スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | | Top↑

10/30:HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD /感想
以前からの予告通り、昨日:10/30(日)、HYDEさん出演の『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』に参加して参りましたので、こちらのレポならぬ感想を書きたいと思います。今日は有休を取ってまして時間が有るのでじっくり書いてしまいます。色々書きたいことが有るので長くなると思います・・・(^-^; 内容についてお知りになりたくない方はお読みにならないで下さい。










昨日のライブの整理番号は10XX番という思わしくない番号でした。最初開封して番号を見たとき、「この頭二桁は“10月”の意味で下二桁が整理番号なんでは!?」、等とムシのいい解釈を試みましたが、もう一枚:すなわち本日分のチケット番号を見ると、この解釈は残念ながら的外れなことが分かりました。これまでの経験則から昨日の番号ですと入場出来るのは6:30PMを過ぎるというのは分かり切っていたので、今回は一緒に参加する友人も居ないこともあって開演までに会場に入れればいいか・・・との気楽な構えでのんびりと家を出ました。

川崎駅に着いたのも6:00PM少し前で、まだ余裕が有るなと思ったので少しウィンドウショッピングをした後に駅ビルの化粧室で仮装服に着替え(さすがに仮装の格好で電車には乗れませんでした(^-^;))、チッタへ向かったのは6:30PM少し前頃でした。

昨日の仮装は魔女でして、全身黒尽くめでした。ワンピース、マント、三角帽子が一式コスチュームセットになっているものを購入していまして、この内、ワンピースとマントのみ着用しました。三角帽子は最後まで持っていくかどうか迷ったのですがやめました。三角帽子が無いとあまり魔女っぽくならないので、本当はどうせ仮装するなら徹底的に!、との思いで被りたかったのですが、あれを被ると後ろの人に迷惑なことが明白でした。ライブ会場で被り物をしている人を迷惑に思うことが多々有るので、これはやはり自分ではやってはいけないな・・・と思ってやめました。靴はコスチュームのパッケージに載っていた見本そのまま(^-^;、黒のヒールで行きました。

このヒールがですねー、ちょっと難でして。ラ・チッタ・デッラ(でしたっけ? チッタ周辺のイタリアを模したショッピングゾーンです)の石畳はヒールで非常に歩き辛いことが判明し、さいか堂(川崎の老舗デパート?、なのかな)の角を曲がった辺りから、四苦八苦でした(^-^; これまでチッタにヒールで行ったことなかったですからねぇ・・・。参りました。普通にショッピングを楽しむ女性の方々もヒールであの辺りを歩き回るのは大変なんではないかと思ったのですがいかがでしょう。

さて、チッタでは私が着いた頃は当然ながら入場を開始していました。3:00PMから開始したという本人確認場所も私が行った頃は誰も並んでおらず、すぐに確認出来ました。本人確認が終了すると手にビニール製のバンドをつけてくれるんですね。黄色いバンドでして、黒文字で『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』が記されていました。日によって色が違ったりするのかな・・・と思いましたが1日目はどうだったでしょうか。

参加者の皆さんの仮装を見るのを楽しみにしていたのですが、思い思いの服装をされていましたねー。気合の入った仮装の方もいらっしゃいましたが、ちょっとしたハロウィン風グッズを付けているだけ、という簡単な仮装の方も多かったと思います。見ていると楽しいものが多くて良かったですよ。やはり普段のライブとはちょっと違いましたネ。悪魔の尻尾をつけてる方とか可愛かったなー。小さいアイテムですがいいなと思いました(^-^) 

そうそう、Hydeistの制服を着てらっしゃる方も結構いましたねー。あれ、可愛いですね。一式揃えると5万円という法外な値段には驚きましたが、学生さんの年代だといいかも知れないですね。一時期世間を賑わしたTA-TOO(綴りが怪しいかも・・・)を思い出してしまいました。

ハロウィンと全く関係の無い格好の方もいらっしゃいましたね。元々参加する人が何を着ようと自由ですから、これはこれで有りだなと思いました。

やっとチッタの中に入り、空きロッカーに荷物を詰め込んで、足早にライブ会場へ向かいました。

会場に足を踏み入れてみると、会場の装飾がハロウィン仕様になっていていいなと思いました。まず天井の四隅となる四点、そして天井の左右の真ん中ニ点から中央の一点に向かって計6本の電飾の線が延びてまして、赤、青、黄色、緑の色とりどりの電球が付いています。会場右側は今回のライブのロゴの『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』の黄色い文字のモニュメントが上から吊り下げられています。天井からはボール型の傘を被った提灯のようなライトが2~3個ぶら下がっていて、傘の模様はJACK-O'-LANTERNのもの、黒地に白の蜘蛛の巣の図柄のものが有りました。

また石膏素材風のもので出来た箒に跨る魔女のモニュメントも2つぶら下がっていました。更に先をギザギザに切った黒い幕も張り巡らされていました。会場後ろには風船が置かれていました。前方左右の少し高いところには片方は目・口が赤く光るJACK-O'LANTERNの置物が、もう片方は同じもので緑色に光る置物が飾られていました。

これらを見ているとワクワクする気持ちが込み上げて来ましたネー。東京ディズニーランドのハロウィン仕様を思い出しました。昨年初めてハロウィン時期にTDLに行ったのですが、丁度こんな感じだったなと思いました。

と、一息ついたところで早くも客電が落ちました。

最初は暗闇の中に東京ディズニーランドのホーンテッド・マンションと同じようなハロウィン音楽(何と言えばいいのでしょう・・・。あのおどろおどろしい感じの音楽です)、ホーンテッド・マンションの肖像画の部屋と同じような声でのアナウンスが流れました。アナウンスの内容はよく覚えていないのですが『ハロウィンライブへようこそ』的なものだったと思います。

この音楽+アナウンスが終わるといよいよ開幕です。前方の暗幕が左右に開くとステージが広がりました。ステージの上方も客席上方に垂れ下がっているギザギザの黒布と同様の黒布で飾られていました。

MONORALさんが最初でした。

昨日のアニスさんはそれはそれは麗しいお姫様でした(^-^) 黒のドレスだったのですが、袖は白く透けるオーガンジーっぽい素材で出来ていました。左胸に赤い薔薇と思しき一輪の花を差していまして、髪の毛はカツラかな?、縦ロールで銀のティアラを付けていらっしゃいました。元々目鼻立ちがはっきりした綺麗なお顔をされてますよね。このお姫様扮装はとても似合ってました♪ 

ハロウィンの仮装は一般的には魔女・モンスターやその年にはやったものでするそうですが、アリさんは今年の流行りモノで『チャーリーとチョコレート工場』のウィリー・ウォンカの仮装をして、アリ・ウォンカになってました(^-^) ああいう流行りモノの仮装って楽しそう。HYDEさんは1日目、シザーハンズをやられたそうですがこれは過去の流行りモノですね。

この日の為にMONORALさんの最新アルバム『Petrol』を毎日聴いていたのですが、全部で7~8曲演奏された中、このアルバムからはその内の半分位しか演りませんでした。これはちょっと残念でした。私が持っているもう1枚のアルバム『in stereo』からは確か2曲でした。あとIXY DEGITALのCM曲とこれのカップリング(?)曲辺りが演奏曲だったかな。

ライブハウスでのライブに参加するのは結構久し振りでした。昨年、ラルクさんとは全く関係無い某バンドさんのライブを観に行って以来でした。久々のライブハウスは音響の良さに感動しましたねー。ライブハウスは当然のことながら多目的ホールとは異なり、音に対して重要視された造りになっていますよね。

久々のアニスさんの声もMONORALさんの音もビンビンに心地良く体中に響きました。特に知っている初聴きのアルバム曲を聴いたときはホロッと涙が滲みました。やっぱりCDで慣れ親しんだものをライブで聴くというのは格別な味わいが有りますよね。

アニスさんはお姫様格好だったこともあって、MCもオネエ言葉・・・、もとい、お姫様言葉でした(^-^; 美川憲一さん辺りと口調が似てましたネ。普段はステージ上ではペットボトルの水をラッパ飲みしていたと思うのですが、今回はペットボトルにストローを差して、楚々として飲まれていたのも笑えました。

今週の水曜日がメジャー・デビューの日なんですよね。火曜日には店頭にCDが並ぶそうです。買うかも知れません。そういえばIXY DIGITAL のCM曲は全て英詞でしょうか? MONORALさんはメジャーでも英詞で通すんでしょうかね? 気になります。MONORALさんのメジャーでの動向がどうなるのか楽しみです。

