スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

『oricon style』誌:本郷奏多君のラルクさん話
HydeistさんのBBSだったと思うのですが、現在発売中の『oricon style』誌で、本郷奏多君がインタビューの中でラルクさんについて言及しているという情報を見つけた為、今日の会社のお昼休みに早速いつも行く本屋さんへ向かってしまいましたー。

『oricon style』は週刊誌で(でしたよね?)すぐに売り切れるイメージが有り、また発売曜日も忘れていて確めないまま行った為、雑誌自体が無い若しくは有っても号が変わっている可能性が有るなと思っておりました。

ドキドキしながら音楽雑誌コーナーを見てみますと、すぐに本誌自体は見つけることが出来ました。ホッと一先ず安心して、次にこれが該当の号なのか確認する為、表紙一面をじっくりと眺めました。すると無事本郷奏多君の名前を発見致しました!(^-^)

ラルクさんファンの多くの方はご存知だと思いますが、本郷奏多君はHYDEさんがGa○ktさんと出演された映画:『MOON CHILD』に子役で出演されていた俳優さんですね。Ga○ktさんが演ずる役の子供時代の役を演じていらっしゃいました。

映画: 『MOON CHILD』は公開と同時に観に行ったのですが私的にはどうにも面白さを感じない内容でしてねー(^-^; (HYDEさん、申し訳ございません・・・) その後TV放送もしていると思いますが、観ていなかったのですよ。本郷奏多君の名前は覚えていたのですが顔は直ぐに忘れてしまっていました。

昨年、映画:『NANA2』にブラストのベーシスト:シンちゃん役で本郷奏多君が出演されることを知り、『MOON CHILD』のときにはまだ子供だったのに、成長されたのねーとちょっとばかり驚きました。

今年に入ってドラマ:『ヒミツの花園』を観たところ、『MOON CHILD』以来久々に本郷奏多君を拝見致しました。「あららー、こんなに大きくなって、しかも美しくなってしまって!」と驚きました。儚げな雰囲気が漂い、まさに美少年といった風情なのですよね。

さて、こんな訳で現在ちょっと本郷奏多君にファン心が有りまして、その彼がラルクさんについて話しているなら是非読みたいと思いました。

インタビューでは奏多君はラルクさんのファンである旨明言されていました (Y○Iさんのファンでもあられるようでした)。またHYDEさんとの繋がりで、今でもラルクさんの新曲CDは発売日前に頂けるという話が出ていました。奏多君がラルクさんのファンであること、また二人が今でも交流が有ることが何だかとても嬉しかったです。

尤もこれは奏多君に限らず、誰か自分の知っている人が、それは芸能人でも一般人でもなのですが、ラルクさんファンということが分かると無性に嬉しくなります。それが自分が好感を持っている人だと更に嬉しさが増します。

奏多君のお言葉に喜びを感じつつも、同時に「ラルクさんの新曲をいち早く聴くことが出来るなんて羨ましいー! もしかして既に『SHINE』も聴いているのかも!?」と思ってしまいましたヨ。芸能人は色々とお得なことが有っていいなと思います。

さて、奏多君は『NANA2』でシンちゃん役をやってから、ベース演奏に興味がお有りになるのだそうです。バンドを組む機会が有ったらだったか、バンドをやるドラマが有ったらだったか忘れましたが(実は立ち読みで済ませてしまったのです・・・(^-^;))、ボーカルやギターといったポジションよりも、ベーシストがいいのだそうです。目立つのがお好きでは無いからだそうで、控え目なところに好感が持てます (^-^)

現在ご自分のベースも所持されているとのことですので、ラルクさんファンということなら、teっちゃんのベースラインを練習されているのかも知れないなと思い、これまた何やら嬉しい気持ちに包まれました。

今後もこんな風にラルクさんを語って下さる有名人の方々のインタビューを読みたいですー。
スポンサーサイト
【2007/02/28 01:37】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

PJ観覧の抽選結果
今日は日中からまたもや落ち着かない状態でした(^-^; 先週末には来ると思っていたラルクさん出演日のPJ観覧の当落結果葉書が届かず仕舞いだったので、今日こそ来る筈・・・と気になっていたのですね。

昼過ぎ位かな、会社で仕事しておりますと携帯メールが入りまして、少しだけ多めに申し込みを頼んでいた先から結果を受け取ったところ『全滅だった』旨書かれていました。「アレレ・・・。」と脱力しましたねー。一気に仕事する気力が殺がれてしまいましたヨ。

さて、帰宅して自分の家に届いた葉書を速攻で裏返して裏面を見るも、黒文字の羅列を見た瞬間、「ああ、駄目だったんだ・・・。」と思いました。当選葉書は確か文字が紫だったか緑だったか、その辺りのカラー刷りなのですよね。この後、友人が申し込んでいた分も駄目だったことが分かり、まあ、結果としては行けないという悲しい結末に終わりました。

落胆する気持ちはもちろん有るのですが、私自身『何が何でも絶対参加!』というところまでの確固たる思いが無いことも確かなのですよね・・・。PJ観覧はその気になれば、幾らでも申し込み可能です。複数枚の葉書を出してはいますが、多分気合を入れて応募されている方々から比べると、ほんの少量の部類だと思います。

往復葉書は1枚100円しますし、何十枚も出せばそれなりにいいお値段になります。最近のPJは(といっても一番最近観たのは随分前なので、変わっているかもしれませんが)、アーティストさんはステージ上ではトークを一切なさらないので、無言で登場し、演奏したらまた何も喋らず去るというほんの束の間の観覧なのですよね。

新曲(『SHINE』が演奏されるのですよね!?)を聴くことが出来るのはこの上ない喜びですし、当選したら何が何でも行きたいですが、大量に葉書を出すといったところまで行かないのは、やはりあまりにも時間が短か過ぎるというのが有って、観覧への思いが物凄く激しくはないのだなと自己分析致します。

HydeistさんBBSあたり、今頃当選報告で溢れているのかな~と思って見に行ったのですがあまり無いようでした。当選者が少ないのかなとも思ったのですが、最近、ラルクさんライブのチケット抽選結果時も『落選した人に気持ちも考えて、当落の書き込みは控えよう』的な雰囲気が有ったので、もしかすると当選者がいらっしゃっても、書き込み辛く思っているのかも知れませんネ。

ラルクさんにお会い出来るチャンスの到来は次は何時なのでしょうねー。ホールツアー開始前にまだ何か有りそうな予感がします。今後に期待したいと思います。

何にせよ、今回PJ当選された方はとても羨ましいです!(^-^) 今年初お目見えのラルクさんのパフォーマンスをどうぞ楽しんで来て下さいませ!
【2007/02/27 06:02】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

ラルクさんホールツアーチケットの当落傾向等
そろそろLE-CIELさんでラルクさんのホールツアーチケットの先行予約を申し込まれた殆どの方々が当落結果を把握されましたでしょうか。ネット上のラルクさんファンの間も少し落ち着いて来たようです。

この前の水曜日に抽選結果が出まして、その後更に色々とネットを見て回りました。前々回の記事に今回の当選に『地元優先はあまり無いようだ』といった趣旨のことを書きましたが、よくよく拝見してみますと、やはり地元は有る程度考慮されていたように思いました。というのも地元一本狙いの方はそれなりに当選傾向が有るように見受けられたからです。

ただこれは地方公演についてですね。関東や関西といった人口の多い地域の公演についてはあまりに高倍率で落選者が多く、この傾向が見え辛いのかも知れないと感じました。

ずっと友人の当落結果報告待ちのものが有りました。これが関東圏ながらまさに地元一本狙いだったので非常に期待していたのですが、その後受けた連絡によりますと、願いが通じなかったことが判明致しました。移動時間・費用を然程掛けずに参加出来る公演は貴重だと思っていたのですが、中々うまく行かないものですね・・・。

全体的に土日や8月の公演に人気が有るように思いました。これに比べて、やはり地方のウイークデー公演は人気が低目ですね。地元の方ならいいですが、遠方からは中々参加し辛いですものね。

ラルクメンバーさんは私たちファンの心中をどこまで感じていらっしゃるのかななんて思うときが有ります。

当たり前のことですが、彼らは自分たちが観覧する為に自分たちの公演チケットの申し込みをすることは有りません。従って、今回のようなチケット取りに関して、ファンが申し込みするときから非常に頭を悩ませ、発表時は果てしないドキドキ感を感じ、当選すればこの上無く歓喜して落選すれば限り無く落胆する・・・といった実に様々な思いをしていることを実体験することは出来ません。

このことが直接何かに結び付くとは思いませんし、はっきりとした理由がある訳ではないですが、こんなファンの心情も念頭に置いた上でライブして下さると嬉しいなと思ったりします。

さて、今日辺り、ラルクさん出演日のPJ観覧の当落結果葉書が届くかと思っていましたが、まだネットでは受領の報告を見掛けませんでした。日曜日には恐らく郵便配達は無いので月曜日以降となるのでしょうか。関東在住者が中心となりそうですが、またここでもちょっとばかり当落の話題で盛り上がりを見せそうですね。

ラルクさんが動くととにかくファンの間で活気が出るのを感じます。いいですネ!

