Hydeistさんのハロウィンクイズの新しいお題
少し前にHydeist会員さんにはHydeistさんからハロウィンクイズについてのニュースが届きましたネ。

元々HydeistさんへはPCメールのアドレスしか登録しておらず、以前は『LE-CIELさんのように携帯アドレスも登録出来て、両方共にお知らせをくれるといいのになー。』と思ったものでした。携帯は普段持ち歩くので、情報を速く知ることが出来るからです。

後に考えてみて、別に携帯に直接送信して貰わずとも、PCで受けたメールを自分の携帯に転送するようにすればいいんだと至極簡単にことに気付き(^-^;、今はこの設定をしているので、HydeistさんからのニュースはPCと同時に携帯で受けられる形になっています。

毎回新しいクイズが出題されるときは前回のクイズの回答も発表されるので、今回もまずこちらが楽しみで最新の出題分の回答ページを見てみました。まあ前回のクイズについては回答するときから、『正解はしなさそうだ・・・。』といった感じで全く自信が無かったのですが、それでも『もしかしたら・・・。』という仄かな希望は持ってしまうものなのですよねー。

ところが回答ページには前々回の出題分の回答が出ているのみで、前回分が載っていませんでした。アラッ?、と思いまして、Hydeistさんの『NEWS』を見たところ、前回分の回答は後日となっておりました・・・。

何やら早とちりだったようで、新しいクイズが出る=前回クイズの回答が発表されている、という先入観が有り、発表未済の旨書いて有ったHydeistさんからのメールも終わりまで読んでおらずに認識していなかったのですね・・・(^-^; 

PCメールだったら大画面なのでメールを開けば、自ずと目に入りそうですが、携帯メールは複数に分割されて来るので(私の携帯の場合)、最初の方だけ読んで分かった気になってしまっていました。

まあ後日ということなので、改めて確認してみます。

さて、今回のお題ですが詳細には書きませんが、その内容に或る第三者が出て来ておりまして『hydeさんは彼と親交が有られるのですねー。』と思い、注目してしまいました。私は彼のことは天嘉で拝見する程度ですし殆ど存じ上げ無いのですが、hydeさんのファンだったりするのでしょうか? 

まあラルクさんより後に入った、あの事務所の所属アーティストさんの多くは、多少なりともラルクさんに憧れを抱いたりしそうですけれどね。ラルクさんに関心が有れば、そのフロントマンのhydeさんについては少なくとも負の感情は無いですよね。

今回のクイズは、クイズの中に登場する彼のファンでもあるHydeistさんには有利かも知れません。それにしてもhydeさんって本当に色々な方々から慕われるのだなと嬉しくなってしまいました。

ただ私にはちょっと意地の悪い考えも有って、hydeさんを取り巻くアーティストさんには、hydeさんに惹かれるというのも有りつつも、hydeさん人気にあやかって自らを人気上昇させたいという打算が有られる方もいらっしゃるのでは無いかと思ったりもしますね。

もちろんこれはhydeさんに限った話では無いですが、ラルクさんの中だけで考えると、最も人気の高いhydeさんにこの傾向が有るのでは無いかと思います。あ、だからといって今回の出題内容の彼がそうだと言っている訳では有りません(^-^;

話が逸れましたが、今回の新しいお題も私にとっては難問です。またもや前回同様、回答期限までそれなりに期間が有るので、ちょっと考えてみたいと思います。結局また後日『正解はしなさそうだ・・・。』と自信を持てないまま投稿している自分の姿が見えるのですけれど、ネ。
【2007/03/04 00:06】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

ツアータイトル:『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』
今日、ラルクさんのオフィシャルサイトに行きましたところ、トップのアー写が変わっていました! もうページが開けた瞬間、ドキリッ!、としてしまいました。メンバーさん、凄く素敵では無いですか?(*^-^*) 思わずホゥーッとため息が洩れると共に、目が潤みました。

ネットでちょっと情報を拾っていて分かったのですが、 オリコンサイトさん に同じアー写でより広い範囲を載せたものが有りますネ。こちらの写真ですと海と砂浜をバックに撮影されたものであることが分かります。

何だか不思議な色合いの写真だと思いました。撮影する側のカメラのレンズは太陽に向かっているので、本来だったら逆光になるところ、メンバーさんの正面からもライトを当てている為、皆さん明るく照らされています。明るさと陰影のコントラストが強く出ていて、何となく嵐の最中の一時の晴れ間のようにも思えます。

海に扉が立っている辺り、ちょっとマグリットが描くような絵画を連想します。

あとそうですね、記憶に新しい昨夏のKenちゃんソロシングルの『Speed』PVにも通じるものがあるようにも感じました。それからもう一つ、ラルクさんのアルバム『REAL』の頃のアー写にも同じような色調のものが有ったように思います。

ちょっと不安を掻き立てられるような心持ちになる写真ですがいいですよね~♪

何だか写真だけで語ってしまいましたが・・・、今日の本題は別なところに有ります。遂に今年のホールツアーの名称が発表になりましたね! 『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!』・・・ですか・・・(^-^;

ツアータイトルが決まったのは嬉しいのですが、この名称は若干不安要素が有ります。私は今年のホールツアーは絶対に新作アルバムお披露目ツアーだと信じていてこれを望んでもいるのですが、この可能性が若干薄まったように思えたからです。

というのも、ツアータイトルには当然のことながら新作アルバム名が入る筈だと思っていたのです。今日発表されたこのツアータイトルは既にラルクさんの中では使い尽くされた言葉のオンパレードでして、新しいアルバム名に繋がる言葉が見つけられません・・・。

物凄く強引に結び付けるならば、例えばアルバム名は『HEART-2』、『RE-HERAT』、『LIGHT』、『FIRE』とか???、・・・、うーん、無さそうです(^-^;

もしかして今年のホールツアーは昨年ラニバライブへの参加が叶わなかったファンに向けて、全国各地でラニバライブの再現に近いものを行って下さるのかも知れない・・・と思えて来ました。でも多分そうなった場合も新しい曲を随時御披露されるような気はしますけれどね。

それにしてもオリコンサイトさんの情報によりますと、ファンクラブでのチケット申し込みは物凄い数に上ったのですね。約7万人動員予定の中、LE-CIELさん先行予約で45万枚を超える応募が有った旨書かれています。

ファンクラブ枠は7万人よりは少ない筈ですが、これを加味しても相当な倍率だったことが窺えます。人気の有る会場は軽く数十倍とか行っていそうです。LE-CIELさん先行で当選したチケットが更にズッシリと重みを増したように感じました。

一般発売は4月なのですね。相当激化したチケット争奪戦が繰り広げられることになりそうに思います。

正直あまりピンと来ず、共感するものも無いツアー名なのですが(罰当たりですね・・・)、発表になったことが良かったです。ツアーに参加する実感がほんの少し湧きました!(^-^)
【2007/03/02 06:00】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。