メジャー・デビューを記念して今度LIQUIDROOMでワンマンライブが有るそうですね。ちょっと行きたい気がしているのですが、ワンマンライブに行くのが初めてのアーティストの場合、一人で行くのは勇気が要るなぁなんて考えちゃったりします(^-^; 周りに一緒に行ってくれそうな人も居ないんですよね・・・。

MONORALさんの演奏の後には明石屋さんまさんのブラックデビルを連想させる悪魔の仮装をした男性が出て来ました。彼のことは知らなかったのですが、言動から察するに毎回ハロウィンライブに出演される方なんでしょうか。この方がまたオネエ言葉でして・・・。最初は後ろの2階席から登場して、手に持ったカボチャ型の手提げからお菓子を客席にばら撒きました。ちなみによく見えませんでしたが2階席は関係者席だったと思います。彼は何回かお菓子を撒いた後に2階席から1階席への螺旋階段を降りて来まして、客席からステージへと向かいました。この途中もお菓子を撒いてましたね~。

MONORALさんのお次はOL○VIAさんでした。

白いノースリーブのドレスでした。遠目にも美人さんだと思いました。声量は有るし、高い音域が出るしで歌はとても上手かったと思います。ただ正直、残念ながら楽しいと感じるライブではありませんでした。

原因としてはまず私自身、知っている曲が皆無だったことが挙げられます(会場外の物販で見たのですが、かなりCDを発売していらっしゃるんですよね(^-^;))。またOL○VIAさんは観客を煽るようなパフォーマンスも全く無いし、MCは殆ど英語、しかもポソポソと小声で話すだけでした。あれでは観客の気持ちを取り込めなかったのではないかと思いました。アーティストと観客の間の壁を感じました。

MONORALさんでは全体的にノリノリだった観客も、OL○VIAさんのときは棒立ちでステージを見つめる方が多かったと思います。初めて観るライブでもうまく観客を乗せたライブが出来るアーティストもいっぱい居ますよね。あれが彼女特有のステージングで持ち味なのかも知れませんが、私はもっと『みんなで楽しもう』的な雰囲気のライブの方が好きです。うーん、辛口ですね。ファンの方、申し訳有りません。

OL○VIAさんの演奏の後にもまたまたブラックデビルさんが登場しました。このときはこの日のミス・ハロウィンを発表するという企画が有りました。

事前の本人確認のときにスタッフがチェックした仮装の方何人かをポラロイドカメラで撮影して、HYDEさんら出演メンバーに見せ、彼らがミス・ハロウィンを決定するという仕組みになってるようでした。私の割と近くにとても気合の入った仮装の方がいらっしゃっていて、注目していたのですが、この方が本日のミス・ハロウィンに選ばれてました!(^-^) 

昔T.○.R.さんが何かのシングル曲のときに物凄い豪華なクリスマスの赤い衣装で歌っていましたよね、あれを彷彿とさせる衣装でした。尤も使っている布量はT.○.R.さん衣装の3分の1位かと思われましたが。。。 赤が基調のミニスカートの衣装で所々に白のフリルがついていました。髪の毛は金髪でポニーテール、赤いウサ耳をつけてまして、それはそれは高いピンヒールの編み上げブーツを履いてらっしゃいました。ミス・ハロウィンに選ばれたということでステージに呼ばれ、壇上で今回のライブのオレンジTシャツを賞品に受け取っていらっしゃいました。

目立つ仮装をすればミス・ハロウィンに選ばれる可能性が有ります。今日はどんな方が選ばれるのかな。最終日だから昨日にも増して仮装に力を入れる方がいらっしゃるかも知れませんネ!

さて、この他にも幕間のイベントが有りました。ブラックデビルさんがFURUTONさんのEカップのブラジャーをオークションにかけるというものでした(^-^; 確か100円から始まって、2,950円まで競り上がりました。しかしながら最終的には入札(というのでしょうか)された方には渡らず、ブラックデビルさんが客席に背を向けて、後方の客席に向かってこの商品を投げ、掴んだ人が手に入れるという結末になったのですが・・・。

まだオークションは続きました。今度の商品はブラックデビルさんが事前に今日の出演者の楽屋を周って集めたという出演者の髪の毛の束でした。野球ボール位の束に見えました。これもブラジャー同様、競りをしましたが、最後には同じように客席に投げてお仕舞いでした。オークションをやると見せかけて、結局やらないというのはなんだか半端だなーと思いました(^-^;

さて、お次の商品です。「次の商品は物凄いものですよ~!!!」というブラックデビルさんの強烈な煽りが有りました。しかしながらブラックデビルさん、勿体つけてまして、中々商品を出しません。観客が痺れを切らした頃、「はい、ではどうぞー。」という言葉と共に彼はステージの袖に消え、ステージを覆っていた暗幕が左右に引けました。すなわち最後の『凄い商品』というのはHYDEさんのステージだったわけです。

ステージを緑や紫や白っぽいライトが照らし、スモークが覆い、ステージ中央には十字架がついた棺桶が立てて置かれていました。HYDEさんはこの棺桶の中から現れました! 

HYDEさんの仮装はHydeistさんの制服でした! 一式着ていましたねー。髪の毛は金髪ストレートで、小さな赤いツノを付けてました。女装ですね! 彼、小さいし細いしでとてもお似合いでした♪ これはハロウィンイベントでなければ見ることが出来ないお姿だなーと思いました。会場は大盛り上がりでしたヨー。方々から「可愛い~。」という声が聞こえて来ました。

最初は『SWEET VANILLA』からでした。『6 6 6』の中でも1番か2番を争う好きな曲から始まって、すっかり感動しました。前回のソロツアーのときもセットリストの初めはこの曲からでしたっけねー。久々のHYDEさんソロ曲、懐かしさを感じて胸がいっぱいになりました。

CDやTV出演で聴いてもあまり心に響くものが感じられなかった『COUNTDOWN』ですが、予想通り、ライブではとても良かったです! サビに入る前の段々と速度が速くなる辺りからゾクゾク・・・と鳥肌が立ってきまして、サビでは燃えました! あれはとてもライブ映えする曲ですね~。

曲順はうろ覚えで最初と最後の方しか明確には覚えていません。演奏曲は『SWEET VANILLA』『WORDS OF LOVE』『THE OTHER SIDE』『COUNTDOWN』『HORIZON』『SHINING OVER YOU』『EVERGREEN〔DIST.〕』『HELLO』『HIDEAWAY』『MASQUERADE』『MIDNIGHT CELEBRATION』だったと思います。

舞台演出では『EVERGREEN〔DIST.〕』のときの会場左右を照らす緑色のライトがとても綺麗でウットリでした。曲名に『GREEN』が入っているから緑なのかなー等と考えました。

『HELLO』のときの紙吹雪にはビックリしました(@_@) サビのメロディになると客席前方と左右からかなり大量の紙吹雪が放出されるのですヨ。惜しみ無く降らせているという感じでした。この紙吹雪は降っているときはてっきり白色だと思っていたのですが、拾ってきたものをあとで見たらオレンジシャーベット色でした。

『MIDNIGHT CELEBRATION』の特効にも驚きました。サビにかかると前方は火炎が上がり(チッタのようなライブハウスでも火は有りなんですね・・・(^-^;))、客席左右からはこれまた大量のスモークが出てくるのですよ。このスモークの量が物凄くてですね、数秒間、前方に火炎が薄っすらと見える他はステージは濃霧に包まれて全然見えないのですよ。 いやー、驚きましたね。たしか『6 6 6』TOURのチッタ公演でも
『MIDNIGHT CELEBRATION』のときはスモーク演出が有ったと思うのですが、あのとき以上の大放出だったと思います。

MONORALさん、OL○VIAさんと特効らしきものが無かったこともあってか、さすがHYDEさんのステージはお金をかけてるな・・・と感じさせられました。

昨日のHYDEさんのお声は若干ガラっぽかったような気がします(^-^; 前2日間、既にライブをされていたからかも知れません。まあソロの激しい曲調には合うかも知れませんけどネ。

アニスさんがペットボトルの水をストローで飲んでいたのは前述の通りですが、HYDEさんも女装ということで水の飲み方がいつもと違っていました。今回は黒のワンピースに白のフリルエプロンをつけたメイドさんがトレイの上に載せた水入りグラスを持って来まして、これを手に取り飲まれてましたヨ。あらら今日はお上品・・・?、と思うとそうでもなくて、飲み残しの水を観客にかけることがしばしば有り、また、口に含んだ水を飛沫にして客席に飛ばしたりもしていました(^-^)