【2007/02/25 00:37】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

ラルクさんの新曲:『SHINE』情報公開
一昨日の夜でしたか、ラルクさんのオフィシャルHPを見たら、新曲:『SHINE』についての情報が有りました! いきなりだったので、心の準備も無くちょっとビックリしてしまいましたヨ。

NHK-BSの新作アニメ『精霊の守り人』のタイアップ曲なのですね。すぐ様思ったことは『私の家ではNHK-BSを観ることが出来ないんだけどなー。』でした(^-^; 

今ではBS観覧環境もかなり普及しているとは思いますが、まだ私の家のように遅れを取っている家もあるわけでして、誰も彼もが観ることが出来る番組では無いのですよね。しかも土曜日の朝の放送って、どれ程の視聴率が期待出来るのかしら・・・と若干の不安も過ぎりました。

前回のラルクさん再始動のときの曲は大人気アニメ:『鋼の錬金術師』のオープニング曲で『READY STEDY GO』でしたよね。ああいった華々しいタイアップを期待していただけに、今回ちょっと地味かなと思ってしまったのですがいかがでしょうか(失礼ですかね・・・)。

ただ、“新曲”というだけで、てっきりシングル曲だと思い込んでいたのですが、ネットで幾つかの書き込みなどを見ていて気付かされたのは、よくよく公開された情報を拝見致しますと、どこにもシングル曲だとは書かれていないということです。これはもしかするとアルバム曲の1つなのかも知れません。それならこのタイアップも有りなのかなと思います。

曲のタイトルの『SHINE』ですが、何だかよく有りそうなタイトルかしら・・・と感じました。ちょっとひねりの有る独特のタイトルが好きなので、これはどうなのだろうと思ったりもしました(今は解散してしまっている某バンドさんの曲名だったかアルバム名だったかに、同じものが有ったような・・・?、とも思ってしまいました・・・(^-^;))。

ただタイトルは付けられた背景をhydeさんから伺うことで、全く違った感じ方となることが多いので、早くインタビュー等でこれを知りたいですね。前作シングル:『Link』は最初知ったとき、昔懐かしいニンテンドー・ディスクシステムの『リンクの冒険』を連想してしまいましたからねー;;; 今もこのタイトルのソフトって有るのかな? 『ゼルダの伝説』の姉妹版のゲームだったのですよね。

その後インタビューで『Link』は『鋼の錬金術師』の主人公:エドとアルの、兄弟の『絆』を表すタイトルと知り、深く感じ入ったものでした。

今回の新曲について、タイアップとしてはどうなのか・・・とも思いつつも、このファンタジー物語自体はオフィシャルHPに行って見て、かなり興味を持ちました。原作の存在は全く知りませんでした。家の近くの図書館の蔵書をネット検索してみたら有ったので、早速予約してしまいました。何と言ってもラルクメンバーさんが多いに共感された作品なのですよね! これは是非読みたいという衝動に駆られますヨ。

今度のPJですがNHKの放送ですし、この『SHINE』が演奏されるのはほぼ確実でしょうネ! アニメの雰囲気は好みなので、ラルクさんの曲もこれに合った素敵なもののような予感がします。早く聴きたい気持ちでいっぱいです!(*^-^*)
【2007/02/23 06:07】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

ラルクさんホールツアーチケ当落結果
今日(今となっては昨日)はラルクさんホールツアーのLE-CIELさんチケット先行予約の当落結果発表が有りました。結果画面を開く前は、ラルクさんのチケット関係では久々に心臓が飛び出しそうな程鼓動するのを感じました・・・。昨年11月のラニバライブのときは当選するであろうことは予想出来て、照会画面を開くのも念の為の“確認”作業的な感じでしたからね~。

ラルクさんファンとなった後の最初のライブツアーであった『ハートに火をつけろ!』の参加が叶わなかったことが有り、今回の願いはとにかく『ホールでのライブに1公演でいいから行ってみたい』というものだったのですが、まず最初に申し上げますと、結果としてこれは実現することになりました!(*^-^*) もうそれだけで嬉しかったですネ!

以下、思うところも有り当選内容の概要のみを記します。自分で引き当てた当選は6公演で、席種内訳はS席1公演、A席5公演です。ツアーが行われる6月~8月まで各月でどこかしら入っています。会場は北から南まで全国各地です。ちなみに、取り分け高倍率が予想された関東公演は危惧していた通り全て落選でした。

基本的には当選分は全部行きたいと思っていますが、仕事の関係も有り、行くことが難しい公演が有るかなというのがちょっと残念なところです。今後調整する必要が有りますねー・・・。お金も多大に掛かります。嬉しい悲鳴ですけれどね。

一番楽しみなのはS席の日です! 私の家の近くに小さい市民ホールが有るのですが、収容人数を見たら、その市民ホールの収容人数よりも更に少なかったのです。地元のあのホールよりも小さいって凄い・・・と身震いを感じながら、該当のホールのオフィシャルHPの写真を見たところ、本当にステージが小さかったです。これでS席って・・・と考えるともうそれだけで倒れてしまいそうです(^-^) 過去のライブ公演の中でも一番ラルクさんに近い最高の席となる可能性が大です。

今仕事が非常に忙しくて気が滅入り勝ちだったのですが、ラルクさんのホールライブに参加出来ると分かったら、一気に未来が明るく照らされる心地がしましたヨ。

ネットでさらっと皆様の申し込み内容とその結果状況を追ったところ、今回のチケット当落は地元民や少ない枚数の申込者が優先されるといったような操作が無かった(有っても微少にしか作用していない)のではないかと思われます。申し込む前にこれの有無について随分と頭を悩ませたのですけれどね。

折角の全国ツアーなので普段のライブに来ることが出来ないような方々の為に地元優先が有っても良かったのではないかとも思うのですが、操作が無かったからこそ、恐らく私は参加出来るのです(地元優先だったら全く参加出来なかったと思います)。そう考えると平等な抽選に感謝する気持ちが有ります。

私は今回のホールツアーチケット獲得はLE-CIELさん先行で十分満足致しました。予想以上に手に入ったというのが実感です。尤もこれは競争率の低い会場ばかりが当選していると思いますけれどネ。

LE-CIELさん会員で申し込みしていて今回当選が叶わなかった方々、会員さん以外で参加希望の方々はまだ厳しいながらも獲得のチャンスは有ると思いますので、どうか一人でも多くの方の願いが叶うようお祈りしております。

そうそう、昨日は待ちに待っていたラルクさんの新曲発表も有りましたが、こちらについては後日書きたいと思います。
【2007/02/22 05:56】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

ラルクさんは引き続き曲作り期間中
もう先週の話になりますが、hydeさんがHydeistさんにお越しになり、またもやWEBカメラを繋いでいらっしゃいましたねー。私がHydeistさんに訪れたときは、既に籠は消灯しており、hydeさんは去られた後でした(>_<) どうもWEBカメラとは縁遠いようです。もっと自由な時間が沢山有れば、遭遇する機会も増えるのでしょうねぇ・・・。

hydeさんのHydeistさんBBSの書き込みによると、どうやら先週の水曜日で作曲が終わり、木曜日から作詞期間に突入のようです。hydeさんの昨年末からの書き込みを拝見していると(そんなに沢山あるわけでは無いですが・・・(^-^;))、着々とアルバム完成に向けて進んでいらっしゃることが窺われます。

今回の書きぶりから察するに、新作アルバムでもラルクメンバーさんと歌詞作成を分け合うような感じです。ただ前作『AWAKE』では何故かteっちゃんだけが作詞されていないのですよね。今作は全員が作詞されるのでしょうか?

このように書きながらも、不届き者と思われるかも知れませんが、実は私はラルクさん曲の歌詞はhydeさんだけにお書き頂きたいという希望が有ります。

理由としてはやはり第一にhydeさんの歌詞が一番好きというのが有ります。歌詞の内容、お使いになる言葉・表現等、何でこんな風に綴ることがお出来になるのだろう・・・と感動することばかりです。思考の次元が高いと感じます。

第二の理由としては、アルバムをトータル的に見たとき、同一人物が書いた方が統一感が出るように思うというのが挙げられます。ラルクさんアルバムでもhydeさん以外の方が書かれた歌詞では、ちょっと異質なものを感じたり、僅かながらでも抵抗感を持ったりする場合が有るのですよね。

とはいえアルバムは全員が参加して作成されるものですので、異なる作詞者の歌詞も含めいい作品が出来るといいなと思います。

hydeさんが今作の曲に対し『名曲揃い』の太鼓判を押して下さっているので、この言葉一つで心が浮き立ちます!(尤も冷静に考えると自画自賛出来ない作品として紹介されることは有り得ないですネ・・・) 

相変わらず新曲情報詳細は出ていないままです;;; そろそろ痺れを切らしつつ有ります。ラルクさん側にお早い情報展開をお待ち申し上げております。
【2007/02/20 05:56】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

今週の心の状態
今週はどうにも心が落ち着かない一週間となりそうです・・・(^-^;

まずLE-CIELさん会員で今年のラルクさんホールツアー先行予約の申し込みをされた方々には、今週、抽選発表という大イベント(ですよね?)が有ります。締め切りから発表まであまり時間が無いと思っていたのですが、本当に早いです。今となってはもう明後日ですものね。

ここのところ、ふと気がつくとこのことに思い及んでしまうのですよねー(^-^; 現在、チケット販売委託先のファンナビさんの当落結果画面には前回のラニバのときの結果が“当選”の赤文字で残っています。落選は黒とか青といった文字でしたっけね? ラニバのときは2公演とも当選しており、ラニバ以前の公演の結果は残っていないので不明です。