ステージで働いているメイドさんは何人もいて、HYDEさんが曲間にギターを換えるときに代わりのものを持って来るのも彼ら(彼女ら?)でした。スタッフさんはみなさんメイドコスだったのですね。

HYDEさんは最初の2~3曲歌ったあたりで制服の赤いブレザーを脱いでいまして、白いシャツにネクタイの状態になりました。金髪のカツラがちょっと五月蝿そうで、しばしば顔に降り掛かる髪の毛を左右に掃っていました。

HYDEさんもオネエ言葉でした。観客に向かって自分のことを「可愛いでしょう?」と訊いてまして、会場から「可愛い~!」の声が聞こえると満足そうでした。この満足気な様子がまた可愛かったですねー(*^-^*)

私たち観客の総体的な仮装はHYDEさんからは「微妙~。」と評されてしまいました(^-^; 様々な衣装を着慣れているHYDEさんのような方とは違って、一般人にとっては仮装をするにもそれなりにお金や手間が掛かるし、慣れていない人が多いから抵抗も有るしで、そんなに徹底的には出来ないんですよ、HYDEさん・・・(^-^;

HYDEさんは制服のミニスカ下の見せパンですか?、しっかりと客席にお尻を向けてスカートを捲り見せて下さいましたヨ。あれには会場全体大ウケでした! HYDEさんの茶目っ気の有るパフォーマンスに魅せられましたね~。

HYDEさんの久々のソロライブ、思う存分楽しませて頂きました!

そうそう、HYDEさんバンドのアンコールでは「うちのメイドが歌いたがってるから聴いてくれー。」というようなHYDEさんの叫びと共に、聞き覚えの有る前奏が始まり、一人のメイドさんがいきなりマイクを持って現れました。

曲は『HELLO』でした。メイドさんは最初は誰か分からなかったのですがじっくりとお顔を拝見しておりますと、雑誌で見たことのあるジャ○ヌ・ダ○クさんのヴォーカルのya○uさんかしら・・・と察しがつきました。私の周囲の方々から漏れ聞いた声を拾ってみてもそのようでした。ya○uさんって確かHYDEさんの信奉者なんですよね~。ステージを所狭しと駆けずり回り、とても活き活きとして歌ってらっしゃいましたヨ。

最後の出演者はJACK-O'-LANTERNさんでした。HYDEさんバンドを中心として、アニスさんらが加わったセッションバンドですね。

HYDEさん、アニスさん共に女装だった訳ですが、あまりの見目の大きさの違いに遠近法がおかしくなってる印象を受けました(^-^; HYDEさんは小さくて可愛いし、アニスさんは大きくて綺麗だし・・・。そう言えば私はあの二人が並んでいるところを見たのは初めてだったかも知れません。

そうそうHYDEさんとアニスさん、キスしてました・・・、というか遠くからだったので、ニアミスにも見えたのですが前方に居らっしゃった方は見えましたかねー?

何だか記憶が薄くて覚えていないのですが、JACK-O'-LANTERNさんは2曲演奏したのだったかしら。私はあまり音楽に詳しくないので1曲目は分かりませんでした。観客の皆さんは盛り上がっていたので、結構メジャーな曲だったのでしょうか。もしかしてHYDEさん、以前のイベントのときのようにセッションでやる演奏曲を事前に公表してましたか? ここ何日もHydeistさんの掲示板を見ていなかったので知らないのですが。

最後の曲は分かりましたよー。いやー、目頭が熱くなりましたね。映画『ゴーストバスターズ』のテーマソングでしたよね。懐かしかったです・・・。HYDEさんもアニスさんもステージ前方に並んで、右に左にステップを踏んでいました。HYDEさんの仕草がこれまた可愛らしくてですねー、見つめてしまいました。

こうして大盛況の内に幕を閉じました。

このライブ、長時間に及ぶのは事前に若干情報を仕入れていたので分かっていました。終了は11:00PM頃だったと思います。7:00PM開始でほぼ4時間ですね。最初こんな長丁場は体力的に無理なのでは・・・と危惧していたのですが(最初の天嘉のとき、やはりチッタでして、かなりの長時間のスタンディングライブとなり、途中腰が痛くて挫けそうになったのです・・・)、昨日はあっという間の4時間でした。殆ど長さを意識しないまま終わった感じです。以前より体力がついたのかしら・・・!?

今回のライブはHYDEさんの新曲が何曲か聴けるかと期待していたのですが、これが無かったのはちょっぴり残念でした。ここまでは準備期間が無かったのかな? 

ライブグッズとしてはクランチチョコの菓子缶とHYDELIGHTを買いました。クランチチョコ、とても美味しいですヨ。この缶には全5種類のステッカーの内、1種類がおまけとして付いて来ます。内1種類はこのライブのポスターと同じ図柄のレアなものだそうです。レアステッカーは流石に当たりませんでしたが、残りの4種類の中では一番いいと思った背景オレンジに黒のカボチャ、赤文字で『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』のロゴが入っているステッカーだったので良かったかな?

HYDELIGHTは小さなペンライトのようなものなのですが、家についてバックの中を探してみたら見当たらない・・・。こともあろうにどこかに置き忘れてしまったようです(>_<) 閉演後、アタフタしてたからな~・・・。ショックです・・・。さて、今日、もう一度買うか買うまいか・・・。

『WHAT's IN?』さんから花輪が届いていました。また来月号辺りに掲載されるのでしょうか。今回のライブの1日目は参加していないこともあるので、是非是非全日のライブについて詳細に載せて欲しいですね!  『WHAT's IN?』さんなら期待を裏切らない筈だ!、と思っています。

今回のライブは一年も前から計画していただけあって、HYDEさんの想いが詰まった楽しいライブだったと思います。長きに渡って実現を心待ちにしていたライブが出来て、良かったですネ、HYDEさん! やっぱりライブはいいですね。ひと時でも異空間に身を委ねて酔える素敵なものだと思います。

昨日の感想は以上です。

今日はこれから最終日公演に行って参ります。果たしてどんなライブになるのでしょう? では楽しんで来ます♪♪♪(^-^)/

スポンサーサイト
【2005/10/31 13:39】 | ラルクLIVE関連 | トラックバック(3) | コメント(0) | Top↑

『WHAT's IN?』感想
今となっては既に一昨日ですが、acid androidさんの1回目の追加公演の日でしたね~。行かれた方はいかがでしたでしょうか。この公演はやはりチケットを譲って正解でした。大事な仕事を翌日に控え、最終的に色々やることが有ったので、とてもとても定時では帰れませんでした(^-^; 私がチケットを譲った方は面識が無い方だったのですがどうだったかな。

昨日は確かHYDEさんの青学祭に出演の日でしたよね。こちらもどんな感じだったのでしょう。HYDEさんが学祭に出向くのは初めてでしたよね。

今は既に土曜日ということで、ハロウィンライブの初日ですね。今日は私は参加しない日です。明日の為にも今日のライブレポは読まないで参加した方がより楽しめそうです。

さて昨日、書店の音楽雑誌コーナーで『WHAT's IN?』の表紙を見ると『L'Arc~en~Ciel』の文字が入っていたので、さっと中の頁を捲ってみました。韓国・中国・東京ドームと全ての『ASIALIVE2005』公演のMC、あとはソウル・上海でのそれぞれのラジオ公開録音の内容が載っていたので、ついつい買ってしまいました(^-^)

『WHAT's IN?』って、確か先月号は『AWAKE TOUR 2005』の全公演MCを掲載してくれてましたよね!? 他のアーティストのライブレポ頁を見てもこのように全MCを掲載しているような感じもなく、ラルクさんはちょっと特別扱い!?、等と勝手に悦に入っています。

MCはラルクさんの場合はライブDVDにも全てを収録してくれるわけではないので、こうやって文字に残っているというのは有り難いことです。そういう意味では貴重な一冊なのではないかと思います。

ラジオ公開録音の内容は初めて知ったのですが所々笑えました(^-^)

ソウルの金浦空港での話が面白かったです。空港でファンの群れに囲まれて、メンバーさんはみんなお互いに縋り付き合う感じだったようです。このときのことをhydeさんが『普段あんまり一致団結しないメンバーなんですけど、そのときばかりは熱い友情で結ばれました』と仰っているのがおかしいです。ラルクさんってやっぱり普段あまり馴れ合ってないんですかね。

hydeさんは韓国公演でのMCは足元のカンペを見ながらなさったんですね(^-^; それをこの公開録音でばらしてしまって・・・。公開録音参加者がエーッっと言ったそうですが、それはそうでしょう!

ユッキーは韓国公演のMCでは日本語で喋ろうと思っていたけど、周囲の状況から判断して『しゃべんないと輪に入れないなと思って、(韓国語を)教わりました。』と語ってるのも可笑しいです。疎外感を味わいたくなかったのでしょうか・・・、何だか可愛らしい感じがしました。

上海の公開録音ではkenちゃんの上海公演でのMC話が笑えますね。中国語で『五目並べをした』と言ったつもりが『五羽の鳥を殺した』と聞こえてしまったとか・・・(^-^; 会場がシーンとなってしまったそうですが恐らく瞬時にはkenちゃんには原因が分からなかった筈で不審に思ったでしょうね~。慣れない言語を使ってMCをやるからには頑張って練習しないと・・・、ですネ!、kenちゃん!

同じ公開録音中のファンへのアンケートで『メンバーを中華料理に例えるなら何か』について、hydeさんはショウロンポウ、kenちゃんは上海ガニ、teっちゃんは杏仁豆腐、ユッキーは北京ダックと言われてたそうですね。

hydeさんがショウロンポウと言われてリアクションに悩んだらしいですが『小さい』ところは通じるかも知れません(ん、失礼でしたかね・・・(^-^;))。kenちゃんの上海ガニ、teっちゃんの杏仁豆腐も中々いいところを突いていると思いました。ユッキーの北京ダックはクールな感じが北京ダックの(皮の)パリッとする感じを連想ということらしいですが、面白い意見ですね。

ソウルも上海も、メンバーさん皆さんがファンからの熱い思いを充分に感じたライブだったようです。これら海を隔てた国々のファンの多くは生のラルクさんたちを目にすること、ライブに参加することへの渇望を有り余る位に体現してたんだろうなと想像出来ます。こんな中でライブ出来たラルクさんたちも恐らく楽しかったんだろうなと推察します。

またいつの日が行ってあげる日が来るといいですね~。

【2005/10/29 01:07】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

acid androidさんライブ追加公演
昨日夜遅くに帰宅し、昨日のacid androidさんの渋谷AXライブはどんなものだったのかとネットを徘徊してみますと、更なる追加公演が有るということが分かりました。会場は『チェルシーホテル』となっていた為、「えっ、ユッキーったらどっかのホテルでディナーショー形式みたいな感じでライブするの!?」(@_@)、とビックリしました。

調べてみたところ、ライブハウスなんですね・・・。ライブハウスに全然詳しく無い為、知りませんでした(^-^; このライブハウスのオフィシャルHPを見ても、収容人数が全く分からなかったのですが何人入るのでしょう。会場の写真を見ましたが、ステージが非常に低かったので、かなり小さいライブハウスなんだろうなーとは思われました。

ステージの低い小さいライブハウスに行ったことが有るのですが、高くすればいいのに・・・と思いました。後ろの方に行ってしまうと全然見えないんですよね。特にドラマーは全く見えなかったです。低い方がアーティストと観客との一体感が生まれ易いというような意図が有っての造りなんでしょうか?

さて今回のacid さんの追加公演、来週金曜日ということだったら今の段階では楽勝で行けるのですが、今日のチケット取りの電話はしませんでした。平日のライブは明日のライブのように急遽行けなくなる可能性が有るので、ためらってしまったんですね。チケットを取ってから公演日までが短いから、いざ行けないときもチケットを譲る行動を緊急に行わないとならないので一苦労です。

今になってみると、やっぱり電話してみれば良かったかなと軽く後悔してます(^-^; 公演日が近くなってからでもチケットを譲って下さる方を探してみようかな・・・。

そういえばacid さん、アルバムを出してツアーもされるそうですね。これは楽しみです(^-^)! アルバムには昨年の天嘉参で聴いた『REVELATION』の変形バージョンも入るのでしょうか。 あれ良かったんですよね♪

ツアーは是非土日中心でお願いしたいです。土日は会場の借用料が高いとは思いますが参加し易くして欲しいかな・・・。平日の方がいいという方ももちろんいらっしゃるとは思いますが、土日希望の方が多いんじゃないかななんて勝手に思っています(^-^)

アルバム発売日にツアー日程、早く発表になるといいです!

【2005/10/26 22:28】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

acid androidさんライブ(>_<)
既に日付は10/25、acid androidさんの久々のライブの日ですね。

今日は元々行かない予定でした。代わりに10/27の方は行こうと思って、頑張って一般発売でチケットを取ったのですが、先週中頃になって仕事の関係で参加困難となり、泣く泣く諦めることにしました(>_<) 急遽10/28に大事な仕事が入り、この準備を27日迄に万端にしないとならなくなった為です。27日の夜は次の日に備えて最終チェック等しないとならないんですね。うーん・・・。ここのところ夜遅く迄残業続きで、今日もこんな時間に書き込みです。

本当は平日ライブの日は有休を取りたいところだったのですが、今月は既に旅行で5日間休暇を取っていて多過ぎなのに、更にハロウィンライブでも1日取るという暴挙に出ておりまして、さすがに後から追加になったacid android さん公演でまで休む訳には行かない・・・と自粛しました。

10/28の仕事をふった上司を心底恨めしく思います。これさえ無ければ、27日は意気揚揚とさっさと定時に会社を引き上げたことでしょう。行きたかったなー(>_<)

既にチケットの引き取り手は見つけてあり、お譲りしました。

働くというのは切ないものです。時間的に束縛される部分が出ますからね。でも働かないとライブに行ったり、CDを買ったりするお金が手に入らないことも事実です。

acid androidさんライブは今回はお預けですが、あと2カ月後には天嘉ですからacid さんライブのDVDでも観つつ、この時を待つことにします。

今週acid androidさんのライブに行かれる方はどうぞ楽しんで来て下さい!(^-^)


【2005/10/25 00:22】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

ハロウィンライブ準備
早いもので一週間後にはCLUB CITTA' でのライブ『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』が開催されます。ライブってチケットの申し込みをするときは「まだまだ先だなー。」と思うのに、ふと気が付くと目前なんですよね(^-^)

ハロウィンライブの準備としてはまずMONORALさんの最新の曲群を聴いておきたいなと思っていました。MONORALさんの曲、結構好きなんですよ~♪

少し前にMONORALさんの最新アルバム『Petrol』を購入しまして、最近は専らこれを聴いています。自宅近郊の目ぼしいCD屋さんには置いてなかったのでamazonを使いました。インディーズCDは都内の大型CDストアやインディーズ専門店に行かないと簡単には手に入れ辛いんですよね。

MONORALさんは、確かHYDEさん・S.O.A.P.さん出演のライブに一緒に出演していたのを横浜ベイ・ホールで観たのが最初です。アニスさんはMCが上手くて観客を乗せる力が有りまして、スッと引き込まれたのを覚えています。

曲も初聴きにしては全体的にいい印象を持ちました。特に印象深かったのは「大好きな子がいて、あまりにも好きな為にその子が足を洗った水を飲んでしまうという内容の曲。」といった曲紹介の後に歌われた『wash』でしょうか。マニアックな内容の曲なのね・・・とこの曲紹介に若干衝撃を受けました。でも旋律がとても良くて気に入りました。

このライブの後、確か渋谷のタワレコでMONORALさんのミニ・アルバム『in stereo』を購入しました。このアルバムは好きですねー。初聴きの好印象そのまま、特に『wash』が好きです。

『Petrol』もとてもいいです。MONORALさんの曲の旋律、そしてアニスさんの深い声は心休まるような感じがするのです。歌詞は全て英詩で洋楽テイスト満載です。歌詞カードを見ない為、実は内容は分かっていません(^-^; でも「これはちょっと・・・。」と聴き飛ばしたくなるような曲が皆無なのですよねー。

今度のライブはHYDEさんのはもちろんのこと、MONORALさんのライブも楽しみにしています。

今回のライブには他のアーティストさんも出演しますが、ここまではさすがに手が回りません・・・。ラルクさん各メンバーのソロライブでは他の色々なアーティストさんが出演することも多く、少しでもライブを多く楽しもうと思って事前に他出演者の曲を聴いておくこともあるのですが、今回は時間的にちょっと無理そうです(X_X)

ハロウィンライブ準備のもう一つは仮装の件となります。

HYDEさんの観客へのリクエストとしては「そのままでは電車に乗れないような仮装をして来るように。」というものが挙がっていました。仮装希望は幾つかの雑誌インタビューで読みました。