今回のライブは複数公演を申し込んでいるので、上から眺めて“当選”の赤文字を探すのかな?  結果サイトにアクセスするも申し込みのとき同様、『またもや繋がらない・・・。』と悲嘆に暮れる、結果画面を見て歓喜する或いはショックを受ける、といったことを今から頭の中にシミュレーションしてしまっていますヨ・・・。

是非ホールでのライブに参加してみたいという気持ちが有るのですが、悲願の1公演参加は果たして叶うのでしょうか。当選無しと1公演当選、1公演当選と2公演当選を考えたときに、差は同じ1公演ですが前者と後者では全く感じ方が異なりますよね。参加出来るか出来ないかの差は大きいです。

待ち遠しいような怖いような・・・、とにかく落ち着かなくてちょっと疲れてしまいます・・・(^-^;

あともう一つ、ラルクさん及びteっちゃん(もですよね?)がPJに出演されるということで、観覧申し込みしている為、こちらも気になっています。

当落結果の葉書は多分今週末から来週初めに掛けて来る筈です。過去の何度かの経験から行くと、当選者には早目に通知が来て(今週末等)、落選者への通知は週明け辺りが多いのですよね・・・。通知時期でおよその当落が分かってしまうという・・・(^-^;

今回はラルクさんオフィシャルでも大々的にPJ出演を報知していたので、これまた物凄い倍率なのでは無いかと思っています。複数枚葉書を出していますがそれ程多くは無い為、難しいですね、きっと。

丁度一週間後の今頃は色々と分かっている状態なのかなと思います。当週、今年最初のラルクさんの運試しということで楽しみたいと思います!(^-^) あ、運試しと言えば、HYDEさんソロの今年最初の運試しは終わっています。HYDEさんのお年玉カレンダーは落選でした・・・(>_<) ラルクさんの方は二つ共いい結果となることを切に期待致します。
【2007/02/19 00:02】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

『WHAT's IN?』:感想 その2
昨日、先日発売された『WHAT's IN?』誌のteっちゃん記事についての感想を書きましたので、本日はkenちゃんコーナー:『放談我報』についての感想を書きます。

『WHAT's IN?』さんは雑誌にkenちゃんコーナーが有り、またこちらの余話が『WHATs IN? WEB』サイトさん  に掲載されていますよね。雑誌を読んでからWEBサイトの順に見た方がいいかなと思いまして、今回はこの順序を守りました(^-^)

まず雑誌のkenちゃんの『放談我報』ページを開いたとき、teっちゃんのページでもそうだったのですが、写真にドキリとしてしまいました~(*^-^*) kenちゃん、今はストレートの黒髪なのですね。ワインレッドのブラウスを着ていらっしゃいまして、とても格好いいです! 何だか艶やかで色気に満ちています。黒髪がお似合いになるといえば即hydeさん!、という図式が頭に浮かぶのですが、kenちゃんの黒髪も素敵ですネ~。

kenちゃんは2005年の終わりに髭をお剃りになってから、どんどん若返っているように思います。髭kenちゃんは男っぽくてあれはあれでいいとは思いますが、私は現在の髭無しkenちゃんが好みです。また昨年ラルクさんの活動が無くなってからお痩せになられましたよね。外見の好み度が更に増しています。

雑誌記事を読んだ後にWEBサイトの方を見たら、こちらも雑誌と同じ写真が掲載されているのですネ! ご覧になりたい方は上記リンク先からどうぞ!

さて、今回の座談会は漫画がテーマでした。

kenちゃんの一番お好きな漫画は『ゴルゴ13』なのですね。ラルクさんは、メンバーさん全員がゴルゴ13に変身した感じのイラストで新聞広告を打ったこともありますが、kenちゃんが『ゴルゴ13』をお好きだったのですねー。他のメンバーさんもお好きなのでしょうか。私は『ゴルゴ13』を読んだことが無く、話も全く存じ上げません・・・。そんなに面白い漫画なのでしょうか。

これと別に今回、kenちゃんがそれは熱心に面白さを説いていらっしゃったのは『アグネス仮面』という漫画でした。プロレスが題材の漫画らしいのですが、小ネタが利いていて良いらしいです。うーん、プロレスかぁ・・・。そもそも漫画という以前に格闘技系は苦手なのですが、誰にでも取っ付き易い内容なのでしょうかネ?

他にkenちゃんがお勧めしていらっしゃったのが不朽の野球漫画『ドカベン』ですね。これは昔漫画を読んだりTVアニメを観たりしたことが有ります。kenちゃん曰く、全巻を最初から最後まで通しで読むと物凄く感動するのだそうです。私は部分的にちょこちょこっと見た程度で、その都度ちょっとだけ面白いと感じた記憶は有るのですが、それ程感動した訳では無かったと思います。

kenちゃんは最近『動物のお医者さん』と『のだめカンタービレ』を読まれたそうですね。kenちゃんはこれらについては殆ど感想を述べられていませんでした。『動物のお医者さん』は以前、数巻読んだことが有ります。動物の隠された生態なんかが分かって、結構面白かったと思います。

『のだめカンタービレ』 は最近のマイブームなのでkenちゃんのご意見を伺ってみたかったです。残念・・・。kenちゃん、確かクラシックもお聴きになられるのでしたよね。この漫画にはそれなりに思うところがお有りなのでは無いかと思います。

『WHATs IN? WEB』は読みながら、思わず声を出して笑ってしまいましたヨ。kenちゃんが昔初めてパーマをかけたときに、“おばさんパーマ”になってしまった・・・という物悲しい体験談を御披露下さっているからです。今はスタイリストさんが付いていらっしゃる為、美容院に行くことも無く、常に素敵なヘアスタイルにして頂けるからいいですよネ。

『WHATs IN? WEB』の中ではkenちゃん以外の座談会出席3名の方々がやたらと『DMC』(デトロイト・メタル・シティ?)という漫画を薦められていますねー。kenちゃんが「自分だけ(この漫画の存在を知らないというのは)遅れている!?」と慌てているお姿がおかしいです。何やらメタルバンドを題材にしたお話のようすね。バンド話ならちょっと興味が有ります。

今でも漫画は好きですが、もっと昔はそれはそれは大好きでした。以前の方がよりアンテナを高くして、色々な情報を得るようにしていたと思います。最近は「何やらブームになっているみたい。だったら読んでみようかな。」位の感じで読むものばかりです。それにしても大した量は読まないのですけどね。ふと気がつくと、世間では全く知らない様々な漫画が話題になっています・・・(^-^;

とにかくkenちゃんが熱烈にお勧めされる『アグネス仮面』と『ドカベン』は機会が有ったら、漫画喫茶で読むというのがいいかも知れません。あとは今回『DMC』は気になったので、これもかな。意外と嵌ったりするかも知れませんネ。
【2007/02/18 06:04】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

『WHAT's IN?』:感想
先程LE-CIELさんサイトに行ったところ、ちょっぴり残念なニュースが有りました・・・。3/14発売予定のラルクさんのDVD BOX:『Five Live Archives』のリリースが4/4に延期となってしまったようです(>_<) 理由が書かれていないのですよね。そういえば昨年12月に発売された再発の『ark』『ray』も延期されたような記憶が有ります。

何か強力な他アーティストさんとリリース日が被るといった理由でも有るのかな・・・と思ったのですが、元々音楽DVDというのは有る程度の熱の入ったファンが購入するものだからか、売り上げの良し悪しはそれ程表立ってニュースに取り上げられることも無いように思います。

増してやこのDVD BOXはかなりの高額の商品ですから、真にファンじゃないと購入しませんよね。他アーティストさんとの競合回避というのもあまり考えられなさそうかと思いました。

とにかく物凄く楽しみにしていたので、ショックです。しかも4/4という日付自体が個人的にあまり都合のいい日では無いのですよねー・・・(^-^;

あ、今気付いたのですが、『Five Live Archives』とteっちゃんソロシングル『Can't stop believing』は同日発売ということで合わせてAmazonさんに申し込んでおいたのですよ。でもこれが『Five Live Archives』が延期になり、『Can't stop believing』を単独で3/14に購入する場合は注文合計が1,500円を下回る為、Amazonさんの規定により配送料金が300円掛かってしまうことになります。

teっちゃんシングルをAmazonさんで購入するメリットが無いどころか、若干損することになってしまう計算となります(>_<) 

teっちゃんソロシングル『Can't stop believing』は他のところで買おうかなー・・・。割引率が良くないのなら、店頭でリリース日前日の入荷日に購入した方がいいかも知れません。

さて、気を取り直して、今となってはもう一昨昨日になりますか、『WHAT's IN?』を購入して参りましたのでこちらの感想を書きたいと思います。今号でラルクさんに関係が有るのはteっちゃんソロ記事とkenちゃんの連載コーナーの2点かと思います。

teっちゃんインタビュー記事ですが、見開きになったページの右ページ一面にteっちゃんが写っていらっしゃいますね。あのリニューアルオープンしたteっちゃん公式サイトのディスコグラフィーと同じタイミングで撮影した写真のようです。teっちゃんの澄んだ瞳がじっとまっすぐこちらを見つめています・・・。綺麗です~・・・(*^-^*)

ディスコグラフィーの写真では右上の飾りが何なのか判別出来なかったのですが、『WHAT's IN?』で拡大された画像を見るところ、金の鳥を擁した鳥籠のオブジェなのですね~。一見無造作に折り曲げられた針金で作られたように見える鳥籠ですが、この曲がり方がアーティスティックです。

記事ですが、まずteっちゃんがTETSU69さんからtetsuさんに改名された経緯を知ることが出来ました。TETSU69さんのときに思った通りの活動が出来なかった為イメージが悪いこと、そして、CDリリースした会社が無くなったことが重なって、縁起の悪さを払拭したかったのですね。

teっちゃんが最初にソロ活動を始めるにあたり、TETSU69さんの名前を御披露されたとき、69年生まれや“ROCK”も意味する『69』の数字を付加した名前で、とても気に入っていらっしゃった印象が有ります。実際、『うまいネーミングだなー。』と感心したものでした。よって、この名前であまりいい活動が出来なかったというのには同情してしまいます。

改名後の“tetsu”さんはラルクのteっちゃんとも同じ表記ですよね。この名前におけるソロ活動では沢山の素敵な思いが出来ると良いですね、teっちゃん!

このインタビューでは『Can't stop believing』の制作裏話が色々出ていますね~。teっちゃんがギター録りに力を入れていらっしゃる様子が窺えます。かなりの本数のギターを重ねた作品になっているのですね。複雑な音の重なり合った曲は奥深さを感じるので大好きです。

teっちゃんは今回はCreature Creatureさんでも一緒だったギタリストの室姫さん、そしてドラマーの村石さんという方と3人でCDを制作されたのですね。村石さんって確かkenちゃんソロの『Speed』でもドラマーをやられていませんでしたっけ? 違ったかな?

teっちゃんは室姫さんをかなり厚く信頼されているようで、teっちゃんにもこういった信頼出来る方がいらっしゃるんだーとちょっと嬉しくなりました。ラルクさんのソロ活動においては、メンバーさんそれぞれに音楽観を共有出来る強力なサポートの方がいらっしゃいますよね。HYDEさんにはKAZさん、ユッキーにはtomoさんといった具合です。KenちゃんはSakuraさんやEinさんなのかな? これはちょっと分かりません(^-^;

カップリングは『REVERSE』をディスコ風にアレンジしたものが収録されるようです。『REVERSE』を別な形で聴くことが出来るのはこれまた楽しみです。

初回盤には『Can't stop believing』のPVのDVDが付きますが、このPVの内容も出ていますね。これは殆ど読んでいません。ここでじっくり見てしまうとPVそのものを観た時のお楽しみが無くなってしまうからです。PVのシーンを切り取った12枚の写真が載せられていますが、パッと見、好きな雰囲気が漂っています。来月PVを観てから熟読したいと思います

teっちゃんは今後のシングルリリースはいいタイアップの話が有ったら、という風にお考えなのですね。そんなにタイアップに拘りが有るとは知りませんでした。今回はやはりサッカー好きのteっちゃんが普段から観ている番組のエンディング曲ということで、満足の行くものだったようです。

teっちゃんがその気になるよう、業界の皆様にはteっちゃんに耳寄りなタイアップ話を持ち込んで頂きたいですネ!(^-^)

ソロ活動でタイアップに拘るということは、teっちゃんはラルクさんでも重きを置いていらっしゃる可能性が有りますね。今度のラルクさんの新曲はまた何かワクワクするようなタイアップだといいなと思います。

『WHAT's IN?』の感想は今日はteっちゃんインタビューまでとします。kenちゃんコーナーについての感想は日を改めて書きたいと思います。
【2007/02/17 01:17】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

ラルクさんPV集/『CHRONICLE 0 -ZERO-』:感想
Amazonさんでの決済方法変更が遅れた為、リリース日翌日の今日到着になってしまうかと思われた『CHRONICLE 0 -ZERO-』ですが、無事昨日受領致しました。

Amazonさんの段ボール紙の包装を手にし、思わず微笑んでしまいました。次にこの包装を開封すべく裁ち鋏みで端を切り落としたのですが・・・、Amazonさんのメール便のときは毎回必ずやってしまうのですが、今回もまた請求書の端も一緒に切り落としてしまいました。思わず眉を顰めてしまいました(^-^; 

メール便の開封って結構難しくて、あまり端に寄ったところを切ると上下の段ボール紙が接着剤で密着した部分の断面になってしまって中身が取り出せないし、真ん中の方に寄り過ぎると今度は請求書を切ってしまうのですよねー。こんな失敗をしてしまうのは私だけでしょうか??? 

さて、中身を取り出して、ネットで見た時にインパクト大だった例のピーナッツ画像のジャケ写を見入ってしまいました。一見してすぐ思ったのは、PCでは背景色が若干紫がかった濃いピンク色に見えたものが、実際は若干暗みを帯びた赤でして、色が全然違う!、というものでした。実物の方が好みの色調だったので良かったです。

それにしても、私のPCモニターの色設定(というのでしょうか)って良くないのかなー? もしかして当ブログも他の方のPCで見るのと、私のPCで見ているものとは全然違ったりするのかな・・・等とちょっとDVDと全く関係無いところで心配になってしまいました。私のPCで見ている分には当然のことながら私が納得出来る範囲の色合いなのですが、他の方のPCで見たら物凄く見辛かったり、おかしな色合いだったりするのかも知れません。でも確認のしようもないし、これは割り切るしかないですよね・・・。

さて、話をジャケ写に戻します。何気に凝っていて、本物のピーナッツの殻のように模様の線が立体的に浮き出ているのですねー。何だか触り心地が良くて、思わず繰り返しナデナデしてしまいましたヨ(ちょっとヘンな人ですね・・・、私・・・)。

ジャケットの裏面とブックレットにはこのピーナッツの殻を破って、何やら黄緑色の異生物が蝙蝠のような羽、悪魔っぽく先端が矢印型の尻尾、鋭い鉤爪の手、を覗かせていますね。この異生物から、ちょっと映画のグレムリンを連想してしまいしたヨ。ジャケ写表面のピーナッツだけを見ている分には心楽しい雰囲気なのに、裏面・ブックレットのグレムリン(仮)は毒っぽい感じがします。

普通に考えるとこのグレムリン(仮)はラルクさんたちを象徴したものなのでしょうかね。殻からまさに産まれ出るところで、ラルクさんたちが大ブレイクする直前を表しているように思えます。

あとこのグレムリン(仮)はLE-CIELさんのマスコット:シエルちゃんやteっちゃんソロのマスコット:TEZMANとイメージが被るかもとも思いました。もしかしてteっちゃんのお好みのものが反映されているのかなと考えてしまいました(両マスコット共、teっちゃん趣味らしいので)。

さて、ジャケ写の話が長くなってしまいましたが、以下中身についてです。

そうそう、まず観る前にジャケ写裏面の収録時間を確認してしまいました。『APPROX 64min.』となっており、頭の中でざっと試算して1曲5分として8曲で40分・・・ということはジャケ写に書かれている曲以外に何かが入っているなと予想出来ました。

もちろん期待していたのは以前から騒がれていた『the Fourth Avenue Cafe』のPVです。この曲以外のPV映像は持っている為、今回、これ目的で購入しております。当DVDには『the Fourth Avenue Cafe』PVの『一部のみ収録』という話もつい先日知ったのですが、やはり観て確認したいなと思いました。

DVDをセットし再生開始しましたが、すぐにDVDメニュー画面を見たいと逸る気持ちを抑えて、やはり折角購入したのだからこの作品集を丸ごと楽しもうと思いまして、最初から順を追って観て行きました。曲順はリリース順ですね。過去映像を久々に観たということもあったので懐かしい気持ちを感じつつ、様々なことを考えてしまいましたヨ。

現実的なところから申し上げますと、過去から未来に向かうにつれて、段々とPV制作費用が増えていったことが覗われるなと思いました。最初はスタジオ内だけの撮影、それから屋外にも出るようになり、外人さん等の共演者が出てくるようになり、凝ったセットやCGを使えるようになり・・・と段階を追っていますよね。

PVのクオリティとしては『風にきえないで』以降、かなり上がっているように思いました。

私はラルクさんのPVをフル観たのはビデオ:『A PIECE OF REINCARNATION』に収録されていた『虹』『winter fall』『DIVE TO BLUE』が最初です。『winter fall』にて初登場1位でCDTVに出演されたラルクを拝見したことから始まり、ラルクさんにすっかり傾倒した辺りでビデオ購入致しました。

音楽ビデオといった類のものを購入するのは生まれて初めての経験でした。この3作は何れも秀逸な作品ばかりで、ラルクさんの創り出す世界観にすっかり魅了されたものでした。まさに魂を奪われましたね。

『CHRONICLE 0 -ZERO-』のPVは『A PIECE OF REINCARNATION』程では無いですが、これに通ずる魅惑の力がまだ表立って見えておらず、内包されているように思えました。

PVの各曲の終わりに、その楽曲のシングルリリースのCMが入れ込まれているのが良かったですね。考えてみるとこれまでの『CHRONICLE』シリーズにもCMは入っていました。『CHRONICLE 0 -ZERO-』に収録されたCMは何れも観たことの無いものばかりでした。・・・いえ、正確には観たことは有ったのかも知れませんが、当時ラルクさんのファンでは無かったので、観たとしても記憶には全く無いという言い方が妥当かも知れません。

昔の映像は画質が若干悪くは有りますが、ラルクさんご本人たちが初々しく華奢に見えます。可愛いです~。

さて、ジャケ写に書かれている収録曲8曲の最後の曲で有る『Lies and Truth』の再生が終わったところで、「もしかしてこの後『the Fourth Avenue Cafe』?」と思いまして、ドキドキしながらテレビ画面を見つめてしまいました。