チケットを取る時はまさか仮装するものだとは考えてもみなかったので、取った後にこの話が出たときは内心「エーッ。」(@_@)という感じでした(^-^; 

普段のラルクさんライブのときでもコスプレはもちろん、ツアーTシャツとかファンクラブのグッズにあるような服装さえも一切したことが無いんですよ・・・。ライブグッズのタオルなんかも持たないしなー(買ってはいて、未開封のまま眠っていたりするんですが)。あ、Hydeistグッズのリストバンドだけは持っていて、これを付けてHYDEさんソロライブには参加したことはあるか・・・。まあ、何にせよライブには至って普通の格好で参加するんですね。

で、今回です。そもそも観客が何を着て参加しようが自由なので、仮装は必須では無いと思っています。ただ仮装にちょっと興味が有り、HYDEさんが観客みんなが仮装するのを楽しみにしていらっしゃる・・・。迷いましたね~。

結果的にはまあこういう機会も今後有るか分からないし一度位はいいかなと思いまして、簡単な魔女の仮装服を購入し、これで参加することにしました(^-^)

自分のことはさておき、当日の会場がどんなことになるのか興味深々です。絶対に凝った仮装をしてくる方、いらっしゃいますよね! 見たいなー。楽しみです♪


【2005/10/23 19:41】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

LE-CIEL継続特典到着
今日はラルクさんファンクラブ:LE-CIELさんの継続特典が到着しました。今回の継続特典が何かを知りたくない方は以下はお読みにならないで下さい。











継続特典は最初は無くて、何時頃からか出来ましたよね。そう言えば何回目の継続かでモノが異なるのか、ある1年間は何回目の継続かによらず同じモノが来るのか分かっていません。どちらなのでしょう?

こういっては何ですが継続特典はいつも全く期待していません。必ずシエルちゃんがデザインに入っているでは有りませんか。シエルちゃんのキャラクターが可愛くないと思っていることも有って使えないなぁ・・・と思っています(^-^; 

今回の特典は過去に見たような形でした。いつも使わないまま普段開けない引出しにしまってしまうので、どんなものが有ったのかさえおぼろにしか覚えていないのですが、確か名刺入れのようなものが有ったと思うのですよ。

今回、オレンジ色の封筒より出て来た名刺大の箱から、名刺入れと同じような形のものが現れました。ただ名刺入れは金属質のもので出来ていましたが、これはプラスチック製でした。箱はエンボス加工になっていて、例のごとくシエルちゃんが付いています。

中を開けてみると16個のマグネットが入っていました。厚さ1ミリ程度の紙磁石で、表面がツルツルのビニールのようなものでコーティングされています。

内訳は
1.シエルちゃんの同一デザインのもの・・・4個
2.ラル缶の蓋と同じラルクさんロゴの「L'」デザインのもの
 ・・・赤、青、黒、黄の4色がそれぞれ2個ずつ
3.『L'Arc~en~Ciel OFFICIAL FAN CLUB LE-CIEL』の
 ロゴの入った長方形のもの
 ・・・2.と同じ4色のものがそれぞれ1個ずつ 
でした。

何れも小さいし薄いのでマグネット能力は弱そうです(^-^; び、微妙です・・・。

シエルちゃんはいまいち親しみに欠けるし(それでも『ASIALIVE2005』の東京ドームで出て来たシエルちゃん着ぐるみは声が可愛かったので、若干好感度はアップしたのですが・・・(^-^;))、私の場合は継続することによる特典という気が全くしません。ごめんなさい、LE-CIELさん。実際、継続特典を心待ちにしている方ってファンの中にどれ位いらっしゃるのでしょうね?

今回のものもまたこのまま開けない引出しに直行かな・・・。


【2005/10/22 19:13】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑

DVDレコーダーとPJ録画
最近の高い買い物と言えばDVDレコーダーです。

ずっと前からDVDレコーダーを欲しい、欲しいと思っていたのですが、中々踏ん切りがつかずに買わないままでした。「買いたい!」という物凄い衝動に駆られるのはまずラルクさんやラルクさんソロ関係で、TV出演が決定したときでした。あとは日々生活していて、かなりいきなりなのですが、ラルクさんの過去映像のビデオが劣化しない内に何とかDVD保存しないと!、という焦燥感が生じることがありました。

今回買う決心をしたのはもう1カ月近く前になる訳ですが、ラルクさんの『ASIALIVE 2005』の9/25公演の最後にスクリーンでテレ朝で『ASIALIVE』の特集をやるという告知が有ったのを見てです。「これは絶対にハードディスクに録画して、DVD保存する!」と心に誓ったわけです。

各種メーカーから色々なレコーダーが出ていて、どれを買うか迷いましたねー。結果的にはメーカーとしてはラルクメンバーさんがいずぞやのLE-CIEL会報で試していた東芝製品にしてみることにしました。後継機になるので、全く同じものでは有りませんが。

何かで東芝製品は全般的にかなり多機能で、使い方が難しいという評価を読んだことが有ったので、DVDレコーダー購入初心者としてはどうかなと思ったのですが、何としてでも使いこなすぞーという意気込みを持ちました(^-^)

買った製品はRD-XS57というものです。既に使っていますがDVDレコーダーというのはいいものですねー。やはりハードディスクに録り貯めることが出来るというのはとても画期的です♪

先日、HYDEさんが出演したPJもちゃんと録画しましたヨ。この製品が優れモノなのは時間延長もきちんと把握して録画してくれることですね。PJは録画しつつTVでそのまま観てしまったので、HYDEさんが最後の最後に出演されたところを見逃すことは無かったのですが、予約時に時間延長していなかったのに、自動的に延長になっていたのには感動しました(^-^) (延長録画おらず、映像を捕獲出来なかった方々もいらっしゃったようですよね・・・)


DVDレコーダーに関してはまだハードディスクの内容をDVDに落とすというところをやっていないので、ここを試したいな~と思っています。DVDレコーダーの説明書を読むと、どんなDVD再生機でも読み出すことが出来るような保存はやり方が有ってきちんと見てやらないといけないようで、ちょっと手間が掛かりそうです。この辺りが東芝製品の扱いの難しいところなんでしょうか。

そして早くラルクさんの過去のビデオをDVDへ入れないとならないなと思います。 気持ちにあせりは有りつつも、最近、過去ビデオを観ていないので、果たしてどういう状態になっているのか観るのが怖い気もしています(^-^; 劣化無きまま、無事に観ることが出来る状態であるといいのですが・・・。

話は変わりますが今日は天嘉IVの当落発表の日でしたね。日中仕事があまりに立て込んでいて忘れていました。家に帰って来て初めて思い出しましたヨ。無事当選です。・・・というか今回落選された方はいるのでしょうか・・・?

天嘉もこれで4回目、年末にお楽しみが一つ出来ました(*^-^*)/

【2005/10/21 00:00】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

ライブチケ2種入手
昨日・今日でライブチケを2種手にしました。

まず昨日、HYDEさん出演イベント:『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』のHydeist枠チケットが到着致しました。

満月の夜、西洋風墓地に蝙蝠が飛ぶデザインですね。ここに『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』『HYDEIST TICKET』の黄色の文字がゴシック体を崩したような字面で入っています。絵本の挿絵のような雰囲気です。表面がツルツルにコーティングされた紙が使われています。字体のせいかどこか可愛い感じで、このチケットを手にするだけで何だかワクワクした気持ちになりました(^-^)

整理番号は・・・と裏を見ますと・・・、「アレレ~~~。」(@_@)と思うような後ろの番号でした。しかも2日分有るのですが、両方共似たり寄ったりの番号です。CLUB CITTA' の収容人数が1,200人位だったような記憶が有ったのですがもっと多かったかも?、とチッタのオフィシャルHPに見に行きました(→多ければ自分の番号もそんなに悪くないカナ? と思ったわけです(^-^;))。しかしながら1,300人と書いてあり、記憶と大差無いことが分かりました。

と、こんなことを書いていますが、前の方の激戦区でアーティストに近い天国と周囲からの押しの地獄を味わいながら見るのもいいですが、ちょっと後ろの自由に動ける辺りで思う通りに跳ねてるのも好きなので、これはこれでいいかなとも思います。何と言っても参加出来ることだけで嬉しいですしネ!

それにしても今回のHydeist事務局の参加者本人確認の徹底振りは目を見張るものが有ります。チケットに同封されていた紙には『Hydeistのログインパスワードを訊く場合も有るので、確認準備をするように』といった内容の記載が有りました。あくまでも正規に手に入れた人のみ参加出来るように配慮していることが窺われて、Hydeist会員でいることの意義が感じられます。有り難いですね~。

尤も会費を払って会員になっている訳ですし、ここまでやって然るべきという風にも思います。LE-CIELさんにも是非この辺り、見習って欲しいです。

さて話は変わってもう一つのチケットについてです。一昨日、一般発売でユッキーソロ:acid androidさんの追加公演のチケットを取ることが出来たので、今日はこのチケットを発券して参りました(^-^) 追加でない方の公演があっという間に売り切れになってしまったのでこちらはどうかと思いましたが、無事取れて良かったです。熱心なアシッドさんファンでも、同週平日2日は辛い・・・という方も多かったのかも知れませんね。

追加公演の会場である恵比寿のLIQUIDROOMは行ったことが無いのですが、新宿LIQUIDROOMから移転したんですよね? ラルクさんの『AWAKE TOUR 2005』の前夜祭が行われた場所ですね。恵比寿LIQUIDROOMはキャパは1,000人位なんでしたっけ・・・? こちらの整理番号は番号だけ見る分にはまあまあいいのですが、各種プレイガイドの券が出回っているだろうし、そんなに早い時間に取れたものでもないので、実際の順番は後ろの方なのかな?、と思われます。

何分平日仕事帰りに行くので、うまくやり繰りしてさっさと帰宅しないとなりません。行けるとなったからには今週から根回しして早く帰れるように頑張りますp(^-^)q

今月はラルクさん関連ソロでライブが3つも有ってお楽しみがいっぱいです♪
あと今週は天嘉VIの当落発表も有りますよね! こちらも楽しみにしています!

【2005/10/17 21:31】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

LE-CIEL会報:感想 その2
前回は最新LE-CIEL会報のhydeさんの日記からの感想を書いたので、本日はこの他の頁の感想を書きたいと思います。

『AWAKE TOUR 2005 前夜祭』のレポートが出てますね。行くことを切望していましたが、チケット争奪電話で敢え無く撃沈して行けなかったライブでした。ステージが小さい・・・。客席を撮った写真も有りますが、参加者の皆さんの熱気が伝わってくるようです。『AWAKE TOUR』、『ASIALIVE』とライブが続き、このライブの存在自体忘れかけていましたが、行ったら最高に楽しかったでしょうね~。

kenちゃんの骨折に関してはファンの方から千羽鶴が2束も来ていたとは驚きました。関わる人数にもよると思いますが、あれを作るのは気が遠くなる程大変なんですよね(経験者です)。またkenちゃんと犬をかけて、ファンの方から『千羽犬』も来ていたというのには笑わせて頂きました。ファンの皆さん、あったかいですね!(^-^)

『AWAKE TOUR』で本番直前、腕が寂しいというteっちゃんに衣裳制作の方がツアーグッズのブラジャーストラップを使って、リストバンドを作り上げたというのにはビックリ! リストバンド、とてもお洒落に見えます。創造的な仕事をされる方は発想からして違いますね。

ユッキーが楽屋で自ら携帯を持ち、モリゾーと一緒に写メールを撮っているショットが何とも言えず可愛らしいです♪ モリゾーが相当お気に召したんですね。ほのぼのしていて笑えます。

ライブ時のメンバーさんへのプレゼントを、各メンバーがちゃんと見て下さっているとは思いませんでした。貰い慣れしてしまって、必ずしもチェックする訳ではないのでは?、と思っていたのです。ちょっとメンバーさんが興味を持つような気の利いたプレゼントだったら、手に取って使ってくれたりするかも知れないですよね! 今回の会報により、次回からプレゼントを抱えてライブ会場に向かう人が増えるのではないかと思いました。

『Link』のPV撮影についても出ていますね。あのアメリカンハウスは実在のものを使ったのかと思いきや、セットだったんですね。撮影現場には外国人のダンサーさんや小さい男の子が居たり、ダルメシアンが歩き回っていたりと和気藹々としてとても楽しそう。『Link』PVはサビ部分を音楽番組でチョコッと観ただけなので、通しでは観ていないのですが観たくなりました。

そういえば『AWAKE TOUR』DVDの発売は決まりましたが、『CHRONICLE3』(仮題(^-^;))は未だ発売予定が無いのでしょうか。『Spirit dreams inside』以降そろそろ曲数も溜まって来たところし、欲しいですね~。但し『Spirit dreams inside』のPVはメンバーさんご自身が出演していないから微妙なんですけどね・・・。作り直したりしないのかな・・・、若しくはメンバーさんご自身が出演した別な映像が実は秘蔵されていたりしないかな・・・なんて考えてしまいます。

今回の会報はラルクさんが表舞台で活動しているところを様々な形で伝えていて、楽しめる内容でした。やはり会報は『動いている』ラルクさんを掲載している時のものがいいですね(^-^)!

【2005/10/16 22:03】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

LE-CIEL会報:感想
今日は最新のLE-CIEL会報のお気に入り頁:『hyde's Diary』から少しばかり感想を書きたいと思います。

ラルクさんが以前『音楽戦士』で『AS ONE』をご披露してくれたと思いますが、このときの収録の話が出ていますね~。『AS ONE』の歌詞を全く覚えられていなかったようですが、ご自分で作詞されてるのに「なんの呪文だよ!」と思ったというところが笑えました(^-^) 

歌詞を書くときは「覚えやすいようなものを・・・。」といった視点からはお作りにはならないのかな~? もちろん歌いたいという気持ちの篭った歌詞を書いて欲しいですから、覚えやすさなんて考えて欲しくないですけどね!

ASIALIVE のパンフは国内の高級中華料理店で撮った物だったんですね。何となく海外のお店のような雰囲気が有るなーと思っていたのですが、パンフのhydeさんの髪の毛が長いし、その頃は海外に行ったという情報も無かったですよね。あの中華料理店、アジアンムード満天だったので行ってみたくなりましたヨ。一体どこのお店なのでしょう?

hydeさんの坂道フェチは『時をかける少女』からだったんですね~。あの映画、私も観ましたヨ。あれで尾道を知って、坂道の有る独特の不思議な雰囲気に惹かれたんですよね。尾道に限らず、坂道にときめくhydeさんの気持ち、物凄くよく分かります。私も好きだなー。hydeさんと一緒に坂道めぐりをしてみたいな・・・なんて起こり得ない願望を胸に抱いてしまいました(^-^;

『Link』PV撮影でモヒカンにして話題をかっさらおうとしたところ、kenちゃんの骨折に持っていかれたというhydeさんがおかしいです~。kenちゃん骨折はスポーツ新聞にも出ていたらしいですしね。ラルクファンでは無い友人が教えてくれました。

あの頃はライブツアー開始前で、モヒカンでライブするの~!?、と危惧しておりました(モヒカンはイヤだったのです・・・)(^-^; 結果的にはツアーには素敵な短髪姿でお目見えで万々歳だったんですけどね。

そしてhydeさんの日記で今回一番驚きだったのがAWAKE TOURのときの『叙情詩』のときのスクリーン映像が映画『風と共に去りぬ』の『タラの丘』をイメージしたものだったということです。hydeさん、あの映画をご覧になっていたんですねー! そうじゃなければ「戦時中の平和を表わしたくて『タラの丘』」という言葉は出て来ませんよね。

私は『風と共に去りぬ』の話の並々ならぬファンだったんですよ。最初は友人に借りた漫画でハマリ、次に原作本を読んでハマり、最後に映画館で映画を観て大号泣しました(*^-^*) 

AWAKE TOURではとにかく毎回『叙情詩』を聴くのを心待ちし、曲が始まるとライブでの良さに毎度じんわりと涙していたのですが、あのバック映像が『タラの丘』とは思いにもよりませんでした。

『タラ』は主人公:スカーレット・オハラの生家のあるアメリカ南部:ジョージア州の土地で(実在しない地名だったと思います)、綿花の大農園が有ります。映画の中盤辺りに『タラ』での壮大な夕暮れのシーンが出て来るんですよね。お金持ちのお嬢様で美人で気性の激しいスカーレットは戦争でひもじい思いをしているのですが、絶対にこれからはこんな思いなんてしない!、と神様に固く誓うのです。物凄く印象的な場面でした。

hydeさんの日記で『タラ』をイメージ、ということを知ってしまったら『AWAKE TOUR』DVDの発売が更に待ち遠しくなりました。入手の暁には『タラ』を連想しながら『叙情詩』ライブを観て聴いてみたいです。どっぷり浸れそうです(^-^) 

hydeさんの日記に触発されて久々に本の『風と共に去りぬ』を読み始めています。前回読んだのはかなり前だから、今読むとまた違った感じ方が出来るかもしれないなーなんて思います。