やがて流れ出た音楽は『the Fourth Avenue Cafe』でした! 「やっぱり収録されているのかな!?」と思って引き続き観ていますと、過去のライブ映像・オフショット映像をバックにエンドロールが出て来てしまいまして、「PVは入っていないのかー・・・。」と落胆してしまいました。しかしながら映像は初めて観るものばかりだったので、これはこれで釘付けになってしまったのですけれどネ。

さて、エンドロールの終了まで一通り観終わったところ、DVD機の再生時間がジャケ写裏面に書かれている収録時間よりも短かった為、やはり隠し映像が有るなと思いました。「きっとこの隠し映像が『the Fourth Avenue Cafe』のPVだ!」と思って、DVDメニュー画面を色々とリモコン操作でいじってみました。なんかこう、怪しい作りの画面であることは感じられるのですが、何も見つけることが出来なくてですね、「これは時間の無駄だ・・・。」と判断して直ぐに一旦中止しました。

この後PCに向かいまして、即HydeistさんHPのBBSに行きましたヨ。こちらはこういった情報が速いのですよねー。思った通り、既に話題になっていまして、隠し映像が2点入っていることとその見方を知ることが出来ました。でもこの段階で隠し映像は期待していた『the Fourth Avenue Cafe』のPVでは無いことは分かってしまったのですけれどネ(^-^;

隠し映像の一つ目は『Vivid Colors』の別バージョンのPV(なのかしら?)、あともう一つは過去PVのメイキングやライブ映像等を繋ぎ合せたような映像でした。

既に時間も経過しているのでご存知の方も多いかとは思いますが、一応隠し映像の見方を書いておきますと、メニュー画面の曲リストから『Vivid Colors』が反転している状態でリモコンの左方向ボタンを押下することで一つ、あとは曲リストの『Lies and Truth』が反転している状態で右方向ボタンを押下することでもう一つ、隠し画面への入り口画面を表示させることが出来ます。

この辺りの映像はまあそれなりに楽しめました。

エンディング映像や隠し映像を観ていて、寄せ集めや繋ぎ合わせの感じから『heavenly ~films~』のビデオ(今はDVDも出ていますね)を思い出してしまいました。『heavenly ~films~』はアルバム『heavenly』の頃のライブ映像を中心に、オフショット映像やテレビ出演の映像等を纏め上げたものなのですよね。このビデオはラルクさんがブレイクする途上を感じさせる勢いのある映像がふんだんに詰め込まれていて、以前からとても気に入っています。

後から分かったのですが、ちょこっとネットで情報を拾い読みしたところ、『CHRONICLE 0 -ZERO-』のエンディングはやはり『the Fourth Avenue Cafe』のPVが使われているようですね。曲自体はフルではなかったので、必然的にPVもフルでは無いことになります。未だに分かっていないのはエンディング映像は全てがPV映像なのか、それともPV映像とPVではないライブ映像・オフショット映像とを織り交ぜて編集した映像なのかということです。

後から見返してみて、確実にPVの一部だと思ったのはステージ上で深紅の髪の毛のhydeさんが、バックに流れる『the Fourth Avenue Cafe』の歌詞と同じ口の動きで熱唱されているライブ映像部分です(なんて違っていたりして・・・?)。他はどうなのでしょう・・・?(^-^;

『the Fourth Avenue Cafe』のPVはどういうものかは全く知らなかったのですが、昨年リリースされたシングルCDのジャケ写のカフェのイメージが強く、何となくあのカフェでメンバーさんがまったりお茶をしているような映像を頭の中に描いていました。ライブ映像(だけかは分かりませんが)のPVとは意外でしたー(@_@)

昔は現在のように映像を保管するのにも電子媒体ではなくフィルムを使っていたと思われます。劣化するでしょうし、容量も然程多くはなかったでしょう。今回『Blurry Eyes』等のPVメイキングが入っていましたが、このPV制作当時はこんな10年以上も先の現在に『CHRONICLE 0 -ZERO-』のような作品がリリースされることなんて全く考えられていないでしょうし、取り溜めた秘蔵映像も沢山は無いように思われます。そう考えると貴重な映像が収録されたのかなと思います。

もしかすると今現在のラルクさんの動きは先々を見越して、色々と撮り溜めているかも知れないなと思いました。将来、過去の未公開映像として上手い切り口で売り出せば、一儲け出来る可能性が有りますものね。記録メディアの発達が著しい現在はラルクさんの動き全てを撮っておきそうに思います。

『CHRONICLE 0 -ZERO-』は目新しいものはそれ程多くは無く、若干期待外れの面も有りましたが、ラルクさんの歴史の重みを改めて感じることが出来、それなりに良かったと思います。1992年から1997年までのまさに“CHRONICLE” (=年代記、編年史、歴史、物語等の意味)ですね。
【2007/02/16 06:09】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

teっちゃんサイトがリニューアルオープンしました!
昨夜の日付が変わった辺りではまだでしたが、今日、会社から帰宅して真っ先に teっちゃんの公式サイト に行きましたところ、LE-CIELさんサイトでの予告通り、リニューアルオープンしていました。

以前のteっちゃんサイトは若干ロボットアニメを連想させるようなサイバーチックなものだったと思いますが、今回は洗練された都会的な雰囲気を持つサイトになりましたね。

ここのところ見慣れていた水色画面に、白抜きのteっちゃん及び花びら舞い落ちる桜のシルエットが描かれた映像は無くなってしまいました。あのフラッシュ映像は和と郷愁と希望と切なさといった色々な要素が入り混じっている印象が有りまして、気に入っていたのでちょっぴり残念です。

teっちゃんのプロフィール写真がとても素敵ですー(*^-^*) 足元から見上げるようなアングルで格好良さと可愛さが同居していますね。

と思ってホクホクしていたら、ディスコグラフィーにはシングル:『Can't stop believing』のジャケ写がお目見えしているのですね! 最近特にCD店のHPを見回ったりもしていなかったのですが、ジャケ写公開はこちらがお初でしょうか。

このジャケ写は摩天楼の中に180度に開かれた脚立を立て、ここをteっちゃんが上っていらっしゃる図なのですね。こちらも下から見上げる構図で中々面白い写真ですネ。大のビルフェチteっちゃんですから、大好きな高層ビルを大胆に取り入れたジャケ写で、さぞご満悦なのではないかしら・・・と思ってしまいました(^-^)

それにしてもこのジャケ写、teっちゃんファンの中にはご尊顔を殆ど拝謁出来ない点を惜しむ方もいらっしゃるのでは無いかしら、などと考えてしまいました。この面からするとプロフィール写真の方がteっちゃんを堪能出来ますよネ?

期待していた新曲の試聴は少なくとも現在はこちらのサイトでも出来ないようです。近々出来るようになるのでしょうか。

また前々回の記事に、リニューアル後のサイトには、以前のteっちゃんサイトの無料携帯待受ダウンロードやWEBマガジンを凌ぐようなコンテンツを期待、といったことを書いたのですが、これも今のところは無いようです。うーん、残念・・・。

これの代わりというわけでもないと思いますが、docomo限定で有料の携帯teっちゃんサイトが出来るのですねー。以前もteっちゃんの有料携帯サイトが有りましたよね。あれは一時期会員だったのですが途中で退会しております(というかWEBマネーでの支払を取り止めた為、自動退会でした)。あのサイトはその後どうなったのでしょう??? 無くなったのかな?

私は携帯はdocomoなので意思さえ有れば入会可能なのですが、他会社のキャリアを使用されていらっしゃる方で入会希望の場合は辛いですよね・・・。今時1つの会社だけしか対応していないサイトも珍しいような???(^-^; 今後徐々に増えて行くと良いですよね。

待受画面とか着メロといった携帯コンテンツにあまり惹かれないことも有って、一般的に有料携帯サイトはあまり積極的に加入したいというものでも無く、以前は入っていた携帯LE-CIELネットも大分前に退会しております。

今回のteっちゃんサイトはさてどうしたものか考えてしまいますねー。ただこういったサイトは設立当初は運営側も企画や更新を頑張る傾向に有るので、試しに入ってみようかなという気はしています。

それに何となくですが、teっちゃん、近未来にソロでライブとかイベントのようなことをやられる可能性も有るかなと思います。こうしたときに入会していると有利かなと考えたりします。

何がともあれ、teっちゃんの新しいサイトがオープンということで、teっちゃんのソロ活動の足場が固まりつつ有るのかなといった感じがしますネ。今後の更新を楽しみにしたいと思います。
【2007/02/14 06:08】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

『CHRONICLE 0 -ZERO-』の入荷日ですね!
今日はラルクさんの初期シングルのPV集:『CHRONICLE 0 -ZERO-』の入荷日ですね。恐らく購入予定の多くの方々がCD店で入手されるのでは無いでしょうか。

私は相変わらず割引に釣られてAmazonさんでの購入です。こちらで購入すると大抵発売日前日の入荷日に発送されて、発売日に届きます。手にするのは早くとも明後日かと思います。あ、でもそういえば今回はもう一日遅くなる可能性が有るのでした・・・(>_<)

というのも・・・、先程Amazonさんからメールが来ていまして、今回の商品の支払方法の指定に不備があるという内容でした。クレジットカード払いにしているのですが、カードの有効期限が先月末でして、カード自体は既に期限が自動的に更新されていたのですが、Amazonさんの方の登録内容の更新を失念していたのですね・・・。

慌てて更新したのですが、どうも今日(今となっては昨日)は祝日だからなのか即時で更新内容がチェックされるようではなく(以前更新したときは即時チェックだったような記憶が有ります)、今日の日中業務の確認を待たないとならないようなのです。発送が遅れる可能性が有ります。失敗しましたー・・・(^-^;

そういえば、以前からネット上で話題になっている『CHRONICLE 0 -ZERO-』に『the Fourth Avenue Cafe』のPVが収録されるか否かについては、ラルクさん側からは何の音沙汰もないまま、リリースを迎えてしまいますね。収録されているとしても恐らく隠しトラックかと予想されます。

収録されているのかいないのか、されている場合どんなPVなのかが物凄く興味深々なのですが、これは『CHRONICLE 0 -ZERO-』を入手してから自分自身で確かめたいと思っています。というわけで明日(場合によっては明後日も(^-^;)?)はネットでラルクさんファンサイトを巡ることはしないでおこうと思います。

『CHRONICLE 0 -ZERO-』にteっちゃんサイトリニューアルオープンと今週はお楽しみが二つも有って、いい一週間になりそうです♪
【2007/02/13 00:38】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

ラルクさんチケット予約・teっちゃんサイトリニューアルオープン
まずラルクさんの2007年ホールツアーの先行予約の件ですが、本日(今となっては昨日です)遂に完了致しました! 