【2005/10/14 23:17】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

『COUNTDOWN』『PATi-PATi』感想
昨日(今となっては一昨日ですね)の予告通り、本日(昨日)大変遅れ馳せながらHYDEさんの最新シングル『COUNTDOWN』を入手して参りました。

考えてみるとこの曲はこれまでHYDEさんのTV出演時のものを聴いたのみだったので、通しで聴くのは初めてでした。

CDを何回か聴いての感想はこの曲は格好いいとは思うけど、それ程には惹かれないかなぁというものです(^-^; んー、アレンジにもあまり捻りが無いように感じられるのですがいかがでしょうか。アレンジが凝っていると聴く度に新しい発見が有って長く楽しく聴けるんですけどね~(ラルクさんの曲がまさにこれ)。同じハードな曲でもアルバム『6 6 6』に入っている曲の方が好きかな・・・。

ただこの曲はライブ会場で聴いたら物凄く盛り上がりそうですよね! とても熱くなれそうな気がします。チッタで生演奏を聴く時を楽しみにしたいと思います。

CDケースをじっくり見て初めて『COUNTDOWN』の商品番号に目が行ったのですが、『KSCL888』なんですね~。アルバム『6 6 6』のときはキューン・ソニーの方がHYDEさんの為を思って商品番号の数字部分に『666』を取ってくれていましたが、今回の『888』も意図的にゾロ目を採番してくれたのかななんて思いました。

HYDEさん、キューンさんに大事にされてますよね! 確かに人別に見たとした場合、キューンさんでは一番の稼ぎ頭かも知れません。

歌詞カードが良かったです。見開きのギターを弾くHYDEさんの影は角が生えていて、先っぽが矢印状態になってる悪魔の尻尾がついているんですねー!(^-^) こういった遊び心満載なところが気に入りました。

『PATi-PATi』は巻頭表紙のオレンジ・レ○ジさんを差し置いて、付録のポスターは両面HYDEさんでした! カラーの方はド・アップですが、この拡大写真に充分見目で耐えられるHYDEさんはやはり素敵です(^-^) モノクロの方も渋くていいです♪ 

こういう雑誌のポスターは折り目がついているのが悲しいんですよね~。ポスターは丸めてレジの後ろに置いておいて、買う人に都度渡してくれればいいのに・・・と思います。まあ渡し忘れのリスクは有るし、ポスター置き場所のスペース的な問題も有るしでこれは中々難しいと考えますが。

『PATi-PATi』でちょっとばかり驚いたのは、アルバム曲ではHYDEさん以外の作曲者がいらっしゃるということでしょうか。ソロではアレンジはともかく、曲だけはHYDEさんが一環して創られるのかと思っていました。HYDEさんはソロではあくまでも自分の思い描く形に拘る筈だと思われたんですが、どうやらそういう訳ではないようです。

尤もこれまでの数々のHYDEさんのインタビューを読んで来て推察出来ることは、HYDEさんが感じるソロの醍醐味は全て自分でジャッジして自分好みにすることのようなので、この考えで行くと、自分が気に入るものさえ創り出されれば、必ずしも自分で創る必要は無いのかも知れませんね。

ハロウィンライブが1年も前に計画されていたというのにも驚きました。そんなに前から考えていたんですね。まあ普通に考えて、特別な日にライブ会場を押さえる為には相当早く手を打つ必要性が有るとは思いますけど。分かってはいたけど、HYDEさんがソロに物凄く注力していらっしゃる気がして、ソロよりもやっぱりラルクさんが一番!、と考えている私には一抹の寂しさが有ります。。。

とはいえこのまま来年までHYDEさんはソロで突っ走るようなので、これはこれで応援したいとも思います。他のメンバーさんのソロもですけどね!

【2005/10/12 01:35】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

ラルクさん情報に追いつく為に頑張りました
本日帰国致しました。色々有りましたが楽しい旅行でした~(^-^) 旅行についてお知りになりたい方は最後に書きますので、ご興味がお有りでしたらご覧下さい。

PC、携帯電話といったインターネットから離れた数日間を過ごしておりました。これらは普段は無くてはならないツールになっていますが、隔離された生活を送っているとこれはこれで全く気にならないものなんですよね。

とはいえ、家に着いたところで即PCや携帯電話に電源を入れて情報をチェックしてしまいました(海外に行くときは紛失回避の為携帯電話はいつも家において行くのです)。帰国すると一気に日本モードになりますね。ラルクさん関係で何か新しい発表は無いか、一通り見ました。

LE-CIELさんからはメールでacid android さんの追加公演のお知らせが来ていました。acidさんのライブは重みの有る音とダークな雰囲気と熱を帯びた盛り上がりが好きなんですよね~。

しかしながら、そもそも追加で無い方の公演からして行こうか行くまいかかなり悩みましてねー。行きたかったのですが何分平日というのがネックだったのです。そうでなくても有休を山程取っているのに定時に帰宅することが出来るのかどうか不安で、もしもチケットが取れたらなんとか仕事をやり繰りして行こうと思いました。チケット発売当日はネットで頑張ってみたのですがPCの調子も思わしくなくて取れず、結局諦めることにしました。

こんな状態で追加公演のお知らせが有った訳ですが、元々の公演の2日後ということで元々の公演とスタンスは同様にして、まずチケットが取れるかどうかやってみて、取れたら行くように頑張ろうと思ってます。

HYDEさん関係で何か有るかと思ってHydeist HPを見ましたが、目立った動きは無いようで取り合えず一安心しました。他、ラルクさん、S.O.A.P.さん、TETSU69さんも新たな動向は無しと見ました。

天嘉IVの申し込みも早速行いました。天嘉友之会から申し込みしました。元々会員だったのですが、今回のチケット購入に関して再度会員登録し直しということで若干面倒でした・・・。

でも携帯電話で色々と会員登録していると会員番号やら暗証番号やら分からなくなり勝ちなので、何かイベント発生の際、都度登録というのはいい手段かも知れないなと思います。会員の個人的な情報の変更も頻繁でしょうし(メルアド等)、結局運営する側も最新情報を保有していくことが出来ないのでこのようにしているんでしょうね。天嘉IV、当選するといいのですが、結果発表は来週ですね。

この後、HYDEさん出演のMステも録画しておいたものを観ました。過去のMステ映像の中から視聴者がもう一度観たい物をランキングで紹介して行く構成でしたが、ラルクさんとしては『虹』『HONEY』が入ってましたネ! 『虹』の頃はまだファンでは無かったので観たのは多分今日が最初です。hydeさん、黒髪でマッシュルームカットっぽい感じで可愛かったですね~。『HONEY』の金髪hydeさんも日本人離れしていて、どこかヨーロッパ辺りの少年風でこれまた可愛かったです。思わずポッという感じでした(*^-^*)

Mステでは『COUNTDOWN』HYDEさんも格好良かったですね!

この後、届いていたLE-CIEL会報を見ました。これはラルクさんのライブ、『Link』PVといった話が満載のようで読みでが有りそうです。メンバーさん個人ページも楽しみ。FC会報ならではの裏話的な内容が盛り沢山詰まっていて、FC会員っていいなぁと思わせてくれます。

『COUNTDOWN』のオリコンチャートが気になっていたのですが(HYDEさんも今回は気になるようでしたし・・・)、今のところオリコンHPで見るにデイリー1位をキープされてるようですね!(^-^) 最近人気が上調子のクリスタル・ケイさん、あとCHEMISTRYさんのコラボも同日発売だったので、どうかなと思っておりましたが、このままウイークリーも1位で行けそうですよね!