昨夜は不安とちょっとばかりの焦りが綯い交ぜになり鬱々とした気分だったのですが、予約完了と共に心が一気に澄み渡りました。頭の中に本当に綺麗な空の映像が浮かび上がりましたヨ。こういったことはあまり無いので、ちょっと驚いてしまいました。ちなみに快晴の青空では無かったです。薄暮に向かいつつある若干赤みを帯びた空で、高い所に薄い雲が漂っていたこともあって秋空風でした(^-^)

それにしてもまだチケット予約の段階なのに、ここまで翻弄されてしまうとは・・・(^-^; 今は出来ることはやったという充足感が有ります。申し込み前はこのアクセス集中状態を見るに当選は絶望的だと思っていたのですが、現在この充足感から来るものなのか、何だかここまで頑張れば当然チケットも取れるのではないかとう錯覚に陥りそうになっています。

実際はどう考えても物凄い倍率でしょうし、限られたほんの一握りの方々のみが参加出来て、大半の人間は涙を飲むことになるのですよね・・・。あとはこの件に関しては何をしたところで事態に影響を及ぼすわけでも無いですし、発表の日の到来を待つのみとなります。

過去、ラルクさんの倍率の高いライブのチケット入手は悉く落選しているというトラウマが有ったりします(^-^; 

さっと思い起こすに、1999年グラクロのゲネプロ、1999年リセットライブ、2000年REALIVE(アルバム:『REAL』のドームツアーの前に行われたライブハウスツアー)、2003年Shibuya Seven daysの最終日、2004年SMILEツアー前夜祭(これはLE-CIELさんとは関係無くてチケット申し込みはアルバム:『SMILE』購入者限定でしたが)あたりですね。まあこの内の半分以上は何とか活路を見出して参加しております。ちなみに違法行為でチケットを購入したことは有りません。

今回の結果がこのトラウマを更に一つ増やすことになるのか、それとも歓喜を呼び起こすことになるのか。今回は活路を見出すのも至難の技なのかな・・・と思われます。

さて、チケット予約が完了ということで、やっとLE-CIELさんのニュースに目を向ける余裕が出来ました。明日(=2/13)は teっちゃんの公式サイト がリニューアルオープンする日ですよね。LE-CIELさんでこのニュースを読んで初めて、現在あのサイトが仮オープン状態だったことを知りました。

確かに考えてみるとオフィシャルHPにも関わらず、来月発売のシングル:『Can't stop believing』の宣伝しか書かれていませんものね。これは明らかに一般的なオフィシャルHPと異なります。

teっちゃんの以前のオフィシャルHPは初期の頻繁に更新されていた頃はマメに通っていました。コンテンツのWEBマガジンや『TETSU69』にちなんだ69個の携帯待受画面の無料ダウンロード等は魅力的でした。

結局WEBマガジンは更新頻度が低く若干企画倒れ的な感じで終わってしまいましたが、掲載されたものはどれも内容が濃くて良かったです。携帯待受はポップでアメリカンなイラストでしたが、気に入ったものを幾つかダウンロードして、一頃結構使っていましたヨ。

新しいサイトは以前のものを凌ぐ素敵なコンテンツが詰まっているといいなと思います。もしかすると新曲の試聴もここで出来るようになるのかも知れませんネ。プロデュース能力に秀でたteっちゃんが監修されるであろうサイトですので、期待してしまいます(あ、でもteっちゃんプロデュースらしいLE-CIELさんのマスコットキャラ“シエルちゃん”、TETSU69さんのマスコットキャラ(?)“TEZMAN”は抵抗が有るのでした・・・(^-^;))。
【2007/02/12 08:13】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

LE-CIELサイトさんのその後の状況
LE-CIELサイトさんの混雑状態が続いていますね~・・・。ただ若干緩和され、やっと今日になってLE-CIELサイトさんにログイン出来るようになりつつありますが、肝心のチケット先行予約が未だ完了致しません・・・(>_<)

アクセス数過多により、チケット予約の画面まで辿り着くのにも一苦労、やっと申し込み画面で会場毎の枚数を入れてあと少しで終わり、というところで『サービスが提供できなくなりました』といったような無情なメッセージが返り(何でー???(>_<))、これが出ると先に進めずといった具合です。

今回のツアーは公演数も多いので、公演毎枚数の入力画面でも入力に時間が掛かったりして、これが繋がり難さの一因になっているようにも思います。昨年のHYDEさんソロツアーの申し込みでも同様に公演数が多くて、画面に公演名がズラリと並んでおり入力に時間を要しましたが、あのときは申し込み出来ないといった事態にはなりませんでした。

どうも見る限りではHydeistさんサイト内には独自のチケット販売システムが有り、処理のキャパも把握した上で構築されているようです。ラルクさんの方は入り口はLE-CIELサイトさんですがクリックして行くと外部のチケット販売システムに誘導されます。こちらに申し込みからチケットの発送まで委託しているのですよね。

LE-CIELさんもそうですが、こちらの委託先も一時に捌ける処理量が大量にはなっていないのかなと思います。尤もアクセスが集中する時は早々頻繁に有る訳でも無いでしょうから、ここを増強する必要性は無いという考えなのかも知れませんね。

チケット予約だけでこんなに苦労するとは・・・。ラルクさん人気恐るべし!、です。チケット入手は1公演だけでも叶えば強運ということになりそうです。

現在の状況を見るにまだ予約出来ていない方々はいらっしゃいますよねー。悠長に構えられる程では有りませんがまだ時間はそれなりに有りますので、未済の方は共に頑張りましょう~!(^-^;
【2007/02/11 00:55】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑

LE-CIELサイトさんは大混雑・・・(>_<)
LE-CIELサイトさんが大混雑状態でログイン出来ませんね~・・・。会員さん内では周知のことなのですが、今日(今となっては昨日)の正午より今年のラルクさんホールツアーチケットのLE-CIELさん先行予約が始まっているのですよね。

ラルクさんのファンサイト様をちょっと見て回りましたが、多くの方が同じような状態でまだチケットの先行予約を出来ていない模様です。

解せないのは昨日の夜、まだ先行予約が開始されていないのに、既にLE-CIELさんサイトに入れなかったことです。深夜までチャレンジしましたが、LE-CIELさんのトップページの『只今混雑中』の旨のメッセージは表示されたままでした。私は割りと朝早く起床する方なのですが、今朝目覚めてすぐに行ってみたときもやはり混雑中は不変でログイン不可でした。

何か目新しい情報でも出ているのかとも思ったのですがそういう訳でも無いようで、「予約開始前からこんなじゃ、開始されたら更にアクセスし辛くなるのでは・・・。」と危惧致しました。今の状態はまさに悪い予感的中です。

「実はチケットゲッターさんがファンの申し込みをブロックする為に大挙して居座り、ログイン出来ないようにしているのでは・・・?」なんて非現実的且つ悲観的な想像までしてしまいましたよ・・・(^-^;

予約の受付期間はそれ程長くも無いので、元来心配性なせいか「このまま期限までログイン出来なかったらどうしようー・・・。」とちょっぴり不安を感じてしまいます。遅くとも2~3日すれば解消しますかね?

チケット先行予約はこれまでネットと電話を併用して受付けて下さっていたのですが、確か今回からだったと思うのですが(もしかしたらラニバからだったかも知れません)、ネット受付のみとなってしまったのですよね。第二の手段が有ればまだ安心なのですが、これも無いとなるとPCで只管繋がるまでトライするしか有りません。

LE-CIELさんに状況等問い合わせてみたくとも、電話照会も廃止になったばかりなのですよね。メールで問い合わせないとなりません。ネットは確かに便利なツールですが、全てがネットだけになるのは不便だと改めて実感致しました。

今のままだと結果発表時も混雑が予想されます。直ぐにでも知りたい当落結果を知ることが出来るのが、発表の翌日以降になったりするかも知れません。そう言えば当落結果を知るのも、実は今はなき電話が手っ取り早くて良かったのですよねー。どうも結果照会のアクセスはネットに集中する傾向に有ったらしく、電話は穴場で発表開始からそれ程時間をおかずに知ることが出来たものでした。

今回のツアー申し込みの人気が高いことは目に見えているのですから、アクセス数もそれなりに見越してシステム環境を見直しして欲しかったです。直ぐにでもサーバー増強等対処して下さるといいなと思います(そんなに簡単には行かないのかな?)。

今週末は癒しの温泉旅行に出掛ける予定だったのが諸事情により延期になっています。チケット予約してから行くつもりでしたが、こんなモヤモヤした状態のまま旅立っても気になって癒しどころでは無かったですネ・・・。こう考えると延期になって良かったです。とにかくサックリと予約して平穏な心情になりたいものです。
【2007/02/10 08:00】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

ラルクさんが動き出す・・・
遂にラルクさんが動き出しますねー!(^-^) 

・・・と書きながらもこれはあくまでもファン側からそう見えるだけであって、ラルクさん側からすれば『前から動いてるよー!』かも知れません(^-^; Hydeistさんサイトのhydeさんコメントでは、昨年末時点で、hydeさんがラルクさん用と思しき曲作り期間で苦労なさっているご様子が窺われましたしネ。

まあ兎も角、ラルクさんのPJ出演が決定しました。通例通りで行けば、番組放映日近辺にシングルCDのリリースが有ることはほぼ間違いないでしょう。遂に・・・、遂にラルクさんの新シングルを聴くことが出来ます~。

ラルクさんの新音源としてのリリースは、比較的最近では(といってももう数カ月前ですね)『the Fourth Avenue Cafe』のカップリングが有りましたが、あれはカップリングならではお遊び的なもので、『聴かせる』曲とは違ったと思います。

前回のシングルは『Link』で、もう1年半位前のリリースでした。あれから随分経っていますよね。今回はどんな曲なのか楽しみで仕方有りません。以前はラルクさんがリリースされるシングルの中には『あまり魅力を感じないな~。』と思うものも有ったのですが、ここ最近のシングルは気に入るものばかりなので、またラルクさんから感動を頂けるものと大いに期待しております。

それにしても3月にシングルがリリースされそうな気配が垣間見えますね。となると後は4月・5月で1枚ずつシングルリリースし、アルバム収録シングルが4曲となったところで6月アルバムリリースというのが考えられる線なのかなと思ったりします。

ラルクさんに限らず一般的に、最近のアルバムは売る為にシングル曲を多めに入れる傾向が有ると言われています。コアファンはアルバム曲が多いのを好む方が多いと思いますが、シングル曲の多さはライトファンにアピール出来るポイントとなるのでしょうね。ラルクさんの場合は前作:『AWAKE』はシングル曲が4曲収められているので、最新作もこれを踏襲した形になるのではないかと予想します。

ラルクさんが動き出すと心の中が活気付きます。今後の動きから目が離せません!(*^-^*)
【2007/02/09 01:39】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

LE-CIELさんサイトのEXTRA
LE-CIELさんサイトのEXTRAコーナーが更新されていますよね。ここへはLE-CIEL会報のこぼれ話が掲載されるようです。前回の会報が大体3週間前位に来たのでしたっけ? ちょっと間をおいてから更新されるのですね~。

内容詳細は書きませんが、ラルクメンバーさんの間で富士登山に関する話題が上ったそうですね。hydeさんは唯一の登頂経験者で、kenちゃんは車で頂上まで行きたいと考えている(!?)そうで(^-^;、teっちゃんとユッキーは登頂してみたいとお思いらしいです。

数年前、ラルクさんがブレイクし始めた頃だったと思うのですが、出演されたテレビ番組を観ていて、hydeさんが富士登山に行かれたことを知りました。この話はその後雑誌等でも出まして、『hydeさんの自慢話』的な位置付けで書かれていました。

私はその当時は富士登山経験が無く、hydeさんが登頂されたことが心の中に残っていて、機会が有ったら登ってみたいなと思っておりました。

さて、その後機会がやって来ました。『hydeさんも登った富士山に登ることが出来る!』と心躍るものを感じました。それにしても『登頂出来るということはhydeさんが自慢に思うように凄いことなのかなー・・・』という若干の疑問が有ったのですけれどね。

hydeさんは5合目から登頂されたそうなのですが、私もこれは同じでした。というか麓からよりも、5合目まで車で行ってここから登るのが一般的らしいです。登山ルートは複数有るのですが、hydeさんはどれを登られたのかは不明です。ルートにより道や景色は全く違うそうです。

私が行ったときは初心者向けのルートから登るつもりが、富士登山のトップシーズンから若干外れる時期に行ってしまったが為に初心者向けルートが閉鎖されていまして、当日急遽予定を変更して須走口というルートで行きました。

私は子供の頃に多少登山体験を積んでいたことがありまして、富士山もまあちょっと頑張れば登れるだろう・・・位に楽観視している面が有りました。実際のところはどうだったかといいますと、EXTRAコーナーではhydeさんは登頂することに『途中から本気で後悔』された旨書かれていましたが、『まさに同感!!!』状態でした。

あまりに辛く苦しい道程で『何で来ちゃったんだろう・・・。』と暗澹たる思いだったのですよー(^-^; 

後から知ったのですが、須走口の『須走』というのは元々は『砂走』から来ているらしく、登山道が砂地のところが続くのですね。高度が高く、空気の薄くて息絶え絶えの上に、砂の斜面を登るのが物凄く難儀でした。10歩位歩くと座って休憩していました。

登山道と下山道が分かれていて(一緒の部分も有るのですが)、登山道では下ることは許されなかったのもプレッシャーでしたねー。『自分の人生の中で過去最高に辛い・・・。』と泣きそうになりました。

富士山は一般的に夜間に登って早朝に頂上に着き、午前中に下山します。ご多分に洩れず夜間登頂を試みたのですが、暗闇に酔った感じが有ったのも辛かったです。懐中電灯は持っていましたが、先がはっきり見えないというのは体を鉛のように重く感じさせました。加えて、冷え性なので、上に行くに従って寒くなって行ったのも辛かったです。

『hydeさんも登ったんだよなー。凄いー。』と頭の中で感嘆しながら登っていましたね。

一方で大きな感動も有りました。8合目でご来光を見たのですが、晴れ渡った美しい夜明けの空に太陽の光が少しずつ見えてくる様は圧巻でした。神々しい感じがしました。頂上に着いた時も登り切った達成感が有りました。

ちなみに登山から帰った後は『登頂出来るということはhydeさんが自慢に思うように凄いことなのかなー・・・』から、『hydeさんが自慢に思うのは尤もだ!』に変わりました(^-^;

teっちゃんは兎も角、ユッキーが行ってみたいというのはちょっと意外でした。あまりこういったことに興味が無さそうなので・・・。でもお二人とも細いのに体力が有りそうなので(ラルクさんの過酷そうなライブをこなしていらっしゃいますよね)、それ程苦労せずに登頂出来そうな感じがします。

登頂直後は『もう二度と行かない。』と心に誓ったにも関わらず不思議なもので、今は再度登ってみたいという気持ちが有ります(登り始めたらまた後悔するのが目に見えているのですが・・・)。ここ数年行く計画が持ち上がるのですが、天候が悪かったりその他の事情で都合が悪くなったりと実現出来ていません。

teっちゃん、ユッキーのお二人で行かれることが有るなら、是非同行させて頂きたいですー(^-^)

【2007/02/08 06:02】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

ライブ開催に関わるお値段
今日は毎月愛読している『日経エンタテインメント!』誌の最新号を購入して参りました。毎回様々な興味を惹かれる話題が載っているのですが、今回思わず熟読してしまったのは、コンサートを開催する際にどういったことにどれ位の費用が掛かるのかを特集した記事でした。

アーティストにコンサート会場として人気が有るのは東京ドームと野音(日比谷公園音楽堂)だそうです。記憶に新しいラルクさんの東京ドームライブのことを思い出して、照らし合わせながら読み進めました。

まず東京ドームの会場使用料は休日に丸一日使用する前提で約1,750万円掛かるのだそうです。やはり東京のど真ん中に位置し、しかも日本で屋内最大の規模を誇るだけあって高額ですねー。ただし5万5,000人を収容するということで、一人分の席当たりの単価は318円となっていて、これは他の会場からみても安い部類に入るようです。

ラニバライブで計算してみたところ、8,000円のチケット代の内の4%弱がこの席代に当たるようです。んー、特に根拠は無いのですが、漠然と席代はもっと高い割合;例えば20%位を占めるかと思っていたので意外でした(@_@) 

あ、でも考えてみるとラニバライブのあの凝った会場設営は当日のみで行った訳では無いですよね。どんなに遅くとも前日、場合によってはもっと以前からセットを組む作業に入っていると思われます。更にセット解体の時間も考慮すると、単純に開催日のみから算出出来るものでも無いかも知れないですね。

さて、会場費以外で高額を占めるのは特効(特殊効果)費だそうです。当誌には東京ドームでかなり豪華な光と音のショーを繰り広げる場合の例で、費用概算が紹介されていました。映像、電飾、レーザー、火薬、銀テープを合わせて、約4,000万円だそうです!(X_X) 高額ですー。家が一軒建ってしまいますヨ。

記憶を辿るにラニバライブはこれらの特効をフルに使っていたと思います。一昨年の『ASIALIVE 2005』のときよりも、キラキラして明るく豪奢だった印象が強いです。きっと今回紹介されている例に勝るとも劣らない位の費用を使われたのでは無いかと想像します。当誌の調査によると特効の中でも尤も高いお値段がついている、大型LEDを使った映像もてんこ盛りで物凄く凝っていましたしねー。