さて明日は会社近くのCD屋さんで予約済みの『COUNTDOWN』を引き取って参ります。既にTVで3番組録画し、3回『COUNTDOWN』を聴いております。大体曲は覚えましたがCDの綺麗な音で聴き込んでみたいと思います。

というわけでラルクさん関連の話は以上です。

今日まで行って来た旅行についてご興味がお有りの方は続きをどうぞ。

→ more・・
【2005/10/10 23:13】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

お知らせ & 『R&R NEWSMAKER』:感想
まずお知らせです。

明日10/3(月)から10/10(月)迄旅行する為、この間は当ブログは更新しません。

海外へ行くのですが今更ながら色々と後ろ髪が引かれることも多く、この時期の海外旅行は若干失敗気味だったかな・・・と思います(^-^; まあどのみち会社の夏休み期間の8月~9月は行けなかったんですけどね。8月は『AWAKE TOUR』に通い詰めていましたし、9月前半は会社の都合で有休を取れなかったし、9月中旬は他の旅行が入っていたし、9月後半は『ASIALIVE』でした。また10月も後半となると旅行先の天候が悪くなって来てしまうので、今の時期となるのは仕方なかったというのが有ります。

心残りなことは色々有るのですが、まずHYDEさんのシングルがリリースされるというのにCDを聴くのは来週になってしまいます。またシングルリリースに伴いプロモーションが有るのに、乗り遅れたり参加出来なかったりします。

今のところ一番痛かったのはPJ観覧でしょうか。『Killing Me』演奏in神戸PJ以来、PJ観覧には縁が無かったのですが、今回のHYDEさんのPJ出演はこの旅行期間中だと分かった時には脱力しました。申し込みはしなかったのですがこんな時に限って友人が当選してまして、まだ私が旅行に行くのを伝える前だったので誘いを受けました。泣く泣く断ったのですが、行きたかったです・・・(>_<)

そして明後日でしたっけ?、YAHOOでのHYDEさんのライブトークとやらも有りますよね!? これも観ることは叶いません。尤もこれは家に居たとしても私のPCのスペック的に観ることが出来るのかどうかは甚だ疑問では有りますが・・・(^-^;

LE-CIELさんの会報が既に発送済みで今日こそ来るかと待ち構えていたのに、ポストは空っぽのままでした。これを見るのもお預けです。また『PATi-PATi』とか『オリコンスタイル』等、HYDEさん(ラルクさんも?)が載る雑誌も発売になりますが、これらを読むのもまだ先です。

更に天嘉IVの申し込みは明日からですが、申し込み開始時間は機内です。申し込み期間中には帰国するのでこれは大丈夫なのですが、申し込みを済ませてスッキリしてから行きたかったなぁと思います。

他にもラルクさん及びラルクさんメンバーソロ関係で突発的に色々と有りそうで気になります。あ、HYDEさんが出演されたという『ステルス』の試写会ですか?、あれもあまりにも突然で、気付いた時には申し込み期限が過ぎてました。時間的に行くのは厳しかったのですが、当選したら恐らく行ったことでしょう。

とまあこんな具合なんですが、旅行自体は非常に楽しみにしていたので、ラルクさん&HYDEさんソロ等のMDを携えて行って参ります。

さて、『R&R NEWSMAKER』からの感想を少し書きます。

今回の『R&R NEWSMAKER』は200号の特別号だったんですね。付録に缶バッジ8個がついていました。内訳はオレンジ・レ○ジさんのが3個、『R&R NEWSMAKER』さんのが1個、HYDEさんのが2個、ラグ・フ○アさんのが2個でした。レ○ジさんのがHYDEさんのより多い・・・、と若干気になったのですが、そこはまあ仕方ないですね。レ○ジさんは今回巻頭表紙ということも有りますし。

HYDEさんの缶バッジのデザインはハートマークを短剣が突き刺しているもので、『HYDE』『COUNTDOWN』の文字が入っています。黒と白の2色で2つの図柄は微妙に違います。デザイン的には『R&R NEWSMAKER』のものが可愛くて好みでした。赤いツリ目をして片耳にピアスをつけた黒いクマさんのデザインでした。

『R&R NEWSMAKER』のHYDEさん記事を見ましたが、インタビューに加え、PV撮影時の秘話・ショットでかなりのボリュームです。

インタビューではHYDEさんのソロへの並々ならぬ意欲を感じました。HYDEさんのソロは海外も視野に入れたものだったんですね~。やはり根本には洋楽がお好きというのが有るからか、『J-POP』としてではなく『ロック』として海外にて海外アーティストと同じ括りの中で評価されたいという強い思いが有ることが分かりました。ライブでは海外公演をしてもいいといった感じなので、これは有りそうかなと思いました。ラルクさんが海外でやるよりもソロの方がフットワークは軽そうです。既にS.O.A.P.さんは海外公演体験済ですしね!

『COUNTDOWN』のPVはまだ観ていないのですが、『R&R NEWSMAKER』の写真を見て、『HORIZON』のジャケ写を思い出しました。煌びやかなシャンデリアが共通点です(^-^)  『R&R NEWSMAKER』の写真は数が多く、色々な表情のHYDEさんを見ることが出来るのですが、どれもかっこいいor可愛いです♪

HYDEさんのアルバムは来春辺りとなりそうで、この後ツアーが控えているそうですね。ツアーがどんなことになるのかあれこれ想像してしまいますね。アルバムやツアーの発表を楽しみにしたいと思います。

旅行の準備がまだ終わっていないのでこの辺にしておきます。では。

【2005/10/02 23:36】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

『音楽戦士』:感想 & 『B-PASS』:感想その2
今日はまず昨夜の『音楽戦士』の感想から書きます。

HYDEさんが最初にトークされる場面からちょっとビックリしました。HYDEさんがサングラスではなくて眼鏡をかけていらっしゃったからです。最近ヨン様か真鍋か○りさん辺りが火付け役なのか眼鏡ブームなので、HYDEさんも時流に乗ってみたといったところでしょうか。

HYDEさんの眼鏡姿、またいつもとは違った雰囲気が有って、格好良かったです♪ ちょこっと『風にきえないで』のPVを思い出してしまいました。それにしてもHYDEさんの腕が妙にムッチリに思えたのですが、気のせいでしょうか(^-^; hydeさんは異常に細く見えるときも有るし、ちょっとふっくら!?と思うときも有るし、外見がよく変化するように思います・・・。

kenちゃんはSMILEツアーの頃、ユッキーはラルクさんの休止中の会報に登場したときにふっくら気味のことが有りました。体型的には唯一teっちゃんのみいつも変わらないように思います。

『COUNTDOWN』は初めて聴きました。一度しか聴いていないのですが重厚なハードロックという感じで、パッと聴きには曲調が『THE OTHER SIDE』と似ているように思いました。確かHYDEさんは以前のインタビューで日本の音楽シーンのチャート上位には上がって来ないハードなものを上位に送り込みたいといったようなことを仰っていたかと思います。成る程、無い種類のものかと思います。

初聴きではあまり印象に残らなかったのですがもうすぐCDリリースされるので、これをじっくり聴き込んでみたいと思います。

それにしてもHYDEさんの創造力には本当に敬服致しますヨ。ラルクさんにおいてもあれだけバリエーションに富んだ曲を作っているにも関わらず、ソロでも明確な意思の基、ラルクさんとはまた違ったものを展開しています。才能に満ち溢れてますよね。また、飽くことの無い貪欲な創作意欲にも頭が下がります。

次に昨日に引き続き『B-PASS』の感想を書きます。今日はHYDEさんソロ記事からです。

HYDEさんが『6 6 6』ツアーの武道館ファイナルで誤って壊してしまったギター(確かメインギターをサブギターと勘違いして、ステージのオブジェクトの十字架にぶつけて壊してしまったんですよね・・・)、なんと直しに出していたんですね(^-^) HYDEさんのようなお金持ちともなると直して使うとは思わなかったのでちょっと意外でした。案外堅実なお方なんでしょうか!? 次のツアーで使われる可能性が有る模様です。

この度MONORALさんがHAUNTED RECORDS に参加することになりましたが、HYDEさんはレーベルメイトが出来たということで嬉しそうですね~。HYDEさんがいいと思わないと傘下に入れないようですが、他ならぬHYDEさんのレーベル、入りたいアーティストさんは他にも居そうですよね。

HAUNTED RECORDS はHYDEさんだけのもので有って欲しかったというのも有って、実はMONORALさん参加は若干ショックだったのですが、レーベルの発展や充実の為にも今後も増えて行くのはやむを得ないのかな・・・等と思ったりしました。

今月末の川崎でのハロウィンライブの出演者:JACK-O'-LANTERN は自分の勝手な想像でカボチャの着ぐるみかと思っていて、ハロウィンということでこの着ぐるみと共にゲーム大会みたいなものをやるのかな・・・などと考えていました。想像とは全く異なり、HYDEさんたちが誰かとやるセッション時のユニット名なんですね(^-^; このユニットにどんな方々が登場するのか物凄く楽しみです! 驚くようなスペシャルゲストが出演しそうに思うのですが、果たししてどうなることやら期待してしまいます♪


【2005/10/01 20:43】 | ラルク関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。