特効で派手にも関わらず、意外に安いのが銀テープだそうです。最近は『銀テープにアーティストのロゴを印刷するのがはやっている』と書かれていましたが、ラニバでは2日間共銀テープ落下圏外の席だった為、手にしていないのですよねー(^-^; 手に入れられた方、何か書かれていましたでしょうか。

そういえばもはや『最近』では無いのですが、一昨年の『AWAKE TOUR 2005』では運良く銀テープ落下圏内の席の日が有り、入手した銀テープには瀟洒な飾り文字風の字体で『L'Arc~en~Ciel』の黒い文字が刻まれていました。

会場費、特効費と高額な費用が掛かり、この他ステージセットとアーティストのギャラが費用として占める割合が大きいとのことでした。ラルクさんの場合はしばしばteっちゃんが『ライブは儲からない。むしろ赤字。』といったことを仰っているので、ラルクメンバーさんのギャラは飛び抜けて高いといったものでも無いのかも知れません。

ラニバライブ開催発表当初、チケ代が8,000円の大台に乗ったことに思わず嘆息しましたが、ライブ自体の時間も過去最高に長かったですし、華やかなステージセットや特効で豪華絢爛という感じでした。クオリティが高いライブだったと思います。こう考えると、多少高額でもお金を払うだけの価値が十二分に有ったと考えます。

今回の『日経エンタテインメント!』には東京ドーム以外にも様々な会場の使用料金・収容人数・席当たりの値段が掲載されていました。ラルクさんでお馴染みの代々木体育館は950万円弱、代々木より若干収容人数が若干多いラルクさん・HYDEさんソロでお馴染みの横浜アリーナは550万円と随分値段が下がります。ここ数年の天嘉開催会場の武道館は代々木体育館よりも若干収容人数が多いのに500万円ちょっとと更にお安いようです。

コンサートホールは音楽演奏を主目的に造られていて音響設備が整っていることも有ってか、ドームやアリーナといった多目的の大規模会場と比べると席当たりの値段が高額ですね。今年ラルクさんが全国ツアーされるホール会場もきっと高めなのでしょうねー。

東京ドームは人気会場ということなので、もしも今年もラルクさんが東京ドームでライブされる場合は既に予約されているのかも知れないですねー・・・。東京ドームでなくとも今回の『日経エンタテインメント!』に一覧化されている会場のどこかをブッキング済かもー・・・。今年の今後有ると思われる色々な発表が楽しみですネ。

今回の『日経エンタテインメント!』の記事はライブ開催の裏事情的なものがちょっと分かって、とても面白かったです。
【2007/02/06 06:04】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

『Can't stop believing』は明日オンエア解禁ですね!
teっちゃんの“tetsu”さん改名後の第一弾シングル:『Can't stop believing』は明日(今となっては今日ですが)の深夜にMBSラジオさんの『ゴチャ・まぜっ!』にてオンエア解禁ですネ。

昨年はラルクさんの各メンバーさんはソロ活動がメインでしたよね。teっちゃん以外のお三方はそれぞれにCD等の音源をリリースされましたが、teっちゃんはご自身が表に立つソロ活動としての音源をリリースされていないので(Creature Creatureさん参加はサポートという形式でしたので『表に立つ』という面から除外しております)、今回のteっちゃんの新音源公開を心待ちにしている方は多いのでは無いかと思います。

ちょっと気になったことが有ります。今回のオンエア解禁についてはLE-CIELさん会員HP、そして『ゴチャ・まぜっ!』さんの番組掲示板には掲載されておりますが、teっちゃんの新オフィシャルHP には出ていないのですねー。折角のオフィシャルHPなのですから、掲載して広く宣伝すればいいのに・・・と思ったりします。

こんな風に書き連ねておりますが、私は関東住まいにつき、関西拠点のMBSラジオ局さんの番組を聴くことが適いません。すなわちteっちゃん曲の初解禁を耳にすることが出来ないのですね~(^-^; 

先程MBSさんの掲示板を拝見した際にちょっと驚いたのは東北にお住まいの方が頑張って聴く、というようなことをお書きになっていることでした。「もしかしてうちでも聴くことが出来るのかしら?」と試しにコンポのチューナーを合わせてみましたが・・・、スピーカーから流れ出るのは雑音のみでした・・・;;;

電機機器関係に詳しく無いのですがアンテナを良くする等何か対策を講じれば、聴くことが出来たのかも知れませんネ。まあとにかく初解禁を拝聴するのは無理そうです。

どうせだったら全国で聴くことが可能なラジオ局でオンエアしてくれれば・・・という考えも無くは無いのですが、これまでご贔屓にして下さっている番組で初オンエアというのはとてもいいことのように思えます。当局・当番組の聴取率にも貢献しそうですよネ! 

聴くことが可能なteっちゃんファンの方々、DJさんの曲紹介が曲に被るようなことが無く(録音される方の多くはこれを避けて欲しいとお思いになると思います)、且つ、フルで流して下さるといいですねー(^-^) 
【2007/02/05 00:07】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

3度目のHydeistさん継続特典到着
今日はこれで3度目となるHydeistさんからのファンクラブ継続特典を受領致しました。

昨年は2度目で一体どんなものが来るのかなーと思っていたのですが、驚いたことに1度目と同じHydeistさんのバッチのようなものでした。

ラルクさんのファンクラブであるLE-CIELさんは内容はともあれ、毎回異なる継続特典を下さいます。どうも継続特典といえば毎年異なるものが来るのが普通ではないかという頭がありまして、Hydeistさんの継続特典には何だか納得の行かないものを感じたものでした。

さて、今回の継続特典ですが、『継続特典を随時送付』の旨のメールが来ていたので、近々届く認識は有りました。前回は2回目ということでまあ1回目と同じ物というのも有り得たのかも知れず、さすがに今回は変わる可能性があるかと思いました。

ただ先のメール中に『継続特典(HYDEIST DECORATION)』という言葉が有りまして、過去に頂いたバッチがそんなネーミング(=HYDEIST DECORATION)だったような気が・・・、と朧げながら思いました。

さて、今回もHydeistさんにはお馴染みの『Hydeist』の金文字が入っている漆黒の封筒でやって来ました。開封してみますと・・・、中から出て来たのはやはりこれまでの継続特典と同一のバッチでした・・・(^-^; 『HYDEIST DECORATION』と印字された台紙にバッチが付いておりました。

Hydeistさんの継続特典は今のところこれに固定なのですねー。うーん、このことについてのHYDEさんの認識有無が気になるところです。

認識有りで継続特典はずっと同じものでいいとお考えなのか、認識無し;すなわち継続特典については特に考えが及んでいなくて結果として毎回同じものが来ているのか等、この事態についての背景が不明です。HYDEさんは割りとファンの心理を色々とお考えになって、マメにHydeist会員さんが喜びそうなことを実践されるお方というイメージが有ります。何となく認識が有られないのかなーと思ったりしますネ。

一番最初に継続特典を頂いたときに「バッチって使わないなー;;;」と思いましたが、これがこうしてこの後2回も続くとは・・・。尤も仮に毎回異なるとしても、LE-CIELさんの例からも心から満足の行く継続特典なんて早々有るとは思えないのですけれどネ。

ともあれ、折角ですので記念品として抽斗の奥に保管しておこうと思います。
【2007/02/04 00:06】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

Hydeistさんサイトのハロウィンクイズ
今日会社でいつものように仕事しておりますと、Hydeistさんサイトから会員ページの企画;第14回ハロウィンクイズがスタートとなった旨のメールが来ました。

今回のスタートよりも気になったのは前回;第13回ハロウィンクイズの結果です。新しいクイズがスターとすると前回の結果が発表になることはこれまでの流れで心得ておりましたので、帰宅するとすぐにHydeistさんHPに行きましたよー。

以降、Hydeist会員さん以外は意味不明の文章になるかも知れません。ご容赦願います。

一体どんな回答なのだろうー?、と回答ページを拝見したところ・・・、簡単な短い文が書かれているものと想像していたのですが、これは全く違っていて、そこには物語が有りました・・・(^-^;

これでは最初から最後までピッタリな正解は無理というものです;;;  正解者無しは当然だと思いました。ニアピンの方はいらっしゃって、今回はこれらの方が賞品を頂けるとのことでした。物語のどこか一部が似ているといったものだったのでしょうか。

私の回答は無理やりこじつけると、食べ物を回答の中に入れたというところがほんの僅かな接点といった感じだったので、ニアピンも無理そうです(^-^;

事前にHydeistさんHPで今回の賞品にはHYDEさんからのお年玉もつくと報知されていましたが、これはHydeistさんの特製カレンダーなのですねー。お年玉については不正解者の中からもそこそこの人数に抽選でプレゼントされる、且つ、当選者発表は発送に代えるとのことなので、来週までちょっぴり期待して待ちたいと思います(^-^)

さて本日スタートした第14回のハロウィンクイズですが、ヒント付きですネ。ここのところ正解者が出ていないからでしょうか。出題側としては、正解者が過多でも皆無でも困るのでしょうね。何となく正解者10名以内位が適度な人数とお考えなのではと思うのですが、この辺の匙加減が難しいのでしょうね。

回答期限まで結構期間が有ると思いまして、今回は前回と異なり、即答せずにおきました。ヒント有りですし、最近の範囲が全く絞れない問題と比較すると、僅かながらも範囲が有るような感じで「考えてみよう。」という意欲が湧く内容です。頑張ってみることにします!
【2007/02/02 06:02】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。